C.200 serie 3(IT)

Last-modified: 2021-04-14 (水) 01:23:49

イタリア RankI 戦闘機 C.200 serie 3 サエッタ

概要

 バージョン1.69で実装されたC.200サエッタ(稲妻)セリエ(シリーズ)3はランクIイタリア戦闘機です。
 マッキ社の設計で第二次世界大戦序盤のイタリアを代表する戦闘機ですが開放式風防や背の高い胴体など旧式な設計も目立つ。
 堅実で保守的な構造で急降下による一撃離脱も、ドッグファイトもこなせる扱いやすい頑丈な機体です

機体情報(v2.5.1.56)

必要経費

必要研究値(RP)5,900
機体購入費(SL)6,300
乗員訓練費(SL)1,800
エキスパート化(SL)6,300
エース化(GE)80
エース化無料(RP)140,000
バックアップ(GE)10
護符(GE)410

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング1.7 / 1.7 / 1.7
RP倍率1.06
SL倍率0.3 / 0.9 / 1.6
最大修理費(SL)540⇒678 / 1,500⇒1,884 / 1,300⇒1,632

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)483⇒533 / 466⇒504
(高度4,500m時)
最高高度(m)8,900
旋回時間(秒)16.2⇒15.2 / 17.6⇒16.0
上昇速度(m/s)15.0⇒22.0 / 15.0⇒18.0
離陸滑走距離(m)280
エンジン型式フィアット A74
最大出力(hp)652⇒*** / 645⇒***
離陸出力(hp)780⇒*** / 772⇒***
毎秒射撃量(kg/s)0.78
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
限界速度(IAS)845 km/s
降着脚破損速度(IAS)300 km/s
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)535 km/s, (離陸)450 km/h, (着陸)260 km/s
主翼耐久度-7G ~ 16G

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃12.7mm
Breda-SAFAT
2740機首

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)費用(SL)
10m500m1000m
12.7 mm
ブレダ-SAFAT
既定T/Ball/Ball/I/AP1865
汎用AP/AP-I/IAI/API-T/I1865***
空中目標API-T/AP-I/IAI1865***
曳光弾API-T1865
ステルスAP-I/AP-I/IAI/IAI1865***

追加武装

追加武装:無し

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理******
ラジエーター
12mm弾薬ベルト
IIコンプレッサー670510
機体
III主翼修理500380
エンジン
新しい12mm弾薬ベルト
IVインジェクター交換******
カバー交換

カモフラージュ

研究ツリー

前機体CR.42
派生機体C.200 serie 7
次機体C.202
 
 

解説

特徴

 典型的な戦前イタリア機デザインで「風を感じられる」開放型キャノピーが原因で最高速度は控えめ。
 なかなかの旋回性と上昇力にエネルギー保持率も優れ、おおよその速度域でもよく操縦性は良好です。
 なによりとても頑丈な機体で急降下で845km/hまで出しても壊れない機体剛性を持っている。
 コックピット視点での視界も良好でSBモードでもよく周囲を警戒できるだろう。
 いい事ばかりではない、
 今一つ物足りない水平飛行時の最高速度、低弾速ゆえ弾道が落ち実用射程が300mのブレダ12.7mm機関銃。
 エンジンが過熱しやすくRB以上だとスロットルを弄ったりMECをしたり世話がかかる。

 総合すると追撃戦は苦手ながら高度さえあればなかなか扱いやすくブレダ機銃の弾道さえ慣れればキルの取りやすい機体と言える。

立ち回り

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
 まずは昇る事です。
 離陸したらエンジン温度に注意しながら出来るだけ高度を稼ぎ(理想は4,000m)接敵したら上空から一撃離脱をかけてきそうな敵機を避け、自機より低い敵戦闘機に対し一撃離脱で墜とすか高度を捨てさせるかして中高度の制空権を得る。
 降下速度は800km/hまでは耐えるがエレベーターの効きは500km/hくらいまでが効率が良い。
 敵機まで0.3kmまで間合いを詰めてから撃つのが命中率と機銃弾威力の点から良いと思われる。
 横方向の格闘戦の場合、弾速の遅いブレダ機銃の為に偏差を多めにとってやる必要がある。
 あらかた敵機を逃げ場のない低空に追い落としたら介錯してやり制空権を確保する。
 敵AI地上部隊を機銃掃射するならAP-I多めの曳光弾が良いだろう、空戦でも効果が高くお勧めの弾薬ベルトである。
 地上掃射は弾道が落ちやすいブレダの特性を考えてすこし上を狙い、接近するほどに照準を下げてゆくのが良いだろう。

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実

 Macchi C.200 Saettaは、イタリア空軍の近代化及び拡張を目指す、R計画の単座迎撃機の要求に応じて設計された戦闘機である。
 設計者は名設計家として知られたマリオ・カストルディ。
 空冷星型14気筒、出力にしてわずか870hpのフィアットA74 RC38発動機を搭載する本機は、速度と火力こそ劣るものの、急降下時の加速が良く、運動性も優れた機体であり複葉機を好んだイタリアの熟練パイロットにも好まれた。

 1938年にギドニアで行われた公式試験では、フィアットG50、レッジアーネRe2000、カプロニ・ビツォラF5と比較される。
 Re.2000の方が性能面や運動性で優れていたが、機体の一部に構造欠陥が明らかとなったため、実用性においては本機が優れていると判断され、採用されサエッタ(雷電・弓)と命名され99機が発注され、1939年から引き渡しが始まった。

 1940年6月10日には、156機がイタリア空軍に配属される。上記のように機体数こそ少なかったものの、イタリア空軍の中で重要な地位を占めていた。
 終戦間際には、改良型のC202やC205に迎撃任務を譲り、全て戦闘爆撃用に転換された。
 本機はイタリア降伏まで生産が続けられ合計1,000機あまりが生産された。

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 C.200 serie 3(IT)/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White