Top > Beaufighter Mk 21


Beaufighter Mk 21

Last-modified: 2019-10-21 (月) 16:33:52

イギリス RankIII 迎撃機/重戦闘機/戦闘攻撃機/雷撃機 ボーファイター Mk.21 Edit

Beau21.jpg

駐機状態

概要 Edit

イギリスRankIIIの重戦闘機・雷撃機。

--加筆求む--

機体情報(v1.**) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)50000
機体購入費(SL)190000
乗員訓練費(SL)55000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)10
護符(GE)1300

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング4.3 / 5.0 / 4.7
RP倍率1.54
SL倍率0.8 / 2.7 / 3.4
最大修理費(SL)1250⇒1657 / 5300⇒6805 / 7640⇒9809

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)498⇒541 / 485⇒520
(高度5000m時)
最高高度(m)9382
旋回時間(秒)43.7⇒40.8 / 44.1⇒42.2
上昇速度(m/s)5.1⇒16.6 / 7.1⇒10.1
離陸滑走距離(m)478
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)7.45
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)1
限界速度(IAS)*** km/s
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/s, (離陸)*** km/h, (着陸)*** km/s
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃12.7mm
ブローニング
42400翼内
機関砲20mm
イスパノ マークII
41132機首
機銃
(単装)
7.7mm
ブローニング
11000後部

弾薬 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳費用(SL)
12.7mm
M2 ブローニング
DefaultT/Ball/Ball/IAI/AP-I-
UniversalAP-I/AP-I/AP-I/T/IAI80
Ground targetsT/AP/AP/AP-I/AP-I/IAI80
TracersT/T/T/T/T/AP-I80
StealthAP-I/AP-I/AP-I/IAI/IAI120
20mm
イスパノ マークll
DefaultHEF-I/HEF-I/P/T-
UniversalHEF-I/HEF-SAPI/AP/T160
Ground targetsAP/AP/AP/HEF-I/T160
TracersAP/T/HEF-I160
StealthHEF-I/HEF-I/HEF-SAPI/AP230
7.7mm
ブローニング
DefaultT/AP/AP-I/Ball/Ball/I-
Armored targetsT/AP/AP/AP6
UniversalT/AP-I/AP-I/AP-I6

追加武装 Edit


名称

影響【AB/RB/SB】費用
(SL)
搭載条件
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
ターン
アラウンドタイム
(sec)
T702kg
Mk.XII
1-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**400-
R**mm
RP-3
8-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+**320-

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理******
ラジエーター
**mm弾薬ベルト
**mm銃座用弾薬ベルト
IIコンプレッサー******
機体
新しい**mm機関銃
新しい**mm銃座用機関銃
III主翼修理******
エンジン
**mm弾薬ベルト
爆弾懸架装置
IVインジェクター交換******
**オクタン燃料使用
カバー交換
新しい**mm機関砲
ロケット懸架装置

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

 
 

解説 Edit

特徴 Edit

オーストラリア製であるこの機体は、今までのボーファイターとは少々仕様が異なっている。
エンジンはハーキュリーズCVIIエンジンに換装され、武装もブローニングM2 12.7mmとイスパノMk.II 20mmに変更されている。これにより機体性能は、Mk.Xに比べ高高度性能と最高速度が向上している。一方で、旋回性能は大きく低下している(胴体下のヤツが原因な気がするが)。

武装はより強力になり、弾数も多いため弾切れを心配することはまずないだろう。高高度性能も多少上がったので爆撃機迎撃もやりやすくなったといえる。
注意すべき点はコックピットへの攻撃に極端に弱いことである。数発受けただけでもパイロットが死ぬことが多いのでヘッドオンや爆撃機後方からの攻撃は禁物である。

ちなみに史実では爆装も可能なようだが、ゲームではできない。

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
--加筆求む--

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実 Edit

オーストラリアで生産された「ボーファイター Mk.X」のオーストラリア空軍向けの機体。
ノーズコーンが改良されたほか、7.69mm口径の機関銃が12.7mmブローニングM2機関銃に置き換えられ、「ハーキュリーズ XVII」エンジンが「ハーキュリーズ CVII」エンジンに置き換えられている。
総生産数は364機。

小ネタ Edit

--加筆求む--

過去の修正 Edit

クリックで表示

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)