Top > 武器 > 狐鈴コトノハナクテ
HTML convert time to 0.004 sec.


武器/狐鈴コトノハナクテ

Last-modified: 2018-02-17 (土) 16:01:55

概要 Edit

  • MHXの4大メインモンスターの一角、タマミツネの素材で作られた狩猟笛。
    その鈴の音は静かに響き、遠逝を誘う。
  • 武器としては神楽鈴と和傘を合わせたような形状。例によって笛らしくない。
    振るうとシャリンと音が鳴り、演奏時もまた雅楽のようないい音が鳴る。

性能 Edit

MHX Edit

  • 他の四天王笛と同様に下位タマミツネを狩猟すると一発生産できる。
    音色は白・空・緑。聴覚保護や耐だるまなど便利な旋律と回復ができる。
    とはいえ、下位ではいちいち各属性をそろえたりしないことも多いので影は薄いかもしれない。
    攻撃強化旋律がないのも減点ポイントか。
  • 最終強化は「なるかみの音鈴の乙鳴」。
    後半5文字は「おんれいのおとめ」と読む。予備知識無しでは高確率で誤読するだろう。
    攻撃力200に会心率10%、水属性36。斬れ味は青であり、匠の増分はすべて白。スロットも1つある。
    音色はMHX唯一の紫・橙・緑。
    聴覚保護【大】と、会心率UP&体力回復【小】が演奏可能。
    斬れ味、攻撃力、属性ともバランスよくまとまっており、ソロでは使いやすく仕上がっている。
    狩技「絶対回避【臨戦】」を用い、匠なしで運用するのも悪くないだろう。
    また最終強化まで素材に尻尾が要求されないため、狩猟笛専門でも作りやすい。
  • 今作から超会心という会心率の能力を底上げするスキルが登場しているが、
    これを用いる場合は武器の会心率に加えて、なにかしらのスキルで補強してやる必要がある。
    ある程度重点を置かないと効果が出ないので、時には会心率をオマケ程度に見る事も重要。
    この武器の攻撃力自体は平均並みな点にも留意したい。
  • しかし、パーティプレイで使うとなるとギザザミハルスの存在が悩ましい。
    聴覚保護に関しても(水属性ではないが)ハザードコール轟鼓【虎鐘】などは攻撃強化と同時に行え、
    単純に水属性武器として比較すれば天嵐ノ琴【晴雲秋月】など、対抗馬は多い。
    基本的には“会心率UP&体力回復【小】”よりも“攻撃力強化【○】”の方が火力貢献の期待が出来るので、
    演奏時間も含めて“会心率UP&体力回復【小】”の性質をどこまで活かせるかがカギを握るだろう

MHXX Edit

通常種武器 Edit

  • 究極強化すると「なるかみの音通神韻鈴」と銘を変える。
    その性能は、
    • 平均レベルの攻撃力310
    • 会心率10%がそれを補強
    • 十分高い水42
    • 素で白40、匠増加分はすべて紫
    • スロット、音色は上位と変わらず
    上位の性能から順当に強化されている。
    そのため立ち位置も変わらず。
    今作では超会心を発動させやすいのは追い風と言えるか。
    ちなみに今作では、同じ旋律を持つ笛が3つ増えている。
    とはいえそれぞれ属性は違うため、棲み分けはできている。

二つ名武器 Edit

  • 今作初登場の二つ名持ちモンスター、天眼タマミツネの素材を用いて「天眼鈴・千里結言」を生産できる。
    究極強化「あしたづの音動厭舞鈴」の性能は、
    • 少し上がった攻撃力320
    • こちらも上がった会心率20%
    • 平均くらいの水34
    • 素で白30、匠+2で紫40
    • 音色は紫・空・青
    火力に直接繋がる旋律を持たないため、採用率は低いのが実際のところ。
    しかしその分、防御【大】に風圧無効、耐だるま状態に気絶無効と守りは固い。
    高い攻撃力を持ち、風圧を発生させ、気絶値の高い攻撃を持つリオレウス希少種あたりに担ぐには悪くない性能と言えるか。
    耐だるまが働くボルボロスにも有効だろう。
    効率を求めるには向かない性能ではあるが、堅実に戦いたい時などには担いでみても良いだろう。

余談 Edit

  • 名前の由来であるが、豊臣秀吉に仕えた黒田官兵衛の辞世の句
    「おもひおく 言の葉なくて つひにゆく みちはまよわじ なるにまかせて」(私はついに最期を迎えるが、思い残す言葉はなく、道に迷うこともない。水の如くなるように任せよう。)であると思われる。
    概要でも引用した武器説明文には
    軍師として名を馳せた士が遺した」という、このことを踏まえたような記述がある。
  • 最終強化時にあらわれる枕詞は察しの通り「なるかみの(鳴る神の)」。「音」をみちびくために使われる。
    狩猟の度に演奏する“狩猟笛”にぴったりの枕詞といえるだろう。
    そして、武器の銘の中でもちゃんと「音」という言葉に続いている。

関連項目 Edit

モンスター/タマミツネ
武器/ミツネ武器