F6F-5

Last-modified: 2020-07-02 (木) 14:41:32
No.206
weapon206.pngF6F-5艦上戦闘機
装備ステータス
火力+1雷装
爆装対空+10
対潜索敵+1
命中+1回避+3
戦闘行動半径5
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修可
2017年5月作戦上位報酬
改修更新
F4F-3 → F4F-4 → F6F-3 → F6F-5
大戦初期の太平洋上で零戦としのぎを削った艦上戦闘機F4Fシリーズの後継機、F6Fシリーズの後期改良型量産機です。
大出力エンジンと強力な火力を装備、さらに防御面も強化した本機は、
強力な量産型艦上戦闘機として、戦場の空で零戦を圧倒していきます。

ゲームにおいて

  • 2017年6月29日に戦果ランキング報酬として先行実装(1~500位)。2017年9月12日にF6F-3から更新可能となり、同時に本装備も改修可能になった。
    • なお★maxのF6F-3F6F-3Nの入手任務で必要になる。
    • 2017年8月29日には同じく戦果ランキング報酬として夜間戦闘機型のF6F-5Nが実装。
  • F6F-3との性能差は対空+2、回避+1で完全上位互換。対空値は+10と試製烈風 後期型Fw190T改と同クラスに。
  • ★maxで対空値+12と烈風 一一型と同じ、その他の性能込みで上位互換となる。これにより対空12の艦戦を初めて量産可能となった。
  • 仮にF4F-3から改修更新を経てこれを作る場合、改修資材は156個必要(★+6以降を確実化する場合)。
    • F4F-4から作る場合は同様の条件において改修資材消費は123個となる。
    • また、F6F-3からの場合は同様の条件で72個となる。
    • 参考として、零式艦戦52型(熟練)★max(対空+11相当)を零式艦戦21型(熟練)★maxの機種転換で入手する場合の改修資材消費は32個(★+6以降を確実化する場合)。
    • いずれの場合でも元となる機種は開発での入手ができず、Saratoga(イベントドロップ・大型建造限定)と同改及びIntrepid(イベント報酬・イベントドロップ限定*1)の持参のみとなる為、量産する場合は大型建造かイベントでSaratogaを引き当てる必要がある。

以下性能比較表(装備最大値/艦戦上位早見表/テーブルより転送)

装備名対空対潜索敵命中回避火力装甲半径入手方法改修備考追加
震電改152イベント-編集
烈風改二132115イベント-一航戦に装備ボーナス編集
烈風改二戊型(一航戦/熟練)121326イベント-夜戦、一航戦に装備ボーナス編集
烈風改二戊型111225イベント-夜戦、一航戦に装備ボーナス編集
烈風 一一型125任務、イベント、ランキング-編集
烈風(六〇一空)11125任務、イベント、ランキング編集
烈風改(試製艦載型)1023114イベント-一航戦に装備ボーナス編集
試製烈風 後期型105開発、初期装備-編集
紫電改四101314イベント、ランキング編集
紫電改二933開発、任務-編集
零式艦戦53型(岩本隊)123246任務編集
零戦52型丙(付岩井小隊)101126任務編集
零戦52型丙(六〇一空)9116初期任務、ランキング編集
零式艦戦52型(熟練)91126任務編集
零式艦戦32型(熟練)8145改修編集
零戦21型(付岩本小隊)91137任務編集
零式艦戦21型(熟練)81227初期装備任務編集
Fw190 A-5改(熟練)111324イベント-編集
Fw190T改10223初期装備、イベント-編集
Bf109T改8412初期装備、イベント-編集
Re.2005 改11313イベント-AquilaGraf Zeppelinに装備ボーナス編集
Re.2001 OR改6234初期装備、ランキングAquilaに装備ボーナス編集
XF5U12124ランキング-IntrepidSaratogaGambier Bay加賀に装備ボーナス編集
F6F-5N1053335任務、ランキング-夜戦編集
F6F-51011315改修、ランキング編集
F6F-3N842235任務、ランキング-夜戦編集
F6F-3811215初期装備、改修、、ランキング編集
Seafire Mk.III改912114イベント-編集

