紫電改二

Last-modified: 2020-06-02 (火) 23:55:52
No.055
weapon055-b.png紫電改二艦上戦闘機
装備ステータス
火力雷装
爆装対空+9
対潜索敵
命中回避+3
戦闘行動半径3
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発実装日:2013年5月15日
クォータリー任務『主力艦上戦闘機の更新』報酬
任務『北方海域戦闘哨戒を実施せよ!』選択報酬
任務『「伊勢改二」、敵機動部隊を迎撃せよ!』選択報酬
期間限定任務「秋刀魚漁:漁を全力で支援する覚悟です!」選択報酬
期間限定任務「迎春!「空母機動部隊」全力出撃!」選択報酬
期間限定任務「五周年任務【壱:工廠】」選択報酬
期間限定任務「主計科任務【差し入れ!高級おにぎり】」選択報酬
本土防空の切り札、局地戦闘機「紫電改」の艦載機型です。
大馬力エンジンと空戦フラップの採用などによる優れた空戦能力で、開発・配備の遅れた「烈風」の穴を埋めるべく計画されました。
空母信濃が就航した暁には、たとえ「烈風」系艦戦隊が揃っていても、あえて搭載してほしい幻の…
そして実在した最期の艦上戦闘機です。

ゲームにおいて

  • 開発可能な艦戦として最強の試製烈風 後期型と、レアリティで並ぶホロ艦載機。
    • 当然成功率は低いが対空+9と試製烈風 後期型に次ぐ優秀な値を誇る。零式艦戦52型の対空+6を大きく凌駕し、高難度MAPへの挑戦には数を揃えたい。
    • レア度と開発成功率で並ぶ試製烈風 後期型には対空値-1と負けているが、回避+3とレア機並みの値を持つ。その点は使い分けが重要と言える。
    • 制空値の差は、11~24機スロットに装備したときで4(32機以上で6)と、ほとんどの艦で4になる。
      • 余談であるが、震電改同様実装時は制空値が0になる特大のバグがあった。
    • 空母の回避値は高LV艦ではキャップ到達する例が多く、1隊程度では効果は少ない。どちらかと言えば低LV艦に優先して載せたい。
  • その他、更新任務と、複数の出撃系任務の選択報酬でも入手できる。
    • 試製烈風 後期型は改造で持参する艦娘がいるが、紫電改二はいまだに誰も持ってこない。
    • 図鑑埋めのためにこれを開発しようとして試製烈風 後期型ばかり開発できる物欲センサー発動中という提督もいるようだ。
    • クオータリー任務(主力艦上戦闘機の更新)で3ヶ月ごとに2機入手可能。とはいえ、零式艦戦21型x5と零式艦戦52型x2を要求され、着任浅い提督にはハードルが高い。少しずつ貯めていこう。
    • ただし更新では、零式艦戦52型から改修値が引き継がれない。更新する機体は改修値の付いていない物を選ぶようにしたい。
  • 改修素材として結構な数を要求される。試製烈風 後期型の下位装備の様な扱いだが、開発コスト・成功率ともほぼ同じである。高性能艦戦が揃った後も将来に備え廃棄せずに取っておきたい。
  • 2019/3/8のアップデートで図鑑テキストが修正された。

    修正前

    本土防空の切り札、局地戦闘機「紫電改」の艦載機型です。
    大馬力エンジンと空戦フラップの採用などによる優れた空戦能力で、開発・配備の遅れた烈風の穴を埋めるべく計画されました。
    空母信濃が就航した暁には、たとえ烈風や烈風改が揃っていても、あえて搭載してほしい幻の…そして実在した最期の艦上戦闘機です。

以下性能比較表(装備最大値/艦戦上位早見表/テーブルより転送)

