Top > Panzerbefehlswagen VI Tiger (P)


Panzerbefehlswagen VI Tiger (P)

Last-modified: 2018-11-17 (土) 22:17:27

ドイツ RankIV 重戦車 Panzerbefehlswagen VI (P) / ポルシェティーガー Edit

shot 2015.11.15 04.58.08.jpg

概要 Edit

ドイツRankIVの課金車両。愛称はポルシェティーガー、P虎など。
イベント報酬などで配布されたRank3のVK4501(P)とは別物なので少しややこしい。こちらは実戦配備された指揮戦車仕様で、六角アンテナがついており(ゲーム的な効果はない)、車体前面に追加装甲が施されている。

車両情報(v.1.49.8.22) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)-
車両購入費(GE)6,090
乗員訓練費(SL)68,000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)40
デカール枠解放(RP)***

基本性能情報 Edit

報酬・修理関係 Edit

ABRBSB
リワード(%)100+100150+150170+170
開発ボーナス(%)+256
最大修理費(SL)735099009800
最大修理費(SL)
最大改良状態
*********

車両性能 Edit

ABRBSB
Battle Rating5.7
RankIV
車種HT
 
初期最終
重量(ton)60.0
エンジン出力(hp)530
2,600rpm
最高速度(km/h)31
最大登坂能力(°)37
砲塔旋回速度(°/s)6.4*
仰俯角(°)-8/16
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
200/82/82
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
120/82/22
再装填時間(sec)10.8**.*
視界(%)107
乗員数(人)5

基本武装 Edit

種類名称口径
(mm)
門数搭載弾薬数搭載箇所
戦車砲8.8cm KwK36 L/5688180砲塔中央
同軸機銃7.92mm MG347.9211800砲塔右部

弾薬 Edit

名称弾種弾頭重量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
PzGr 39APCBC10773165162151138126116
PzGr 40APCR7.31000220219200179160143280
HI.Gr 39HEAT7.660011050
SprgrHE1182016

車両改良 Edit

車両改良

スキン Edit

名称条件説明
既定標準スキン
 
スキン画像(クリックで表示)

研究ツリー Edit

前車体なし
派生車体なし
次車体なし

解説 Edit

本来はティーガーとは別に開発されたものではあるが、性能的には、ティーガーI E型に以下のような改造を施したものだと考えればいい。
・車体正面に増加装甲装着
・エンジンを出力の低いものに換装
・前進と後進で同じ速度がでるように
 
装甲厚プレビューでは一見すると前面装甲が102mmのままに見えるが、これは102mmの車体の上に貼られた102mmの追加装甲板のみが表示されるためであり、ちゃんと約200mm分の装甲厚になっているので安心してほしい。(カーソルと視点をずらせば追加装甲板下の車体装甲も表示される)
弱点となりがちな車体機銃や操縦手窓の周りもしっかり強化されている。
ただし、装甲が厚くなった一方で、エンジンはティーガーE型のマイバッハHL230(AB1113馬力/RBSB700馬力)ではなく、フェルディナントにも搭載されたマイバッハHL120(AB842馬力/RBSB530馬力)になっている。そのため、重戦車としては軽快に動けるティーガーEと同じ感覚で動かそうとすると、かなり鈍重に感じるだろう。
 
主砲はTigerIと同じKwK36 88mm L/56を搭載し、同BRのTiger Ausf.Eと同じPzGr40 APCR弾を使える。砲塔が車体前寄りに位置し、変速機等の駆動装置は車体後方に纏めて配置されている。このため正面から大口径榴弾にワンパンされたり出火したりする危険性が他のドイツ戦車よりも少ない。
またポルシェ博士肝いりのモーター駆動のおかげで、前進とほぼ同じ速度で後進できる。敵弾を悠然と弾きつつヌルヌルと後進するその姿はまさに変態重戦車。万が一背後を取られてしまっても、近くに障害物があれば車体の正面を敵に向けずにすぐさま逆豚飯して応戦することができる。
 
しかし、装甲モデルを見ればわかるが、強靭な装甲は被弾面積の大きい部分に限定されたものであり、車体下部や砲塔は他のドイツ戦車と同じく正面からでも貫通されがちな場所である。そして本車特有の弱点として、車体四隅の切り欠き部分が挙げられる。特に車体前方左右のそれは200mmの車体と比べ相対的に薄い(車体側面と同じ82mm。正対した場合傾斜込みで130~140mm)上に、すぐ内側に弾薬庫が存在する。
面積こそ小さいものの、TigerIと同じ感覚で昼飯の角度を取るとこの部分の傾斜を殺してしまうことになり、あっさり貫通されて弾薬庫が誘爆しかねない。遮蔽物で隠すか、あまり角度をつけずに正面を向くほうが安全な場合もあるのでよく吟味する必要がある。
 
しつこいようだが、ただでさえデカくて重いTigerIにもう100mm装甲を追加してエンジン出力を下げたような車両なので、無闇に突撃するとその鈍重さと砲塔旋回速度の遅さを遺憾なく発揮してしまう。立ち回りはくれぐれも慎重に。

史実 Edit

VK4501(P)、通称ポルシェティーガーは、ドイツの鬼才フェルディナント・ポルシェ博士が設計した戦車である。

長くなったので格納

小ネタ Edit

--加筆求む--

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)