小ネタ

  • 元ネタは、アメリカ海軍の艦上戦闘機F6F「ヘルキャット」の最終量産型、F6F-5と思われる。
    • F6Fの開発や運用・機構など詳しい話はF6F-3で。
  • F6F-5はエンジンをR-2800-10W*2に換装したF6F-3後期生産型をベースに、キャノピーや尾部翼、エンジンカウリング、エルロンなど若干の再設計を行ったもので、両機を見比べれば比較的簡単に見分けがつく。
    • F6F-3との最大の違いは機体下部に各種フックが備え付けられ、胴体下には2000lb(907kg)までの爆弾、航空魚雷または増槽、主翼下には合計2000lb(907kg)までの爆弾、ロケット弾の合計4000lb(1814kg)が搭載可能となったこと。
      武装だけでなく、防弾装備もさらなる充実をみせている。
    • 戦争末期には他のアメリカ戦闘機と同じく搭乗員に対Gスーツが支給されており、平凡なパイロットでも高Gに耐えられるようになり日本機との旋回戦闘でも有利にたった。*3*4
      しかし、依然として日本軍機との格闘戦は注意が必要だった。
      • マニュアルでは日本軍機との格闘戦を挑んではならないと記されていたが、硫黄島の三〇二空の目撃によると経験と自信がついたのか、積極的に格闘戦を行う機体もあったという。
        なお、ハードウェア単体ではなく戦術としては格闘戦は日本側のほうが危険であった。速度を落として格闘戦にはいると無線で増援を呼ばれて集中攻撃を受けるからである。日本側も攻撃は高度と速度を保ち一撃離脱による奇襲に徹し、格闘戦は落とすためではなく高空から降ってくるアメリカ機から逃げるためにやむなく行う*5、これが実情であった。
  • 実戦参加はマリアナ沖海戦から。以降F6F-3装備部隊は順次F6F-5に機種変更した。
  • しかし本来F4Uの保険として開発された機体であり、F4Uの部隊配備が進行するに従い徐々に第一線を退いていった。
  • 凡庸な機体であったことや同期F4Uの存在、後継機F8Fの登場などもあって戦後は急速に退役し、フランスや南米へ売却されたり、無線操縦の標的機に改造されるなどして余生を送った機体も多い。
    米軍では朝鮮戦争において無線操縦の飛行爆弾に改造されたF6F-5Kが使用されたのが最後である。
    • 無線操縦の無人機であることを当初知らなかった共産軍は、米軍もカミカゼを始めたのかと驚いたという。
    • ちなみにフランス空軍に売却された機体はF8Fと共にインドシナ戦争にも参加している。
    • また1946年にニミッツ提督の肝いりで設立されたアメリカ海軍の曲芸飛行隊「ブルーエンジェルス」の初代使用機は本機である*6
  • 戦争中のアメリカ海軍パイロットには愛された。あるパイロットはこの飛行機が大好きだ。料理を作ってくれるなら結婚すると言った。でもアメリカ本国でも戦後の人気はいまいちどころではなかったり……。
    • F6Fは決して最高性能の優秀な戦闘機ではなかったが*7、戦争の道具として見れば、量産性、整備性も良好であり、新米パイロットでも扱いやすい素直な操縦特性を持っていて、構造上の頑丈さでは日本機パイロットも嘆かせた。*8
      軽視されがちだが、使う側にとっては必須である頑丈さや扱いやすさといった能力を備え、必要な時に必要な数を揃えられた。これが一番重要なのであった。


