Top > Ki-61-Ia


Ki-61-Ia

Last-modified: 2019-11-16 (土) 23:12:13

日本 RankII 戦闘機 Ki-61-I ko / 三式戦闘機一型甲 飛燕 Edit

shot 2016.03.08 21.06.53.jpg

概要 Edit

日本ランクIIの戦闘機。初期機体九五式戦を手掛けた川崎製の戦闘機で、お得意の水冷式エンジンを搭載。空冷星形エンジンを備える他の日本機とはやや異なる趣の外観を持つ。

機体情報(v1.**) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)9200
機体購入費(SL)22000
乗員訓練費(SL)6400
エキスパート化(SL)22000
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)20
護符(GE)640

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング2.3 / 2.7 / 3.0
RP倍率1.18
SL倍率0.7 / 1.7 / 2.4
最大修理費(SL)820⇒1070 / 2760⇒3491 / 2940⇒3719

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)566⇒616 / 552⇒590
(高度5000m時)
最高高度(m)10000
旋回時間(秒)20.5⇒19.3 / 20,7⇒19.8
上昇速度(m/s)6.6⇒18.6 / 8.8⇒11.6
離陸滑走距離(m)420
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)1.31
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃7.7mm
八九式
2800翼内
12.7mm
ホ-103
2800機首

弾薬 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳費用(SL)
7.7mm
八九式
既定T/AI/ball/AP/AP/I-
汎用T/AP/AI/AP10
曳光弾T/T/T/AP10
ステルスI/AP/AP/AP/AI20
12.7mm
ホ-103
既定T/BAll/Ball/Ball/AP-
汎用AP/T/IAI/T/I20
空中目標AP/T/IAI20
曳光弾T20
ステルスAP/AP/IAI/IAI30

追加武装 Edit

追加武装:無し

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称
I胴体修理
ラジエーター交換
プライマリ7.7mmベルト
IIコンプレッサー交換
機体交換
新しい7.7mmマシンガン
III翼修理
プライマリ12.7mmベルト
エンジン交換
IV新しいエンジン噴射
カバー交換
新しい12.7mmマシンガン

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前機体Ki-44-I
派生機体Ki-61-Ib
次機体Ki-43-III otsu
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

本機は翼内銃を7.7㎜銃で代替した*1最初期型で、乙型と並行して生産された。
隼と同様に機首に配置された12.7mm砲は、20mm砲ほどの破壊力は無いものの、横方向のばらつきが少なく当てやすい。弾数も左右計800発と不足はなく、多くの焼夷弾が含まれているため敵機を炎上させることが出来る。
零戦や隼に比べると、旋回率で劣るが最高速度で勝る。特にダイブ時の加速力は日本機の中でも最上の部類であり、機体の性能は良くまとまっていると言える。
中でも本機の目玉は、これまでの空冷機とは比較にならない高いエネルギー保持率だろう。液冷エンジン機の本機はその前面投影面積の低さでもって空気抵抗を抑える事が出来るので、そのメリットは機体の速度が早くなるほど増大する。
公称馬力こそさほど高くなく、改修後の上昇力も20をやや上回る程度しか無い本機だが、急降下増速後の速度減少は、あの鍾馗と比べても各段に少ない。敵に一撃を加えた後のズーム上昇などでは、上昇力の数値上の低さを物ともしない鋭い上昇に驚くことだろう。
隼や零戦、或いはフォッケウルフの様に尖った一芸を持っているわけではないが、逆に敵の土俵に上がらず弱点を突いてゆけば多くの撃墜を取る事が可能だ。

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
格闘戦もできないわけではないが一撃離脱がお勧め。
この機体、下降性能がすさまじく、4000mからの降下なら速度は700kmにも達する。
その速度なら大抵相手から逃げられる。
ただ鍾馗丙に慣れ切った人に7.7㎜はやはり火力不足。
降下性能と上昇力を生かした反復攻撃を仕掛けるなど、工夫しよう。

 

【リアリスティックバトル】
機体性能はとても高く、速度は日本機とは思えなく速い。ただし武装は12.7mm2門と7.7mm2門であり、敵機を落とすのに苦労する。ただ12.7mm4門の乙型はBRも上がるため、飛燕の機体性能の圧倒的優位を発揮したいのであればこっちを使うといいだろう。(さらに火力を求める人は丙型や5式戦を使おう)主な戦い方は一撃離脱である。理由は2つあり、1つめは格下と格闘戦するとほぼ負ける。2つめはラジエーターに被弾したら終わる\(^o^)/からである。理由は単純明白、エンジンを冷やせなくなるから。よって極力被弾しないように心がけよう。

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実 Edit

 川崎重工業が開発した単発戦闘機、ki-61「飛燕」の最初の型。設計主務者は土井武夫。愛称の「飛燕」は試験飛行時にまるで燕のように俊敏に宙を舞ったからとされる。
 この三式戦闘機一型甲は当初12.7mm四門の予定だった武装が機銃の生産が間に合わないため翼内機銃を7mmとしたもので、開発コンセプトだった重武装の実現には乙型を待つこととなる。
 その洗練されたデザインからなる性能は非常に高く、世界的に見てもトップレベルであった。だがドイツのダイムラーから「DB601」ライセンスを受けて川崎重工で製造された「ハ40」は非常に信頼性が低く、また構造が複雑なうえ水冷式エンジンであったため空冷エンジンに慣れていた日本の整備士泣かせであり、稼働率も非常に低く南方戦線ではまともに飛べないことも多かった。しかし調子がいい時は良く戦い、P-40に対しては優勢で、P-38の一撃離脱に対しても対応が出来た。また整備がよくできた本土防空においては迫りくる米軍爆撃機に対し健闘していた。
しかし、どれをとっても中途半端な性能故に、米軍パイロットからは「1番落としやすい日本戦闘機」と酷評され、撃墜スコアを楽に稼げるからと、飛燕との戦闘を好む米戦闘機パイロットも多かった。
 本機は優れた設計による拡張性はかなり高く、殆ど設計を変えずに武装と防弾装備を拡充した様々な型が製造され、最終的には問題のエンジンを乗せ換えて「五式戦闘機」につながることとなる。(最初からそうしろとは言わない約束)

2013y09m08d_185904865.jpg

小ネタ Edit


◆ガラスの心臓

◆意外な長所

◆パスタの国のそっくりさん

◆FF量産機?

過去の修正 Edit

クリックで表示

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)





*1 ホ103が初期不良等の問題で生産数が不足したため