Top > 零戦52型丙(六〇一空)

零戦52型丙(六〇一空)

Last-modified: 2019-03-16 (土) 09:05:13
No.109
weapon109.png零戦52型丙(六〇一空)艦上戦闘機
装備ステータス
火力雷装
爆装対空+9
対潜索敵
命中+1回避+1
戦闘行動半径6
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可能、改修可
2014年12月作戦ランキング褒賞
2015年4月作戦ランキング褒賞
2016年5月作戦ランキング褒賞
雲龍改天城改葛城改の初期装備
出撃任務報酬
零戦の最終的な量産型「零式艦上戦闘機52型丙」です。
武装及び防御力が強化されました。その分、若干機動性は失われています。
本航空隊は同機材を装備して、再建を目指す空母機動部隊の制空戦闘を担います。




ゲームにおいて Edit

  • 2014年夏イベントE-5突破報酬の雲龍を改造した雲龍改の初期装備として登場。
    • 同じくイベント報酬艦の雲龍型航空母艦を改造した天城改葛城改の初期装備でもある。
    • どれも改造にはLv50と、改装設計図が必要になる。
  • 命中と回避に微修正があるのが特徴。
    • 同じ対空+9である零式艦戦52型(熟練)との比較では索敵-1、回避-1と完全下位互換。あえてこちらを採用する理由がないため烈風(六〇一空)への素材としての価値しかない。
    • 雲龍は通常海域である6-3でのドロップが実装されたが、レア艦で入手困難なことには変わりなく、やはり牧場は困難。

  • 機種転換任務烈風(六〇一空)に転換できる。
    • 入手自体は雲龍・天城・葛城で可能だが、機種転換の前提となる任務に雲龍改が必須。
    • 機種転換ではこの装備とは別に試製烈風 後期型を2つ消費するため、紫電改二以上の艦戦に余剰分が無い状況なら、機種転換せず使い続ける選択肢もあるだろう。
    • 転換後の装備である烈風(六〇一空)は現時点では直接改修が不可能な為、本装備を★MAXまで改修を済ませた状態での任務遂行が推奨される。
      今のところこの改修値引き継ぎによる手段でしか、対空13相当となる強力な烈風(六〇一空)★MAXを入手することはできない。
    • 機種転換時は必ずこの装備の装備ロックを解除しておくこと。ロック状態では機種転換はできません
  • 2015/10/30のアップデートでは関連装備として零戦52型丙(付岩井小隊)が実装されたが、入手の為の任務でこの装備を1つ廃棄することを要求される。
    • 同日実装された別の新任務で新しくこの装備を1つ貰えるものの、失敗したときのリスクは上の機種転換任務の比ではない為、細心の注意を払う必要がある。

  • 2016/06/30アップデートで他の零戦系列の艦載機と共に改修可能に。
  • 図鑑上の名称は零戦52型丙(六〇一空)であるが、画像では零式艦戦52型丙(六〇一空)と表記されている。なお改装画面でこの装備を選択すると零式52型丙(六〇一空)である(9/14現在)。

  • 2014年12月作戦で21~500位報酬として配布された。(1~20位は烈風(六〇一空))
  • 2015年4月作戦で21~100位報酬として配布された。(1~20位は烈風改(現名称:烈風 一一型))
  • 2016年5月作戦で6~100位報酬として配布された。(1~5位は烈風(六〇一空))

以下性能比較表(装備最大値/艦戦上位早見表/テーブルより転送) Edit

装備名対空対潜索敵命中回避火力装甲半径入手方法改修備考追加
震電改152イベント-編集
烈風 一一型125任務、イベント、ランキング-編集
烈風(六〇一空)11125任務、イベント、ランキング編集
試製烈風 後期型105開発、初期装備-編集
紫電改四101314イベント-編集
紫電改二933開発、任務-編集
零式艦戦53型(岩本隊)123246任務編集
零戦52型丙(付岩井小隊)101126任務編集
零戦52型丙(六〇一空)9116初期任務、ランキング編集
零式艦戦52型(熟練)91126任務編集
零式艦戦32型(熟練)8145改修編集
零式艦戦21型(熟練)81227初期装備任務編集
Fw190T改10223初期装備、イベント-編集
Bf109T改8412初期装備、イベント-編集
Re.2005 改11313イベント-AquilaGraf Zeppelinに数値ボーナス編集
Re.2001 OR改6234初期装備、ランキング-Aquilaに数値ボーナス編集
F6F-5N1053335任務、ランキング-夜戦編集
F6F-51011315改修、ランキング編集
F6F-3N842235任務、ランキング-夜戦編集
F6F-3811215初期装備、改修、、ランキング編集
Seafire Mk.III改912114イベント-編集

