Top > Fw190T改

Fw190T改

Last-modified: 2018-08-24 (金) 18:25:11
No.159
weapon159-b.pngFw190T改艦上戦闘機
装備ステータス
火力+2雷装
爆装対空+10
対潜索敵
命中回避+2
戦闘行動半径3
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可能
Graf Zeppelin改の初期装備
2015年秋イベントE4、甲作戦突破報酬
かの国で開発/量産された強力で信頼性の高い戦闘機Fw190シリーズ。
タンク博士の設計により誕生し、フォッケウルフの名で親しまれた名機です。
本機はその後期型を改修した艦上機バージョンです。高い制空戦闘能力を発揮します。




ゲームにおいて Edit

  • 2015/11/18のアップデートで実装。イベント「突入!海上輸送作戦」のE-4を甲作戦でクリアすることで1個入手可能だった。
  • 烈風と比べて空母で運用することに限れば火力回避+2と完全上位互換。
    • 基地航空隊での運用まで含めると戦闘行動半径が5の烈風に対してこちらは3と下回るため、完全上位互換といえなくなる。
  • 火力+2の効果は微力ながら空母の攻撃機の搭載スロット数を絞っても制空値を維持しつつ砲撃戦火力キャップに近づけられるため有用である。
    • 砲撃火力の低い軽空母や改造段階が低い状態の正規空母には嬉しい装備。
      • 2017/03/18アップデートで、昼砲撃戦のキャップ値上限が開放された。
        この関係で、火力高めの正規空母でも砲撃戦キャップ到達には攻撃用装備に多くのスロット数を割くことが求められることとなった。
        相対的に火力を底上げできるこの装備含めた火力値付き戦闘機の利便性・重要性も高まった。
    • 特に小機数スロットが開いている時の選択肢として爆戦や攻撃機で埋めると全滅の可能性があるため使いにくい対空迎撃のきつい場所、
      副砲・熟練整備員では制空値不足or行動順を早くしたくないなどの場合においてこれらを避けつつ火力を上げるのに便利。
    • Fw190T改を火力上昇を持たない戦闘機と積み替えることにより同時に積んだ天山(村田隊)等のネームド攻撃機を
      普通の流星改等の数が用意できる一般機に積み替えることも可能となる。その利点として
      • ネームド攻撃機の艦載機熟練度を温存することができる。
      • 1艦へのネームド攻撃機の集中搭載を避け他艦へ分配して搭載が可能にとなる。
    • 艦戦を1~3スロット装備したあきつ丸の砲撃戦時威力を上げて敵の駆逐や軽巡の装甲を抜きやすくするといった活用手段もある。
    • 火力がすでにキャップに到達している艦には命中の上がる烈風(601空)などの方が向いているため、その場合はFw190T改等の火力が上がる艦戦を選択する優先度は低くなる。
  • 回避上昇効果は回避値が低い艦に搭載時した場合に効果が高いため軽空母、大鳳、あきつ丸、育成途中で改造前・低レベル時の艦などとは相性が良い。
  • この装備には命中の上昇が無いため搭載する艦の他装備に命中上昇効果を持つ物を選んだり、命中に上昇補正がかかる運の数値が高い艦に担当させるのも良い。
    火力補助の効果を持つ艦戦で命中値を持つ装備は少なく、それらも組み合わせる装備の命中値に配慮して装備を組み合わせると良いだろう。
    火力上昇と命中を両立する艦戦はF6F-3F6F-5Seafire Mk.III改
  • 余談だが開幕航空戦時の航空機攻撃力は攻撃機のスロット機数と接触で威力が決定するので火力上昇効果を持つ装備を装備させてもダメージは伸びない。
    • 当然このFw190T改も開幕航空の与ダメージは上げられないので誤解しないように注意、砲撃戦での威力調整が可能な装備として覚えておくのが正解。
  • 他の対空値+10の艦戦と同様に対空防御ボーナスが単体で2.0あることも優秀で利点の一つ。
    • 流星改・彩雲など対空値を持たない機体と同時搭載しても個艦対空ボーナス合計・艦隊防空ボーナス合計が落ちにくい。
    • 他艦で発生させた対空カットイン時の撃墜数にも関わってくる艦隊防空ボーナスを意識せず自然と維持できる点は
      対空値の低い機体に比べ装備の組み合わせに悩まされにくく自由度が高い。
  • Fw190T改と同様に火力・回避の上昇する艦戦にはBf109T改Re.2001 OR改Re.2005 改F6F-3F6F-5Seafire Mk.III改が実装されている。
    火力アップ戦闘機性能比較
  • 2018/08/17のアップデートにより、画像が差し替えられた。
第一期時代の画像

