Top > 防具 > ミクシリーズ


防具/ミクシリーズ

Last-modified: 2019-12-02 (月) 12:01:38

MHFに登場するコラボ防具。
電子の歌姫こと初音ミクになりきることができる。
当記事では「雪ミク・ユキネシリーズ」についても取り上げる。

目次

概要 Edit

  • 初音ミクとは、ボーカル・アンドロイド(ボーカロイド)の一つで、
    クリプトン・フューチャー・メディア社が開発した「歌うソフトウェア」のキャラクター名。
    とてもチャーミングで、伸びやかに天まで昇るような高音域、清楚で可憐な中高音域が特徴。
    声は声優の藤田咲が担当している。
    • ちなみに初音ミクの登場は2007年(ソフトウェアの発売が2007年8月31日)。
      これはMHFのサービス開始と同じ年であり、正式発表される前に公式ツイッター上で行われた
      どことコラボするかを当てるクイズの第1ヒントとして挙げられていた。
      ちなみに第2ヒントは「だが16歳」、第3ヒントは「ツインテ」で、この頃には既に回答がミク一色になっていた。
  • 外見の再現度は結構高く、腕やスカートに見られるシンセサイザーをモチーフにした模様や、
    細部の細かい装飾も省略されることなくほぼそのまま再現されている。
    また、膝下まで届く特徴的なツインテールもしっかり完備。
    • さすがに髪の毛1本1本動かしたりするのは辛いようで、
      1枚の布のようにペラペラしてしまうのはご愛嬌。
  • 元々かなりの細身として描かれているキャラであるため、ハンターの体型でも違和感が少なくなるように、
    この防具を装備するとキャラクターポリゴン自体が専用のものとなり、若干細身になるようになっている。
    また、それでも顔とのバランスが悪いという意見が寄せられたため、
    後により小顔になる頭装備が追加実装された。
    • この小顔装備は全4種類存在するのだが、ハンターの現在のフェイスタイプをそのまま縮小したものではなく
      専用の顔が作りこまれている。工房で確認するとものすごくシュールである。
    • この、ハンターの体型を細身にするという技術は、
      後に別のコラでも行われている。
  • ちなみに男性用もちゃんと存在するが、こっちは別に専用ポリゴンなどは用意されていない。
    それでいて男性用の新規デザインなんてものも存在しないため、男キャラで着込むと完全に
    衣服のクオリティだけ妙に高いコスプレおっさんが爆誕する。
    この装備の存在が初めて明らかになった際には男性用装備について議論が交わされたが、
    その後公開された専用PVのラストシーンにこのコスプレおっさんが登場しており、ハンター達を
    衝撃と爆笑の渦に巻き込むことになる。
    • ちなみにプレミアムキットの販売ページでは、
      この初音ミクキットのみ男性キャラがシルエット表示になっている。
      頭防具の形状が特徴的なのでシルエットにしてもバレバレだが…
      • 後にあろうことか任天堂とのコラボでまたもや女装オッサンが誕生することとなった。
        しかしこちらは全身アーマーなのが幸いしてせいぜい心なしか腰が細いくらいで、
        見た目的には全く違和感がない。
  • そして2017年11月以降、本キット購入者向けに外装防具の生産券配布も行われている。
    これによりスキル構成無関係に狩場に初音ミクとコスプレおっさんが発生することになった。
    後にもっと酷い外装が登場したが
  • 入手は上述したように、プレミアムキットつまりアイテム販売商品(通称課金防具)となる。
    MHF-Zでプレミアムキットの大半が販売終了になったがこのシリーズは残存しており、
    アップデート当初の時点では何故残ったのか?が軽い話題になった。

