Firefly F Mk.I

Last-modified: 2020-09-18 (金) 01:19:01

イギリス RankIII 迎撃機/艦上戦闘機/戦闘爆撃機 Firefly F Mk.I

概要

イギリスのランクⅢ艦上戦闘機。世にも珍しい単発複座艦戦!機体が重いため横の機動も縦の機動も苦手である。つまり敵戦闘機には滅法弱いが、ロケット弾や爆弾を装備可能なのでいっそ前方火力が強力な艦爆だと考えよう。

機体情報(v1.70.1945)

必要経費

必要研究値(RP)18000
機体購入費(SL)77000
乗員訓練費(SL)22000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)40
護符(GE)980

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング3.7 / 3.7 / 4.0
RP倍率1.36
SL倍率1.0 / 3.2 / 4.6
最大修理費(SL)1220⇒1575 / 3320⇒4166 / 4900⇒6149

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)483⇒536 / 472⇒508
(高度4572m時)
最高高度(m)10050
旋回時間(秒)22.5⇒19.6 / 23.1⇒21.0
上昇速度(m/s)8.7⇒18.6 / 10.0⇒12.7
離陸滑走距離(m)480
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)5.17
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機関砲20mm
イスパノ マークII
4640翼内

弾薬

武装名ベルト名内訳費用(SL)
20mm
イスパノ マークII
既定HEF-I/HEF-I/P/T-
汎用HEF-I/HEF-SAPI/AP/T20
地上ターゲットAP/AP/AP/HEF-I/T20
空中目標HEF-I/HEF-I/HEF-SAPI/HEF-SAPI20
曳光弾AP/T/HEF-I20
ステルスHEF-I/HEF-I/HEF-SAPI/AP30

追加武装


名称

影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
ターン
アラウンドタイム
(sec)
B250lbs
△△
2-0/-1/-1-1.2/-0.9/-0.9+0.8/+1.0/+1.0150HSBC mk.2-
B500lbs
△△
2-27/-26/-26-2.7/-2.0/-2.0+1.7/+2.1/+2.1200HMBC mk.2-
B1000lbs
△△
2-54/-51/-51-5.1/-3.8/-3.8+3.5/+4.5/+4.5500HLBC mk.2-
R76mm
RP-3
8-24/-23/-23-2.2/-1.6/-1.6+1.3/+1.6/+1.6400HRC mk.8-

機体改良

解説ページを開く

Tier名称
IFuselage repair
ラジエーター交換
プライマリ20mmベルト
HSBC mk.2
IIコンプレッサー交換
Airframe
新しい20mm機関銃
HMBC mk.2
IIIWings repair
Engine
Mk.II year 1942
HLBC mk.2
IVカバー交換
Mk.II year 1943
HRC mk.8

カモフラージュ

クリックで表示

既定
[添付]
条件-
説明標準迷彩

研究ツリー

解説

特徴

パイロットの後ろにもう一人(航法士)が乗っているが、この人が気絶してもパイロットキルの被撃墜判定になったり、機体スペックに影響が出たりするわけではない。艦上戦闘機なので、空母での運用も可能。
本機の特徴としては、20mm口径「イスパノ Mk.II」を4門搭載という大火力がある。大型機を前にしても楽々撃墜できるだろう。しかし弾が少ない為、撃ち過ぎには注意しよう。Ver1.65で弾薬数は240発から640発と大幅に増加し改善した。はずだったがVer1.67で240発に逆戻りした現在は640発である。また、爆弾やロケット弾などの追加武装も充実しており、戦闘爆撃機として使うにも便利。
ただ、本機の機動性はお世辞にも良いとは言えない。ハリケーンやスピットファイアの感覚で旋回戦など展開してしまうとすぐに速度を失って撃墜されてしまう。
また、「イスパノ Mk.II」は未改修状態だとかなり弾がばらける上に、すぐに弾詰まりを起こしてしまう。タップ撃ちを心がけよう。ちなみに、これは機関砲改修を進めると改善されるので、しっかり改修を進めよう。
対空戦闘をするときは、一撃離脱を心がけること。本機の前方火力をもってすれば、目標撃墜にそう時間は掛からないはずだ。

立ち回り

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
本機は一応戦闘機ではあるが、性能はマッチする敵戦闘機に真正面から対抗出来る程のものではない。よって、スピット等に高高度制圧を任せ、中~低空の攻撃機や戦闘機などを倒していこう。迎撃機スポーンがあるため2000~3000mまで登るのは容易である。比較的装弾数の多いイスパノmk.2は、重装甲の敵機相手でも十分な火力である。本機はスピットやタイフーン程ではないもののそこそこ良好な旋回能力を持っているため、メッサーやC205辺りならまだなんとかなることもある。が、最終手段として考えるのが良いだろう。もし格闘に入ったらエネルギーが枯れる前に墜としてしまおう。
また、本機はBR3.7の単発機としてはかなりの対地装備を携行することが出来、対地攻撃において威力を発揮する。おすすめはRP-3ロケット×8である。
最初から対地装備を持っていくのも一つの選択肢である。装備を抱えたまま高度を稼ぎ、低空の敵を排除したらゲージを削ってから基地に帰るという立ち回りをすれば、効率よく相手にプレッシャーを与えることが出来る。上に敵が残っている場合は、逃げ切れるように早めに対地を切り上げて帰ろう。場合によっては装備を投棄するのも手である。