以下性能比較表(装備最大値/艦戦上位早見表/テーブルより転送) Edit

装備名対空対潜索敵命中回避火力装甲半径入手方法改修備考追加
震電改152イベント-編集
烈風改125任務、イベント、ランキング-編集
烈風(六〇一空)11125任務、イベント、ランキング編集
烈風105開発、初期装備-編集
紫電改四101314イベント-編集
紫電改二933開発、任務-編集
零式艦戦53型(岩本隊)123246任務編集
零戦52型丙(付岩井小隊)101126任務編集
零戦52型丙(六〇一空)9116初期任務、ランキング編集
零式艦戦52型(熟練)91126任務編集
零式艦戦32型(熟練)8145改修編集
零式艦戦21型(熟練)81227初期装備任務編集
Fw190T改10223初期装備、イベント-編集
Bf109T改8412初期装備、イベント-編集
Re.2005 改11313イベント-編集
Re.2001 OR改6234初期装備、ランキング-編集
F6F-5N1053335任務、ランキング-夜戦編集
F6F-51011315改修、ランキング編集
F6F-3N842235任務、ランキング-夜戦編集
F6F-3811215初期装備、改修、、ランキング編集
Seafire Mk.III改912114イベント-編集

小ネタ Edit

  • 元ネタはBf109と並んでドイツ空軍(ルフトヴァッフェ)の主力を担った戦闘機にして、ドイツ唯一の空冷単発戦闘機であった「Fw190」。
    開発を担当したのはフォッケウルフ社の技師、クルト・タンク博士。
    • 当時の主力、E型までのBf109は高性能ではあったものの操縦が難しく、主脚の左右間隔が短く強度も不足気味で離着陸中の事故が絶えなかったため、タンク博士は「操縦しやすく、整備性も良好で、過酷な戦場での使用にも耐えられる戦闘機」を目指して開発を行った。
      そのためBf109が「サラブレッド」に例えられるのに対し、Fw190は「軍馬」に例えられることも多い。*1
      • タンク博士は第一次世界大戦時、騎兵として従軍したというエンジニアとしては異色のキャリアを持っており、また前線でも参考書を手放さず、大学への入校資格を出征中に得た努力の人でもあった。これらの経験が天性と合わさった結果が、整備性や生残性を空戦性能と高度にバランスさせた斬新な機体を生み出すことに繋がったのである。*2
    • 詳細はWikipediaなどで調べてもらうのが早いが、手短に述べると、「エンジン特性に起因する高高度性能の不足」「ロールレートを追求した結果補助翼の反応が過敏で、手荒なロール操作をおこなうと回転が止まらなくなる傾向」「Bf109よりわずかにマシだがやはり短い航続距離」の3点以外は、一撃離脱戦法向けの戦闘機として、また重武装の戦闘爆撃機として、はたまた純粋な航空機としても非常に優れた機体に仕上がっている。
      • それどころか、ぶっちゃけ工業製品として完璧という表現が過言ではないような仕様を持つ。生産性/整備性向上のために各部をユニット化/コンポーネント化した構造、油圧システムに対して整備性に優れた電動システムの広範な採用、人間工学を考慮した設計、たとえば誤接続を防止するために場所によって形状を変えた電気線のカプラ、現代で言うところのエンジンコントロールユニットの採用など、現在の工業製品に引けをとらない先進性を備えていた。もっともこれら新機構のてんこ盛りにより開発は難航し、初飛行から戦力化まで2年を要し、部隊配備後も戦力として安定するまでに期間を要することになるのであるが・・・
      • 特に排気管周りの空力処理は白眉とも言え、枢軸連合問わずあらゆる国で設計が真似された。
      • しかし、「一撃離脱向け戦闘機」という基本設計故に、ソ連空軍には苦戦することとなった。東部戦線は西部戦線に比べ低空での戦闘が多く、またソビエト側は低空での運動性に優れたYak-1Mや改良型のYak-3を大量に配備していたためである。Ju87の損害が増大したのも、IL-2シュトルモビクの航空攻撃に苦戦したのも、ソ連相手に低空での制空権を取れなかったことが一因である。
    • Bf109に対し、性能上で特に優越していたのが武装の自由度である。身軽な軽戦闘機として設計されたBf109はもともと翼内への武装搭載が考慮されておらず、無理やり翼内砲を積んだE型やゴンドラポッド式に機関砲を吊り下げたF~G型の改修キット装着機では、飛行特性の悪化や構造への過負荷を招いていた。この点、最初から翼内武装や重爆装が考慮されていたFw190は武装の強化が容易であり、さらに対戦闘機戦ではあえて武装を取り外すことで軽量化することも可能だった。この特性を利用し、各用途向けに多くの派生形が生み出されている。
       