性能 Edit

  • 実装当初はG級の黎明期ということもあり、
    G級狩護防具となるGSシリーズまで強化が可能で、特にこれと言ったG級スキルは付随していなかった。
    (これは当時のGSシリーズ全てに言える特徴である)
  • GSシリーズでは、広域化+3高級耳栓攻撃力アップ【中】
    笛吹き名人武器捌きが発動する。
    このうち笛吹き名人は頭単品で10ポイントになっており、さすがは歌姫といったところ。
    この仕様のおかげで「普段と違う服装のミク」といった趣の防具を組みつつ、
    スキルをそれっぽく保つことが容易である。
  • ガンナー用のものは高級耳栓の部分が狙い撃ちに、笛吹き名人が幸運となっている。
    頭はガンナーでそれっぽいスキルが見当たらないと言ってしまえば仕方ないかもしれないが、
    少々残念である。
  • 部位ごとにバラバラで付属している残りのスキルポイントには、
    食事、特殊攻撃、高速設置など、サポートを意識したものが多い。
  • その後、MHF-G3下における2013/12/11のアップデートでGPシリーズへの強化が追加された。
    剣士はG級スキルとして鼓舞のみが追加されており、
    一式で笛吹き名人の上位になる「激励+2」が発動する。
    なお、広域と鼓舞のスキルポイントを併せ持つのはポカラシリーズと狩猟笛のG級秘伝防具白虎・玄武シリーズのGF、
    及びジュアリ胴GP(2013アニバーサリーパッケージ特典)のみなので、割と貴重だったりする。
    これによってフルミク激励サポ笛が量産されるのでは、という予想もあったのだが、
    上述したようにG級スキルは鼓舞だけで、それ以外のG級スキルは無く、
    2014年以降のG級装備の革新に伴い、この装備は話題になることがなくなった。
  • ちなみに、各部位に4ポイントずつ振られているので、
    GSまでの「頭単品で笛吹き名人」の運用は不可能になってしまっている。
  • MHF-Zでは上述したようにプレミアムキット大整理の生き残り組の1つとなった。
    性能上時代遅れもいいところなこの装備が生き残った事で、
    更に上の強化が追加されるのではないかという予想も出ていたが、
    2016/11/22アップデートでそれが事実である事が判明。
    辿異種ヒプノックの素材を用いて「辿異狩護防具」ZPシリーズへと派生強化が可能になった。
    なおZPシリーズは強化がなく、Lv1で打ち止めであるが、
    防御力としては数値上はGX防具とほぼ同じ、実際にはそれを遥かに上回るものになっている。
    理由は辿異防具の項を参照いただきたい。
  • スキル、辿異スキルは下記の通り。
    [剣士]
    • 頭:鼓舞+5、三界の護り+5剛撃+5広域+20、耐状態異常+6
      辿異スキル【支援強化】
    • 胴:鼓舞+5、三界の護り+5、剛撃+5、支援+4、耐状態異常+6
      辿異スキル【耐麻痺強化】
    • 腕:鼓舞+5、三界の護り+5、剛撃+5、支援+4、耐状態異常+6
      辿異スキル【耐睡眠強化】
    • 腰:鼓舞+5、三界の護り+5、剛撃+5、支援+4、耐状態異常+6
      辿異スキル【スキル枠拡張】
    • 脚:鼓舞+5、三界の護り+5、剛撃+5、支援+4、耐状態異常+6
      辿異スキル【耐毒強化】
    [ガンナー]
    • 頭:穏射+6弾丸節約術+5、剛撃+5、速射+10、耐状態異常+6
      辿異スキル【スキル枠拡張】
    • 胴:穏射+6、弾丸節約術+5、剛撃+5、支援+4、耐状態異常+6
      辿異スキル【耐麻痺強化】
    • 腕:穏射+6、弾丸節約術+5、剛撃+5、支援+4、耐状態異常+6
      辿異スキル【耐睡眠強化】
    • 腰:穏射+6、弾丸節約術+5、剛撃+5、支援+4、耐状態異常+6
      辿異スキル【支援強化】
    • 脚:穏射+6、弾丸節約術+5、剛撃+5、支援+4、耐状態異常+6
      辿異スキル【耐毒強化】
  • 剣士防具はミクGPシリーズの「鼓舞」「広域」を引き継ぎつつ、更なる補助スキルである支援を搭載。
    剛撃スキルによって火力面も十分実用に足り、辿異種戦において再び脚光を浴びた「耐状態異常」も備える。
    辿異スキルの中にはピンポイントでこれらを強化するものがあり、
    これを用いることで辿異種の凶悪な状態異常を緩和し、戦闘を有利に進められるだろう。
    • 広域については頭だけで+2まで発動する。
      対辿異種エスピナス戦で抗毒液をPT全員に撒けるため便利。
  • ガンナーの最大の特徴は頭の速射スキル。
    同スキルの記事を参照してほしいが、2016年になってから当スキルを持つ防具は追加されておらず、
    この防具が久々にして10Pという高数値を引っ提げて登場したのである。
    他のスキルは速射と正直相性は良くないのだが、
    現在の速射スキルが、2016年以降の追加スキルにかなり近しい環境となり、
    加えて装飾品の大半のサブスキルが陳腐化しているため、
    速射特化、ジャストショットとの兼用装備どちらにも適している装備となっている。
    頭の辿異スキルは「スキル枠拡張」故に、速射を入れることでのスキル枠不足は気になりにくい事、
    速射特化装備にて頭装備の「耐状態異常」を活かしやすくなるのも利点。