装備名対空対潜索敵命中回避火力装甲半径入手方法改修備考追加
震電改152イベント-編集
烈風改二132115イベント-一航戦に装備ボーナス編集
烈風改二戊型(一航戦/熟練)121326イベント-夜戦、一航戦に装備ボーナス編集
烈風改二戊型111225イベント-夜戦、一航戦に装備ボーナス編集
烈風 一一型125任務、イベント、ランキング-編集
烈風(六〇一空)11125任務、イベント、ランキング編集
烈風改(試製艦載型)1023114イベント-一航戦に装備ボーナス編集
試製烈風 後期型105開発、初期装備-編集
紫電改四101314イベント、ランキング編集
紫電改二933開発、任務-編集
零式艦戦53型(岩本隊)123246任務編集
零戦52型丙(付岩井小隊)101126任務編集
零戦52型丙(六〇一空)9116初期任務、ランキング編集
零式艦戦52型(熟練)91126任務編集
零式艦戦32型(熟練)8145改修編集
零戦21型(付岩本小隊)91137任務編集
零式艦戦21型(熟練)81227初期装備任務編集
Fw190 A-5改(熟練)111324イベント-編集
Fw190T改10223初期装備、イベント-編集
Bf109T改8412初期装備、イベント-編集
Re.2005 改11313イベント-AquilaGraf Zeppelinに装備ボーナス編集
Re.2001 OR改6234初期装備、ランキングAquilaに装備ボーナス編集
XF5U12124ランキング-IntrepidSaratogaGambier Bay加賀に装備ボーナス編集
F6F-5N1053335任務、ランキング-夜戦編集
F6F-51011315改修、ランキング編集
F6F-3N842235任務、ランキング-夜戦編集
F6F-3811215初期装備、改修、、ランキング編集
Seafire Mk.III改912114イベント-編集

小ネタ

  • 帝國海軍の艦上戦闘機、紫電改二(試製紫電四一型)が元ネタ。局地戦闘機「紫電改」を艦載機化したもの。製造数は試作2機のみ。
    • 試作機が空技廠所属の山本重久大尉*1の操縦で空母信濃(未実装)での発着艦試験に成功している。
    • 説明文の実在した最後の艦上戦闘機はこれが由来。烈風や零戦六四型(未実装)は空母に載った実績がない。
    • ていうかそもそも1943年以降は海軍航空機において艦上戦闘機という分類自体が消滅している。
  • 紫電改の派生型はいくつかあり、紫電改二は紫電改一(試製紫電三一型、N1K3-J)の艦載機型である。
    • 紫電改の基本となる紫電二一型(N1K2-J)、製造機数は99機。100機目以降は強すぎる安定性を緩和するために垂直尾翼を13%縮小し、爆撃装備の強化を行った紫電二一型甲(N1K2-Ja)の生産に移行し、これが紫電改として生産された最多型式となる。
    • 試製紫電三一型(N1K3-J 別称は試製紫電改一)は機首を延長、13mm機銃2丁を増設したタイプ。ただし、実機が製作されたかは不明である。
      • 通説やいくつかの書籍では「試製」ながらも、二一型甲合わせて一定数生産されたとされているが、生産されたという裏付けや実存を証明する写真などがなく、計画だけであったという説や三一型はあくまで艦載機型の別称という説もある。実際、終戦によって、アメリカ軍により大村基地に残存していた機体80機が領収されたが、三一型が含まれていた情報はなく、アメリカのスミソニアン博物館に静態展示されている川西5341号機は生産番号から逆算すると三一型であってもおかしくないのだが、その80機の中から選ばれたサンプル機にもかかわらず型式は二一型とされており、その名の通り、試作のみという線もある。そもそも、「誉」二三型を積んだ改造試作機は紫電三二型としても記録されているのに対し、計画上では発動機周りの設計に手を加えて機銃を搭載する内容と三二型と類似した点があるにもかかわらず、機銃を増設した設計の試作機の有無は不明なうえ、それを三一型として認定された痕跡がない。そのため、零戦の一一型と二一型の関係のように着艦フックなどの艦載機用の装備を積んだ型式が三一型だったという見方もできる。
    • 試製紫電改二(N1K3-A)、艦これに実装されている本装備はこの機体で、紫電二一型甲(量産時には三一型)に着艦フックを追加し機体後部を補強、着艦時のバルーニング(接地時に地面効果などによって目標点を行き過ぎてしまう現象)防止目的でフラップの開閉角度を減少、重武装にも関わらず、運用テストを行った山本少佐には「零戦より着艦が容易」と言われており基本設計の優秀さが窺える。
      • ちなみに、紫電改の艦載機化を最初に持ち出したのは、烈風の海軍側責任者である小福田租少佐で、試製烈風の状況が思わしくないことから、当時テスト中で評判の良かった紫電改を烈風の代わりと言う思い付きであったようである。
      • 艦上戦闘機の本命がアレでピンチヒッター登場という話は水平線の向こうでも存在する。「紫電改」の艦載機化を烈風の海軍側担当者が言い出したり、誉の海軍側関係者がハ43の方が生産と拡張性に優れてると言ったり、末期とはいえ旧海軍の航空行政混乱しすぎ……
    • 紫電改三(試製紫電三二型、N1K4-J)は発動機を従来の気化器(キャブレター)から低圧燃料噴射装置(※)付の「誉」二三型に換装したもので、鳴尾工場製の機体2機を改造して試作されている。

      ※:低圧燃料噴射装置ってなんじゃらほい?