  • しかしながら「Fw190T」というタイプは実在しない。Bf109の艦上戦闘機型がBf109Tなので、それと同じ命名法則に則ったif機体と考えられる。
    • Fw190Tの時点でif機体なので、その「改」型と思われるこれはifにifが重なっていることになる。
    • 実在のタイプとしては、主生産型の「Fw190A」のほか、戦闘爆撃機型の「Fw190F」、長距離戦闘爆撃機型の「Fw190G」、液冷エンジンに換装し高高度性能を改善した「Fw190D9」*3*4、D9型をさらに発展させた本格的な高高度戦闘機「Ta152」*5などがある。
    • 戦闘爆撃機型であるF~G型はJu87の後継を務め、爆弾やロケット弾、ガンポッドなどを積むことができた。
      • また魚雷を搭載できるよう改修された機体も存在したが、これは試作止まりとなっている。
      • Fw190Fの爆撃任務の護衛にBf109が付くことがあったが、爆弾を投下後のFw190Fは低中空での飛行特性がBf109より優れており、Bf109のパイロットたちは「馬鹿げた任務だった」と述懐している。また、Fw190Fの護衛にFw190Fが付くこともあった。
      • かの有名なハンス・ウルリッヒ・ルーデルは、Ju87だけでなくFw190にも搭乗しており、敵機の撃墜も記録している。対地攻撃でずば抜けた戦功を重ねたルーデルだが、実は通算9機撃墜のスコアを持つ航空戦エースでもあるのだ。
  • 前述の通りFw190Tという型は実在しないが、仮にFw190A-5ベースの改修型だとすると最高速度は630~640km/h、武装は7.92mm機銃×2、20mm機関砲×4というなかなかの高速高火力機。
    • 引っ掛かるのは、航続距離が短いという弱点が改良されているかどうかであろう。ベースとみられるA-5で850km、改良型のA-8で1035km*6と、太平洋戦争で馴染み深い日米の艦載機に混じるとどうしても見劣りしてしまう。とはいえ九六艦戦やF4Fも1200km程度の航続距離で十分運用出来ているので致命的なものではないだろうし、何より750㎞程度かそれ以下しか飛べないBf109やシーハリケーン、D.373など他の欧州艦載機に比べればこれでも優秀な方である。
      また、Fw190には長距離攻撃型であるG型もあるので未知数だ*7
  • もっとも、Bf109Tの計画が流れたあとは総統閣下は空母には興味を失っており、そこにモルヒネデブゲーリングによるドイツ航空業界の抱きかかえによって、Fw190を艦上機化するという話はまったくなかったらしい。
    メッサーシュミットが撤退したあとは、開店休業状態のフランスのメーカー、ブロック社にやらせようと検討していたという話もある。
     
     
  • 史実では日本陸軍が研究・評価目的でFw190A-5を1機購入している。先に購入されていたBf109E型ともども、二式戦や三式戦との評価試験や、一撃離脱戦法の研究などに用いられた。
    五式戦の開発時、大直径の空冷エンジンを細く絞られた胴体に積む際にこのFw190Aが空力処理の手本とされたことをご存じの方も多いのではないだろうか。
     
  • 妖精さんが持っているのはカイザーゼンメル(Kaisersemmel)だろうか。
    • ドイツやオーストリアの伝統的な朝食パンで、カーブの切れ目が星形につけられているのが特徴。
      Graf Zeppelinが7時の時報で言っている「カイザーロール」は英語での呼び方。

