P1Y1 mod.11

Last-modified: 2020-10-01 (木) 04:36:39

日本 RankIV 急降下爆撃機/雷撃機 P1Y1 / 銀河一一型

shot 2016.11.02 22.25.18.jpg

概要

Ver1.63にて追加された日本のランクIV急降下爆撃機。来寇する敵空母を長駆急襲し発艦作業を妨害する為に設計され、艦爆を双発化したような姿と性能を持つ。

機体情報(v1.63)

必要経費

必要研究値(RP)75000
機体購入費(SL)250000
乗員訓練費(SL)72000
エキスパート化(SL)250000
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)20
護符(GE)1500

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング4.7 / 4.3 / 4.7
RP倍率332
SL倍率195 / 540 / 555
最大修理費(SL)3650⇒*** / 6925⇒*** / 6406⇒***

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)517⇒577 / 505⇒546
(高度5900m時)
最高高度(m)9400
旋回時間(秒)27.2⇒25.3 / 27.9⇒26.0
上昇速度(m/s)6.4⇒18.9 / 6.4⇒10.2
離陸滑走距離(m)720
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)-
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)2
限界速度(IAS)*** km/s
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/s, (離陸)*** km/h, (着陸)*** km/s
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃
(単装)
20mm
九九式一号
2450前方、上部

弾薬

武装名ベルト名内訳費用(SL)
20mm
九九式一号
既定T/HEF/AP-I-
徹甲弾HEF-T/AP/AP-I/AP/AP-I80
空中目標HEF/HEF-T/HEF/AP/HEF-T80

追加武装


名称
(爆薬量)
種類


影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件備考*1
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
B250kg
(104kg)
二五番通常爆弾二型
2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**-合計搭載量
506kg
(爆薬量208kg)
T838kg
九一式航空魚雷改二
1-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**380投下可能速度
0-481km/h
投下可能高度
0-260m
B500kg
(207kg)
五〇番通常爆弾二型
2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**300合計搭載量
1014kg
(爆薬量414kg)
B800kg
(390kg)
八〇番通常爆弾一型
1-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**230合計搭載量
800kg
(爆薬量390kg)

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理33006400
ラジエーター
20mm銃座用弾薬ベルト
九一式魚雷
IIコンプレッサー5000***
機体
新しい20mm銃座用機関銃
III主翼修理***11000
エンジン
14 in (mod30)
IVインジェクター交換720014000
カバー交換
14 in (mod35)

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前機体B7A2
派生機体
次機体R2Y2 KAI V1
 
 

解説

特徴

その来歴と性能から軽爆・艦爆系のツリーに置いてあるが、機体は双発化され中型爆撃機に次ぐ規模となった。ツリーの例に漏れず良好な機動性と多くはない爆装を持ち、加えてそこそこの防弾も備えている。
特徴はやはりエアブレーキを持つ点。流星と同様に雷撃、水平爆撃、急降下爆撃の全てがこなせる万能機である。
爆装は250kg爆弾x2(初期)、500kg爆弾x2、91式魚雷x1、800kg通常爆弾x1の4種類。250kgを4発搭載できる呑龍に比べ手数は減るが、少し加害半径の広い500kg爆弾が2つ積める。流星と違い固定機銃は無く、機首と後部に20mm機銃座を各一門ずつ備える。このランク帯では重武装とは言えないので、どっしり構えて迎撃というよりは機動力で回避していこう。
また、RB・SBではマイナスGを掛けるとエンジンが止まるようになっているので注意。

立ち回り

【アーケードバトル】
500kg爆弾を用いた対地攻撃がメインとなる。搭載量は2発と少ないものの、500kg爆弾は多少アバウトな狙いでも戦車を破壊できるのに加え、トーチカも一撃で撃破できるという利点がある。
また爆撃機としては速度性能に優れ、開幕後、敵部隊に向かって一気に降下すれば到達時に750~800km/h以上を記録することも可能である。ABならではの数値だが活用しない手はない。爆弾投下後は速度優位を活かして自陣に退避、のプロセスを繰り返せば活躍できる。
他国爆撃機の「搭載量の暴力」の前では少々存在が霞みがちなのも事実であるが、速度を活かして遠方のトーチカや艦艇を攻撃する上では差別化が図れるだろう。

 

【海戦】
今までの彗星→流星と同じく直上からの急降下爆撃が安定する。
さすがにこのBR帯になると重巡洋艦も相手にするので武装は800kg爆弾一択になる。無改造の状態では上昇力がかなり不足し不自由を感じると思うが、改造が完了すれば流星よりはマシ程度の上昇力が手に入る。一般的に、対空火力が低い艦艇を中心に狩っていくと良い。対空火力が高い艦艇は3000m以上でも直上からの急降下爆撃は厳しいので、水平爆撃か緩降下爆撃に切り替えよう。動きが鈍いので慣れれば彗星→流星と使ってきた方なら当てれると思う。ちなみに1発で機体が真っ二つになったりすることがあると思うが、この頃の対空砲は40mmだったり、100mm以上だったりするので、即死はいつものことだと受け入れてしまおう。なるべく対空砲に狙われない立ち回りをしたほうが良い