  • F6F-5の派生型
    • F6F-5N
      • 夜間戦闘機型。詳しくは該当ページ参照。
    • F6F-5E
      • こちらも夜間戦闘機型。
    • F6F-5P
      • F6F-5の胴体中央部左側面にK-18偵察カメラを搭載した写真偵察機型。アメリカ版一人乗り用彩雲みたいなもの。
        生産数はごく少数で一部のF6F-5が改造して使用されたらしいが、各VFに2~3機ずつ配備されて航空偵察に使用された。
    • F6F-5K
      • こちらはF6F-5とF6F-5Nを無線操縦できるよう改造し、空中目標として訓練に使用できるようにしたもの。
    • F6F-5D
      • F6F-5Kを無線操縦する管制機型。
    • XF6F-6
      • エンジンをR-2800-18W(2,100馬力)に換装し、プロペラも四枚翅にした試作機。F6F-5から2機が改造されたものの既にF8Fが完成していたため没に。
    • Hellcat Mk2
      • 英国海軍への輸出仕様でF6F-5相当。他にもF6F-5N相当のHellcat NF.Mk2や写真偵察機型のHellcat FR.Mk2などもある。

この装備についてのコメント

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 今イベで強い烈風がいくつか来たので、☆MAX作るモチベがなくなってしまった。 -- 2019-06-11 (火) 23:49:40
    • 国産機よりも被撃墜は減るけど、米軍機を積んだ空母の燃料弾薬消費が増える…とか? -- 2019-06-27 (木) 22:15:56
      • 枝付け間違えた、失礼。 -- 2019-06-28 (金) 01:04:06
  • ヘルキャットはパイロットの生存性が高いという強みがあるけど、艦これの戦闘システムだとこれが活かせないのが勿体ないね。 -- 2019-06-27 (木) 22:11:50
  • これを6機作ったガイジ冷えてるか~?w -- 2019-08-11 (日) 16:56:22
    • キンキンに冷えてやがるっ・・・・・・・・! -- 2019-08-11 (日) 17:01:18
      • それはカイジや! -- 2019-08-12 (月) 08:55:44
    • なんか下方入ったの? -- 2019-08-11 (日) 18:29:29
    • 6機って過剰なの? -- 2019-08-11 (日) 20:19:24
      • 対空11艦戦を対空12艦戦に置き換えられるだけでもかなり大きいから全然過剰じゃないと思う -- 2019-08-12 (月) 01:58:57
      • 1スロあたり3~5程度の差 特に索敵とかの補助が優秀だから損はないけど、コスパは -- 2019-08-12 (月) 10:00:27
      • 自分のレイテ後期編成だと5機あればいいと思った -- 2019-08-12 (月) 10:03:17
    • 昨年一応6機max完成したけど、今年からの目標は10機maxだ! -- 2020-06-12 (金) 12:36:23
    • こういう煽りカスBANにすればええのに -- 2020-06-16 (火) 02:51:58
  • 相対的に価値が落ちたかもしれんがF8Fへの更新を期待して改修していく -- 2019-08-20 (火) 06:54:53
    • 問題はレシプロ最強機と名高いF8Fが本当に実装されるのか?ってとこだけどな。F8Fやシーフューリーあたりはどう考えても対空値16以上にはなるだろうし、そこまでインフレ進むほど続いてるのかねこのゲーム? -- 2019-09-16 (月) 21:01:47
      • XF8Bはどうかな。艦これに実装されたら面白そうな性能してるけど。 -- 2019-09-16 (月) 21:57:47
      • F8F、シーフューリー、P51が出揃うと打ち止め感があるからなあ・・・それ以上だと噴進震電とかif機でないと -- 2019-10-29 (火) 18:50:30
  • なんかみんなデブだの醜いだの言うけど、無骨でかっこいいよねヘルキャット。 -- 2019-08-22 (木) 22:10:42
