Top > 防具 > 【ダイヤの小手】


防具/【ダイヤの小手】

Last-modified: 2019-07-11 (木) 22:30:57

なかなかのキャリアを持っているのに、各作品で微妙な扱いをされているせいか、DFFには出してもらえないかわいそうな防具。


アクセサリ/【ダイヤの小手】
防具/【金剛の小手】


FF1 Edit

ナイト専用の小手で、防御力は守りの指輪と同値を誇る。ただし、重さに難がある。後の作品と違い雷耐性は無い。
海底神殿浮遊城で手に入るが、それよりも早く守りの指輪を買うことができるため、イマイチ印象に残らない。


耐性や能力値ボーナスも全くなく、装備可能なのもナイトのみと守りの指輪の完全下位互換品。
店売り品の守りの指輪と違い2個限定品だが、当然ながらアイテムコレクター以外には全く価値はない。
上記の通り入手時期も守りの指輪より遅いため、大半のプレイヤーに肝心のナイトにすら一度も装備してもらえないままクリアまで放置される(FC版では持ち物数制限のために売られるか捨てられる)orそもそも入手すらしてもらえない運命にある悲しい装備品である…。

  • 金欠or買い物禁止プレイをしている等、守りの指輪をナイト用に入手できないやむを得ない事情がある場合以外この小手の出番はないだろう。

FF1(GBA版以降) Edit

追加ダンジョンに行けばこれの完全上位互換品の守りの指輪よりも硬い腕防具を入手できるようになったため、買い物禁止縛り時でも最終的に出番がなくなってしまうことに。

FF2 Edit

竜巻内部の宝箱で手に入る他、ジェネラルが落とすことがある小手
重い割に防御力が劇的に上がるわけでもなく、稲妻に強くなるくらいしか利点がない。

  • 一応防御力は25とヨーゼフ専用のブレイサーを除くと腕防具の中では2番目に(ブレイサーを入れると3番目に)硬い。
    一方で重量も27と同様に腕防具の中では2番目に重い(=2番目に回避率が低くなる腕防具である)。

重いだけでなく、魔法干渉も100と全腕防具中トップ…どころか全防具中でもトップ。
ちなみにこの魔法干渉100というのは源氏の鎧源氏の小手と同等の値である。


魔法防御も5しかない(0でないだけまだマシだが)。


魔法をメインに使わせるプレイヤー及び回避率至上主義者には雷耐性がある唯一の小手であること以外ほぼ価値のないアイテムだが、何気に非売品なので完全に不要でも仕方なく持ち物欄に残されている場合も多い。

  • 無論これは持ち物制限のなくなったGBA版以降の話であり、持ち物制限のあるGBA版以前では容赦なく売り払われるか捨てられる運命にある。

性能の微妙さ故に、ルーンアクス狙いでジェネラルを狩っているプレイヤーからはほぼ確実にハズレアイテム扱いされる立場にあるかわいそうな小手。

  • 魔法攻撃や打撃の追加効果の割合ダメージの吸収攻撃・状態異常の方が危険なFF2では役に立つ場面はほぼなく、装備すると雷耐性は得られるが魔法が弱くなるうえに回避率も下がる小手でしかない。
    その利点の雷耐性も、もっと軽くて魔法干渉の低い他の防具で補えてしまう。

FF2でもFF1と同様に守りの指輪の方が防具として色々と優秀なため、これではなくそちらを選ぶプレイヤーの方が大半である。
両者共にFF1のものとは性能が全く違うのだが、そう考えると中々面白い。


何気にレオンハルトの初期装備でもある。

FF2(GBA版以降) Edit

SoRでは本編から持ち込むかカオスライダーからドロップするしか入手方法がないが、ご覧の通りの微妙性能なのでわざわざ本編から持ち込まれる事もなければドロップを狙われる事もない(ルーンアクス狙いのついでに自然と入手できる可能性大)。
SoRでもカオスライダーからルーンアクスを狙う多くのプレイヤー達からほぼ確実にハズレアイテム扱いされるかわいそうな立場にある。

