Ka-52

Last-modified: 2020-09-16 (水) 18:04:30

ソ連 RankVII 攻撃ヘリコプター Ka-52

Ka52top.jpg

概要

Ver1.97にて実装されたソ連のヘリコプター。

機体情報(v1.**)

必要経費

必要研究値(RP)***
機体購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)***
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング*** / *** / ***
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)***⇒*** / ***⇒***
(高度***m時)
最高高度(m)***
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
最大推力(kgf)***⇒*** / ***⇒***
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
限界速度(IAS)*** km/h

レーダー

ヘリコプター用レーダー解説ページを開く

分類有無距離
(km)
レーダー警報装置〇/×-
光学式追跡装置〇/×**

暗視装置

有無種類
パイロット〇/×赤外線暗視装置/熱線暗視装置
ガンナー〇/×赤外線暗視装置/熱線暗視装置

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所購入費用(SL)Horizontal
Guidance
俯角/仰角
通常/ステルス
銃座
機銃
***mm
△△△
****△△△***±**°-**° / +**°
銃座
機関砲
***mm
△△△
****△△△***±**°-**° / +**°
機銃***mm
△△△
****△△△***/***
機関砲***mm
△△△
****△△△***/***

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

 

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

追加武装


名称
(爆薬量)
種類


影響【AB/RB&SB】費用
(SL)
搭載条件備考*1
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
B**lbs
(**kg)
△△
*-**/-**-**/-****合計搭載量
**lbs
(爆薬量**kg)
B**kg
(**kg)
△△
*-**/-**-**/-****合計搭載量
**kg
(爆薬量**kg)
T**kg
△△
*-**/-**-**/-****投下可能速度
0-**km/h
投下可能高度
0-**m
R**mm
△△
*-**/-**-**/-****
M**mm
△△
*-**/-**-**/-****
G**mm
△△
*-**/-**-**/-****搭載弾薬数
**
搭載時の
毎秒射撃量
**kg/s
B

B
**kg
(**kg)
△△
*-**/-**-**/-****合計搭載量
**kg
(爆薬量**kg)
**kg
(**kg)
△△
*
R

B
**mm
△△
*-**/-**-**/-****
**kg
(**kg)
△△
*合計搭載量
**kg
(爆薬量**kg)
M

B
**mm
△△
*-**/-**-**/-****
**kg
(**kg)
△△
*合計搭載量
**kg
(爆薬量**kg)
G

B
**mm
△△
*-**/-**-**/-****搭載弾薬数
**
搭載時の
毎秒射撃量
**kg/s
**kg
(**kg)
△△
*合計搭載量
**kg
(爆薬量**kg)
G

R
**mm
△△
*-**/-**-**/-****搭載弾薬数
**
搭載時の
毎秒射撃量
**kg/s
**kg
(**kg)
△△
*
G

M
**mm
△△
*-**/-**-**/-****搭載弾薬数
**
搭載時の
毎秒射撃量
**kg/s
**kg
(**kg)
△△
*

爆弾

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

ロケット

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

ミサイル

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

(weapon_dummyを武装ページ名に置き換えてください)

 

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
ICompressor******
Flak jacket
**mm弾薬ベルト
IIHelicopter frame******
新しい**mm機関銃
爆弾懸架装置
IIIエンジン******
Replacing helicopter blades
ロケット懸架装置
IVCover******
ガンポッド
ミサイル懸架装置

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
Ka52top.jpg
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前機体
派生機体
次機体
 
 

解説

特徴

なんてと言っても最大の特徴はやはりレーダーである。残念ながらAH-64DとAH Mk.1のように全周レーダー(対空のみ)ではないが、代わりに探知距離が12kmと上回っており(先の二機は8km)、範囲も広くなっている。

Mi-28との比較

Mi-28と比べて、やはりレーダーを搭載している点と、武装の豊富さでこちらが優位に立つ(といっても本機は爆弾が積める分種類が少し多いので、爆弾との組み合わせを除外すると実はMi-28と数が変わらない)。特にMi-28は対空ミサイル(9M39 イグラ)と対戦車ミサイル(9M120 アターカ)を同時に懸架する場合、対戦車ミサイルが8発に制限される欠点があったが(4箇所あるハードポイントの外側にしか9M39ランチャーと9M120ランチャーを吊り下げられない関係)、本機は6か所のハードポイントと持っているため9M39を装備しても対戦車ミサイル(9M120か9K127)を必ず12発持っていく事ができ、高い攻撃力と自衛力の両立を可能にしている。特に、射程10kmを誇る9K127を装備できる点で本機の方が対地攻撃能力は高い。また、Mi-28よりも重量が軽いがエンジンは強力なのを搭載しており、二重反転式ローターと組み合わさりかなりの機動力を発揮する。
一方で欠点もあり、コックピット周りが重装甲であったMi-28と比べると装甲がカバーしている範囲は少なく、機銃でも割とダメージが入ってしまう。また、9M120と9K127を9M39に縛られずに最大数懸架できるのは利点ではあるが、Mi-28が(9M39を犠牲にして)9M120を最大16発搭載できるのに対しこちらは12発しか搭載できない点がある。こればっかりは仕方ないが、ka-50と同様に対戦車ミサイルのロックオン範囲が狭いのも地味に痛い。