小ネタ Edit

  • 元ネタは恐らく昭和20年初頭の空母天城葛城隼鷹龍鳳からなる第一航空戦隊所属時の601空。昭和20年2月に零戦52型丙が配備された。図鑑の説明通り母艦航空隊として再建を目指すも、配備直後の2月10日に基地航空隊として改編された。
  • 天城改葛城改が持ってくるのは史実通りである。雲龍改が持ってくるのは…姉妹で仲間はずれはかわいそうだろ
  • 練度に関しては、編隊を組んだ水平飛行の際、先行機が作り出す翼端渦に巻き込まれて後続機の高度が上下に揺れ動く無様なものしかできなかった。しかしそれを見た他の航空隊の人間は、さすが母艦航空隊の生き残りの精鋭だ、うちではできないと絶賛し、それを聞いた601空の岩井勉氏は他の航空隊はもはや編隊飛行一つできないことを知って暗然としたのであった。
  • マリアナ沖海戦時601空は、翔鶴、瑞鶴の航空隊として零戦52型で参加した。何故零戦52型が積まれていたかというと、後続機烈風の製作が遅れに遅れた為。
    ピンチヒッターとしての紫電改ですら試作品完成が昭和18年の大晦日、19年4月4日にようやく生産開始、19年度全体通して67機しか作られなかったため、19年6月19日のマリアナ沖海戦では零戦で戦うこととなった。なお紫電改は急遽改造された試作機が信濃で離着艦試験を行っており、空母艦載機としての使用も可能であるが*1、アウトレンジ作戦は航続距離からできないため間に合っていたとしても結局52型しか選択肢が無かったりする。
  • さらに52型丙が生産開始されたのは、機動部隊の最期となったレイテ沖海戦と同じ1944年10月から。
    登場が遅過ぎる上にこの時期の機動部隊への冷遇を考えると、そもそも空母で運用されたことがあったかどうかすら怪しい。
    • 機動部隊が目にすることができる可能性がギリギリあったかもしれない当時最新仕様の零戦を、
      主力の601航空隊に配備して空母から運用する…という夢の詰まったif装備なのかもしれない。
      練度補正や改修が実装されたこともあり、零戦でありながら新鋭機の烈風紫電改にも劣らない能力を発揮してくれる。
      史実では十分な練度維持が出来なかった601航空隊だが、ゲームではしっかりと練成すれば精鋭零戦隊として活躍することができる。
  • 52型丙はF6Fなどに対抗可能な火力や飛行性能を零戦に持たせることを目標に開発された。
    • 烈風などの後継機の開発や生産が予定通り進まなかったため、零戦52型を元にした改良型の開発が昭和19年7月に開始。昭和19年10月に生産が開始される。
      この改良型は53型として計画されていたが搭載予定のエンジンの栄三一型に不具合があったため、52型と同じ栄二一型を搭載することになり52型丙として誕生する。
      52型丙は53型までの繋ぎとして発注されたが栄三一型の実用化が遅れたため、生産が継続された。*2
      • ちなみに、この52型丙をベースに改良された戦闘爆撃機型が、艦これでは爆戦としてお馴染みの零式艦戦62型(爆戦)
        53型の方がベースになっているのが63型で、資料などでは合わせて爆戦62/63型と紹介されることも多い。
        ゲーム中でも62型と52型丙を合わせて、史実の戦争後期の雰囲気を味わえる素敵な運用が可能。
        烈風とは対空値が1しか違わない優秀さなので、敢えて烈風ではなくこちらを爆戦と合わせるのも零戦ファンにはおすすめ。
    • この頃は堀越技師に余裕が無かったので零観を担当した技師が改設計を担当している
  • 13mm機銃三門(機首1丁、翼内2丁)20mm機銃二門(翼内二丁)と零戦シリーズどころか日本軍戦闘機でも屈指の重武装を誇る。操縦席後方には55mm厚の防弾ガラスも追加された。
    • この13ミリ機銃、元々は艦船に搭載されていた九三式一三粍機銃の弾薬を流用し、銃そのものは米軍のM2重機関銃をデッドコピーしたもの。
      航空機用ではなく対空用の弾薬のために発射薬が多く、陸軍のホ103と比べると弾頭が重く強力な機関銃に仕上がっている。
      しかしそのため銃本体がホ103より大きく、これを無理に機首に積んだ零戦は銃本体がコクピット内に大きく突き出し操縦の邪魔になった。
    • しかしその分200㎏以上も重くなり、零戦52型無印甲乙と比べ速度運動性共に低下している。
      鈍重すぎるので前線では13mm機銃や防弾板を外されるケースまであったという。
      だが、降下制限速度は連合軍の戦闘機と同等で*3、火力も強化されていたので一撃離脱戦法に適した機体でもあった。

