Top > 「ミッドナイト・ブルー・オトノサマ」
HTML convert time to 0.006 sec.


「ミッドナイト・ブルー・オトノサマ」

Last-modified: 2018-05-08 (火) 10:56:55

◆本エピソードは物理書籍版「ケオスの狂騒曲」に独占収録◆しよう◆

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

コヨイ・シノノメは初めて夫と会った日のことを思い出していた。

 

シバタ・ソウジロウ――後にアマクダリの執政官となる男「アガメムノン」は完璧な男であった。
才覚に溢れ、その相貌は非の打ちどころが無く、そして自分と同じニンジャである。しかし、いやだからこそか。全てを見透かすその眼差しに彼女は畏怖した。
その感情は結婚した後でも変わらず、それゆえ彼女は時折街に出てひそかに「気晴らし」をしていたのである。その日も何事もなく、ただ幾人かのヨタモノがこの世からいなくなるだけ。そのはずであった……。
だがしかし、彼女は出会ってしまった。夫の最大の敵に。そして己の運命を変えてしまう男に……。

 

「私、コヨイです。あなたは?」
「……イチローです。お気をつけて。よいお日和を」


解説 Edit

第3部における大きな転換期、「ゼア・イズ・ア・ライト」の前半部を改題・再構成した作品。
それに伴い大きく改稿され、特に「真夜中のオトノサマ」にて繰り広げられるイクサが大胆にリライトされている。
初見の方はもちろん、後半の怒涛の展開を知っている方も十分楽しめるだろう。



「ハッハハハハハハ!神々も照覧あれ!この日すべてのコメントが展開する!」