RUR-4A Weapon Alpha改

Last-modified: 2021-02-27 (土) 03:04:29
No.377
RUR-4A Weapon Alpha改爆雷
装備ステータス
火力雷装
爆装対空
対潜+17索敵
命中+1回避+1
射程装甲+1
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修不可
重雷装巡洋艦、海防艦、揚陸艦、神威改母
大鷹改/改二神鷹//改二にも装備可能
日進//Commandant Teste/には装備不可
任務【改装護衛駆逐艦「Fletcher Mk.II」作戦開始!】の報酬
増大する潜水艦の脅威に対抗するため開発された、革新的な次世代の対潜前投ロケット弾兵装です。
実機は不具合の多発により運用上の問題を抱えていましたが、本兵装は改良によって不発率の低下に成功したif改修兵装です。
本兵装のコンセプトは、あの名対潜兵装アスロックへと受け継がれていきます。

ゲームにおいて

  • 爆雷投射機系統の装備ではあるが、実装時点では対潜シナジー(ソナー+爆雷投射機+爆雷)のうち「ソナー+爆雷投射機(本装備)」は有効だが、「爆雷投射機(本装備)+爆雷系」の対潜シナジーが適用されていない模様
    このため、「ソナー系+本装備+爆雷」では三点セットの最大シナジーが成立しない
  • 威力面で言うと、どちらにしても2種シナジーしかかからない2スロット積みと、3種シナジー装備に追加で載せられる4スロット積み時は最大限活用できる。
    • 3スロ艦では1.15倍のシナジーまでしか受けられないものの、3種シナジー装備と比較しても装備対潜値に大差がある為、ほぼ並ぶ火力は出る。

装備ボーナスについて

  • 特定艦に装備した時、パラメータが更に上昇する装備ボーナスがある。
  • 対潜攻撃力は上昇しないため注意
    対潜攻撃力の計算上、装備ボーナスによる対潜値の上昇分は素対潜・装備対潜のどちらにも加算されない
  • なお、ボーナス加算値は先制対潜対潜値合計100以上という条件には影響する
    • 素で自動先制対潜可能な艦では無意味だが、それ以外の艦については先制対潜に必要な対潜値のハードルを僅かに下げられる。

性能比較表(装備最大値/ソナー・爆雷早見表/テーブルより転送)

長いので折りたたんでいます

装備名雷装対潜索敵命中回避装甲火ボ回ボ潜ボ国籍入手方法改修種別備考追加
四式水中聴音機121153改修、任務、イベント、ランキング特定の艦娘*1に装備ボーナス編集
三式水中探信儀102123開発、初期装備、改修、任務、イベント、ランキング特定の艦娘*2に装備ボーナス編集
九三式水中聴音機6132開発、初期装備、編集
HF/DF+Type144/147 ASDIC15232ランキング、イベント-編集
Type144/147 ASDIC1331初期装備任務、イベント、ランキング-編集
Type124 ASDIC1121初期装備任務、イベント、ランキング編集
零式水中聴音機11111任務、ランキング-大型艦専用編集
試製15cm9連装対潜噴進砲151153イベント-爆雷とのシナジー無し
特定の艦娘*3に装備ボーナス
編集
三式爆雷投射機 集中配備1211イベント-爆雷とのシナジー無し
特定の艦娘*4に装備ボーナス
編集
三式爆雷投射機8開発、初期装備、改修、任務編集
九四式爆雷投射機5開発、初期装備編集
二式12cm迫撃砲改 集中配備71-1改修、ランキング-爆雷とのシナジー無し
対地
編集
二式12cm迫撃砲改31初期装備、任務、イベント、ランキング爆雷とのシナジー無し
対地
編集
対潜短魚雷(試作初期型)220任務-爆雷とのシナジー無し
特定の艦娘に装備ボーナス
編集
RUR-4A Weapon Alpha改17111任務-爆雷とのシナジー無し
特定の艦娘に装備ボーナス
編集
二式爆雷7改修、任務、イベント編集
九五式爆雷4開発、初期装備、任務、イベント編集
  • ソ:ソナー、 大:大型ソナー、 投:爆雷投射機、 爆:爆雷
  • 分類
    • 爆雷投射機:装甲減少補正がない爆雷。下記の爆雷とシナジーを形成するものとそうでないものが混在している。
    • 爆雷:装甲減少補正がある爆雷。
  • 火ボ:火力値装備ボーナス、回ボ:回避値装備ボーナス、潜ボ:対潜値装備ボーナス
    • 上昇数値は艦個別加算の最大値
    • 対潜ボーナス値で対潜火力は上昇しない

