九五式爆雷

Last-modified: 2020-05-25 (月) 13:27:39
No.226
weapon226.png九五式爆雷爆雷
装備ステータス
火力雷装
爆装対空
対潜+4索敵
命中回避
射程
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発解禁日:2020年2月7日、改修可
重雷装巡洋艦、海防艦、揚陸艦、神威改母
大鷹改/改二神鷹//改二にも装備可能
日進//Commandant Teste/には装備不可
初期装備艦は「ゲームにおいて」を参照
改修更新
九五式爆雷二式爆雷
対潜水艦に使用する増加爆雷装備です。
駆逐艦や海防艦などに爆雷投射機やソナー類などの対潜装備と
もに装備する事で、対潜能力の向上が図れます。

ゲームにおいて Edit

  • 単体での性能が控えめだが、爆雷投射機・ソナーとの併用により対潜能力が向上すると説明されている。
    • 装備スロットへ爆雷投射機やソナー以外に本装備を加えることで、新たな対潜シナジー補正が発生する。
      この補正は、既存の爆雷投射機・ソナー装備の1.15倍に乗算される。
      ソナー+爆雷投射機=1.15倍(既存補正)
      ソナー+爆雷=1.15倍
      爆雷+爆雷投射機=1.1倍
      ソナー+爆雷+爆雷投射機=1.15倍(既存補正)×1.25倍(ソナー+爆雷(1.15倍)と爆雷+爆雷投射機(1.1倍)の加算補正)=1.4375倍
  • また本装備を装備した艦が敵潜水艦を攻撃するとき、敵の装甲値を1つあたり√2(=1.414)減少させる(二式爆雷の場合は1つあたりの減少量は√5)。
    詳細は爆雷の装甲減少補正参照。
  • ソナーが装備出来ない水上機母艦にも装備可能。投射と併せたシナジー効果が期待できる。(要検証)
  • 対潜値が九四式爆雷投射機を下回るため、敢えてシナジー無しで使用し育成艦にMVPを譲る使い方も可能。
    尤も、開幕爆雷の兼ね合いが無い状況では育成艦に本装備を持たせソナー+爆雷投射機+本装備のシナジーを狙った方が効率は良いだろう。

  • 2017年10月25日のアップデートで改修ができるようになった。
    • ★+6以降は同名装備1つを消費し、二式爆雷への更新が可能。更新時には2つ消費。
  • 2019年3月27日のアップデートでS-51J改修消費装備になった。S-51J改への更新時に2つ必要となる。

性能比較表(装備最大値/ソナー・爆雷早見表/テーブルより転送) Edit

装備名雷装対潜索敵命中回避装甲火ボ回ボ潜ボ国籍入手方法改修種別備考追加
四式水中聴音機121153改修、任務、イベント、ランキング特定の艦娘*1に装備ボーナス編集
三式水中探信儀102123開発、初期装備、改修、任務、イベント、ランキング特定の艦娘*2に装備ボーナス編集
九三式水中聴音機61開発、初期装備、編集
HF/DF+Type144/147 ASDIC15232ランキング、イベント-編集
Type144/147 ASDIC1331初期装備任務、イベント、ランキング-編集
Type124 ASDIC1121初期装備任務、イベント、ランキング-編集
零式水中聴音機11111任務、ランキング-大型艦専用編集
試製15cm9連装対潜噴進砲151153イベント-爆雷とのシナジー無し
特定の艦娘*3に装備ボーナス
編集
三式爆雷投射機 集中配備1211イベント-爆雷とのシナジー無し
特定の艦娘*4に装備ボーナス
編集
三式爆雷投射機8開発、初期装備、改修、任務編集
九四式爆雷投射機5開発、初期装備編集
二式12cm迫撃砲改 集中配備71-1改修、ランキング-爆雷とのシナジー無し
対地
編集
二式12cm迫撃砲改31初期装備、任務、イベント、ランキング爆雷とのシナジー無し
対地
編集
対潜短魚雷(試作初期型)220任務-爆雷とのシナジー無し
特定の艦娘に装備ボーナス
編集
RUR-4A Weapon Alpha改17111任務-爆雷とのシナジー無し
特定の艦娘に装備ボーナス
編集
二式爆雷7改修、任務、イベント-編集
九五式爆雷4開発、初期装備、任務、イベント編集
  • ソ:ソナー、 大:大型ソナー、 投:爆雷投射機、 爆:爆雷
  • 分類
    • 爆雷投射機:装甲減少補正がない爆雷。下記の爆雷とシナジーを形成するものとそうでないものが混在している。
    • 爆雷:装甲減少補正がある爆雷。
  • 火ボ:火力値装備ボーナス、回ボ:回避値装備ボーナス、潜ボ:対潜値装備ボーナス
    • 上昇数値は艦個別加算の最大値
    • 対潜ボーナス値で対潜火力は上昇しない

