Radkampfwagen 90

Last-modified: 2020-04-13 (月) 11:42:39

ドイツ RankVI 軽戦車 Radkampfwagen 90

shot 2020.03.20 01.48.41_0.jpg

概要

--加筆求む--

車両情報(v1.**)

必要経費

必要研究値(RP)250000
車両購入費(SL)690000
乗員訓練費(SL)200000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング9,0 / *** / ***
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

車両性能

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)**.*⇒**.* / **.*⇒**.*
俯角/仰角(°)-**/**
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
**.*⇒**.*
スタビライザー/維持速度(km/h)一軸・二軸・肩当て式・無し/ ***
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
*** / *** / ***
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
*** / *** / ***
船体崩壊有・無
重量(t)**.*
エンジン出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
*,***rpm
最高速度(km/h)*** / ***
実測前進~後退速度(km/h)*** ~ -*** / *** ~ -***
最大登坂能力(°)***⇒*** / ***⇒***
視界(%)***
乗員数(人)*
 

レーダー

車両用レーダー解説ページを開く

分類有無距離
(km)
索敵レーダー有/無**/**/**
追跡レーダー有/無**
光学索敵センサ有/無**/**/**
光学追跡センサ有/無**
敵味方識別装置有/無**

暗視装置

有無種類
赤外線投光器有/無-
車長/三人称有/無微光暗視装置/赤外線暗視装置/熱線暗視装置
砲手有/無微光暗視装置/赤外線暗視装置/熱線暗視装置
操縦手有/無微光暗視装置/赤外線暗視装置/熱線暗視装置

武装

名称搭載弾薬数購入費用(SL)
主砲△△****
機銃△△****

弾薬*1

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

主砲

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

副砲

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

機銃

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

ロケット

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

ミサイル

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

車両改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯******
修理キット
砲塔駆動機構
弾薬開発1
IIサスペンション******
ブレーキシステム
手動消火器
火砲調整
弾薬開発2
IIIフィルター******
救急セット
昇降機構
弾薬開発3
IV変速機******
エンジン
追加装甲
砲撃支援

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
shot 2020.03.20 01.48.41.jpg
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前車両
派生車両
次車両
 
 

解説

特徴

 

【火力】
何故か長らくイタリアにのみ実装されていた105mm版DM33がついにドイツ本国にも実装された。
貫通力は大幅に上昇して400mm超えであり、9.0では最高クラスの貫通力を誇る。
装填速度もL7系列の例に漏れず最高6.7秒まで短縮可能。

 

とはいえ、同格マッチならDM13でも十分。無料なので主にこちらを運用した方がお財布優しい。
格上でも10.0な為DM33ならば全てのG3MBT車体下部を貫通可能。お守りとして10発前後持って行こう。

 

残念ながらNVのみでIRは備えていない。恐らくこれが原因で9.0なのだろう。

 

【防御】
見た目通りの紙装甲…かと思いきやそうでもない。
装輪戦車としてはかなり硬い部類にはいる。

 

通常の均質圧延装甲ではなく高硬度圧延鋼板と空間装甲を採用した事で正面ならばBMP2のAPDS弾を受け付けない硬さを手に入れた。
日、英、米、独の30mm級APDSならば車体下部は貫通可能だが、空間装甲のおかげでかなり加害範囲が狭く、上面ならば貫通不可能。
側面装甲も硬く他国の装輪戦車では抜かれる12.7mm弾も防ぐ事ができる。

 

当然だが、この評価はあくまでも装輪戦車としては硬いという話であって、当然APFSDS弾を弾く事は不可能。
そして、分類上は軽戦車となっており、HE系ならばどこに当たろうと問答無用でハルブレイクを起こす。支援砲撃がタイヤにカスっただけで死ぬことも珍しくない。勿論、105mm以上のAP弾でも当り所によってハルブレイクを起こす。
言うまでもなく装甲を前提にした立ち回りは絶対にNG。支援砲撃すらも非常に脅威となるので保険程度に考えておくべきである。

 

更に砲塔付け根付近は上述したAPDSにも抜かれるので基本的に撃たれない立ち回りを心がけよう。

実装直後のいまなら初見殺しとしてATGMを節約しようと舐めてかかったIFV達を返り討ちにできるかもしれない

 

【機動性】
非常に良好。
前輪2輪後輪2輪がそれぞれ動く事で他国の装輪戦車とは比較にならない高い機動性を手にしている。(AMX-10RCは異端児なので例外)

エンジン馬力も高く、登坂力も後退速度も加速力も申し分なし。

 

当然だが、装輪戦車共通の弱点として軟弱地を走ると著しく機動性が低下するので、ルート選択には要注意。

 

【総評】
装輪戦車とは思えない硬さ。良好な火力。そして高い機動性。
これらの点を扱いこなせば9.0の中でも上位の強さとなるだろう。

史実

Radkampfwagen 90は連邦国防省の依頼でダイムラー・ベンツが開発・製造した8輪戦闘車(装輪戦車)の試作車である。

1980年初頭、軍が使用していた装甲車である偵察車両・ルクスと兵員輸送車・フクスの性能が良かったこと(およびAMX-10RCのような同様な型式の乗り物を持つ他の国々の肯定的な経験)から、国防省はダイムラー・ベンツに装輪の装甲戦闘車両を作るよう命じた。この分野での研究では、1990年代から十分な武装と装甲を備えた戦闘/武術車両を車輪付きの車体の上に構築することが技術的に可能であるこがを示されていた。戦闘重量は約30トンで、水上航行機能はなくなった。

1983年末にダイムラー・ベンツが開発・製造したこの車両は、当初は「Demonstrationsfahrzeug Rad」と呼ばれ、後に「Experimentalfahrzeug Rad (8×8)」と呼ばれ、1983年末から「Radpanzer 90」と呼ばれた。

基本型は、必要な量産型に近い設計に沿っていた。後部の独立した車体懸架装置に駆動区画があり、レオパルド1A3主力戦車の砲塔の搭載に向けた準備がなされていた。駆動には、ルクス偵察車両の組み立て部品を使用する必要があった。

タイヤはBMVgに代わってコンチネンタル社が開発した緊急走行特性を拡張した特殊戦闘車輪で、1969年に初めて発表されたものである。

実験の結果は、ボクサー装輪装甲車を開発した実験計画「Versuchsträger gepanzertes Transport-Kraftfahrzeug mit integriertem Gesamtschutz」にて考慮された。

試作車両は現在、コブレンツのドイツ国防研究収集所に収められている。砲塔はレオパルド2主力戦車の原型型(T-02)で、おそらく機能せず、視覚的にのみ機能する。

出典-Wikipedia

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 Radkampfwagen 90/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算