小ネタ

  • 第二次大戦末期、UボートXXI型といった水中高速潜水艦が登場し、それに対抗する計画が1944年の終わりから1945年の初めにかけて始まり、それは第二次大戦終了後も継続された。
    • その計画の一環として対潜ロケット砲のWeapon AとWeapon Bの開発が1946年に始まり、Weapon Bは開発が中止、Weapon Aは1950年一杯まで開発が続けられ、1951年から配備された。艦これ初の完全戦後兵器である。
    • Aのイニシャルから最初はWeapon Able、後にWeapon Alphaと呼ばれることになる。
    • これの後継があのRUR-5 ASROC(アスロック)である。
  • 「RUR-4A」はイラストにあるランチャー本体ではなく、発射されるロケット弾体の呼称である。艦載武装としてランチャーを指して呼ぶならば「Mk.108 Weapon Alpha」が正しい。
  • 第二次大戦中には対潜前投兵器として、ヘッジホッグやマウストラップが配備されていたが、それらの射程は短く、新世代の潜水艦には対抗できないと考えられ、長射程化することが求められた。
    • 長射程化にあたっては、ソナーの探知距離と精度の改善があった。なお、潜水艦の位置を正確に測定できるなら小さな爆雷をたくさんではなく、大きな爆雷を少数投射したほうがいいのであり、WW2中にもスキッド対潜迫撃砲で実証されており、戦後対潜兵器はその方向に進んでいる。
    • 対潜無誘導ロケット爆雷というコンセプト自体は、1946年の開発時点では当たり前のものであったが、発射システムに無理難題が来た。
    • ソナーと連動し無人で、マガジンと直結した砲塔形式のランチャーで連射が可能。なおかつ第二次大戦中に建造された駆逐艦へ装備するために、5インチ砲塔内にすべてを収めること――。
      1960年代以降の艦砲と同じものを1940年代の技術でやろうというのが無理であって故障や誤作動がよく起きた。「初弾の後に二発目を連射できたら奇跡」とまで言われていたという。実戦は一度もなかったが仮にあったら、射程は長射程化されたとはいえ700mそこそこであり、外したまたは故障したらそのまま突っ込んで爆雷投射に移行する。なのでこれが現役だった時代はまだ爆雷も現役であった。
      • 改の文字がついているのは、説明文にもある通り故障率低下を実施したIF改修の結果ということだろう。
  • アスロックが開発された後は速やかに置き換えが進められ(置き換えずに撤去だけされた例もある。ない方がマシという事か)、アメリカ海軍においては1969年にすべて退役した。
  • なお、我が国の海上自衛隊においても初代あきづき型、いすず型、護衛艦ありあけ(元フレッチャー級のヘイウッド・L・エドワーズ)に配備されたが、アメリカと評価はだいたい同じであり、1972年に退役した。

