Top > 鋼鉄のヴァイパー


鋼鉄のヴァイパー

Last-modified: 2019-09-13 (金) 15:25:08

概要 Edit

作成:Build10302
対応:Build10302

少しずつパックも開けられてきたけど神話パックにまだ手が届かない……
神話勇士が手に入らず超越ポイント稼ぎ用のビルド例が試せない……
そんな中級者向けの魔石&超越ポイント稼ぎ用ビルドです。(防御力をどうしても生かしたい筆者の趣味も入っています)
試練の取得状況にも左右されますが、1回1時間足らずででおおよそ70憶の経験値、2000の超越ポイントが入手できます。

用意するもの Edit

魔王のスキル引継ぎ Edit

毒のオーラ
・超越は不要。未検証だがおそらくヴァイパー以外でも実現可能

モンスター引継ぎ Edit

ゴーレムorアイスゴーレム
・スキル電撃鎧を覚えさせたモンスター×1

施設引継ぎ Edit

血のシールド×1
鍛冶屋×2

難易度設定 Edit

・神話10
・追加難易度は伝説×10、迅速×10、浸食×10、群衆×10、無限×5

初期配置 Edit

・魔王部屋前に血のシールド、鍛冶屋を1つずつ隣接。霊獲得のため祭壇は残して、余った1つの鍛冶屋は適当な位置に配置。
・初期神壇が魔王部屋に隣接している場合は放棄。治癒神壇がある場合も放棄推奨
・魔物は魔王以外配置不要。

運用方法 Edit

概説 Edit

血のシールドの効果は、被ダメージ時に防御力の450+50×Lv%分のを手に入れるというもの。
ここでいう「被ダメージ時」とは、鎧でダメージを受け止めた場合も含まれる。
つまり、勇士の1回の攻撃による被ダメージが血のシールドの効果で獲得する鎧の数値を下回る限り、無限にダメージを受け止めることが可能なのだ。
これとゴーレム系の固有スキルである攻撃力依存の防御力増加を組み合わせることで、「数」や「速さ」に滅法強い鋼鉄の魔王が誕生する。
さらに、魔王に毒のオーラと電撃鎧を覚えさせれば、こちらが何も手を下さずとも中毒感電のダメージによって勇士は自滅する。
以上が本ビルドのコンセプトだ。

進め方 Edit

1 まずはゴーレムを宝玉化するために霊を確保する。霊確保後は祭壇と余らせていた鍛冶屋の位置を交換。
2 引き継いだモンスターを魔王強化のエサにして、魔王に電撃鎧を覚えさせる。
3 闇商人でゴーレムを宝玉化、魔王に装備。これで魔王が鋼鉄化する。
4 後は試練を踏みながら進むだけ。魔王の攻撃力の数値が生命線なので、道中ではエサとなる魔物を取得しつつ、こまめに魔王を強化する。
5 シェフが出現し始める100日目以降の生存は困難。100日を越えたら放棄しよう。

試練取得の優先順位 Edit

・優先;無力な闇、警戒心、立ち向かう光、偉大なる泥棒、光の否定、極限訓練
・できれば避ける;暴かれた闇、抑制、レベルアップ、緊急武装
・絶対に回避;神壇強化、後光

あとがき Edit

勇士側の手数には滅法強い本ビルドだが、当然のように一撃の被ダメージが大きくなる終盤には弱い。
試練の取得を抑える、実験室系統によるさらなる攻撃力アップなど運用を工夫すれば1700日ぐらいは潜れるものの、やはり天井は見えている。
防御力を利用した戦法が日の目を見る日は来るのだろうか……
有志による改良と防御力にスポットライトを当てたアップデートを期待して、筆を置くこととする。