雪ミク・ユキネシリーズ Edit

  • MHF-Z下の2016年11月30日よりコラボレーション開始の、
    初音ミクのバリエーションキャラの一つ「雪ミク」を模した防具。
    雪ミクとは北海道を応援するキャラクターで、起源はさっぽろ雪まつりで建てられた雪像に由来する。
    いわゆる地元公認のご当地キャラに近い存在であり、
    各公共機関でもシーズンになると雪ミクが大々的に取り上げられる。
  • 公式ツイッターにて11月30日にコラボの詳細を発表することが明かされている。
    公開された画像はシルエットだけだが、ハッシュタグに思いっきり「#雪ミク」と書かれており隠す気0であった。
    11月30日にコラボ、及びコラボ装備の販売がスタートしている。
    近年のアイテム販売商品の展開同様、コラボガチャという形式になっているが、
    例によって専用くじの「音符型の結晶」となっている。
    プロモーションサイトはこちら
    • 雪山を雪ミク(とユキネ)が駆け巡る専用のPVも用意されているが、
      抜擢された大型モンスターはよりによって辿異種のフルフルだったりする。
      PVでは雪ミクがフルフルをまるで手なずけているかのような描写があるが、
      現実でそれをやると頭から呑み込まれてしまうことになる。
      また薄い本が厚くなるな
  • 雪ミクは毎年服のデザインが変わることで知られているが、
    MHF-Zとコラボするのは一番最新の「雪ミク2017」。
    女性装備は雪ミク2017の衣装で、男性装備は「ラビット・ユキネ」というエゾユキウサギを模した、
    雪ミクのペットキャラクターそのものになる。
    女装したオッサンが再び爆誕することはなかったが、大体この着ぐるみと同じ事になる。
    もっともかつてMHFを(いろんな意味で)震撼させた上記リンクの着ぐるみとは異なり、
    こちらは顔も完全に隠れ、一応見た目状は可愛らしい姿になるため、
    テーマパークなどに居るマスコットの着ぐるみと解釈すれば違和感はない…かも。
    • なお公式サイトなどではユキネシリーズ装備のキャラクターが明らかに小さく描かれている
      実際には雪ミクと同じ、どころか着ぐるみの分明らかにデカいのだが。
      PVでは3人のハンターがこの装備で登場するが、デカさは隠そうともしていない。
      また、着ぐるみとしての宿命か組み合わせて用いた時の外観は酷くなる。
      外装変更も用いて隠してしまうのもアリかもしれない。
    • なお、ミクシリーズとは異なり女性装備の小顔バージョンは付属していない。
      ギミックとして頭装備着用でハンターの周囲に氷の結晶が舞うようになる。
  • 性能としてはG級でG級狩護防具GPシリーズ、
    GR200で辿異種ヒプノックの素材を用いることで辿異狩護防具ZPシリーズへと強化可能。
    雪らしく(?)「氷界創生」スキルが全部位に備わっている。
    耐性は火も含め部位単位で全て+5となっている。
    雪ミクということで水や氷にはまず弱いわけがないし
    2017(twinkle snow)という事で他シリーズを踏まえれば龍もわからなくはない…よね?
    しかし、雷やまして火にも強いのは意外ではあるもののありがたい話ではある。

余談 Edit

  • プロデューサーの杉浦氏は、インタビューやイベントの場でこの防具について、
    「売れたら他のボーカロイドでも出したいので買ってください」という旨の発言をしている。
    今後の展開に期待したいところである。
    • なお、次にやりたいのは杉浦氏が自宅で飼っている猫の名前に似ているからという理由で
      巡音ルカらしい。男キャラに未来はあるのだろうか…
    • この後音沙汰がなかったが、2016年冬に上述した「雪ミク」のコラボが始まる。
      これを他のボーカロイドと言い切っていいのかは微妙だが。
  • なお、初音ミクをはじめとするVOCALOIDをモチーフとしたキャラを商業展開させるときは、
    そのキャラに戦闘をさせてはいけないという暗黙の了解が存在する。
    ミクシリーズではあくまでハンターがミクのコスプレをするだけという名目で回避したものと思われる。
    (その点もあってか、PVでは複数の「初音ミク」が登場する)
    雪ミクに関しては、PVでは「雪ミク」本人が登場しているような描写になっているが、
    本人は戦闘せず、PV内で武器を振るうのは「ユキネ」達であり、一応この点は保たれているといえる。

関連項目 Edit

ゲーム用語/コラボレーション
武器/初音ミク武器
公式特設サイト