  • 攻略的にもアイテムコレクター的にも本編から持ち込む腕防具は盗賊の小手の方が推奨されるため、わざわざ実用性の低いこの小手を持ち込ませるのはほぼ趣味の領域(攻略情報を全く仕入れないプレイヤーは別として)。
    • コレクターはSORで入手不可能なブロンズの小手氷の小手を持たせる可能性大。
      ただし盗賊の小手もSoRでは宝箱から1個だけしか入手できないので迷うところ。
      • 氷の小手は性能はイマイチだが、ゲーム中で僅か1個しか入手できない貴重な品なので、コレクターでもわざわざSoRに持ち込ませるプレイヤーはそういないだろう(たとえやる場合でもセーブデータを分ける可能性高し)。

SoRではレアモンスターのコウテツキョジンを狩る必要がある源氏の小手と比べるとはるかに量産しやすいのは利点。
…実際に量産する意味があるかどうかはともかくとして。

  • 量産する気は全くなくても、ルーンアクスを狙っていれば自然と複数入手できてしまっていることが多い。
  • これを量産する暇があるならその時間をリボン守りの指輪黒のローブ黒装束辺りの防具を4人分揃える事に費やした方がはるかに攻略に有益。

FF3 Edit

回避率10%、防御力6、魔法防御力5の小手。雷属性耐性の他、カエル耐性があるが FC版では後者は実質無意味。
ナイト竜騎士バイキング忍者が装備可能。
海底洞窟時の神殿で拾え、さらには古代遺跡インビンシブルで15000ギルで購入できる。
性能ではダイヤの腕輪に劣るが、重戦士にとっては貴重な雷耐性腕部防具。
しかし腕輪より保護する面積が広いはずなのになぜ防御性能に劣るのやら…。
しかもあっちは10000ギルとこっちより安い。

  • NTT出版の攻略本によると、腕輪の方は魔力によって防御力を上げてあるとのこと。僅差であるとは言え、何だかズルイ。
  • 小手はリボンと併用できることに加えて、腕防具自体が他の部位の装備に比べるとダイヤシリーズと上位防具との性能差が小さいというのがポイント。
    雷耐性は闇の世界まで役に立つので、源氏の小手クリスタルの小手等を入手した後でも腕輪共々常に道具欄に忍ばせておくとよい。

FF3(DS版以降) Edit

物理防御力15、魔法防御力7。雷・カエル耐性はないが、重量+1、 体力+3の補正が付く。
装備可能なジョブも増えており、すっぴん戦士モンク狩人シーフ魔剣士空手家たまねぎ剣士も装備できるようになった。
価格も10000ギルに値下がりしており、DS版のダイヤの腕輪と比べて物理防御力は少し高いが 魔法防御力がそれの半分以下というのが痛い。
とは言え、モンク・空手家・シーフ・狩人にとっては店売品では最高の防具なので、最低でも拾える物は全て押さえておこう。
パワーリスト(力・体力+2)から何のためらいもなく付け替えできる。

  • DS版ではこの小手に限らず他のダイヤシリーズ防具も雷耐性が削除されている。
    • 雷耐性が無くなったことで、モンク・空手家・シーフ・狩人以外のジョブには源氏の小手クリスタルの小手の完全下位互換品でしかなくなってしまった。
      もっとも、源氏の小手は1個限定品かつすっぴん・魔剣士・忍者・たまねぎ剣士のみしか装備不可、クリスタルの小手も終盤まで購入不可能なので、それまでの長い期間この小手に世話になることだろう。
  • >パワーリスト(力・体力+2)から何のためらいもなく付け替えできる
    パワーリストはこの小手より力・体力ボーナスが1低いだけでなく防御力も2低いが、実は密かに魔防はパワーリストの方が2だけ高いので、魔防を最優先する場合にはこの小手に換装せずそちらを装備したままの方が良い。
    ただし、この小手と違いパワーリストは一点物なので1人しか装備できない。

DS版では守りの指輪が超強化されたので、残念ながら最終候補にはならなくなった。
一応力+3・体力+3のこの小手の方が力と体力だけは僅かに高くなるものの、炎氷雷風土水聖7属性耐性付&全能力+2(&この小手と違い全ジョブ装備可能)の守りの指輪の方がはるかに優秀なので、力と体力の僅かな差にこだわるプレイヤー以外はどう考えてもそちらを選んだ方が良い。

