USS Portland (CA-33)

Last-modified: 2020-05-28 (木) 05:01:28

アメリカ RankV 重巡洋艦 Portland

4209.jpg

概要

アップデート1.97で実装されたアメリカ海軍ツリー2番目の重巡洋艦。
前任艦のペンサコーラから砲門数は1門減ったがそれ以外は全体的に強化されている。
--加筆求む--

艦艇情報(v1.**)

必要経費

必要研究値(RP)270,000
艦艇購入費(SL)690,000
乗員訓練費(SL)200,000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング5.7 / 5.7
RP倍率1.96
SL倍率1.5 / ***
最大修理費(SL)6820⇒*** / ***⇒***

艦艇性能

項目数値
【AB/RB】(初期⇒全改修完了後)
シタデル装甲
(前/側/甲板)(mm)
31 / 102 / 25
主砲塔装甲
(前/側/後)(mm)
64 / 38 / 19
船体鋼, 19 mm
上部構造物鋼, 17 mm
排水量(t)12,050
最高速度(km/h)52⇒*** / ***⇒***
乗員数(人)848

武装

種類名称砲塔搭載基数弾薬数購入費用(SL)
主砲8 inch/55
Mark 14
三連装313505
副砲5 inch/25
Mk.13 AA
単装816001600
対空砲1.1 inch/75
Mk.1
四連装431200-
20 mm Oerlikon Mk.II単装1212600

弾薬*1

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

艦砲

武装名砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
信管
遅延
(m)
貫徹力(mm)
1000 m2500 m5000 m7500 m10000 m15000 m
8 inch*2/55
Mark 14
8 inch Mk.14 CommonCommon117.948408539266239207185168146
8 inch Mk.19 APCBCAPCBC117.9316208539385347300267243211
8 inch Mk.25 HCHE
弾底信管
117.995008531.51079683746762
8 inch Mk.17 SP CommonSP Common117.9346108539306276239213193168
 
武装名砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
信管
遅延
(m)
貫徹力(mm)
1000 m2500 m5000 m7500 m10000 m15000 m
5 inch*3/25
Mk.13 AA
5 inch Mk.36 AACHE-DF24.423.166570.000135
5 inch Mk.28 AAC-VTHE-VT23.453.256270.000136
 
 

機銃

武装名ベルト名ベルト内容貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
1.1 inch*4/75
Mk.1
規定HEFI-T (*)222222
 
武装名ベルト名ベルト内容貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
20 mm
Oerlikon SS
規定HEF-T/AP-T393629232017

追加武装*5

追加武装: なし

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
Honeyview_War Thunder Super-Resolution 2020.03.16 - 21.01.31.38.jpg
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前艦艇USS Pensacola (CA-24)
派生艦艇
次艦艇(右)
次艦艇(下)
 
 

解説

特徴

アメリカのランクVとしては2番目となる重巡洋艦。
主砲は前任艦から1門減り9門に、装填速度も相変わらず他国に比べ大きく劣っている。
ただし船体装甲と対空火力は強化され乗員数も増加した。
1.97現在RBでの修理費が素で24,940と超高額なので注意。
サーバーアップデートにより素の修理費が4,190へと超減額された。
--加筆求む--

 

【火力】
ペンサコーラが3連装砲塔2門+連装砲塔2門で合計10門だったのに対し、本艦は3連装砲で統一され3基9門となる。
装填速度も前任艦と同じく毎分3発と遅め。
(スキルMaxで19.67秒・エース化で17.1秒、これでも1.97で少し高速化されている
 
使用可能砲弾も同じくCommon弾(SAPとほぼ同じ)が2種・AP弾・HE弾(base fuze)の4種類を使用可能。
初期弾及び開発で可能となるCommon弾2種は現状貫徹力が駆逐艦と同程度と化しているのでとてもオススメできない。
AP弾は各国のAP弾に比べると炸薬量は少ないが貫徹力は十分、弾薬庫を狙いやすい重装甲の大型艦などには効果的。
そして米8インチ砲弾の象徴とも言える大炸薬量の弾底信管(base fuze)HE弾はあらゆる状況で活躍してくれる。
8インチ砲弾としては2位の炸薬量を誇り無装甲・軽装甲部分に直撃するとある程度貫通してから爆発する特性を持つ。
 
対空火力も前任艦より強力。
対空砲としては単装5インチ(127mm)砲を8門搭載する。
装填速度も早くVT信管も使用可能で大炸薬量だが短身砲なので初速が非常に遅い。
機関砲としてはシカゴピアノこと4連装1.1インチ(28mm)機関砲を4基搭載する。
ただしこの機関砲、弾が敵機周辺で爆ぜてしまいほぼ直撃しない。(アップデート1.99で修正された)
焼け付きも起こるが対空性能はそこそこ期待できる。
単装20mm機関砲も12門搭載されており、こちらは近距離での防空で大きく活躍してくれる。

 

【防御】
船体の構成は相変わらず19mm鋼と標準より薄い、代わりに上部構造は17mm鋼と標準より分厚い。
船体装甲は前任艦に比べ大きく強化、弾薬庫は船内格納型で装甲も146mm・天板54mmと非常に分厚い。
機関部は83mm装甲で守られている、更に機関部と後部弾薬庫の一部は燃料タンクで覆われ破片などを防いでくれる。
そして舷側中央上部はそこそこ広い範囲を127mm装甲で保護、これにより上部区画に被害が及びにくいようになっている。
 
砲塔の装甲は前任艦と同じく正面63.5mm・上面38.1mm・側面19.1mmとなっている。
艦橋モジュールを覆う装甲も微妙に強化され32mmとなった、直撃は防げないが至近弾による破片程度なら防いでくれる。
 
乗員もBR5.7重巡ワーストだった前任艦に比べ848名と大幅に増えた、これにより継戦能力も上がっている。

 

【機動性】
パーツ全改修により60km/h(32kt)、ペンサコーラと同速である。

 

史実

--加筆求む--

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 USS Portland (CA-33)/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算
*2 203 mm
*3 127 mm
*4 28 mm
*5 爆薬量はTNT換算