      • シングルポイントインジェクション。
        • 簡単に言うとキャブレターを取っ払い、そこに設けたミキサー室にガソリンを噴射して気化させるインジェクター。「Si」と略されることもある。
          インジェクターノズルが1つで済む為工数が減らせることと、キャブレター型のエンジンを簡単にインジェクター化し吸気抵抗を減らすことでレブアップしやすく、またスロットルレスポンスも高くすることができる。
          だが、絶対的な能力では、ドイツで開発され日本では三菱が導入した、各シリンダーへの吸気管ごとに噴射する、現在にも通じるインジェクターには劣る。
        • このことがよほどトラウマだったのか、戦後富士重工は1つの吸気ポートに複数のインジェクションノズルをもつインジェクター(EMPI)を開発した。しかも、軽自動車のエンジン*2用に……
    • 紫電改四(試製紫電四二型、N1K4-A)もう一つの艦載型。紫電改三(試製紫電三二型、N1K4-J)を艦載化したものであるが、実機が製作されたかは不明である。
    • 紫電改五(試製紫電二五型、N1K5-J)二一型甲をベースに、発動機を烈風と同じ三菱ハ43に換装したもの、発動機の変更により、増設した機銃の除去とカウリングの形状変更が行われたが、工場の被災により完成せず。
      • この発動機変更の理由には諸説あり、烈風との比較用に制作していたとする説や陸海ともに「誉」が増え、無理な増産で品質が下がっていたため、「誉」を生産していた中島の負担を減らすためだったとも言われている。
      • エンジンが原因で新型機の生産が遅れる/配備しても稼働しないというのは洋の東西を問わず発生しており、日本でも彗星飛燕をめぐる騒動、第二次世界大戦後のアメリカ軍でも朝鮮戦争中に強化型J47の供給が滞り、F-86F型の生産が遅れ、穴埋めにありあわせの出力が若干劣るタイプのJ47でF規格機体のE型を作ったり、70年代末期に、エンジンに起因するトラブルで、F-15の稼働率が三割切ったと言う笑えない話があったりする。
    • また、紫電改ベースの練習機(仮称紫電練習戦闘機、N1K2-K)の試作、ボーキサイト、もといジュラルミンの節約目的に鋼製紫電改や仮称紫電性能向上型の設計も行われていた。
      また戦後になってから、頭部戦線で戦局打開の決戦兵器として、薬用紫電改を名乗る商品も出てきている。 「紫電改○」シリーズ多過ぎだろ……
  • 因みに肝心の紫電改二は殆ど生産されていない。空母に搭載して出撃するような時期では既になかった。
  • イラストに描かれてる機体の元は"ヤ-1155" 谷田部海軍航空隊所属 紫電一一型甲、つまり紫電改ではなく紫電だったりする。
    • その為か後部こそ二一型(紫電改)のものの、エンジンカウル等前部は紫電改ではなく、機銃穴が残されている一一型のような形状になってしまっており、翼も中翼か低翼か怪しい位置にあったりと、紫電と紫電改が混ざったキメラのような機体となっている。
      • ちなみに、AC版では翼が中翼になり、先祖返りしてしまった。

