T26E1-1

Last-modified: 2020-09-29 (火) 17:16:37

アメリカ RankIV 重戦車 T26E1-1 "Super Pershing"

SupPers_TOP.jpg

車両情報(v.1.93)

必要経費

必要開発費(RP)220000
車輌購入費(SL)610000
乗員訓練費(SL)75000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)670000
バックアップ(GE)40
[護符]購入費(GE)2000

基本性能情報

報酬・修理関係

ABRBSB
リワード(%)*********
開発ボーナス(%)+***
最大修理費(SL)6610******
最大修理費(SL)
最大改良状態
731382494368

車両性能

ABRBSB
Battle Rating6.3
RankIV
車種HT
 
初期最終
重量(ton)49.9
エンジン出力(hp)442500
2600*,***rpm
最高速度(km/h)45
最大登坂能力(°)25
砲塔旋回速度(°/s)***22.6
仰俯角(°)-8/20
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
101/76/51
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
101/76/76
再装填時間(sec)16.2512.5
視界(%)104
乗員数(人)5

基本武装

名称(戦車砲)搭載弾薬数
主砲90 mm T15E1 戦車砲 x150
機銃12.7 mm M2HB機関銃 x11000
機銃7.62 mm M1919A4機関銃 x14500

弾薬

名称弾種弾頭重量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
T43弾AP11975217216202186172164-
T41弾APCBC11975224221206188172157110
T44弾APCR7.6114333533030427424822360
T42砲弾HE1197513-

車両改良

車両改良

Tier名称必要RP(RP)購入費用(SL)
ITracks******
Parts******
Turret drive******
IISuspension******
Brake system******
FPE******
Adjustment of Fire******
IIIFilters******
Elevation Mechanism******
IVTransmission******
Engine******

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前車体M4A3E2 76(W)
派生元車体M26
次車体T34

解説

分離式の薬莢を用いるT15E1を強引に積んだことで、平衡機が車外に設置されてしまったパーシング。
特徴的なのは過剰と思えるほどの追加装甲である。防盾には現地で撃破されたパンターの装甲を切り出して張り付け、車体の方は構造用鋼を二枚V字型に溶接した(史実欄参照)。
どう見ても魔改造だが、それほどまでにドイツ軍の戦車(主にTiger2)は強大だったのである。
過剰なまでの前面装甲とT15を積んだことで、車体のバランスが悪くなったため、砲塔後部にカウンターウエイトを積んでいる。そのため重量は相応に上がっており、唯でさえアンダーパワーだったのが完全に出力不足になっている。


AB,RBで大きく異なる性質を持つ為、以下を参照

【ABにおける本車の特徴】(クリックで表示)

【火力】
M26に搭載されているM3より強力なT15E1を積んだことにより主砲弾であるT41(APCBC)の貫徹力が224mm T44(APCR)にいたっては335mmと非常に高くなった。これにより今まで歯が立たなかったTiger2やIS-2 1944といった重装甲戦車も正面から撃ち合うことが可能になった
だが、同時にリロード速度が遅くなってしまった(4秒程遅い)、決して早いとはいえないM26よりもツーテンポ遅れる感覚になる。複数の敵を相手にする際はしっかりと考えて撃とう
【装甲】
車体にある二枚の追加装甲によってM26とは一線を画す装甲を手に入れた
その装甲厚は宿敵Tiger2とほぼ変わらない値であり昼飯の角度を取れば更に増す。
車体下部でさえ200mm近くあり、同車の射撃でさえ弾き返すことがある
が、やはり隙間がある。格下の戦車で遭遇した場合は追加装甲のない車体機銃部、ターレットリング周り、ほっぺ、キューポラを狙おう。側面、背面に回りこむのも有効だ
なお、WarThunderにおいて、構造用鋼は通常の装甲(鋳造延鋼装甲等)に比べて防弾性能が低く、45%程度の装甲として扱われる。そのためスペック上は抜かれない相手でも抜かれる場合がある。注意しよう

