USS Pensacola (CA-24)

Last-modified: 2021-01-19 (火) 12:57:47

アメリカ RankV 重巡洋艦 USS Pensacola

shot 2020.02.11 22.02.21.jpg

実に古臭いデザイン

概要

ver1.93"Shark Attack"で実装されたアメリカ海軍の重巡洋艦。
共に実装されたイギリスのHMS Hawkins(D86)と並び、海軍初のRankV艦艇。
口径もこれまでの6inch(152mm)を超える8inch(203mm)となり、日独の重巡洋艦と同一のサイズとなった。

艦艇情報(v2.30)

必要経費

必要研究値(RP)270,000
艦艇購入費(SL)690,000
乗員訓練費(SL)200,000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)20
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング5.3 / 5.3
RP倍率1.96
SL倍率2.5 / 3.2
最大修理費(SL)4,200⇒*** / 4,000⇒***

艦艇性能

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
艦橋装甲厚
(前/側/後)(mm)
31.8(全周)
船体装甲厚
(前/側/甲板)(mm)
101.7 ~ 76.3 ~ 88.9 ~ 63.5
主砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
63.5 / 19.1 / 19.1
排水量(t)12050
最高速度(km/h)52⇒*** / 52⇒***
乗員数(人)653

武装

種類名称砲塔搭載基数弾薬数購入費用(SL)
主砲8 inch/55
Mark 14 cannon
三連装2720***
連装2480
副砲5 inch/25
Mk.13 cannon
単装81600***
対空砲1.1 inch/75
Mk.1 automatic gun
四連装215600***
12.7 mm
AN-M2 machine gun
単装48000***

弾薬*1

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

艦砲

武装名砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
信管
遅延
(m)
貫徹力(mm)
1000 m2500 m5000 m7500 m10000 m15000 m
8 inch*2/55
Mark 14
8 inch Mk.14 CommonCommon117.948408537.511610591817364
8 inch Mk.19 APCBCAPCBC117.9316208538385347300267243211
8 inch Mk.25 HCHE117.99500853-626262626262
8 inch Mk.17 SP CommonSP Common117.9346108538138124107968775
 
武装名砲弾名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
信管
遅延
(m)
貫徹力(mm)
1000 m2500 m5000 m7500 m10000 m15000 m
5 inch*3/25
Mk.13 AA
5 inch Mk.36 AACHE-DF24.423.166570.000135
5 inch Mk.28 AAC-VTHE-VT23.453.256270.000136
 

機銃

武装名ベルト名ベルト内容貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
1.1 inch*4/75
Mk.1
規定HEFI-T (*)222222
 
武装名ベルト名ベルト内容貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
12.7mm
AN-M2
既定API-T/AP/I/AP333227231916

追加武装*5

追加武装: なし

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前艦艇USS Trenton
派生艦艇
次艦艇(右)USS Portland (CA-33)
次艦艇(下)
 
 

解説

特徴

アドミラル・ヒッパーや古鷹より門数が多く、最上より砲身が長いアメリカの重巡洋艦。
HMS Hawkinsと同様に初のランクV巡洋艦ではあるのだがいくつかの問題を抱えている。
--加筆求む--

 

【火力】
20.3cm55口径砲を連装砲塔2基、3連装砲塔を2基で合計10門搭載する。
弾種は榴弾・徹甲弾・半徹甲弾2種の合計4種類となっている。
1.99の榴弾は弾底信管だったが設定ミスがあり実質タダの榴弾だった……が1.010でカテゴリが瞬発榴弾に変更。
元から船体外板で爆ぜていたので実質性能的には何も変わっていない。
 
主砲の大きな問題は二点、まず各国の18cm~20.3cm砲の中で装填速度が非常に遅く毎分3発しかないという欠点だ。
具体的には搭乗員の主砲再装填スキルがMaxで23秒、エースで20秒となる。
1.97で装填速度が多少向上しスキルMaxで19.7秒・エースで17.1秒となった。
日独英の20.3cm砲がスキルMaxで13.8秒、エースで12秒である事を考えるとこの差は致命的。
そして砲塔の旋回速度も極めて遅い、日本の3年式よりも遅く20.3cm砲塔の中では最も旋回速度に難がある。
 
対空装備は12.7cm砲・28mm4連装機関砲・12.7mm機銃を搭載する。
12.7cm砲は初期から時限信管を使用可能でVT信管も開発できる、
28mm機関砲は日ソの25mm機関砲と違いオーバーヒートや弾詰まりがあるため長く弾幕を張り続けられない。
このBR帯に出没する航空機の性能を考えると対空性能も良いとは言えないだろう。

 

【防御】
ランクVの重巡洋艦でありながら船体構成は標準的な巡洋艦の25mmより薄い19mmである。
乗員もBR5.7重巡の中では最小の653名、そのため同格艦の斉射をモロに食らうと区画や乗員が一気に削れていく。
1.101で同じアメリカ重巡ノーザンプトンが621名と本艦より少ない乗員数で実装された。
 
弾薬庫部分は前方101.7mm・後方は88.9mmとなっており機関部分は76.3mm、とても信頼できる装甲ではない。
エンジンモジュールは当たり判定が装甲部からはみ出している有様で榴弾にすらエンジンを破壊される危険性がある。
主砲装甲も正面は63.5mmと15.2cmクラスの榴弾なら耐えられる程度はある、しかし側面は19.1mmと非常に薄い。
20.3cm榴弾にもなると砲塔正面に直撃したところで大抵は砲塔にダメージが入ってしまう。

 

【機動性】
装甲が犠牲になっているからか重巡でありながら軽巡のブルックリンと同じ最高速度で航行できる。
…だからと言って20.3cm砲搭載の同格重巡達と比較して特に早いというわけでもない、
ヒッパーもこちらと同じ速度を出せるし最上に至ってはこちらを上回る速度を誇っている。

 

史実

--加筆求む--

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 USS Pensacola (CA-24)/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算
*2 203 mm
*3 127 mm
*4 28 mm
*5 爆薬量はTNT換算