 

【リアリスティックバトル】
ABと同じく500kg爆弾での対地攻撃がメインとなる。戦闘開始後の第1撃も優秀な速度と開始高度を利用すればマップにもよるが敵戦闘機の迎撃を受ける前に対地攻撃を済ませ離脱できるだろう。ゲージ削り要員である攻撃機や爆撃機は生き残ってこそ真価を発揮するのだ。
800kg1発ないし500kg2発の搭載量は基地爆撃には物足りない。小基地を半分ほど削るよりトーチカや戦車を壊した方がスコアも美味しく味方の役にも立つので基本的には対地をするのが良いだろう。日本機には少なくない海戦マップにおいては爆弾で貨物船を狙うか雷装して巡洋艦等を狙うのも良い。
しかし、小さくはない被弾面積に日本機特有の出火のしやすさが組み合わさるため、対地攻撃の際低速だと 被弾→即出火 という流れが多い。
双発の中型機ながらエアブレーキを装備しているのはRBでは嬉しいポイント、雷撃時や着陸時などにとても便利だ。

 

【シミュレーターバトル】
流星と同じく魚雷が搭載できるので、対艦任務が出てくるMAPでは雷装して出撃しよう。急降下爆撃も可能な為、対地攻撃もいくらかやりやすい。また、爆装パターンから500kg爆弾×2を選択できるので、敵小基地に向かうAIの車列に落としてみよう。利点らしきはそれだけで、大威力の爆装も、手数の多いロケットも砲も無く、単発攻撃機の亜種と考えても得点力に欠ける。小基地狙いや地上戦タスク完了は非現実的だが、どうしてもと言うなら味方と一斉に攻撃する必要があるだろう。また前方固定機銃が無く、銃座も限定旋回の1号銃が2丁とけん制用以上の物ではない。敵のヤーボとかち合えば一巻の終わりなので注意しよう。BRが4.7なのも困りもので、烈風や零戦五二型および五二甲、旭日フォッケなどの主力戦闘機と被ってしまう。ランクIIIトップマッチでSPを投入するには相当勇気がいる性能なので、敢えて乗る場合はランクⅣデッキにSPフリーな500㎏爆弾輸送機として加えるのが妥当かもしれない。

史実

銀河は第二次世界大戦中の大日本帝国海軍の陸上攻撃機である。開発は空技廠だが、製造は中島飛行機が行った。
略譜号はP1Y、連合国側のコードネームは"Frances"

クリックで展開

1939年(昭和14年)頃、海軍は将来の基地航空兵力として、欧州戦線で活躍しているような大型の急降下爆撃機を配備することが望ましいと考えていた。支那事変における九六式陸攻の戦訓から、更なる高速性能、航続距離、そして急降下爆撃能力が求められていたためである。

 

この頃、空技廠では速度記録機、航続距離記録機、高度記録機の3つの研究を行っていた。そして海軍からの要求に応える形で航続距離記録機Y-20をベースに、ドイツから輸入した双発急降下爆撃機Ju-88Aに使われている技術を導入*2することで高性能爆撃機を開発することが決まり、1940年末に「十五試双発陸上爆撃機」として開発が命じられた。
この十五試陸爆に対する海軍の要求性能は

 

・一式陸攻と同等の航続力を持つこと
・零戦と同等の速力を発揮可能なこと
・1t爆弾での急降下爆撃が可能なこと(後に雷撃能力を持つことも追加要求された)
・離陸滑走距離が600m以内であること

 

という厳しいものであった。

 

この要求に対し銀河設計陣は彗星で開発された新機軸を採用しつつ、徹底的な小型軽量化と空力的洗練で応えた。
胴体については乗員を3名まで削減することで幅を抑え、更に風防の高さも低く抑えることで前面投影面積を最小化し空気抵抗を削減。主翼は高速性と急降下に耐える強度を得るために、面積を一式陸攻の7割程度に抑えて半層流翼を採用。エンジンナセルも小直径で空気抵抗の少ないものを採用...と涙ぐましい努力が行われている。
防御用武装も小型軽量化の方針に従い、20mm(または13.2mm)銃が前方1挺、後方1挺と最低限のものであった。

 

一方で防弾装備については非常に充実しており、操縦席後方には折畳式防弾板を装備。通常用燃料タンクは自動防漏式とした上で自動消火装置を備え、さらに外翼前縁部のセミインテグラル式燃料タンクには炭酸ガス充填装置も装備されていた。一式陸攻の被弾時の脆弱さはちゃんと問題視されていたのである。
また、爆弾倉も広く、全長5mを超える九一式航空魚雷でも問題なく収納可能となっていた。