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 雲龍が来てくれたからこれの改修に取り掛かろうかねえ。そして、大鳳がいれば毎日改修可能なのはいいな。 -- 2017-12-05 (火) 13:25:00
    • 自分も大鳳が来たからこれの改修を始めたよ。雲龍掘れなかったから天城を改造したけど・・・。 -- 2017-12-27 (水) 18:03:53
  • いつか工廠で烈風にアップデートできる日が来るんじゃろか -- 2017-12-10 (日) 16:05:22
  • 最近雲龍型の入手機会が多くて五つだけ残して廃棄してるのだけど、廃棄任務の時震える手でボタン押した事を思い出して少し切なくなる。 -- 2017-12-15 (金) 15:34:59
    • 52熟練よりも簡単に改修できて、☆MAXだと貴重な対空11の艦戦になるのに廃棄するなんてもったいない -- 2018-01-14 (日) 00:16:34
      • 52熟の★MAXは多分月一の転換任務で21熟練から作るのが一般的なんじゃないかと。だから改修難度で比較するのは52熟じゃなくて21熟じゃないかい? -- 2018-01-16 (火) 19:27:11
      • その21熟練★maxも無印21★maxから作れるからな・・・月一個とはいえ。 で52熟練・21熟練共に★maxが六個ずつある現状、これの優先度は非常に低いのです。 -- ? 2018-02-14 (水) 23:31:14
    • 改修で烈風いつか来そうだし、まあ改修やっといても問題ないでしょ。 -- 2017-12-25 (月) 18:18:47
  • 雲龍型の入手機会が多い我が鎮守府では、これのMAXが今や量産されてて空母のメイン艦戦と化してる。52型熟練の下位互換と言っても差はわずかだし、素材も集めやすい。21型熟練は基地航空隊用に残しておきたいんよ、隼はあるけどまだまだ現役だし。 -- 2018-03-11 (日) 19:43:48
  • 52熟練をロックしたまま廃棄で任務達成→ロック解除して任務欄を見たら受注欄から消滅 やってもうた\(^o^)/ -- 2018-03-18 (日) 15:51:48
    • ロック解除してあるのを確認してから廃棄→瑞鶴が2番艦だった やってもうた\(^o^)/ -- 2018-03-31 (土) 15:06:53
  • 改修前に転換してしまった・・・ -- 2018-03-21 (水) 22:23:50
    • 52熟練★MAXの劣化か……悲しいなぁ -- 2018-03-31 (土) 15:19:17
  • 雲竜改、もってこないよ・・。烈風六〇一持ってきた。 -- 2018-04-08 (日) 16:56:32
  • 烈風601★maxとは別に、コレの★maxが1機ある…当時の私は何をしたかったのだろう(なお52熟練★maxはまだ無い) -- 2018-07-02 (月) 12:18:23
    • 基本的に艦戦のステータスって「対空>行動半径>>越えられない壁>>その他」だから無意味ではないぞ -- 2018-07-02 (月) 12:32:43
      • ありがとうございます。実際使っている訳ですが、『52熟練の完全下位互換なのに敢えて改修したのかあ』と思いまして。。。消費を改めて確認してみると「天山がダダ余り」以外に理由が想定しにくいかも。もう機種転換任務の追加は無い…よなあ…? -- 木主? 2018-07-04 (水) 07:10:45
      • あとは52型がそんなになかったとか。52型熟練はさらに52型を12個は喰うからな -- 2018-07-04 (水) 11:12:36
      • いや、21熟練改修してから作れよ -- 2018-07-04 (水) 11:15:28
    • 52熟練MAXは持ってるけど昔基地航空隊用に2個MAXにしましたね。まぁ隼がなかった時代の遺物ですが。。。 -- 2018-07-04 (水) 13:16:15
      • 判る、昔は基地航空隊の選択で改修が見えなかったから数の少ないこれをmaxにしておくと選択が楽だった -- 2018-09-24 (月) 23:45:22
  • 漸く⭐️MAXできた (^^) -- 2018-07-12 (木) 21:23:57
  • 雲龍型全員を改にして、ついに4機目入手。1機は烈風601に、もう1機は★max さらにもう1機★max増やそうかなあ。同時に52熟練の改修もチマチマ進める予定。 -- 2018-07-21 (土) 15:25:34
  • 対空10以上の戦闘機が欲しくてちまちまと開発で消費素材を開発しながらようやくMAX1機を作れた 無改修がもう1機あるからまたちまちまと開発するか -- 2018-11-11 (日) 20:16:41
  • これの改修マックスって烈風改の上位互換になりますか? -- 2018-12-22 (土) 23:02:29
    • すいません。計算式を対空+√★と勘違いしておりました。 -- 2018-12-22 (土) 23:14:02
  • 間違って21型の熟練載せて破棄してしまった/(^o^)\ -- 2019-02-10 (日) 13:20:05
  • これが改修実装される前に烈風601機種転換終わらせちゃったからな。今では烈風601☆MAXなくても特に制空にはこまらないがなんかモヤっとする。先行者が損するって意味でね -- 2019-02-19 (火) 21:07:35
    • 自分も同じだから凄くわかる -- 2019-02-23 (土) 02:54:50
  • >本装備を★MAXまで改修を済ませた状態での任務遂行が推奨される。< 知らなかったそんなの... -- 2019-03-27 (水) 16:54:36
    • 唯一と言っても過言じゃない後発有利な件だぞ・・・。昔は改修なんてなかったからな。 -- 2019-03-27 (水) 17:26:53
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 着艦した山本重久少佐によると零戦より易しい、経験の浅いパイロットでもできるとのことである
*2 エンジンを水メタノール噴射装置を装備していない栄三一甲型に変えた機体も生産された。
*3 降下制限速度は給弾装置の変更や外鈑の厚みを増やした52型甲から改善されていた。