    • 武骨で堅実な構造で、「グラマン鉄工所」なんて言われたくらいだからねえ。そのグラマンもノースロップとくっついて、いまじゃ航空機の生産やめてしまったが -- 2020-01-26 (日) 20:16:52
  • 地道に改修進めてきたけど、春イベでもらった夜戦烈風あるから機種転換はせずに当分これのままで良さそうだな -- 2020-01-09 (木) 17:05:12
    • むしろ対空12艦戦が1つ増えたのだから烈風より夜戦火力の高い5Nに躊躇なく更新できるようになったと考えてみてはいかが -- 2020-01-09 (木) 17:18:53
  • 単発任務は残すところ5Nへの更新任務のみで条件は準備は整ってるんだけど、対空12の艦戦がなくなると思うとなかなか踏み切れない。うーむ。。。 -- 2020-01-26 (日) 19:22:25
    • ならばもう一個F6F-5★MAXを作るしかあるまい -- 2020-01-27 (月) 11:50:28
    • 俺はもう1つ作ったけど使用頻度的にまた悩んでる F8Fへの更新もあるかもしれない -- 2020-01-27 (月) 13:12:17
      • 2枝氏は改修込みで対空11以上の艦戦幾つ持ってます? -- 2020-01-28 (火) 10:25:46
    • これのMAXをたったの4機しか持ってないから甲種取れないんだよな・・・ -- 2020-06-01 (月) 01:04:48
      • 甲勲章を取る気でいるのなら、先ずはその考えを改めるべきかと -- 2020-06-01 (月) 03:50:08
      • 新米社会人にはきついんだよ・・・時間と資材が足りたくなる恐怖があるから -- 2020-06-01 (月) 19:21:52
      • この装備何も関係無いじゃん。それとも攻略サイトコピペが出来ない、編成の穴埋めるちょっとの装備調整も考えられないとかそう言う話? -- 2020-06-01 (月) 19:44:13
      • 余程他の戦闘機の質が低いとかでない限り、これのMAXの数で甲の難易度が劇的に変わるということは無い。もっと他に見るべきことがあるということよ -- 2020-06-01 (月) 19:51:51
      • そもそもF6F-5★MAXがたったの4つしかないって自慢か嫌味のどっちかにしか受け取れないと思うが… -- 2020-06-01 (月) 20:08:45
      • 自慢かどうかはさておき、それだけあれば艦隊の制空値は大丈夫だろう。甲が取れないのは他に原因があるかもしれないな。改修計画を見直してみるのも良いかもな。特に対地装備は改修が大事だぞ。 -- 2020-06-01 (月) 20:29:49
      • 5NじゃないほうのF6F-5持ってないけどある程度甲を取れてるんで、別の方面の装備も強化してみたらどうだろうか -- 2020-06-02 (火) 00:06:56
      • 自慢か嫌みっつーよりツッコミ待ちなんじゃねーかなこれ。それなりにやってる人なら今のご時世これの★MAX量産に旨味や特別感がもうあんまないことも、過剰に艦戦の質を高めても甲クリアに大きな意味がないことも分かってるだろうし。逆にマジで言ってるなら、こんなん4つも作る前に他にもっと重要なもんあったろうに…って感想だわ -- 2020-06-02 (火) 04:50:39
      • こんなんMAXにしてるからだ -- 2020-06-10 (水) 09:22:45
  • こいつのMAX使おうとしたら出てこなくて誤廃棄したのかと一瞬戦慄したわ…(6-5攻略に使ってたのを忘れてただけ) -- 2020-02-16 (日) 14:26:46
  • ★MAX2機目完成。★MAXの醸す謎の達成感いいよねー(趣味)。 -- 2020-02-19 (水) 00:05:13
    • ボーイング737MAX「わかる」 -- 2020-02-19 (水) 07:56:20
      • そろそろ運航を再開するって話も聞いたけど、大丈夫かな737max…… -- 2020-06-02 (火) 12:44:31
  • 19春初イベだったから烈風改二と烈風改二戊(熟練)取れなかった… こいつを量産して足しにするしかないかなあ -- 2020-04-12 (日) 15:52:59
  • F8Fはまだか -- 2020-05-23 (土) 17:59:27
