M1A1 HC

Last-modified: 2021-10-15 (金) 12:37:32

アメリカ RankVII 中戦車 M1A1 HC Abrams

概要

Update 2.9 “Direct Hit”にて追加されたアメリカ陸軍のMBT。陸軍-海兵隊部品共通化プログラムを受けたM1A1であり装甲にはM1A2と同等の第2世代HAPを装備する。また、M1A2と比べ車長用サイトは無いもののAN/VLQ-6ソフトキルAPSを装備するため一部のATGMは回避出来る。

車両情報(v2.9.0)

必要経費

必要研究値(RP)390,000
車両購入費(SL)1,060,000
乗員訓練費(SL)300,000
エキスパート化(SL)1,060,000
エース化(GE)2,100
エース化無料(RP)1,140,000
バックアップ(GE)90
護符(GE)2,900

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング10.7 / 10.7 / 10.7
RP倍率2.38
SL倍率1.0 / 1.2 / 1.6
最大修理費(SL)2,900⇒4,579 / 2,560⇒4,042 / 5,390⇒8,510

車両性能

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)38.1⇒75.3 / 23.8⇒40.0
俯角/仰角(°)-10/20
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
7.6⇒6.0
スタビライザー/維持速度(km/h)二軸 / 75
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
133 / 62 / 31
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
133 / 133 / 12
重量(t)61.2
エンジン出力(hp)2,058⇒2,898 / 1,343⇒1,519
3,000rpm
最高速度(km/h)74 / 67
実測前進~後退速度(km/h)*** ~ -*** / *** ~ -***
視界(%)82
乗員数(人)4

暗視装置

有無種類
赤外線投光器-
車長赤外線
砲手熱線(1)
操縦手赤外線

武装

名称搭載数弾薬数弾薬費
(SL)
主砲120 mm M256 cannon140230
機銃12.7 mm M2HB machine gun11,000-
機銃7.62 mm M240 machine gun211,400-

弾薬*1

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

名称砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
120 mm
M256
M830HEATFS13.12.361,140480
M830A1HEATFS11.41.391,410350
M829APFSDS3.94-1,670491488481473464454
M829A1APFSDS4.64-1,569598596589580570560

車両改良

解説ページを開く

Tier名称必要量(RP)購入費(SL)購入費(GE)
I履帯12,00019,000300
修理キット3,600
砲塔駆動機構12,000
M830A1
M829
IIサスペンション13,000***330
ブレーキシステム
手動消火器3,900
砲火調整13,000
発煙弾発射機
IIIフィルター19,00029,000480
救急セット
昇降機構
NVD(暗視装置)
IV変速機16,00025,000400
エンジン
エンジン発煙システム
砲撃支援
レーザー測距儀
M829A1

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前車両M1A1 Abrams
派生車両
次車両M1A2 Abrams
 

解説

特徴

【火力】
M1A2 Abramsと同様である。VT信管付きHEAT-MPであるM830A1とゲーム内貫通力3位であるM829A1を搭載可能で装填速度も西側標準となっていて火力面は非常に優秀な部類。M1A2と比べて車長用サイトは無いものの特に優れていた訳でもなく使用機会も限られていたためあまり問題にならないだろう。他には地味に携行可能弾数が2発減っている。

 

【防御】
こちらもM1A2と同様、砲塔から車体に至るまで全てが同じであり首の防御力が多少不安ではあるものそれ以外の面においては非常に優秀でありハルダウンでは高い信頼性を発揮する。
またM1A2では車長サイトがあった場所に何故かゲーム内ではAN/VLQ-8A扱いだがAN/VLQ-6が装備されている。これはT-90AのShtora-1やAMX-30B2 BRENUSのEIRELと同じようなソフトキルAPSであり前方40°×10°から飛翔してくるSACLOSのATGMを誘導妨害することが出来る。ただしソ連の大半が採用しているレーザービームライディングSACLOS(9M117/119/121など)や二波長赤外線誘導を行っているTOW-2/2B・Rb 56 BILLなどは妨害できないため注意が必要。

 

【機動性】
M1A2から0.5t減少し、最高速度が微低下した程度でほぼ変わらない。エンジンも変速機も同様でRankVII MBTとしては他国と遜色のない機動力を保持する。やかましいエンジン音も健在。

 

史実

--加筆求む--

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)


*1 爆薬量はTNT換算