Top > 登場人物 > 酔狂な美食家


登場人物/酔狂な美食家

Last-modified: 2018-09-24 (月) 20:37:44

MHP3から登場している依頼人の一人。





概要 Edit

  • 美食家とあるように、MH世界の様々なモンスターを食す悪趣味な人物。
    通の食べ方を心得ているようで、依頼文に調理方法を載せていたりもする。
  • 最初はデルクスのキモを食べたいという、まだ日本人なら理解できるような美食を堪能していた
    (生で刺身にし、塩を塗して美酒をお供にペロリと食べるのが粋で美味い、とかわざわざ依頼文に書いてある)。
  • しかし、とある異国に虫を煮込んで食べる文化があると聞いたことから彼の迷走が始まる
    なんと件の食文化を実践すべく、甲虫種の狩猟依頼を出してくるようになったのである
    MHP3当初はブナハブラくらいしか対象にしていなかった*1が、
    MH4ではアルセルタスゲネル・セルタスをターゲットとした依頼を提示してくる。
    確かにクンチュウ、ブナハブラ、オルタロスよりは可食部が多そうではある。
    • アルセルタス及びゲネル・セルタスを食べてみた結果はというと、お世辞にも美味しいとはいえなかったようだが、
      それでも懲りずに「これが最後の挑戦じゃ!」と言ってもう一度ゲネル・セルタスを食べようとするあたりが
      『酔狂』たる由縁だろう。
      ただ、さすがに2回目の時はハンターに「こりない奴」と突っ込まれており、
      う、うむ、ワシもそう思う」と本人も気にしていた。
    • マズかったならやめとけよと言ってやりたいが、真の突っ込み所はそこではない。
      彼が依頼したクエストに登場するゲネル・セルタスは、あろうことか狂竜ウイルスに感染しているのだ。
      加熱調理をするとはいえ、一般人がそんなものを食べても大丈夫なのだろうか?
      というか、それ以前にゲネル・セルタスは結構な頻度で悪臭のフェロモンを全身に広がるほどに放出する。
      とてもじゃないが臭くて食べられたものではない筈である。
      • ちなみに狂竜ウイルスを操るマガラ種は火属性が弱点だが、
        狂竜ウイルス自体は熱に弱いのかは定かではない。
        灼熱の地底火山にも狂竜化したモンスターは確認されているくらいである。
        加熱調理による作用とは違うだろうが、少なからず耐性はあると考えるべきだろう。
        ただ、地底火山の狂竜化モンスターは他の地域で感染した個体が
        地底火山へやって来て発症した、という場合も考えられるが。
    • また、ゲネル・セルタス素材の一つ重甲エキスには以下のような説明文が書かれてある。
      「何かが混じった状態で空気に触れると酸性になり非常に危険
      …そもそも無事に調理できたのだろうか?
      ついでに言えば、ブナハブラの件にしても場合によっては毒された個体が彼の食卓に上がることになる*2
      こんな食料以前とも言える物体を平らげてしまうのだから、
      もしかしたら彼の胃袋はコゲ肉をいくら食っても平気なハンター並みに強靭なのかもしれない。
      (一応、毒煙玉は人には無害らしいが…)
  • 最後の挑戦と宣言し、恐らく今度も失敗し、
    あのオッサンも今度こそ懲りただろう……そう思っていたハンターだったが、
    彼の酔狂ぶりは伊達ではなかった。ここから更に予想外の展開へと巻き込まれていく。
    続くMH4Gではカエルを揚げて食べる文化があると耳にしてしまい、
    なんと新たなターゲットとしてテツカブラを食そうという暴挙に出る。
    やはり彼は前回の件で狂竜化してしまったのかもしれない
    しかも食えたものかわからないのに、いきなり二匹狩ることを要請してくるのである。
    懲りるどころか悪食ぶりがますます加速している有り様。
    曰く、「まだまだワシの食の探究心は満たされておらぬぞ!」とのこと。早いところ究めていただきたいものである。
    • なお、このターゲットになるテツカブラ、G級である。
      屈強なその肉体は硬すぎて、まともに調理もできなさそうであるが、
      依頼文によると白くなった尻尾が大層軟らかい、ということに興味を惹かれたご様子。
      だが、かの部位は顎で岩を持ち上げる等の力を込めるときのみ、白く軟らかくなる。
      …つまり、狩猟されて死亡したテツカブラの尻尾はあのトゲ棍棒のような尻尾である。ってことは……
      • カエルを食べてみたいなら先に釣りカエルでも試食していただきたいものである。
  • MHXでも懲りずにまたテツカブラやセルタス種に手を出している。
    集会所★6にはゲネル・セルタスの狩猟クエストと捕獲クエストが別々に存在するが、
    驚くべきことにどっちもこの美食家からの依頼である。どうやら全く懲りてなかったようだ。
    もう極限状態になってしまったのか…?
  • MHXXでも再び依頼を出してくる…のだが、その依頼文がとんでもないこととなっていた。

    前にアルセルタスを狩ってもらい食したが、実に珍味じゃった…。
    また、あの珍味を味わいたい…!
    誰か、狩ってきてはもらえぬか?

