Top > スキル > しゃがみ移動速度UP
HTML convert time to 0.004 sec.


スキル/しゃがみ移動速度UP

Last-modified: 2018-09-15 (土) 17:40:30

MHWorldで登場したスキル。





概要 Edit

  • その名の通り発動するとしゃがみ中の移動速度が速くなる。
    具体的には、普段の小走りよりちょっと速いくらいになるスキルである。
    スタミナを消費せずに移動するのであればほんの少し早く移動が可能となる。
    また、BCの入り口などにあるしゃがんで抜ける通路の移動も速くなる
    以上である。
  • このスキルが発動する装飾品・護石は存在せず、
    下位・上位共にジャグラスシリーズの足部位でのみ、発動することが出来るという無駄にレアスキルである
    ジャグラス素材ということだけあって防具による発動難易度は最も低いが、
    貴重な足部位を使ってまで発動させる意義があるかといわれると…。
  • 戦闘用のスキルとしては役立つ機会はほぼ無いに等しい。
    MHWorldではしゃがみの有用性が向上してはいるものの、隙の多い行動である点は相変わらず。
    しゃがみで物陰に隠れることが出来る仕様についても、戦闘時であればスキル「潜伏」に分がある。
    あちらはやり方次第でハメ紛いのことが可能であり、このスキルよりよほど有用である。
    このため、基本的に狩猟用装備に利用する機会はまずないだろう。
    • 敢えて使い道を考えるとするなら、草むらに隠れてモンスターから身を隠した際、
      スムーズな移動から撤退や奇襲が行える点だろうか。
      ちなみに草むらから草むらへと渡り歩く運用で効果を実感できる代表的な場所と言えば、
      ジャグラス達の縄張りである古代樹の森エリア2だろう。
      身も心もジャグラスになりきれ、という事だろうか…?
    • オドガロンとの戦闘中、裂傷状態になった際には
      しゃがんで裂傷状態の治療をしつつ、オドガロンの攻撃をかわすのに役立つように思えるが、
      実際は移動しながら使えるようになった各種アイテムを使ったほうが治療にかかる時間も短く、
      受けたダメージの回復もできるため安全である。
      なによりオドガロンの攻撃判定は有情仕様であるため、スキルなしでも回避は容易である。
  • 戦闘回避というお題目に関しても、対小型モンスターであればスキル「威嚇」の方が効果的である。
    一応大型モンスターの痕跡集めには使えないこともないが、
    ハンターを視認しても気にも留めない多くの古龍種相手にはしゃがむ必要性すらなく、
    優秀な隠れ身の装衣を要所要所で使うくらいで事足りることも多かったりする。
  • このスキルの使い道としてはフィールド内をしゃがみ移動する機会が多いケース、
    すなわち「採取用」「環境生物集め用」が最も適しているといえる。
    MHWorldではBCと戦場を隔てるためかしゃがみでのみ通れる通路が出入り口に多く、
    そういった場所などを素早く通過できるこのスキルを発動させると快適さが増す。
    発動防具は最序盤に作れるため、フィールドで素材集めする際にはかなり役立つ。
    同様の理由でレア環境生物などを集める際にも出現地点まで移動するのに役立つほか、
    捕獲する段階でも、普通に近づくと逃げてしまう一部の環境生物相手にしゃがみは有用。
    このような用途に割り切って専用装備を組んでみるのも悪くないだろう。
    • ただ、このスキルを多用した後はスキル依存症に注意が必要となる。
      先述の通りBCからの出入りにしゃがみ移動を強いられる場所が多数存在しているが、
      いざ戦闘用装備を組んでそういった場所を通ると、妙に遅い出入りがもどかしく感じてしまう
      BCから出る時は兎も角、BCへと逃げる際には微妙な遅さで追撃を受けてしまうケースもある。
  • しゃがんだハンターが異様な高速移動をする点ではネタとして使えるかもしれないが、
    勿論野良でこんなスキルをつけて行くのはまごう事なき地雷行為…ではあるのだが、
    そもそもこんなスキルの存在を覚えているプレイヤーの方が稀であり、
    何をやっているか理解されず、無視される可能性すらあるだろう。

関連項目 Edit

アクション/しゃがみ
モンスター/ドスジャグラス - 本スキルが付与されている防具の記述あり。
モンハン用語/しゃがめよ