Top > イモータル・ニンジャ・ワークショップ
HTML convert time to 0.008 sec.


イモータル・ニンジャ・ワークショップ

Last-modified: 2018-02-02 (金) 16:11:23

◆忍◆ 組織名鑑#(未掲載) 【イモータル・ニンジャ・ワークショップ】◆殺◆


組織概要 Edit

  • ヨロシサン製薬の研究員リー・アラキが設立した研究機関。イモータルニンジャ計画は不老不死の実現を目指しており、研究の一環として死体にニンジャソウルを憑依させるゾンビーニンジャ製造を行う。
    • 略称INW。こちらのほうがよく使われる。
  • 世界随一のニンジャサイエンス研究者たるリー先生の下、ネオサイタマ最高級の頭脳が集う、実際すごい研究所である。
  • 組織の名前であると同時にネオサイタマの廃棄された地下トンネルを改造した巨大施設そのものの名称でもある。
  • ソウカイ・シンジケートの資金で設立されたはずだが、ラオモト・カン没後はかつての所属ヨロシサン製薬とは距離を取り、アマクダリ・セクトに協力しつつ、独立した活動を認められている模様。
    • 一時期はザイバツ・シャドーギルドにも接近していたが、ニンジャ存在の優位性を絶対視するザイバツはニンジャソウルを被験体として扱う実験行為を嫌い、リー先生を追放した。
    • 逆に、アマクダリにおいてはリー先生は最高幹部の一人にまでなっている。
  • 製造されたゾンビーニンジャは、INWの戦力として登場するほか、資金源ニンジャ組織に提供されたり、脱走したりして、各地で活躍する。
  • 生み出したゾンビーニンジャは強力なソウルの持ち主が多い。
    • 協力関係にある組織から送られてきたニンジャや自ら捕獲して集めたニンジャからソウルを抽出している。
    • 捕獲したニンジャの中には、生命維持機能を備えたカプセル内に生首の状態で保管されている者もいる。コワイ!
    • ゾンビーニンジャ製造研究は第3部時点ではほぼ完成し、ゾンビーニンジャ検体は49号が最後になる予定だった。
  • 買い占めたツキジの一画の地下で掘削作業を行い、電子戦争以前の施設遺跡と連結して、ツキジ・ダンジョンなる巨大施設を作り上げていたことが第3部で判明した。
    • ツキジ・ダンジョンには研究所を守るためゾンビーニンジャが放たれ、さらに地下の広範囲にゾンビー斥候犬を展開しているようだ。
    • サヴァイヴァー・ドージョーと縄張り争いを繰り広げているらしく、ツキジ・ダンジョンから彼らを追ってきたゾンビーニンジャがネオサイタマの地下水道を彷徨っているらしい。

構成員 Edit

代表 Edit

研究員等 Edit

  • フブキ・ナハタ
    • リー先生の愛人兼助手。日本有数の頭脳を持つ他、暴走しやすいリー先生のストッパーめいた立ち位置。
  • トリダ・チュンイチ(ブルーブラッド)
    • リー先生の腹心兼助手。日本有数の頭脳を持つ医学者にしてチーフ研究員。瞬間的な演算能力に長ける。
  • ラヴェジャー
    • 執事ニンジャ。ゾンビ―ニンジャの飼育係や実験材料となる人間の調達、実験のモニタリングなどもこなす。
  • アンビ=サン
    • なぜか地の文=サンにまでサン付けされている一級研究員。
    • ジェノサイド=サン脱走時の大虐殺に巻き込まれ運良く生き残ったのだが、その後同じく逃走したウィルオーウィスプ=サンの姿を見てしまい、忍殺史上最長の絶叫を残してある意味伝説となった人。

「アイエエエエ!?ア、アイエエエエ!アイエーエエエエ!アバーッ!アババババババババババ、アバババババーッ!!!」

  • ゴナイダ
    • 大規模爆発事故を起こして倒産したシブサマ・ケミカル社の元研究者。INW研究者として再起した。

 
研究員はヨロシサン製薬からの引き抜きで調達し、労働力として大量の白衣クローンヤクザを使用している。

非アンデッドの所属ニンジャ Edit

検体 Edit

非ニンジャ Edit

  • ゾンビ犬
    • 書籍版によると、犬の死骸をサイボーグ改造したものである模様。
  • ゾンビーヤクザ
    • クローンヤクザをゾンビー化したバイオ兵器。クローンヤクザをいかにしてゾンビー化させているのかは不明。
    • ペスティレンスのジツやジェノサイドの因子で生物をゾンビー化させることは可能だが、実際にゾンビーヤクザ製造に運用しているかは不明。

一言コメント

...