と、ここまでべた褒めしているがやはり元は中戦車、追加装甲が無い箇所は容易に抜かれる上にドイツ軍の殆どが使用している高初速版8.8cm砲(貫通力235mm)の前では本車の装甲は無力と化す。200mmのほっぺたは勿論、距離500mくらいまでは車体正面装甲をぶち抜いてくる。重装甲だと油断しないように注意しよう
余談だが、頭の上にある平衡機にはダメージ判定はなく15mmの装甲として扱われるようだ

【機動力】
元々不足気味だったT26に10t近い追加装備を付けた結果機動力が劣化してしまっている。快速戦車のNDKにはM2機関銃で抵抗しよう
他にもM26等が得意としている丘陵撃ちがとてもやりづらくなっている
だが、本車は重戦車である。装甲が頼りになるため、重いことを前提で動けば大して気にならないであろう
また、後退速度はM26と同じ14km/hまで出すことができるので飛び出し撃ちは得意である
【総評】
厚い装甲、高火力、最低限の機動力と宿敵であったTiger2のアメリカ版のような戦車。
ゴリ押しこそ出来無いものの一つの戦線を支えることができる。孤立しないように注意し、適度に前線を押すことを考えよう。
ただ、BR6.3であることで本車のマッチングする戦場は曲者ぞろいとなる。機動力が落ちている分辛い戦いとなることも多いだろう
また、追加装甲の無い部分に被弾すればほぼ確実に致命傷となる。装甲に頼る戦いは控えたほうが良いだろう
ベテランが乗った本車は、なかなかに厄介である。アメ車だと侮ることなく、空爆や側面取りなどセオリー通りの対処をすればいいだろう

【RBにおける本車の特徴】(クリックで表示)

【火力】
非常に高い貫通を得たAPCBCは、宿敵であるTiger2Hのほっぺを容易くぶち抜き、APCRにいたっては、パンターの正面装甲を豆腐に変える。恐ろしい進歩であるが、引き換えにリロード速度が遅くなっている。常に1対1を心掛け、遮蔽物を利用する。などの工夫が必要になるだろう。エンジンを狙うか、砲手を狙うかといった取捨選択も迫られることが多く、味方との連携が鍵となる。
幸い、敵重戦車と真正面から撃ち合える火力は持ち合わせているため、戦線の維持は得意である空から爆弾が降ってこなければ、であるが・・・
【装甲】
基本は上記のABと変化は無いが、RBでは不意に側面を撃たれることが多いため、側面装甲に不安がある本車は尚更警戒しなければならない。下手をすれば対空砲の待ち伏せで撃破され、残骸になってしまう。重装甲だからと過信せず、キチンと遮蔽物を利用しよう。
【機動力】
M26ですら快適とは言い難かったのが更に悪化している。まさに重戦車である
超信地旋回の出来ない本車の旋回性能は劣悪の一言であり、ちょっとした車体の向き変更にもヤキモキすることになる
直進時の勢いを活かし、一気に旋回するなど工夫が必須であり、不意に接敵した時などはなかなか車体を隠せず苦労するであろう
【総評】
RBに出陣するHTの常ではあるが、非常に厳しい戦いを強いられることが多い。
というのも、開幕ダッシュで機動力の高い敵戦車に入り込まれると容易に側面を撃たれる他、装甲を犠牲にして火力にガン振りした車両も多く、自慢の装甲が役に立たない事が多いためである。しまいには爆撃機に狙われ、悲しいかな、戦場の遺物となる事も非常に多いのである。
RB戦場であることを忘れずに、索敵・情報共有を怠らず、キチンと遮蔽物に身を隠し、敵の隙きをつくことで、本来の力を発揮することが出来るであろう。

見かけの装甲厚(クリックで表示)

見かけ装甲厚改訂版.jpg

各種装甲の画像(クリックで表示)

T26E4のように砲塔内部に入っていることが分かる

駐退機.jpg

一枚では抜かれる装甲も

追加装甲.jpg

三枚もあればなんとかなる。

追加装甲三枚刃.jpg

仰角にも影響しない安心設計

仰角.jpg

史実

クリックで表示

T26E1-1Super_pershing.jpg

石頭サンダーヘッドのAGFもついにTiger1対策にM26の戦線投入を決定した
だがその頃現れた新型戦車Tiger2を相手取るにはまだまだ足りない、前線では更なる戦車の投入が望まれていた。
そんな中T26を生け贄とし、魔改造された戦車が本車である