小ネタ Edit

  • 1935年(皇紀二五九五年)に開発された爆雷、の弾体。制式化自体は1937年。後継のニ式爆雷が開発されるまで対潜戦闘の中核を担った。九四式爆雷投射機に装填されているものがこれ。
  • 当初は鋭敏な八八式爆薬が充填されていた。ところが開戦するや、如月をはじめ疾風や東雲、第10号掃海艇など、爆雷の誘爆により撃沈されたと疑われる事例が続発。
    この事態に技術部は八八式爆薬の使用を中止し、衝撃による誘爆を起こしづらい新式爆薬へと順次転換。それ以後、機銃掃射や小型爆弾命中で易易と爆沈する艦は激減したという。
  • 信管の調定深度は30メートル、60メートルの2種類のみと使いづらかったことから、後継のニ式爆雷が登場すると次第に使われなくなっていった。
    と言ってもまったく使われなくなった訳ではなく、輸送船などが潜水艦から自分の身を守るために艦尾にぶら下げていたりした。
  • 上にあるように一定の深度以下に潜航されると有効打を与えられないため、80mほどまで対応できるように改造していた例もある。
  • 実は海軍が工廠で製造していた兵器ではなく、民間会社に製造を委託して量産させていたもの。これは爆雷としては初めての試みであった。
  • 速度の遅い輸送船などでは起爆までに十分な距離を取れず、自身の投下した爆雷で舵やスクリューを損傷する事もあった。
  • とある輸送船では複数の穴を開けた空ドラム缶をくくりつけ、沈む速度を調整していた。夜間に後方から追尾してくる潜水艦に対しての機雷として使用していたようだが、戦果は不明である。
  • 戦争末期は対潜を行う駆逐艦の不足により、戦艦や航空母艦、重巡洋艦たちも自衛用に爆雷投下軌条(自重で転がして落とすもの)を装備していた。
    資料不足のため装備状況は不明だが、どうやら戦艦は全艦装備していたらしい。
    • 投下軌条だけなら製作も取り付けも簡単である。もちろん、小回りの利く小型艦艇たちと違って、鈍重な大型艦が積極的な制圧などできるわけがない。
      あくまでも、付近に敵潜水艦が出没した際に投下して「お前を攻撃しているぞ」アピールをするためのもの。つまり気休めの威嚇用である。
      もっとも、「遠くで爆雷を投下している」=「あいつ俺を捕捉できてねえぞ」と敵潜水艦を却って安心させるなど、本当はどちらかというと逆効果だったとも。
      とはいえ、爆音で当然ソナーは使い物にならず、バカスカ炸裂しているところへ近寄れるはずもないため、無意味というわけでもない。
      • レイテ沖海戦の際の西村艦隊では、昼間の空襲で戦艦扶桑の艦尾に搭載された爆雷が至近弾で爆発。
        さらには水偵自体と機体に搭載していた小型爆弾まで誘爆し、一時艦尾が火の海になった。
        舵機室はかろうじて無事だったものの、艦長室や長官室が吹っ飛び、扶桑は艦尾がぐしゃぐしゃに壊れたままスリガオ海峡に突入する羽目になった。
        やっぱり大型艦には余計な装備だったのかもしれない。
  • これに限らず、爆雷の構造として注水や水圧等を目安に深度を測って起爆するため、撃沈された船体が沈むにつれて抱えたままの爆雷が起爆してしまい、海に投げ出された乗員を爆圧で殺傷することが非常に多かった。
    • 当然、事故を防ぐために通常は安全装置がかかっており、単に海中に落ちただけでは爆発しない。実戦では投下直前に安全装置を外すことになっている。
      ところがこの規則を守らない、というより意図的に破り、安全装置を外しっぱなしにしている艦が多かったのである。
      1秒を争う緊迫した対潜戦闘では安全装置を外す時間すら惜しく、また万が一にも外し忘れて不発などといった事態を防ぐためで、歴戦のベテラン艦長ほどあらかじめ外させておく傾向にあった。
  • 爆雷そのものの見た目はご覧の通り大型ドラム缶。この辺は二式爆雷も変わらず、沈降速度に難があった。
    • 終戦時に埋没・海没処分されたものも多いが、いかにもな爆弾や機雷と異なり、外観が朽ちてくると一見して爆発物と分からない。そのため思わぬ事故を招いた例もある。
      2000年、建築現場から掘り出されたものを横須賀市のスクラップ業者が爆雷と知らず裁断機で解体しようとしたところ大爆発。
      業者の工場建屋は吹っ飛び、残骸や廃材が1km四方に散乱、作業員1人が重傷を負う惨事になった。