  • これによりFF1から3作品連続で守りの指輪に負けることになった。
    3作品ともゲームの仕様及び防具の性能は全く違うのだが、そう考えると中々面白いものがある。

FC版と違い最終候補の腕防具を入手するまでの繋ぎにしかならない性能になってしまったものの、FF1・FF2では繋ぎにすらならないかわいそうな小手扱いだったことを考えると、たとえ繋ぎとしてでもちゃんと役に立つ小手になり非常に待遇が良くなっているといえる。

  • DS版でもガントレット・パワーリストが共に1点物のため、3人以上物理ジョブの構成にしたい場合には残りの1~2人はミスリルの小手で我慢するしかないため、この小手の存在がかなりの助けになる。
    • 3人以上物理ジョブの場合でもすっぴん・たまねぎ剣士・シーフを入れるなら盗賊の小手(防御11・魔防8・素早さ+3)があるのでミスリルの小手なしでも良くもう少し楽になるが、その場合でもこの小手が助けになるのは同様である。

FF4 Edit

ダイヤシリーズ小手。防御力7、回避率0%、魔法防御力3、魔法回避率3%。雷属性に耐性を持っている。
セシルカインシドが装備可能。
トメラで5000ギルで売られている。


フレイム系・アイス系装備には兜と小手がないので、中盤でセシルとカインに三属性耐性を持たせたい場合にはこれかダイヤの兜に頼ることになる。
ただし腕装備は巨人の小手という強力なライバルが存在するため、そちらを優先されがちなのが若干不遇と言えるか。
巨人の小手を持っていない・入手手段を知らないプレイヤーには使ってもらえるのが救いではある。

FF4(DS版) Edit

敵の攻撃が激しくなったので、重要な装備。フレイム系・アイス系とセットで装備したい。
この場合、「源氏シリーズ」が手に入った後は、源氏の兜からダイヤの兜にかえると魔法防御のダウンが大きすぎるので、源氏の兜+ダイヤの小手、の組み合わせが良い。
(そしてアイスアーマーにフレイムシールド)

FF4TA Edit

カイン編、月の民編チャレンジダンジョン最奥でレアとして手に入る。

FF9 Edit

腕防具の一つ。スタイナーフライヤベアトリクスが装備可能な小手
物理回避+19・魔法回避+13・水属性無効。アビリティ『アビリティアップ』『固まらずの術』を使用・修得可能。


ちなみに、これがあるとクラーケンが涙目になる(カウンターを除くと、水属性の攻撃しかしないから)。


最速だとチョコボのお宝探しで「枯れた砂浜」から掘り出せる。この他、ウイユヴェール、デザートエンプレス、エスト・ガザ(エーコ誘拐後)で2000ギルで売られているが、これらはいずれもDisc3でないと入れないのでコレクターは要注意。

FFRK Edit

レア5の腕防具としてFF9共鳴、FF零式共鳴、サガコラボの3種類が登場している。

  • 「ダイヤのこて【IX】」
    FF9共鳴。原作FF9の水属性無効、『固まらずの術』に合わせて、水属性軽減(小)、石化耐性(小)の効果を持つ。
    ベアトリクスの閃技「気高き聖騎士の心?」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
    Lv20時のステータスは攻撃34、防御99、魔力18、魔防95、精神18、回避105。
    2018/9/7、FF9イベント「定められた命の果て」で追加された。
  • 「ダイヤの小手【零式】」
    FF零式共鳴。ジャックのレジェンドマテリア「二の太刀いらずの剣士」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
    Lv20時のステータスは攻撃力34、防御力99、魔力18、魔防95、精神18、回避105。
    2018/7/13、ジャック初登場のFF零式イベント「朱き果断の一刀」で追加された。
  • 「ダイヤの小手」
    共鳴シリーズがJobのダンジョンとサガシリーズのイベントダンジョンに共鳴する。必殺技は無し。
    エンペラーズ サガコラボイベント「マルディアスの邪神」で登場した。