正直甲乙つけがたいが、筆者としてはMi-28をお勧めしたい。Mi-28は変な癖もなく扱い易く、装甲もしっかりしており、何より対戦車ミサイルのロックオン範囲がまともで、機関砲が広い範囲に撃てるので攻撃力も高い。

立ち回り

【ヘリコプターEC】
Ka-50と並び現環境では最強のヘリコプターとして君臨している。
基本的運用はKa-50と同じように延々Vikhrで敵ヘリコプターを撃墜し続け稼ぐ運用になるだろう。制空においては圧倒的な制空力、前線でも近寄る敵を容易く蹴散らしつつ暇があれば対地も行え、リス狩りも容易である。
Ka-50と異なりレーダーと熱線暗視装置が備えられ、Vikhrを持ちつつ更にイグラも持てるというのも大きな利点。正に隙のない性能と言えよう。
ただしレーダーは全周式ではない点にのみ注意が必要。敵地深くに侵入し過ぎると裏からリスした敵に回り込まれるリスクがある。
なおVikhrで敵機をキルするだけならKa-50でも同じことは可能である。修理費やリワードも考えると稼ぎを主目的とするのであればKa-50で行った方が効率は良くなるのでその点は理解をしておきたい。

 

【リアリスティックバトル】
初手運用時、ミサイル搭載運用時共に圧倒的な性能を誇る。
Mi-28Nと並び新規に運用が可能になったS-13DFが初手時の強さの秘訣。搭載量は最大20で10斉射しか出来ないのだがTNT換算で19.15Kgと極めて高い炸薬量を誇っている。これは空で運用が可能なS21の二倍近い威力であり、基本的に被弾させれば一発で爆散か、当たり所が悪くともモジュールのほとんどを破壊しつくし無力化が可能である。凶悪の一言であり、AH-1Gと並び陸の初手ヘリが問題視される一因となっていると言えよう。まさしくバランスブレイカーである。
またKa-50から据え置きの2A42も搭載されているため、全弾撃ち放った後もそのまま対地攻撃を継続可能で、またイグラも4発搭載が出来るため相手もヘリを使っていれば迎撃も狙える。*2

 

ミサイル搭載時は12発のATGMと4発のAAM、それに機銃かロケットを搭載が出来る。残念ながらMi-28Nに比べATGMの搭載量は劣り、また射界制限も存在する。その分空対空ミサイルとしても運用の出来るVikhrとレーダーが差別化要素となっている。
Mi-28Nの場合レーダーがないために敵機が接近してきても目視で確認が必要であるが、本機はレーダーのおかげで前方であれば索敵は自動化できる。また光学式追尾装置で敵機をロックしVikhrを放つことで第二のAAMとして運用が可能なも極めて大きい。
敵機に対して機銃、イグラ、Vikhrの3つの攻撃を同時に加えることが可能であり、空対空性能は全ヘリコプターで最強と言える。

 

【アサルト】
圧倒的強さ…!と言いたいのだが、こちらに関してはMi-28NやAH-64Dと比べるとやや性能に劣るか。
射界制限の都合上ATGMを放つ場合少し環境上制限が生まれるため、ボコボコ放てる上述二機と比べると効率が劣る。Vikhrお得意の空対空もAAMで悠々迎撃可能な環境上あまり有用とは言い難い。
ただ上述二機の適正があまりに高すぎるというだけでトップクラスであることには変わりはない。困ることはないだろう。

 

ソ連の攻撃ヘリコプターの一つの完成系と言わんばかりの圧倒的な性能を持っているヘリコプターである。
是非とも各機能を使いこなしその圧倒的な性能を手にしてもらいたい。
なお他のカモフファミリー共々尾部全損しても何の影響もないバイアス仕様は継続しているため使う場合は安心して良いだろう

史実

Ka-52はロシアのカモフ会社(旧:カモフ設計局)が開発した攻撃ヘリ。愛称はアリゲーターで、ワニを意味する。

Ka-52w.jpg

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 Ka-52/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算
*2 ただし射程でスティンガーに劣るのでスティンガー搭載ヘリに見つかった場合なすすべはない