Top > Flower class (K-218)


Flower class (K-218)

Last-modified: 2018-11-17 (土) 22:43:49

イギリス RankI 砲艦 Flower class,HMCS Brantford(K-218) Edit

[添付]

概要 Edit

ver1.83にて実装されたイギリス海ランク1の砲艦。
前級のアイルズ級より最高速度が6kmほど上がった。
そう本艦は前級の漁船流用などではなくなったのである。捕鯨船の設計流用である。

艦艇情報(v1.**) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)***
艦艇購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)***
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング*** / *** / ***
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

艦艇性能 Edit

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
艦橋装甲厚
(前/側/後)(mm)
*** / *** / ***
船体装甲厚
(前/側/甲板)(mm)
*** / *** / ***
主砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
*** / *** / ***
排水量(t)**.*
最高速度(km/h)***⇒*** / ***⇒***
乗員数(人)*

武装 Edit

種類名称砲塔搭載基数弾薬数
主砲***mm
△△
単装******
連装******
副砲***mm
△△
単装******
連装******
対空砲***mm
△△
単装******
連装******
4連装******

弾薬*1 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名弾種弾頭
重量
(kg)
爆薬量
(g)
初速
(m/s)
信管
遅延
(m)
貫徹力(mm)購入
費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
***mm
△△△
△△△△**.***.*************************
△△△△**.***.**********
***mm
△△△
△△△△**.***.*************************
△△△△**.***.**********
***mm
△△△
△△△△**.***.*************************
△△△△**.***.**********

追加武装*2 Edit

魚雷 Edit

分類名称
(爆薬量, kg)
搭載数
(個数×基数)
重量
(kg)
水中最大速度
(km/h)
(初期⇒改修)
射程
(km)
(初期⇒改修)
深度
(m)
安全解除距離
(m)
費用
(SL)
搭載条件
魚雷発射管
(固定式)
△△
(***)
**
(**×**)
*****⇒****⇒********-△△
魚雷発射管
(旋回式)
△△
(***)
**
(**×**)
*****⇒****⇒********-△△

ロケット Edit

分類名称
(爆薬量, kg)
搭載数
(個数×基数)
重量
(kg)
初速
(m/s)
射程
(m)
費用
(SL)
搭載条件
無誘導ロケット△△
(△△)
**
(**×**)
*********△△

爆雷 Edit

分類名称
(爆薬量, kg)
搭載数
(個数×基数)
重量
(kg)
費用
(SL)
搭載条件
爆雷投下軌条△△
(△△)
**
(**×**)
*****-
爆雷投射機△△
(△△)
**
(**×**)
*****-
対潜迫撃砲△△
(△△)
**
(**×**)
*****△△

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前艦艇
派生艦艇
次艦艇(右)
次艦艇(下)
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

Ver1.83現在RankIの中で最も大きい艦艇である。
前級も排水量554トンとかなりの大型であったがこれはなんと排水量1050トンを誇る小さい駆逐艦
--加筆求む--

 

【火力】
前方にBL4インチ(102mm)砲を一門、ブリッジに対空用のエリコン20mm単装を二基、後部にQF2ポンド(40mm)砲通称ポンポン砲を備えている。
4インチ砲に関しては前隻から砲弾も性能もほぼ変わりないのでそちらを参照に。
ポンポン砲と聞くと身構えてしまう人も居るかもしれないが、少なくともWarThunderにおいては給弾不具合(ジャム)などは起きないので安心して良い。レートはボフォースなどより早く、火力はほぼ同等であるのでサブ火力としては十分な性能を持っている。しかしボフォースと違い装填数に上限があり、42発を撃ち終わると長めのリロードに入ってしまうので運用する際は注意をしたい。
なお20mmは追加武装ではなく対空武装である。使う際はこれまでの癖で追加武装を押さないよう注意。

 

【防御】
装甲は特に用意されていないが排水量から察される通り大型であり、またクルー人数も多いので多少無茶は効く。

 

【機動性】
概要にある通り前級よりいくらかましになったが相変わらず鈍足である。

 

史実 Edit

フラワー級コルベットはイギリス海軍が沿岸や根拠地の警備・防衛用に計画・建造した艦である。艦名が花の名前から取られていたことからこう総称される。
1939年、局地防衛用の対潜可能な艦艇の予備研究が開始され、戦時を見据えた量産性と人的リソースの面からトロール船あるいは捕鯨船の改良型が好適という結論に達した。駆逐艦や沿岸スループ(のちコルベットに統合)ではどれだけ改良したとしてもそれらの面で難があったからである。
特に船の心臓である機関の供給という面で、民間で多く使われていたレシプロ蒸気機関を使うことが最大の利点とされた。
そして既に海軍向けの哨戒トロール船を設計していたスミス・ドック社の造船技師エドワード・リードに白羽の矢が立ち、彼の設計した捕鯨船をさらに改設計した艦の建造が決定した。これがフラワー級コルベットである。当初は「対潜捕鯨船」と呼称されていた。
1939年7月に建造が決定し、その最初の艦ができるより前に戦争が勃発するとさらに追加で発注された。
結局1939年から1944年までいくつかの改設計を挟みながらイギリス各地の造船所で140隻以上、カナダでも120隻以上が建造された。
イギリスとカナダのほかフランスやアメリカ、その他英連邦諸国でも使用された。
戦後はさらに多くの国に売却され、一部には武装をなくして単なる捕鯨船として使われたものもあったという(しかも日本にも。後述)。

前述のとおりあくまでも局地的な防衛や警備を目的に建造された艦だったが、差し迫った戦局を受けて長距離の船団護衛にも投入された。
しかしやはりどうしても長距離の航洋性や居住性、航続距離の低さはいかんともしがたく、外洋での行動には難があった。
そのため本級の後継には、より大型のリバー級フリゲートやアメリカのタコマ級フリゲートなどが建造されることになる。

ちなみにハルナンバーK-218はカナダで建造された<ブラントフォード>(オンタリオ州の町の名前から。カナダ海軍は花の名前をつけなかった)であるが……何を隠そうこいつが前述の「日本で捕鯨船になったフラワー級」のうちの一隻である。
1941年9月に起工され、1942年5月に就役した<ブラントフォード>は戦争中を通じて大西洋で船団護衛任務に就いていた。
戦争が終わると解役・売却されて捕鯨船に改装され、まずギリシャ人の船主に売却されてホンジュラス船籍となる。
この頃は<オリンピック・アロー>という名になっていてオリンピック○○という名前で統一された捕鯨船団を組んでいた。
ちなみにこの時の船主はのちに海運王として名を馳せるアリストテレス・オナシスその人である。
1956年、この捕鯨船団は船団ごと日本の極洋捕鯨(現キョクヨー)に購入され、第○おおとり丸という名前に改名される。
元<ブラントフォード>は<第十一おおとり丸>になり、南氷洋捕鯨船団の一隻となったのである。
更に1961年にはエンジンをディーゼルに換装して<第二十一京丸>と改名し、さらに11年使われたのち今度はタグボートに転身。<第七十一大東丸>とまたも改名して数年は使われたらしいが、1976年に解体された。

小ネタ Edit

--加筆求む--

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)





*1 爆薬量はTNT換算
*2 爆薬量はTNT換算