 

その他にも搭乗員の負担軽減のために操縦席にリクライニングシートを採用し、自動操縦装置も搭載。彗星では電動化で不具合が多発した主脚やフラップの上げ下げ、爆弾倉扉の開閉には油圧式を採用し、信頼性の向上にも努めている。
また、生産性にも配慮して設計されていた...のだが、肝心の配慮が生産を担当する中島飛行機の実情と噛み合わなかったため、十分な効果を上げるには至らなかった。

 
 

こうして生まれた銀河は1943年11月から量産が開始され、翌1944年10月に「陸上爆撃機銀河一一型」として制式採用*3された。
以後銀河は期待の新型陸攻として活躍していくことになる...のだが、高性能機であるがゆえに整備性が良くなく、特に誉エンジンの不調に泣かされ続けてしまった*4
生産性も整備性も良くない上に、機体にもエンジンにも余裕がない状況を揶揄して「国滅びて銀河あり」とまで言われる始末であったという。

 

それでも銀河は劣勢から絶望的へと傾いてゆく戦局の中で、一式陸攻に代わる主力攻撃機として戦い続けた。
大戦末期の攻撃機の宿命として特攻作戦にも使われたが、通常攻撃でも戦果を挙げている。
台湾沖航空戦では雷撃により米軽巡ヒューストンを、四国南方沖では急降下爆撃により米正規空母フランクリンを、それぞれ沈没寸前まで追い込んだ。

 
 

総生産数約1100機のうち、終戦時に残存していたのは182機であった。現在ではアメリカ軍が戦後に接収した一一型1機だけが、スミソニアン博物館に分解保存されている。

 

参考: Wikipedia

 

小ネタ

◆戦闘機? 爆撃機?

クリックで表示

連合国が銀河に最初に付けたコードネームは"Francis"であったが、これは男性名であり連合国側の命名基準では本来戦闘機に付けられるものであった。後に爆撃機と判明した際に女性名である"Frances"へ変更されたという経緯がある。


◆命名基準

クリックで表示

銀河は帝国海軍でいうところの爆撃機、つまり急降下爆撃機として開発が始まり、後に雷撃能力が追加要求されたため、雷撃可能な「攻撃機*5」でありながら分類・命名基準は爆撃機となっている。なお、同じく雷撃可能な急降下爆撃機である流星は、分類は艦攻だが命名基準は単発爆撃機に沿ったものである。雷撃と急降下爆撃どちらもこなせ、誉エンジン搭載、生産性も悪いなど、銀河と流星には共通点も多い。


◆0系との縁

クリックで表示

「美しいものをつくれ、そうすれば解決する。」
銀河設計陣の一人であった三木忠直は戦後、国鉄へと転身し初代新幹線車両0系の開発を手がけていたが、その時脳裏には常に銀河の流線型ボディーのイメージがあったという。
銀河と0系、時代も目的も違う物ではあるが、同じ設計者によって生み出された遠い兄弟と見ることもできるだろう。


◆国破れて…

クリックで表示

山河あり。とは杜甫の春望の一節だが、この銀河は整備性の悪さで飛べない銀河が大量にあった背景等から、「国破れて銀河あり」などという戯歌が作られてしまったとか。
しかし、上述のように銀河が戦後0系の礎になったことを考えれば、また違う意味にも聞こえるかもしれない。

 