この装備についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • そろそろ改修させて欲しいなこれ -- 2017-09-15 (金) 18:01:46
    • グラーフ改二実装→ドイツ機も改修実装のコンボが考えられると思うんよ。つまりグラーフ改二はよ。はよ。 -- 2017-09-27 (水) 21:50:19
    • んーむ、たしかに・・・。リーチの短さ、かつ攻撃能力イマイチ・・・やはり、荒療治ながらも、コレを克服させるには"ミステル(Ju88ベースの無人爆弾機と抱き合わせる)"への改修はヤルべきだろーか?実史では港や橋さえブッ壊したくらいだから、ならば棲艦らなんぞこいつの一撃でko必至じゃっ!! -- かぼちゃ大王? 2017-11-02 (木) 21:55:02
      • で、でもミステルってつまり無人化させた爆撃機を敵にぶっつけるわけだから、一回ごとにボーキサイトの消費量がトンでもないことになりそうな…… -- 2017-12-11 (月) 14:00:40
  • ゲームにおいて2木の「空母で運用することに限れば」の太字を解除、枝で補足説明があり太字である必要がないため。また、枝の表現を簡潔にしました。 -- 2017-11-12 (日) 00:02:49
  • 某惑星でA-5型を使ってるので、是非1機欲しい… -- 2017-12-06 (水) 07:58:47
  • 当然このFw190T改も開幕航空の余ダメージは上げられないので  のところ、余ではなく、与ではないでしょうか・・・? -- 2018-03-08 (木) 01:36:51
    • 確かに。修正しておいた。 -- 2018-03-08 (木) 13:11:48
      • 編集お疲れ様です。ありがとうございました。 -- 2018-03-09 (金) 01:17:13
  • 艦隊防空ボーナスの項目を丸々COか削除したいんだが。今どきそれ目当てで艦戦選ぶ人なんか居るか? -- 2018-03-12 (月) 17:44:26
    • 厳密にあらゆる要素を調整する人は一定数居るし、消す必要があるほどこのページから脱線した内容でもないと思うけど?一時期、疾風のページとかに書かれていた全く無関係な内容でもないし。 -- 2018-03-15 (木) 00:34:34
      • でも赤字で強調するほどでもないしな…。それに対空10艦戦全てに同じことが言えるし、だったら対空11艦戦は微妙なのかというとそんなわけないし。また艦隊対空ボーナス値は他の艦から小数点が山程入ってくる上に陣形補正で小数点が生まれたあと、初めて切り捨てなんだから気にしても意味ない。 -- 2018-03-15 (木) 10:28:08
      • ごめん。ちょっと式の読み方に誤解があった。艦ごとに整数で繰り上がらせる意味はあるか。いや、でも80とか100とかになる値のうちのたった1の差を気にするよりも制空値上げるな… -- 2018-03-15 (木) 10:33:21
      • 横からだけど あの部分は元々は赤文字じゃなかったはずだから強調したかった誰かがいたんだと思う。内容的にはあってもいいものだから赤文字だけ解除して残したら?これよりも対空が高い機がボーナス的に優秀というのは文脈からわかるだろうし低い機より優れるという部分が伝われば良いんだろうし。艦隊防空ボーナス軽視する人なんかたまにいるけど空母に関しては稼ぎにくいから気にしても意味無いってのは少し違うと思う。 -- 2018-03-15 (木) 10:42:00
      • 改修高角砲と改修対空電探が艦隊防空の大半を占めている現状だと誤差レベルだなあ。艦戦選ぶ基準は高難易度だと稼げる制空値、周回海域だと調整した上でのサブパラでしょ -- 2018-03-15 (木) 10:48:40
      • そこら辺は個人の好みなんかもあるから否定する程ではないんじゃない。高角や対空電探が積める状況ではそうした方がいいだろうけど魚雷カットとかを使う関係であまり積めない状況はあるし誤差とはいえど差は差。数隻積み重なれば数値として違ってくる場合も当然あるし。 -- 2018-03-15 (木) 10:54:42
      • まあ、ちょうど切りのいい数字というのは分かる。でもそれならなおさら、対空10の代表の烈風とかのページに代表として書いて終わらせることのような気も…。どっちかというと派生品のこちらにだけ書いてもねぇ -- 2018-03-15 (木) 11:16:33
