Sav m/43 (1946)

Last-modified: 2020-05-24 (日) 21:21:39

スウェーデン RankⅡ 駆逐戦車 Stormartillerivagn m/43(1946)

shot 2020.03.20 14.13.33.jpg

概要

--加筆求む--

車両情報(v1.97)

必要経費

必要研究値(RP)11000
車両購入費(SL)38000
乗員訓練費(SL)11000
エキスパート化(SL)38000
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)60
護符(GE)750

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング3.0 / 3.0 / 3.0
RP倍率1.24
SL倍率0.5 / 1.0 / 1.1
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

車両性能

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)7.0⇒9.8 / 4.8⇒5.6
俯角/仰角(°)-14/20
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
13.0⇒10.0
スタビライザー/維持速度(km/h)一軸・二軸・肩当て式・無し/ ***
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
50 / 15 / 15
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
50 / 13 / 13
船体崩壊有・無
重量(t)12.0
エンジン出力(hp)202⇒249 / 142⇒160
2,300rpm
最高速度(km/h)47 / 43
実測前進~後退速度(km/h)*** ~ -*** / *** ~ -***
最大登坂能力(°)***⇒*** / ***⇒***
視界(%)72
乗員数(人)4
 

レーダー

なし

暗視装置

なし

武装

名称搭載数弾薬数弾薬費
(SL)
主砲105 mm kan m/44 cannon14170

弾薬*1

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

名称砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
105 mm
kan m/44
slpprj m/44APBC11.67-475676557494236
sgr m/34 LTHE11.671.8247523
psgr m/49HEAT10.251.62425240

車両改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯690***
修理キット
砲塔駆動機構
IIサスペンション470***
ブレーキシステム
手動消火器
火砲調整
psgr m/49
IIIフィルター870***
救急セット
昇降機構
IV変速機1700***
エンジン

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前車両Sav m/43 (1944)
派生車両
次車両Pvkv m/43 (1946)
 
 

解説

特徴

前代から砲を105mmに換装したタイプ。
BRが1.0も向上したがそれを補ってなお余りあるだけの圧倒的火力を手に入れた。

 

【火力】
初期弾は前代にも劣る最大67mm貫徹しかなくこのランク帯で運用するには難があるレベルであるが、特筆すべきは開発弾のHEATである。
なんと最大240mmもの圧倒的な貫徹力を持っているのだ。これは同BR帯はおろかBR5.0クラスの自走砲でやっと得られるレベルであり、なんとかのヤークトパンターの正面装甲ですら貫徹が出来る可能性を持ちうる。
HEATは距離による威力減衰が存在しないので狙える範囲であれば遠距離でもこの高貫徹を叩き込めるのは強みである。俯角も-14度と多めに取れるため起伏のあるマップでの狙撃にも向いている。
基本どの車両が前に立ちふさがろうと粉砕できるだけの火力がを持っているが、HEATという性質上弱点もある。

 

まず機銃がないこと。これにより柵などが障害物としてある場合は射撃ができない状態に陥ってしまう恐れがある。
次に加害に関して。炸薬入りのAP弾の場合は貫徹後に車内で炸薬が放射状に拡散するのだが、HEATは直線方向の加害が強い性質を持つ。その性質上一撃で敵車両を破壊するというのは苦手である*2。上手く砲手を狙うか弾薬を抜いて一撃で破壊出来ないと下手すれば簡単に反撃を許してしまう危険性もある。
また他国の大口径と比べ半分近いとは言え、リロードは75mmクラスの二倍はかかるのでその点でも反撃のリスクはあると言えよう。

 

【防御】
前代とほぼ変化はない。
一応前代と比べ車体前方左面に履帯が貼られた事により、その部分は実質装甲120mm程度になるので同ランク帯で増えだす貫徹100mmクラスのAP弾からも抜かれずに済む。すぐ後ろに弾薬ラックがあるためこの点が前方から抜かれづらいのは嬉しいところ。
しかし一方で反対側には貼られておらず、砲弾の巨大化により貫通時の被弾リスクが増えているのも加味するとこちら側はより弱点として鮮明になったと言える。なぜ片方だけにしたし…

 

【機動性】

 

総評すると同格に対しては火力過大な点や、リロード、装甲などを加味すると後方から狙撃を行ったり格上狩りに向いた車両と言えよう。
このランク帯の瑞典は貫徹力に劣る部分も目立つため、KV戦車やチャーチルといった重戦車を相手にしても問答無用で殴り倒せる同戦車はとても貴重な存在。是非ともデッキに組み込んでおきたいところである。

史実

Stormartillerivagn_m43_history1.jpeg

Sav m/43 75mm砲バージョンはドイツが降伏する1944年2月まで、ノルウェー国境に配備されていた。車両自体の能力は優れていた為、75mm砲ではない別の砲を載せようと言う話になった。元々75mm砲は対戦車能力が欠如していた事も孕んでいると思われる。そこで選ばれたのが105mm砲だった。新105mm砲の準備が整うと、直ぐに75mm砲装備の車両は全て105mm砲に換装された。1947年には全車の換装が完了し、105mm砲になったこともあって対戦車能力が大幅に向上した。これらの車輌が現役の任務から外されたのは1973年のことである。

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 Sav m/43 (1946)/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算
*2 ただし口径の大きさもあり小中口径のHEATよりは加害力は大きい。またAPCR程極端な挙動ではない。