本車は兵士の求める装甲・火力を併せ持つ最高の戦車として生み出されたハズ

名前のT26E1-1とはT26の強化版T26E1の1号車と言う意味である

ややこしいがT26E1とM26E1は元の車両が同じ異なる戦車である



本来M26はティーガーIに対抗するものであり、データ的には火力と装甲においてティーガーIIに劣り、機動力においてはパンターに劣っている。このため、ティーガーIIに対抗できる長砲身の90mm砲であるT15E1(HVAP弾は距離914mで30度傾斜した220mm装甲を貫徹)を搭載した"スーパーパーシング"が企画され、T26E1の試作1号車の主砲を換装した車両が製作されている。この試作車は砲のバランスをとるための巨大な平衡装置が外部に露出していた。更に、内部収納型の油圧式平衝装置に改良した量産型のT26E4 スーパーパーシングが続いて25輌生産され、さらに1,000輌のM26をこのタイプに改修する計画もあった。しかし強力な代わりに分離式の薬莢を用いるT15は発射速度に劣り、終戦を迎えたこともあり以降の生産は全てキャンセルされた。

スーパーパーシングは試作車1輌(文章からはT26E1-1のことかと思われる)が実戦配備され、現地改造によりボイラー用鋼板(車体とヘッドセット)と遺棄されたパンターの装甲から切り出した増加装甲(防盾)で強化されて実戦に投入されている。この車両は4月21日にデッサウにて、TigerⅡを撃破(米第3機甲師団 第33機甲連隊に所属し、当時この戦車に搭乗していた、ジョン・アーウィン伍長が証言している)している。

これぞ現場のやっつけ仕事(クリックで表示)

super_pershing_6.jpg

パーシングファミリー(クリックで表示)

T25(E1)
T26E1と同時期に開発された。機動力重視


T26
原型車。HVSS(水平渦巻スプリング式サスペンション)装備。1両のみ試作。


T26E1

画像(クリックで表示)

super_pershing_1.jpg

T26E1-1スパパの原型。T25と比べて防御力重視
サスペンションをトーションバー式とした改良試作型。10両生産。


T26E1-1"スーパーパーシング"(T26E1-1"Super Pershing")
T26E1試作1号車の主砲を長砲身90mm砲T15に換装し、砲塔後面に重量調整用のウェイトを装着した試作車両。1両が製作された。
試作車の実績を元に、ベース車両をT26E3とし、主砲を改良型のT15E2に変更してT26E4として量産された。


M26パーシング(T26E3)
T26E1の改良型。
M26は重戦車開発中に作られた機動力重視の戦車である。


M26E1
M26の火力強化版。一体装薬型の長砲身90mm戦車砲 T54に換装した。M26より2両が改造された。


M46パットン
M26の足回り、機関部改良型

T26E4について(クリックで表示)

T26-E4ことスーパーパーシングはT26の火力強化版であり、主砲を90mmM3から70口径90mmT15に換装した。というものも、T26は対TigerIとして開発されていたため、TigerIを更に上回るTigerIIには火力不足と見られたためだった。薬室はT26E1と同様であるが、砲の旋回を安定化させる為にカウンターウェイト(釣合い重り)と呼ばれる安定化装置を取り付けたり、弾薬庫も新規設計であった。しかし、このT15はM3より遙かに大きく、平衡器が砲塔内に収まらないという事態が発生した。当然、こうなれば砲塔を新規設計するのが一番望ましいことだったが、兎に角TigerIIに対抗できる戦車が欲しいアメリカ軍は平衡器を砲塔上部に剥き出しで設置することにした。言うまでも無いが、平衡器が損傷を受けると砲・砲塔が使用不可になる可能性があった。因みに、砲弾が長く重いので、分離装薬式である。
少数が生産されたが、車体の安定化に問題があったため、生産中止となった。
なおこの実戦投入されたスーパーパーシングは、撃破されたパンターから切り取った装甲板とボイラー用鋼板を現地改造で取り付けた。
因みに、T26E1-1はT26E4の元となった車輛T26E3の元となった車両。