  • ワイ提督、そろそろ5Nに転換するかなってとこで烈風戊、戊一航戦手に入れて無事転換のタイミングを見失っている模様。ややや夜戦3つでも足りんわワレェェェ!って場面来たら喜んで更新するんやが -- 2020-05-28 (木) 01:01:48
    • 夜戦3でも足りないという状況は夜襲空母2人同時に出すとかで無いと無さそうだけどそれ以外で5Nの優位点上げるならやっぱり艦戦なのに対潜+5も付いてる点じゃ無いかな? 特に未ケッコン瑞鳳とかで先制対潜+夜襲CIみたいな積み方を夜間作戦航空用員のスロを除いた3スロで満たすには5Nの対潜+5が非常に助かる。艦爆枠を爆戦岩井にする場合でも5N込みなら少し対潜改修するだけで足りる様になる筈 -- 2020-05-28 (木) 04:29:33
  • パンケーキあるからもうこれ夜戦にしてもええな -- 2020-06-02 (火) 06:27:54
  • 夜戦にするのは構わんのだが、戌がいる以上夜戦になると使い所さんがまず皆無になるのが分かっててやるのかという葛藤 -- 2020-06-10 (水) 01:31:10
    • なあに、艦戦で貴重な対潜(しかも大きめ)持ちと言うだけで護衛空母用に美味しいから大丈夫よ -- 2020-06-10 (水) 14:55:00
    • 意外と使い所はある。制空値が許す範囲なら夜戦火力は5Nの方が上だし、サブステも魅力的。夜間戦闘機x3カットインとか使うなら3機目は5N。5Nがないと3Nの対空8まで制空値落ち込むのを緩和できる。夜戦烈風が出てきてからも5Nはまだ生きている...ただ3Nはめっきり使わなくなったなぁ。 -- 2020-06-10 (水) 15:54:11
    • ウィークリー5-2を赤城サラで攻めたり(海外空母任務に流用可)、4-5最速ルート使わないから下ルートで赤城サラ入れたりしてる身としては全然有りなんだがなぁ。なんだかんだで使える手札に幅ができる。 -- 2020-06-10 (水) 16:07:41
    • ぐう分かる。一応利点もあるし流石に全く使わんってことはないだろうけど、手持ちの夜戦で困らん現状更新に意味見出しづらいっつーのはあるわな。まぁこういうのは急がんでも「今こそ5Nが必要だ」って局面にぶち当たるまで放置でもええのよ。それか更新任務が何かの任務のトリガーになったとき -- 2020-06-11 (木) 00:54:55
      • 自分は戌実装前だったから更新したけど当時既に持っていれば未だに更新していなかったと思うわ。いつかはやったろうけどどう考えても後回しだわな。 -- 2020-06-11 (木) 04:31:05
    • 瑞鳳を連合第二で組み込めて対潜補助もさせつつ制空と夜間CI狙いたいことがあるから2019秋イベ?のE5や去年の夏イベのどこかなどでうちは各イベントでお世話になってるから作った価値はあったと思う。毎月の55でも使うし -- 2020-06-11 (木) 20:27:34
  • やっと2機目を更新できた、あとはMAXにするだけだが前半は開発に苦悩した紫電改二か・・・まず大量に余った21零戦をどうにかせねば・・・ -- 2020-07-02 (木) 14:41:27
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 Intrepid自身に所持数制限がかかる可能性がある為、F6F-3量産の当てにできるかは不明。
*2 「W」なので水噴射機を搭載したタイプ。離昇出力が2000馬力、高度4700mで1800馬力、15分だけ使える緊急出力の時は高度は不明だが2250馬力を発生させる
*3 笠井智一氏によると「もちろん当時はGスーツなどありません。Gに耐えきれず操縦中に気を失うパイロットは少なくありませんでした」とのことである
*4 羽切松雄氏はGスーツなしで8.6Gに耐えた。このようにごく一握りの超人としかいいようのないパイロットがいたことは確かである
*5 赤松中尉は上方からの奇襲の後は決して落とそうとは考えず逃げに徹した。ここで無理に反撃しようとした部下は落とされたと著述している。また岩本少尉は著書でアメリカ新型機には周到な準備による奇襲でのみ勝てたとあり、敵が立ち直る前に逃げたと記している
*6 わずか2ヵ月後にF8Fに機種変更されてしまったが。
*7 カタログデータで言えば疾風や紫電のほうが上回り、マリアナ沖海戦に参加したパイロット曰く、時には運動性が高く火力が高い20mm機関砲を持つ零戦52型にも手を焼き、羨むことすらもあった。
*8 時には200以上の穴を開けられて帰還できた例もある