  • ……この美食家、散々食い続けた結果としてなのか、一周してアルセルタスを珍味として気に入ってしまったのである。
    もはや凡人には及ばぬ極致に達しつつあるのか…
    こうなってしまった以上、もはや何でもありに拍車がかかりそうである。
    多分獰猛化くらいはしてしまったかもしれない

余談 Edit

  • 現実世界においても、昆虫を食べる文化は意外と広く分布している。
    日本ではイナゴや長野県で食べられている蜂の子等が有名だろう。
    …世界、特に東南アジアや南米なんかになると
    かのGやらセミやらでっかい芋虫やらの料理のオンパレードとなるが。
    • まあ、そんなこと言えば上のデルクスのキモを刺身にする行為を
      「なんだ、割と普通だな」と思える我々日本人も海外(特に海に面しない内陸の欧州)から見れば
      かなりゲテモノ食いである。所変われば品変わる。無論文化も変わるのだ。
      寿司が海外で知られるようになる極近年まで、生魚を食べる日本の食文化は
      欧米では完全にゲテモノ扱いだったという事実が存在するのである。
      そしてそれこそが、本当の意味でのカルチャーショックでもある。
  • 一例として、海外ではタコがデビルフィッシュと呼ばれている事は有名。
    これに限らず、キリスト教やユダヤ教などのエイブラハム宗教の原理主義では
    タコをはじめとしたイカや貝などの軟体動物をはじめ、果てにはエビやカニといった甲殻類を含む
    鱗の無い水棲生物を「不浄な生き物」として食すことを禁忌としており、
    実際に現在でも一部の宗派では食すことを禁じているという、
    漁業の盛んな日本では信じがたい実例が有名どころの宗教でも存在している。
    また、昔は特定の日時しか陸棲生物の食肉が許されなかったキリスト教の一部では、
    なんとビーバーを「尻尾に鱗があるから魚に分類でき、禁忌に触れない」と
    言い訳して食料としていたなんていう歴史もある。
  • モンスターハンター世界にも米虫を初めとして食用の虫は存在しており、
    特にMH2・MHFでは虫系という食材カテゴリーも作れそうなほどのラインナップである。
    にが虫も食用と言えるかは微妙だが多くのハンターが口にする虫である。
    おそらく、虫食自体はモンハン世界ではそう異質な文化ではないのだろう。
    だからといってゲネル・セルタスを喰おうという発想が一般的かは微妙だが
  • ちなみにカエルに関しても、「食用ガエル」という言葉が存在するように、
    実際に食材として用いられるカエルは何種類も存在する。
    例えばウシガエルは元々食用としてアメリカから日本に輸入されたものであるし、
    日本では高級料理のイメージがあるフランス料理でも
    食用ガエルはれっきとした食材として含まれている。
    なお、鶏肉のような味がして結構おいしいそうだ。
    だからといってテツカブラを喰おうという発想が一般的かは微妙だが
  • 実は大型の蜘蛛についても食べる習慣を持つ地域や民族が存在する。
    アシダカグモやタランチュラなどが対象で、生物学上の近縁種である蟹などに近い味がするらしい。
    ……蜘蛛と言えば、4(G)にはこいつらがいる。
    配信クエストやシリーズ続投時に食べたいと言い出さないことを祈りたい。
    場合によってはの皮やら猛毒麻痺毒催眠性の液体その他がセットで付いてくる可能性もあるのだからとても食えたものじゃない。
  • しかし、MH世界にしろ現実世界にしろ、過去にも彼のような人物がいたからこそ、
    現代の各地の食文化は築き上げられているというのもあながち間違いではないだろう。
    今でこそメジャーな食材でも、過去にそれを食べられると証明した人物がいたからこそ
    現代の我々は安心して食べているのである。
    一部のキノコやフグなど、普通に食べれば死亡する危険性すらあるが、
    専門的な知識や特殊な技術を用いれば食べられるというのも、
    そういった研究をした人物がいたから現在では食材として認められている。
    食の探究とは、いろんな意味で命がけの冒険なのだ。
    だからといって、これからセルタス夫妻やテツカブラを食べるのが一般的になるのは微妙だが。

関連項目 Edit

登場人物/食道楽を究めた貴婦人 - ゲテモノ食い繋がり
モンスター/デルクス
モンスター/ブナハブラ
モンスター/アルセルタス
モンスター/ゲネル・セルタス
モンスター/テツカブラ






*1 当時からオルタロスは一応食用になることが確認されていたが、それでも指名したのはブナハブラだった。
*2 消化器官から吸収されないため、狩猟直後に獲物を食べても平気な毒は実在する。南米原住民が使うクラーレと呼ばれるものがそれ。