この装備についてのコメント

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • YouTubeでこいつ撃ってるところ見てその乱暴な光景にびっくりしたが、ヘッジホッグの方が便利で確実なんじゃないのかこれ・・・ -- 2020-06-06 (土) 15:56:58
    • これの利点は向き固定じゃないって事、砲塔故に可動範囲内であればヘッジホッグより進路を限定されない。 -- 2020-06-12 (金) 21:28:25
      • ヘッジホッグは初期型は限定的ながら左右へ射角調整可能で、後に旋回式の発射機が出てるんだけど……。 -- 2020-06-13 (土) 20:57:05
      • 調べたら物凄く便利だった…ソナー連動でFCS付きな上に射程も倍以上、12発/分という持続的な攻撃も可能で外しても次弾が望める。(ぶっちゃけ潜水中の潜水艦に砲撃戦出来る様な物) -- 2020-09-11 (金) 06:08:22
      • 自動装填ってのもでかい。ヘッジホッグは一度投射すると人間が手作業で再装填してた(噴進砲みたいに)からどうしても攻撃に間隙ができる。まあその自動装填がこいつの問題だったんだけど -- 2020-10-28 (水) 03:17:02
  • す、スキッド……何でもかんでもアメリカ製が一番という訳ではないんだけどな -- 2020-06-28 (日) 15:26:23
  • 何かの機械の操作レバーに見える -- 2020-07-01 (水) 20:53:01
    • サイドブレーキかな? -- 2020-07-04 (土) 03:02:22
  • 迫撃砲みたいだけど、陸上相手に効果あるのかな -- 2020-07-04 (土) 10:39:22
  • 猫による通信阻害と勘違いにより、タシュケント共にこの装備をロスト……泣くに泣けんわ…… -- 2020-08-04 (火) 22:40:38
    • ドンマイ・・・としか言えない・・・ -- 2020-08-04 (火) 22:41:31
      • 対潜短魚雷じゃなかっただけマシと思いたい。一緒に消えたのは4式ソナー×2と長10cm★MAX。タシュケント掘らなきゃ…… -- ? 2020-08-04 (火) 22:47:44
  • もしかしてこいつ1個では先制対潜条件満たしても先制対潜しない?水上連合で朝潮改二丁に見張員とこれ入れて102だけど打ってくれない -- 2020-08-06 (木) 16:00:13
    • そらソナーちゃうし -- 2020-08-06 (木) 16:05:07
    • これ自分もハマった。ケッコン艦が多くない提督の場合、1個だけで100超えさせるケースってあんまり多くない(だいたいソナー入れて2枠以上)から、気付かない人は気付かないかも -- 2020-08-08 (土) 22:11:47
    • そもそも一部の無条件先制艦を除けば、ソナー搭載が「先制対潜条件」なんですが -- 2020-08-11 (火) 11:02:44
      • だから、大抵の人は普段ソナー含めて2個以上付けて100超えさせてるから、ソナー搭載が必須なことに気付いてない人が多いってことでは -- 2020-08-14 (金) 00:20:09
  • 攻略サイトでよくフレッチャーにこれだけ載せてるけどソナー載せるよりも効果はいいの? -- 2020-08-11 (火) 10:48:17
    • フレッチャーは無条件で先制対潜出来るからシナジー考えないなら(1スロ対潜とか)対潜値が高いこれとか短魚雷のほうが威力が出る、普通の駆逐艦はソナー+対潜100じゃないと先制できないからソナー載せる必要がある -- 2020-08-11 (火) 10:55:39
  • 初代ゴジラで流れたフリゲート艦マーチを思い出す -- 2020-09-08 (火) 20:18:37
    • わかる、東宝大プールがあるとはいえ海戦は制作費がバカ高いから、資料映像を頻繁に使ってたよね -- 2020-09-22 (火) 18:20:04
  • ようやくゲット。短魚雷の方も欲しいけど、海外艦が足りてないので我慢。次のイベントでネルソンを絶対に手に入れなければ。 -- 2020-10-31 (土) 09:59:41
  • R.U.R.U.Rってゲームを思い出した -- 2020-11-08 (日) 00:37:30
    • それの元ネタR.U.R.だからもっと近いんだぜ -- 2021-01-25 (月) 16:40:19
  • 丹陽と雪風改二に装備ボーナスで対潜+1回避+2がある -- 2020-11-14 (土) 14:33:58
  • これで東西冷戦時代兵器まだ来るのかな -- 2020-11-15 (日) 17:39:05
  • アスロックの前にボフォース対潜ロケットを代わりに積んでたじゃなかったっけ? -- 2020-11-22 (日) 12:13:38
  • Helenaに対する装備ボーナスの回避、うちで見ると+1なんだけど…アトランタ砲装備時の分混じってない? -- 2021-02-09 (火) 22:46:39
    • うちの環境でも回避ボーナスの表示は「+1」ですね。元々の回避値と合わせて+2されたのを勘違いした可能性がありますね。 -- 2021-02-26 (金) 15:36:56
    • ヘレナの当該装備について対潜+2、回避+1のボーナスを確認しましたので表の訂正を行いました。どのような順で艦が並んでいるのか不明でしたのでとりあえずAtlantaの後ろに並べましたが、違うようでしたら訂正してください。 -- 2021-02-26 (金) 16:13:33
  • RUMに空目した… 別に直近でOCGを見ていた訳じゃないのに(むしろキン肉マン見てた) -- 2021-02-27 (土) 03:04:28
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White