      • まぁそれはあるが今更烈風のページの方いじるのもあれだしね。こちらを見てくれた人だけでも知れるならそれはそれで情報として役立てられる人もいるとは思う。今では色んな装備の下位互換的な位置になったノーマル烈風のページよりこっちの方が見られる可能性としては高いかもね。 -- 2018-03-15 (木) 11:25:26
      • 赤文字だけ解除に賛成します。 -- 2018-03-15 (木) 13:35:50
    • 残していいんじゃないかな。理由は上の枝に同じく。 -- 2018-03-15 (木) 10:45:59
  • アイコンイラスト格好悪くはないけど実物もっとかっこいいのでもう少し派手にならないかな… -- 2018-03-15 (木) 00:43:02
    • ドイツ人エース搭乗機とか出てきたら派手になるのでは、対空14くらいになりそうだけど -- 2018-03-15 (木) 18:35:20
  • イベ終わってからくらいを目安に上で出てる赤文字解除の件と火力アップ艦戦の比較にF6F-3/F6F-5/シーファイア入れる編集をしようかと思うんだがどうかな。火力アップ艦戦比較はその3つ入れると長くなるだろうからその部分を畳む感じで。 -- 2018-03-16 (金) 06:17:20
    • いいと思う -- 2018-03-23 (金) 12:38:34
    • 赤文字解除と性能比較追加・該当部分の畳みを行いました。 -- 2018-03-24 (土) 15:12:37
  • 他の機体ついでに修正要望出しておこうかな -- 2018-03-20 (火) 22:50:16
  • 上で話題になってるけど、艦戦に艦隊防空ボーナスがあるなんて全く知らなかった…どこかに一覧とかないかと調べてみたけどないし -- 2018-03-27 (火) 14:35:43
    • ここに一通り載ってます。上の木にも書いてあるとおり、改修した高角砲や電探に比べれば艦戦のボーナスは低く、計算も複雑なので艦戦で防空ボーナスを考える場面は殆どありません。 -- 2018-03-27 (火) 14:46:16
    • 赤主砲や対空値付き攻撃機・偵察機など対空値をもつ装備には一応全てに付いてますよ、数値は低いですが。上の枝でも言われていますが計算が艦ごとに加算値で決定された後に編成艦全員の平均値になるので意識して上げないとあまり影響はありません。もし活用したいのであれば防空ボーナスの合計値が艦ごとに切りのいい数値にするように積むと良いです。詳細は上枝にもありますが航空戦ページ。 -- 2018-03-27 (火) 14:56:19
  • いつか、Ta152みたいな上位に変換できる日が来ると信じて、ネジをためておこう -- 2018-05-01 (火) 08:03:00
    • 艦戦を素材に陸戦闘機って前例あったっけ?  -- 2018-05-02 (水) 05:12:17
  • Me262来ないかなぁ -- 2018-08-17 (金) 16:34:46
    • 来てほしいけど、橘花みたいに戦闘ごとに鉄鋼が吹っ飛びそうだから、今から備蓄しとかんと -- 2018-08-23 (木) 10:42:06
    • 其の前にFw190TLなんてゲテモノ(排気はどこから出したんだアレ)がやって来るかも知れんぞw -- 2018-11-12 (月) 18:20:54
  • 戦闘画面ちら見しただけだが、グラフィックの妙に膨らんだキャノピーが治ってる!? -- 2018-08-17 (金) 23:08:23
    • 図鑑でも確認した。A型のようなD型のような間延びした中途半端さが消えてA型っぽくなったのと、キャノピーラインも直線的でようやくFw190っぽくなってる。 -- 2018-08-17 (金) 23:13:30
    • 同じく確認した。前のデフォルメされたのもまあ好きだったけどこれはFw190だ・・!! -- 2018-08-18 (土) 01:31:49
    • Fw190って言えばこのカクカクした重厚感だからこれに関しては純粋にグッジョブだと思う -- 2018-08-19 (日) 01:18:21