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 二式の改修エサは二式じゃね? -- 2018-10-08 (月) 23:17:37
  • うーん、うーん、ソ投爆よりソソ投の方が威力があるような。 -- 2018-12-21 (金) 01:26:56
    • 集中爆雷か対潜噴進砲使ってないか? それか単純に投射機と爆雷の質が悪いか。 -- 2018-12-21 (金) 01:57:50
    • 威力の差が出て来るのは7-1とかで反抗戦以下引いた時。同数値ならソソ投の方が威力出る時もあるけどただ単にクリティカル出てるだけだと思うよ。 -- 2018-12-21 (金) 03:30:22
  • 現状二式があれば特に持ってる利点もないよね? -- 2018-12-22 (土) 18:08:35
    • 二式を十分な数を確保してるなら現状で考えるならそうなるかな。個人的には十分な数=6。 -- 2018-12-22 (土) 20:05:48
  • ★MAXの九五爆雷と無印二式爆雷はどっちが強いですかね? -- 2019-01-15 (火) 19:48:32
    • 二式爆雷。(遅答) -- 2019-01-21 (月) 14:56:19
    • 明石さんの改修工廠で見る限り★maxで対潜+2.1だね。補正値は2/3っぽい -- 2019-01-21 (月) 17:22:01
      • ソナーみたいに対潜以外にも改修ボーナスが乗れば当面は★maxのまま使うって選択肢もあるんだがなぁ -- 2019-03-07 (木) 17:57:36
  • これの★9になってから曜日や改修担当問わず7連続改修失敗し続けてるんだけど…。明石に始末書を書かせつつ、★10や二式に改修したければ確実化しろという静かな圧力を感じる…。在庫整理も兼ねてるから残り3個になるまでは意地でも確実化してやらないがな…。(明石を海防艦のオモチャにしながら) -- 2019-06-23 (日) 05:29:51
  • ネジ1なので初心者のデイリー改修(特に有用なネジ1が少ない火曜日も可)向けと思わせて優先順位が低い罠装備の一つ。やむなく改修するにしてもとりあえず★6までで止める方が無難。 -- 2019-09-04 (水) 00:18:58
    • ☆6で止めるのが一番中途半端で良くないように思えるけど… -- 2019-09-04 (水) 03:26:23
    • ネジ1改修が狙いならA改をmaxにする方が当面の使い途はある(A改二max→A改三、A改三の餌、A改二を特型で運用etc)。これを改修するのは圧縮と二式への更新のため。二式の改修が実装されたら四ソ方式だと思ってるから減らしすぎないようにしてる。(そのときは95爆は開発可になるかも) -- 2019-09-30 (月) 12:09:28
    • 火曜日は九一式徹甲弾を改修する日々、25mm三連装機銃は未着手 -- ガチ新任提督? 2019-11-22 (金) 12:32:05
  • 開発不可のくせに気付いたら50個近く保有してた。バイバインで勝手に増えたのかと思った。 -- 2019-10-06 (日) 22:18:52
    • 二式ある程度増やしたら上の木の通りあんまり作る必要ないからね…一回全部捨てたんだけど今見たら10個あったわ。御蔵の分でも作ろうかなぁ…。 -- 2019-10-06 (日) 22:41:33
    • イベントで海防艦ボロボロ落ちるからね… -- 2019-10-07 (月) 01:44:53
  • 白露改(Lv20)、時雨改(Lv20)が持ってくるから処分したぞ。 -- 2019-11-03 (日) 17:24:14
    • そうなのか!じゃあ気兼ねなく捨てられるわ! -- 2019-12-28 (土) 14:45:34