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモードの明記をお願いします。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • やっつけ仕事とはいえパンターの装甲二枚重ねてんのにこの豆腐装甲はおかしい。糞害人病また出たな大祖国贔屓 -- 2017-02-16 (木) 05:19:45
    • パンターから切り出した80mm均質圧延装甲板を使ってるのは砲塔正面だけで、それ以外の追加装甲はボイラー用38mm鋼板だから強度低くて当然なんだよなぁ。 知識も無いのに運営に当たり散らすのは…やめようね! -- 2017-02-18 (土) 19:47:48
  • これじゃ追加装甲あろうが無かろうが同じじゃね。 -- 2017-02-16 (木) 05:23:52
    • 杓子定規なゴミ基準でほぼ半減だしな -- 2017-02-16 (木) 05:25:03
  • これとこれより低いBRの戦車連れてってコンカラーのいる戦場に放り込まれたんだが。もう訳わからん -- 2017-02-16 (木) 05:35:02
    • T26E1-1が6.7だからコンカラー7.7とは普通にマッチするよ -- 2017-02-16 (木) 06:00:32
      • せめてもっと硬くして欲しい -- 2017-02-16 (木) 15:07:29
    • あほやん? -- 2017-02-16 (木) 07:26:10
  • 戦後弾書記長が6.3ならこいつも6.3でよくない? -- 2017-02-16 (木) 17:21:44
    • あいつ戦後弾没収されたよ。まあ、こいつも6.3で良いわな。 -- 2017-02-16 (木) 17:31:34
    • 無印M26の存在価値が・・・ -- 2017-02-16 (木) 17:46:11
      • ち、中戦車だから…あれ?コイツもか… -- 2017-02-16 (木) 18:47:38
  • 今研究進めてるんだけど実際こいつの装甲ってどの程度の相手まで役に立つのかね? -- 2017-02-16 (木) 20:57:40
    • 同格が相手なら9割がた役に立たない。重戦車ではなく足の遅い自走砲として使った方がいい。 -- 2017-02-16 (木) 23:44:07
      • 外人の動画見てたらT-44に砲塔正面ブチ抜かれて激昂するとこから動画始まってて草。マジか…この機動力で装甲がアテにならんのは厳しいな… -- 2017-02-17 (金) 07:49:41
    • 俺が使った感じそんな悪くはなかったがなあ。RBだと機動力のせいでマジで使えん。 ABだとキチンと戦えば使える。 特にTiger2戦では他のアメリカ戦車では出来ない仕事をこなせる。 互いに気づいて睨み合っている場合、わざと車体晒すのも手 俺的にはW○Tで鍛えた昼飯、豚飯、弱点狙撃をこなせる優秀な重戦車だと感じたよ。 ただ、ABだと仲間にTiger2がいるんで素直に任せたほうが良いかも  一番働けるのは、キャプ済みの拠点の後ろでガン待ち。 装甲に頼って出て来るTiger2はホッペを。T-44は装甲を使って押し返せばいい。  偶にTiger1位にも抜かれるので心の準備さへしておけばいい。ガシガシ弾く快感を味わえる数少ないアメリカ戦車 -- 2017-02-17 (金) 20:13:29
      • 人によって評価が全然違うな…使えると言う人も居れば弱いって人も居るし、弾くって人もいれば紙って言う人も居る…砲は優秀みたいだから結局使い手次第って事かな? -- 木主 2017-02-17 (金) 22:14:58
      • 虎2みたいな硬さを期待すると死ぬ -- 2017-02-17 (金) 22:59:18
      • ガシガシ...弾く...?こいつが...? -- 2017-02-18 (土) 16:11:52
      • なにもパンター2やTiger2を弾くわけじゃないからな? パーシングとかシャーマンと比べて重戦車できるってだけだから。はっきり言ってT95の方が成績いいし。Tiger1やT-44なら相手できるってだけ 期待してはいけない。 キチンと相対した敵の貫通を見極めれば弾くってこと。 少なくても装甲を使いながら拠点防衛なんてコイツじゃないと出来ない -- 枝2 2017-02-18 (土) 17:32:48