    • 演習にあれっ?と思ったけどやっぱ更新されていたのね。前のヌメヌメというかぬぼーっとした感じが嫌だったから素直にGJ。 -- 2018-08-23 (木) 09:04:23
      • 前のは金属バットが飛んでるみたいでどうにもフォッケらしくなかったしなあw -- 2018-08-24 (金) 18:26:42
      • カウル後ろの排気あらずんばフォッケA系にあらずだからほんとよかったよかった 機首機銃やカウル下のでっぱりもそれらしくなってるしGJですよ -- 2018-11-10 (土) 19:37:05
    • 全然気づかなかったゾ… -- 2018-08-23 (木) 21:41:20
    • 今更グラ変わってることに気が付いた・・・ -- 2018-09-26 (水) 20:26:57
    • っていうか、大半の航空機イラストが、キャノピー周りの下手さで損してる気がする。 そこ直すだけで、ぐっと印象よくなるイラストたくさんあると思う。 -- 2018-10-07 (日) 12:37:26
      • このフォッケに関しては失敗してる一番の部分はキャノピーの他にカウリング形状もあったからキャノピー以外の修正も上手く効いてる あとは主翼の異常な長さとか特徴的な排気管周りとか胴体の配色の甘さとかここで今まで指摘されてた欠点をきれいに修正している ここ見てたんじゃないかって位正確に -- 2018-11-10 (土) 07:39:52
  • これ、期間限定で良いからエフトイズとコラボしてフルアクションで出してほしいぞ…アップデートされてマジでカッコよくなった。 -- 2018-08-23 (木) 17:54:31
  • fromザ・コクピット「成層圏気流」youtube版ヒロインのメルヘンナーが999のメーテルそっくりだと、ツッコミコメがやたら多いが……? -- 2018-11-09 (金) 21:10:05
    • いやだってそれ松本零士の作品だし彼の書く金髪美女は大体似たような姿のキャラになるのよ -- 2018-11-10 (土) 09:31:21
    • コミック番のヤマトのヒロインズ(スターシャや森雪)もメーテルそっくりwだし… ま、千年女王とメーテル(とエメラルダス)が似てるのは母子だから当然ではあるのだけど… -- 2018-11-10 (土) 10:50:16
    • 言いづらいけど、松本零士先生の、長身女性キャラクターって、サンマ傷のあるエメラルダス以外、ほとんど見分けつかんし。それこそ、あだち充先生なみに -- 2018-11-11 (日) 12:42:35
    • ①他の皆さまに、自分もナルホドな、と賛同。②このDVD持ってはいますが、まさかココで観れようとは!名も無きどなたかサマ、ありがとうデス!ーーPSザ・コクピットの新作アニメ版、松本先生またやってくれないかなぁ、と・・・Sigh(個人的にはオーロラの牙・戦場交響曲・衝撃降下90度が推しデス) -- かぼちゃ大王? 2018-11-11 (日) 14:27:27
  • わははは!グラーフドロップのおかげで!フォッケヴルフが!三機もあるぞ!ドイツの航空力は世界i -- 2018-12-09 (日) 15:00:01
    • 同じく3機持ち。やっぱいいよなあドイツはよお -- 2018-12-09 (日) 15:11:21
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

【𩸽】→ 𩸽





*1 血筋が良いことを「サラブレッド」と言ったりするが、当のサラブレッドは競走馬として特化しすぎてそれ以外が貧弱という特徴がある。過酷な戦場に耐えなければならない軍馬とは真逆と言っても良い
*2 タンク博士は戦後日本に訪れたこともあり、当時航空自衛隊のジェット練習機「T-1」を製造していた富士重工を見学した。
*3 兵士たちからはA型は「ヴュルガー(百舌鳥)」、D9型は「ラングナーゼン・ドーラ(長鼻のドーラ)」と呼ばれ親しまれた。
*4 D型はA9型をベースに開発されたためD9型から始まっている。またD10型以降は試作止まりだったため、D型は実質D9型しか存在しない
*5 開発者のクルト・タンクのイニシャルが機体番号に付けられている為、日本では「タンク152」と呼ばれる事が多い。
*6 増槽搭載でさらに400kmほど延伸可能
*7 それでも航続距離は1000km程度だったのだが、爆装状態の数値であり純粋な戦闘機として運用した場合の航続距離は不明である。