    • わいもそうするわw -- 2020-01-10 (金) 00:07:09
  • 他になんか開発できないかなと試してみたら出たわ。すごい -- 2020-02-07 (金) 21:36:01
    • 開発できるようになったね。これで捨てれる!! -- 2020-02-07 (金) 21:41:38
      • 開発落ちって事は…これを素材にして改修する装備が増えるって事かな? -- 2020-02-07 (金) 22:13:54
  • 開発落ちしたか。艦これ始めたばかりの頃は、この装備を結構面倒くさい思いして数を揃えたけど、結局あんまり使わなかったから、作らなくても良かったな。 -- 2020-02-07 (金) 22:15:01
    • 初期は海防艦改造しか入手手段無かったしな。ただ、初期から割と二式がばら撒かれていたので正直使う機会は…。 -- 2020-02-07 (金) 22:16:18
      • 改修とかした覚えはないけど二式だけで既に9個配られてるな。本当にごく一部の例外を除いて一人一つ積む装備だしすでに飽和気味だ -- 2020-02-08 (土) 13:12:11
    • まあフル改修しても対潜未改修二式爆雷以下だしあくまで更新目的の前提装備な立場でしょ。ただウチだと未改造海防艦全員に三式ソナーと一緒に積んで1-5キラ付け随伴に使ってるけど -- 2020-02-07 (金) 22:18:48
  • 二式の餌になりそうなんで貯め込んでたがやっと捨てられる。開発不可の餌を初手から改修餌にすること少ないから二式の改修が近づいたとも言える。 -- 2020-02-08 (土) 00:53:38
  • 大体みんな不良在庫扱いしてて草。いやまあ俺もだったんだけど。全部二式爆雷をさっさと改修させないのが悪い -- 2020-02-08 (土) 11:13:21
  • 開発率めっちゃ低い(噴進砲並)とかだったらちょっと悩んだけど結構高めっぽいし必要分以外ごっそり処分したわスゲースッキリした -- 2020-02-10 (月) 20:50:23
  • 3ソ3投にこれだとシナジー込みで3ソ3ソ3投超えられるのかな?いつもソ投爆だったから気になった -- 2020-04-11 (土) 02:07:55
    • 前者のほうが対潜攻撃力8ぐらい高いね。先制条件を満たしていてダメージ重視なら3種シナジー組むに限る -- 2020-04-11 (土) 03:27:01
  • これも二式も活用できる場面が3スロット全部対潜装備に割けて3つ載せて先制対潜できるレベルじゃないとあまり意味ないから、水上艦に1隻だけ潜水艦が混じるパターンか、ボス潜水艦の装甲が分厚い時ぐらいしか有効じゃないという -- 2020-05-25 (月) 12:19:57
    • でも、爆雷の装甲減少効果って割合減衰じゃなくて固定値だよね?となると、3種シナジーと装甲減少効果を考慮に入れても、素直に対潜値の高い装備をガン積みした方が強いはず。だから爆雷ってピンポイント使用には適してなくて、対潜装備の質や量が整っていないけど艦隊全体の対潜火力を底上げしたい、みたいなケースくらいにしか使わないんじゃないかなぁ。ここ最近は対潜装備の質も向上してきたから、その辺を揃えてる提督ならなおのこと。 -- 2020-05-25 (月) 12:56:20
      • とはいえみんながみんな改修したソナーを揃えられてるわけじゃないから、対潜専門マップとかも加味すれば15爆雷とか20爆雷だけじゃ足りなくなるから、数個は用意しておいたほうがいいんじゃないかな -- 2020-05-25 (月) 13:27:38
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White