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実

少し長いので格納

フェアリー社の設計した単発複座戦闘機「ファイアフライ」は、同社の単発複座戦闘機「フルマー」の後継機として、英国海軍の要求仕様書N.5/40に合わせて計画されたものである。
フェアリー社の空母艦載機設計思想として、「何もない海上で安全に行動するには、操縦士のほかに航法士が不可欠である」というものがあり、この思想はこのファイアフライだけでなく、フルマーの頃から採用されていたのである。そのため、ファイアフライやフルマーは「単発複座戦闘機」という非常に稀な戦闘機として開発された。しかし、複座機にするための装備や航法士自身の重量は機体性能に大きく響き、対日本戦線に配備されたフルマーは加速力の無さから日本軍機に大いに翻弄されることとなった。そもそも、空母艦載機を数多く運用した日本やアメリカに「単発複座戦闘機」というものがないにも関わらず正常に行動できていた時点で航法士の必要性には疑問が残る。
 
開発はH.M.チャップリン率いるフェアリー社の機体設計チーム。エンジンにロールスロイス・グリフォンIIBエンジン(1730馬力)が採用された。このファイアフライは、ただでさえ大型だったフルマーよりもさらに機体を大型化、自重もおよそ400kgほど重くなり、なんと4254kgという、およそ単発戦闘機とは思えない自重になった。これはスピットファイアのおよそ倍である。
しかし、空力的に洗練された機体形状と新採用のエンジンにより、フルマーよりも最高速度は60km/hほど上昇。また、フェアリー社が新たに特許を得た「ヤングマン式」とよばれるフラップを採用、低速域での高い揚力を実現し、空母への着艦をより簡単にした。
 
1941年6月の時点で既に海軍から200機の発注を受け、同年9月にはさらに100機、翌年6月にさらに300機の追加発注を受けた本機の試作1号機は1941年12月22日に初飛行。その後2号機が1942年6月4日、3号機が同年8月26日に初飛行。同日、量産が開始。翌年3月4日、最初の量産型である「F. MkI」型の機体がイギリス海軍のヨービルトン航空基地に引き渡された。同年10月に第1770飛行隊に配備され、翌年10月に同飛行隊が空母「インディファティガブル」に配属され、ファイアフライも実戦配備されることになった。
 
ファイアフライの初期の任務は、ドイツ占領下にあったノルウェー沿岸付近における武装偵察、同地域における敵船舶に対する攻撃だった。
1944年8月24日に行われたティルピッツ攻撃の際には、ファイアフライが攻撃隊の護衛任務を行った。ちなみに、この護衛任務は先述の第1770飛行隊によって遂行されたものである。
1945年には太平洋戦線に進出。(第1770飛行隊も進出した。)イギリス太平洋艦隊の空母艦載機とともに、日本軍の占領下にあったオランダ領東インドにある製油所や飛行場の攻撃任務を遂行。1945年7月には東京上空に進出し、イギリス軍で初めて日本本土上空に侵入した。
 
第2次世界大戦終了後、本機はイギリス海軍のみならずカナダやオーストラリアでも使用され、カナダ海軍では65機の「AS. MkV」型を1946年から1956年にかけて、オーストラリアでも同型他が空母「シドニー」やアルバトロス空軍基地などで運用された。イギリス連邦以外では、オランダが1946年1月18日から同年6月20日までに30機の「F. MkI」型をイギリスから受け取り、その半分が独立戦争の緊張下にあるオランダ領東インドに配備された。
ファイアフライは朝鮮戦争でも使用されたが、イギリスでは1956年に「フェアリー・ガネット」に交換され、ファイアフライは第一線から姿を消した。
 
ファイアフライの総生産数は1702機とイギリス海軍の戦闘機としてはかなりの数であり、現存する機体は24機、うち3機が現在でも飛行可能な状態にある。
ちなみに、総生産数1702機のうち、「F. MkI」型は429機である。

小ネタ

◆グリフォン・エンジン
試作機は1941年の12月に初飛行が成功。その後の各種試験もパスして生産も順調に… とはならなかった。
当時はマーリン・エンジン生産に大忙しでグリフォンの生産にまで手が回らなかった。
結局引き渡しが始まったのは1943年3月となった。
 
