Z.1007 bis Serie 3

Last-modified: 2020-07-12 (日) 17:51:36

イタリア RankIII 爆撃機 Z.1007 bis アルシオーネ Serie 3

Z173b (2).jpg

概要

合計2tの爆弾を搭載することができ同BR帯の他国爆撃機を上回る。速度、上昇、防御は貧弱ではあるが、操作性は悪くはない。相手に見つからない立ち回りが必要。
イタリアツリーではお馴染みの3発エンジン機である。エンジンが3発中1発でも生きていれば、着陸は相当難しくなるが滑空で空港に戻ることが出来ることもある。
しぶとく生き残り、敵基地や空港を繰り返し爆撃し破壊していこう

機体情報(v1.69)

必要経費

必要研究値(RP)11000
機体購入費(SL)38000
乗員訓練費(SL)11000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)30
護符(GE)750

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング3.0 / 2.7 / 2.7
RP倍率1.24
SL倍率1.0 / 2.9 / 3.7
最大修理費(SL)1280⇒1594 / 2800⇒2840 / 2520⇒4261

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)437⇒464 / ***⇒450
(高度4500m時)
最高高度(m)9000
旋回時間(秒)33⇒31.1 / ***⇒32.0
上昇速度(m/s)4.8⇒7.7 / ***⇒6.2
離陸滑走距離(m)450
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)***
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/s
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/s, (離陸)*** km/h, (着陸)*** km/s
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃
(単装)

12.7mm
ブレダ-SAFAT

1350後方下部
機銃
(単装)
12.7mm
scotti machine gun
1350上部
機銃
(単装)
7.7mm
ブレダ-SAFAT
21000側部

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)費用(SL)
10m500m1000m
***mm
△△△
既定△/△/△/△/△******
汎用△/△/△/△/△*********
空中目標△/△/△/△/△******
地上目標△/△/△/△/△******
徹甲弾△/△/△/△/△******
曳光弾△/△/△/△/△******
ステルス△/△/△/△/△*********
***mm
△△△
既定△/△/△/△/△******
汎用△/△/△/△/△*********
徹甲弾△/△/△/△/△******

追加武装


名称
(爆薬量)
種類


影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件備考*1
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
B50kg
(25kg)
GP50
18-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**--合計搭載量
1062.0kg
(爆薬量525.6kg)
B100kg
(50.6kg)
GP100
18-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**680合計搭載量
1800.0kg
(爆薬量910.8kg)
T936kg
F200/450
1-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**190投下可能速度
0-301km/h
投下可能高度
0-120m
Travel distance
3km
B250kg
(125.7kg)
GP250
4-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**750合計搭載量
2236.0kg
(爆薬量1110.0kg)
100kg
(50.6kg)
GP100
12
B250kg
(125.7kg)
GP250
6-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**500合計搭載量
1706.7kg
(爆薬量841.8kg)
50kg
(29.2kg)
GP50
3
B250kg
(125.7kg)
GP250
6-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**450合計搭載量
1554.0kg
(爆薬量754.2kg)
B50kg
(25kg)
GP50
3-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**500合計搭載量
1728.0kg
(爆薬量829.2kg)
250kg
(125.7kg)
GP250
6
B100kg
(27.3kg)
SAP100
6-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**530合計搭載量
1670.0kg
(爆薬量603.8kg)
500kg
(220kg)
GP500
2
B500kg
(220kg)
GP500
2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**530合計搭載量
1616.0kg
(爆薬量743.6kg)
100kg
(50.6kg)
GP100
6
B50kg
(25kg)
GP50
3-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**270合計搭載量
996.0kg
(爆薬量432.0kg)
800kg
(357kg)
GP800
1
B100kg
(27.3kg)
SAP100
3-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**340合計搭載量
1149.0kg
(爆薬量438.9kg)
800kg
(357kg)
GP800
1
B100kg
(50.6kg)
GP100
3-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**340合計搭載量
1122.0kg
(爆薬量508.8kg)
800kg
(357kg)
GP800
1

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理******
ラジエーター
**mm弾薬ベルト
**mm銃座用弾薬ベルト
IIコンプレッサー******
機体
新しい**mm機関銃
新しい**mm銃座用機関銃
III主翼修理******
エンジン
**mm弾薬ベルト
爆弾懸架装置
IVインジェクター交換******
**オクタン燃料使用
カバー交換
新しい**mm機関砲
ロケット懸架装置

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
Z173b (1).jpg
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前機体S.M.79 AS
次機体Z.1007 bis serie 5
 
 

解説

特徴

--加筆求む--

立ち回り

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
搭載量はB-18×2機分、もしくは一式陸攻×2.5機分とこのBR帯ではそこそこ良い方。
ただし、防御力・上昇・速度・急降下耐性があまり高くないため、敵戦闘機の迎撃には非常に脆弱である。そのため、まずはいったん迂回上昇し、味方の制空隊、爆撃隊が攻撃した後の二次攻撃部隊だと思って立ち回り味方の爆撃隊の爆撃漏れや、空港を攻撃すると良い。

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実

Z.1007アルシオーネ(カワセミの意)は、Cantieri Aeronautici e Navali Triestini(CANT、カント)社によって製作されたイタリアの爆撃機である。
1935年、カント社のFilippo Zappata技師は、イソッタ・フラスキーニ・アッソXIRC15 液冷V型12気筒エンジンを搭載する2種類の爆撃機を設計した。一つは2発機のZ.1011、もう一つが3発機のZ.1007である。

1936年には、原型機の初飛行前に空軍から発注があり、1937年に試作機が初飛行した。この試作機はZ.1011よりも優れた特性を見せたが、それでも設計時の予想よりは低い性能であり、Zappata技師はすぐさま、搭載エンジンをピアッジョP.XI星型14気筒エンジン(フランスのGnome-Rhone Mistral Major 14Kエンジンをライセンス生産した物)に換装するなどした改良型の設計に取り掛かった。この改良型が本機Z.1007bisである。
Z.1007bisの試作機は1939年7月に初飛行し、結果は成功に終わった。そして、少量の生産に終わった初期型に変わり、改良型であるbisが、Z.1007の生産数の大部分を占めた。

Z.1007は全木製で中翼単葉、乗員は5名。爆弾搭載能力は、胴体内の爆弾倉が1200kg、両翼下のハードポイントが計1000kgで、合計2200kgに達した。しかしながら、航続力の問題から(最大搭載時は640km)、通常は弾倉内の1200kgにとどめられた(この際の航続力は1000km)。また、800kgの魚雷1発を搭載することも可能だった。そして、防御用に各2丁の12.7mmイソッタ・フラスキーニ・スコッティまたはBreda-SAFAT機銃および7.7mm機銃を備えた。

Z.1007bisは、生産が進むにつれて、各地のSM.79やBR.20を置き換えていった。主にギリシャや地中海方面で使用され、1941年には、イギリスの駆逐艦ジュノー(HMS Juno)を撃沈する戦果も挙げた。

総生産数はZ.1007全体で560機あまり、うちZ.1007bisは450機あまりを占めた。


参照:日本語版および英語版wikipedia

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ
CANT Z.1007 Alcione: Bird of Prey

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 Z.1007 bis Serie 3/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算