この装備についてのコメント

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • そろそろグラフィック更新されるかな? -- 2019-06-25 (火) 14:23:22
  • 記事に重複事項が目立つので、少しまとめました。 -- 2019-07-15 (月) 23:00:33
  • アップデート後確率上がってない?たまたま? -- 2019-07-19 (金) 02:16:20
  • 今日は60回で3機出た。普段からこれぐらい出てくれるといいんだけどなあ。 -- 2019-07-24 (水) 13:23:23
  • NHKの信濃特集でオレンジの紫電改二が出てたけどこっちでも試製で出ないかな -- 2019-09-03 (火) 20:46:24
  • 新聞に「鳴尾に戦闘機?」と出ていた、紫電改か鳴尾に展開していた332空のことと思われ、18時15分ごろよりカンテレにて(大阪ローカル) -- 2019-11-08 (金) 18:15:01
    • 出落ちで武庫女の保存されてる建物の前に止まっている紫電改の写真(これも有名な写真)が出てしまったという、他には大艇ちゃんとUS-2、332空の零戦五二が7機ほど写ってる写真が出てきた。 -- 2019-11-10 (日) 00:29:00
  • クオータリー任務(主力艦上戦闘機の更新)で使うボーキ4000で普通に開発しても2機くらい出るんじゃなかろうかと今更ながらに思う今日この頃。 -- 2019-11-18 (月) 23:51:15
    • あぁ、まぁあくまで余ったものでやる分には全然かまわないか。この任務のためにわざわざ開発しなければいいだけか。 -- 2019-11-19 (火) 00:00:49
    • 紫電改二が出るレシピでボーキ最低値が70、ボーキ4000だと57回できるけど紫電改二の開発確率が約1.9%、この回数で1機だけでも開発出来る可能性は約66.4%、約33%は1機も開発出来ずに終わるって感じだからボーキ4000で2機確定ってのはかなり破格かと。ドロップ率2%以下で保持数制限無しの新艦を60周しない間に2隻掘るって考えると何となくわかりやすいかも? -- 2019-11-19 (火) 02:17:29
  • 開発で前より出なくなってない?日課任務で戦闘機レシピ回しているんだけど、見たことない -- 2019-12-12 (木) 00:22:28
    • こっちはやたら出てる、今回もらった二式水戦×2をはやく強風にしないと、倉庫圧迫がハンパない… -- 2020-01-16 (木) 07:29:18
    • たまにまとめてたくさん出るけど、出ないときは半月以上出ないよね… -- 2020-03-17 (火) 10:21:48
  • 登場初期は、重要な主力戦闘機として奮戦し、いまは改装用の素材として有効と、とても優秀な機体だなあ。いくらレシピ回してもなかなか出ないという難点もあるが(ボーキサイトが3000くらい吹っ飛んで、やっと二機獲得した) -- 2020-01-22 (水) 08:10:06
    • ボーキ3000で2機とかめっちゃついてるやん -- 2020-01-22 (水) 15:40:46
  • 漸く日向改二任務終わって改修欄のぞいたらお前が必要なんだよ!まだF6F-5の改修終わってないんだけど! -- 2020-03-17 (火) 10:16:31
  • メリケン艦戦量産しようと思えばいくらあっても足りないが、52熟練maxでいいやと思えばそれほどでもなく、それでいてレアなため倉庫の肥やしになるも捨てられず、とどうにも扱いに困る -- 2020-04-06 (月) 20:23:39
    • F6F系列以外でこれ使う改修って強風改、紫電一一と瑞雲改二くらいだしなぁ。前者2つは艦戦妥協してる人だとあんまり改修に食指が動かない気もするし後者は一点ものだから改修終わった人には関係ないだろうし。 -- 2020-04-06 (月) 20:38:31
  • (52型熟練があるのでアレですが)友永や例の烈風とは違って機種転換しても改修を引き継げないという悲しみを背負っている… -- 2020-04-24 (金) 04:15:59
  • デイリー開発を彩雲弾きのレシピで回してますが、こいつと烈風は3月中旬から出てません。流星改も爆戦も出てくるのに。そのうち波が来るよね… -- 2020-04-30 (木) 23:29:17
  • F70(クォータリー)の報酬で確定2機貰えたのか・・・ずーっとF70の報酬は52熟練だと勘違いしてた  orz -- 2020-05-05 (火) 17:35:38
    • あ、でもボーキ-4000かぁ・・・なら廻した方がマシか -- ? 2020-05-05 (火) 17:38:05
      • 開発確率2%だから4000で確定で出るならむしろ安い -- 2020-05-06 (水) 16:33:57
      • ボーキ90のレシピとして45回分くらい。2.5%(開発レシピページの1番いい数字)を45回以内に2つ以上当てる確率は約31%なので、運に自信があるなら工廠へどうぞ。参考までに計算してみたら、デイリー開発任務360回分(約3ヶ月)なら約99.9%(2個以上成功)になるけど、任務報酬と相殺してもボーキ19800の消費。120回分(約1ヶ月)なら約80.5%の6600消費。 -- 2020-05-06 (水) 17:39:04
  • だんだん余ってきたけど何に使うんだっけな・・・ -- 2020-06-02 (火) 23:18:55
    • 特に優先度が高そうなのはF6F-5と瑞雲改二、強風改だな。これらが終わってないなら、貯めといていいんでない?(消費するネジに戦慄するけど -- 2020-06-02 (火) 23:55:52
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 真珠湾攻撃時には赤城戦闘機隊所属で艦隊の上空直衛を担当→翔鶴戦闘機分隊長で珊瑚海海戦→二五二航空隊分隊長でソロモンで負傷→内地勤務
*2 もちろんみんな大好きEN07のことである。