      • 格下相手ではってしっかり書いておいた方が勘違い少なくて済むぞい?下手したら同格相手(IS-2の後期型とか虎Ⅱとかカナブンとか)に弾くと思われる・・・ -- 2017-02-18 (土) 18:13:41
      • すまん、失念していた。アメリカ戦車にマトモなもの求める人居ないと思っていた 因みにIS-2 1944なら弱体化入ったから結構いける -- 2017-02-18 (土) 19:22:31
      • 今までシャーマンとかで全然苦労しなくて、初めてアメ戦車で「こいつ雑魚やん...」ってなったのがこいつなんでな... すまんな -- 葉3? 2017-02-19 (日) 00:49:11
  • ・◎・ -- 前から見る? 2017-02-18 (土) 16:15:24
  • こいつの何がクソかと言えば、大したことない機動力に、重戦車としては頼りにならない装甲、何より砲性能的に虎2の下位互換かつ105mm並に遅いリロード。さらに、同じBRに機動力も良好で火力も装甲も最高クラスなT29や、火力はT29と同じでキューポラさえ気をつければあらゆる砲弾を弾くT28系列がいる。なので使用頻度が極端に少ない -- 2017-02-19 (日) 08:51:52
  • ティーガーⅠで正面相手すると絶望。ティーガーⅡで出会うと餌。イメージ変わるなぁ -- 2017-02-21 (火) 14:10:34
  • 弱いと言われてる割にはサンダースキルだとそれなりにいい戦績なんだよな… どういうことだってばよ… -- 2017-02-22 (水) 03:06:07
    • 鍛えられたプレイヤーしか主力運用してないんじゃ...同BRにT29いるし -- 2017-02-26 (日) 12:24:50
    • ホントのゴミは仙人とかその域に達してる人じゃないと乗らないから戦績上がる定期。T32もそう。もっと極端な例だと最近修理費挙げられたミーティア8とかがそう。 -- 2017-02-26 (日) 13:09:24
      • あそこまでいくと腕前もそうだけど、好きが高じた結果の様にも見える -- 2017-02-26 (日) 13:31:58
      • T32の戦績は統計見ると大体王虎より上だぞ? -- 2017-03-05 (日) 04:14:29
      • あの統計サイトってどこまで信じていいのかわからん…。BRとかだいぶ古いまんまだし、IT-1も大した戦車じゃないって判断できるし、何より明らかに殆どのスペックで劣るコイツの戦績が虎2とほぼ変わらないという… -- 2017-03-05 (日) 10:33:36
      • 単純に乗ってる人数違うのがな...強車両は戦果上げられず爆散してる下手くそも乗るから統計上では大して強そうには見えないのよ...不遇機体が何時までも修正されないのがこれ -- 2017-03-06 (月) 12:22:18
      • 虎2とパンツーの使用者数がヤバイな…。そして課金車のくせしてそれに迫るT29w -- 2017-03-06 (月) 14:49:37
  • こいつの戦歴がそこそこマシなのは「勝てる状況でしか出さない」からだと思う 分隊で味方に援護してもらいながらハルダウンができる戦場でキルストでパーツ開発してるんじゃないかな ソロで遊んでる人はそんな手厚い環境でないからキルレは1を切るどころか0.5~6あたりをさまよってるはず -- 2017-04-12 (水) 04:05:06
    • そんなこともないような気がするけどどうなんだろう。俺はRBでだけど、ソロでスペード化したし400キルぐらいするまでやってキルレは1.7くらいだったよ。そこまで悲観するほどではないと思うけどABじゃそんなもんなんだろうか -- 2017-04-12 (水) 21:24:28
      • RBだとそう簡単に車体下部の弱点に当たらないから少しは楽だね ABだといい戦歴の人はT29も課金虎IIも居ない時代にある程度キル稼いだ人じゃないかな 今だとさらに強敵増えてるし…格下といってもIS-2とかは元々6.7だったんだしねぇ -- 2017-04-12 (水) 22:53:26
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White