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 急降下できるようになれば一回でトーチカ2個つぶせるのに現状だと流星に勝ってるとこがほとんどなくて辛い -- 2017-02-13 (月) 07:10:24
  • 流星より速度出るけどなぜか旧式魚雷しか積めないせいで減速しないといけないとか…なんのための速度だよ -- 2017-02-21 (火) 01:29:30
  • 何でマイナスGでエンジン停止するの?スピリットじゃ無いんだから・・・ -- 2017-02-24 (金) 19:51:36
    • 唐突に戦後のステルス戦略爆撃機出てきて笑った -- 2017-02-24 (金) 19:56:08
    • スピリットが足りないからだよ -- 2017-02-25 (土) 14:38:44
    • 深刻な大和魂不足か・・・ まさか急降下爆撃できないのもそれが原因だった・・・? -- 2017-02-26 (日) 10:09:20
    • ろくにしらべずに書き込む人って減らないね バカッターがいい例だけど そのたぐい? -- 2018-08-20 (月) 15:17:17
      • いつのコメントに返信してんだよ 釣りかなんか? -- 2018-08-20 (月) 21:07:57
  • ヤーボ感覚で戦車に500kgお届け便できる爆撃機。 -- sb? 2017-02-26 (日) 00:16:11
  • P1Y1 mod.11は急降下爆撃をする際、 角度調整が必要となります。 そのため、不具合ではございませんので ご了承いただきますようお願いいたします。 -- you? 2017-02-28 (火) 21:47:16
    • DMMに急降下爆撃出来ないと連絡したら、上記のコメントを頂きました -- you? 2017-02-28 (火) 21:48:28
      • これ絶対水平爆撃機が一定角度で爆撃できないって文句来た時の回答だよな・・・ -- 2017-02-28 (火) 22:08:06
    • バグレポートをGaijinが受け取ってるのになぁ。 -- 2017-03-01 (水) 00:24:49
      • DMMは開発担当してないのに何故こいつが回答してんだ?適当に回答してんじゃね? gaijinが発表するならまだしも -- 2017-03-01 (水) 00:31:19
      • DMM経由してGaijinに報告して回答貰ってまたDMM経由してユーザーへってやるとあまりにも効率悪いからGaijinとDMMの間である程度特定の話題に対するテンプレ回答決められてるんじゃないかな。 -- 2017-03-01 (水) 02:38:52
    • 木主に返ってきた回答について更に「それ不具合同然たから」と追質問してみたが、「P1Y1mod.11の急降下爆撃の仕様については Gaijin社からの公式な回答となります。 恐れ入りますが、ご了承いただきますようお願いいたします。」だとよ。ガイジンは直すつもりがあるのか・・・ -- 2017-03-03 (金) 11:15:52
      • そもそもDMMが回答をGaijinに送信すらしてない、という可能性もあるよね。 -- 2017-03-03 (金) 17:49:48
  • 誘導爆弾積ませてくれたら、現状維持でもいいんだけどなぁ -- 2017-03-03 (金) 16:20:24
  • 何でわざわざモデリングして実装した機体が不具合だらけで放置されてるんだろうね...史実の性能で弱いっていうならまだ諦めもつくのに... -- 2017-03-04 (土) 15:25:58
    • 不具合だらけで予期しなかった機体実装するくらいなら彗星とか天山出せって話だよな。まぁ、その2機も不具合だらけってことも無いことも無いだろうけど -- 2017-03-04 (土) 15:29:37
    • ワイは日本専業だから知らんけどよその国はちゃんと修正してんのかね。害人は手が足りないのに陸だの海だの風呂敷広げすぎなんだよ -- 2017-03-06 (月) 10:30:06
      • ワイ英国海軍機乗り、シーファイアのアレスティングフックの表示バグは長らく放置されていた模様。最近やっと直してくれたけどねGaijin。いやーよかったよ…機能はしてたんだけど如何せんダサくてね。 -- 2017-03-06 (月) 11:07:21
      • ソ連の23mmで中戦車壊せないバグも大分放置キメてたはず... -- 2017-03-06 (月) 12:25:41
      • そう言えば米の75mm登載PBJが虎の天板やケツならぶち抜けるはずなのに抜けなかったって話が結構前に有ったなぁ・・・  今ではしっかり抜けるみたいだけど何時修正したんだ? -- 2017-03-06 (月) 12:48:01
  • 結論:こいつは産廃。これがきたから30ウン万払って使いもしない廃棄物買ってから景雲買わなきゃいけないんだよな。こいつのBRは4.0未満くらいが妥当かもしれない。 -- 2017-03-06 (月) 16:12:05
    • 別に開発終わった状態で放置しても景雲使えなかったっけか?まぁBR4.7は高すぎるよな -- 2017-03-06 (月) 16:25:44
      • 購入しないといけないぞ。(実体験) -- のt木? 2017-03-06 (月) 20:38:41
  • こんな使えないデカブツいらんから早く彗星実装してほしい -- 2017-03-11 (土) 03:28:19
    • もうそのコメント見飽きたわ ここじゃなくてgaijinに直接言ってこい -- 2017-03-11 (土) 23:45:07
    • どうせ彗星も産廃だぞ。もう新実装機の性能には期待しない -- 2017-03-12 (日) 16:49:30
      • 多分12型から始まって、33型に辿り着くまでは苦行だろ。だって12型~21型までの彗星は爆装量が99式棺桶と変わらんもん -- 2017-03-15 (水) 12:31:27
  • 晴嵐実装して -- 2017-03-15 (水) 11:58:01
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算
*2 ただ、Ju-88Aの技術は参考にならなかったとされる
*3 ただし実戦投入は制式採用より早く、1944年6月のマリアナ沖海戦では既に投入されていた
*4 誉エンジンに由来する稼働率の問題は、紫電や疾風でも起きている
*5 帝国海軍の定義では急降下爆撃可能な機体が「爆撃機」(例:九九式艦上爆撃機)、雷撃可能な機体が「攻撃機」(例:一式陸上攻撃機)であった