出典:『世界の駄っ作機番外編 蛇の目の花園』より要約


外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

Fairey Firefly F.Mk.I and F.Mk.V

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • やはり翼内でしかも離れてるから正面の撃ち合いには弱いなー。 -- 2016-11-29 (火) 05:40:48
    • (わいは逆にイスパノ4門だからヘッドオンには強い方だと思ってる、実際よく勝つ) -- 2016-11-29 (火) 06:40:29
      • たぶん俺の狙い方が下手なんやな。 -- 2016-12-01 (木) 03:37:37
      • まあ精度悪いしエアターゲットに曳光弾無いから狙って当てるのは難しいから多少はね?交差を800mとかにしておくと勝ちやすいかも。ただもともと弾持ち悪いから非効率であることに違いはないし、あまり積極的に狙ってくものでもない。 -- 2016-12-01 (木) 08:04:28
  • こんな構造にするんなら後ろに防護機銃を取り付けたらいいのに… -- 2016-12-03 (土) 22:52:10
    • じゃあ操縦士と航法士と機銃手の三座艦上戦闘機にしよう!(英国面) -- 2016-12-04 (日) 00:55:14
      • すごい弱そう…。それとも単発攻撃機かな? -- 2016-12-04 (日) 00:56:58
      • あれ?なんかアメリカにこんな機体あったような -- 2017-01-04 (水) 17:30:53
    • 一応艦上戦闘機として設計されたわけだし、銃座をつけることによるメリットよりもデメリットの方が問題視されたんじゃない?戦闘機は速度が命だし。それにモスキートのように、必ずしも銃座が必要ではないっていう例もある。 -- 2016-12-04 (日) 00:56:03
    • デファイアント「ん?」ロック「呼んだ?」 -- 2016-12-04 (日) 01:11:31
    • 機銃って意外と重量物だからなあ -- 2016-12-04 (日) 01:41:05
  • 使ってる人を全く見かけないんだけど、もしかして趣味機体なのか? -- 2016-12-04 (日) 02:04:36
    • 絶賛使用中。制空戦で6機くらいは落とせるようになったので結構イケる機体だと思うようになってきた。 -- 2016-12-04 (日) 08:10:40
    • ある意味では合ってる。改修前は昇らない、曲がらない、加速鈍い、イスパノMkⅡだからありえんタイミングでジャムるの4重苦を抱えた機体だが、改修を進めればある程度曲がるし昇る機体になる。イスパノもマシになるし。 -- 2016-12-04 (日) 08:33:17
    • ただ単騎でバタバタやっつけるような機体じゃない。誰かのサポートで光る感じ。でもたまにKSだなんだって食ってかかられるから困ったもの。 -- 2016-12-05 (月) 04:13:15
  • イスパノの弾数が...増えてる!? -- 2016-12-21 (水) 17:05:59
    • 搭載弾薬数640…疲れてるのかな… -- 2016-12-23 (金) 14:02:36
      • 爆弾のリロード時間も減ってるぞ!! -- 2016-12-23 (金) 22:57:00
    • ありがてぇ・・ありがてぇ・・・ -- 2016-12-24 (土) 12:18:59
    • 地味に弾数足りないと感じてた矢先に、このニュースはありがたい。 -- 2016-12-24 (土) 13:16:13
  • コイツ、フライトモデルに変更でもあったのかな? 前より心なしか素直に曲がるようになってる気がする。気のせいかな? -- 2016-12-25 (日) 11:10:00
  • 前は遅いし昇らないイメージがあったからあまり乗らなかったけど、久しぶりに乗ったらイスパノ4門のゴリ押しでそれなりに活躍できた。多少は旋回できる分、ファイアブランドよりか使いやすいかも… -- 2016-12-31 (土) 13:16:26
  • ちょっと機首がフラフラするのが・・・イスパノ4門は強いけど -- 日本人の誰か? 2017-01-05 (木) 22:34:10
  • 爆弾のリロード時間短くなったの?前だとワザとやられて次の機体で出たほうが効率良いくらいだったけど…。 -- 2017-01-28 (土) 00:53:17
    • 乗員スキルの画面で表示されるリロード時間は変わってないです。 -- 2017-01-28 (土) 22:28:45
  • こいつを使って開幕で駆逐艦爆撃するのが楽しすぎてやめられない。ただ狩られる可能性高いので非推奨。 -- 2017-02-10 (金) 10:32:33
    • そう言えばコイツ何気に1000lb爆弾積めたんだっけか。でも対地には同じく1000lbが搭載出来て低空の加速と速度が優秀なタイフーンがいるからなぁ...完全に好みだねRB -- 2017-02-10 (金) 10:35:32
      • イスパノ4門をBR3.7に持って行けて、なおかつ1000lb2発持てるという長所を活かしてあげて…。 -- 2017-02-10 (金) 10:59:12
  • 今回のアプデで、弾数640発から240発に戻りやがりました。 -- 2017-03-17 (金) 13:36:46
    • Mk.V使います(ブチギレ)(本気の絶望) -- 2017-03-17 (金) 13:58:43
    • やってらんねぇよ… -- 2017-03-17 (金) 17:12:52
    • お、このアサルトとか言うので活躍できそうやな!→「 2 4 0 発 」 -- 2017-03-17 (金) 21:51:43
    • 久しぶりに使おうと思ったら妙な違和感があったんだがそういうことか… -- 2017-03-27 (月) 04:46:30
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White