F-80C Shooting Star

Last-modified: 2021-09-26 (日) 22:51:09

アメリカ RankV ジェット戦闘機 F-80C-10 Shooting Star(シューティングスター)

概要

概要

ランクVのジェット戦闘機。同ランク帯のジェット機と比べると速度性能と運動性がやや優れており、武装も改良型12.7mm機銃が機首に6挺搭載されているのでクセがなく扱いやすい。エアブレーキ付きなので着陸も簡単。

機体情報(v1.77.2.68)

必要経費

必要研究値(RP)130000
機体購入費(SL)690000
乗員訓練費(SL)200000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)60
護符(GE)2100

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング7.7 / 7.7 / 7.7
RP倍率1.96
SL倍率1.4 / 3.4 / 4.5
最大修理費(SL)3,700⇒6,231 / 8,055⇒12,203 / 9,544⇒13,699

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)891⇒915 / 883⇒903
(高度海抜時)
最高高度(m)12500
旋回時間(秒)24.3⇒23.7 / 25.5⇒24.0
上昇速度(m/s)18.7⇒32.5 / 17.3⇒25.2
離陸滑走距離(m)850
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)5.20
燃料量(分)min:7 / 20 / max:26
銃手(人)-
限界速度(IAS)990 km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)570km/s, (離陸)560km/s, (着陸)380km/s
主翼耐久度-8G ~ 15G

レーダー

航空機用レーダー解説ページを開く

分類有無距離
(km)
索敵レーダー〇/×**/**/**
測距レーダー〇/×***
追跡レーダー〇/×***
火器管制装置〇/×***
敵味方識別装置〇/×***
捜索中追尾〇/×***

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所購入費用(SL)
通常/ステルス
機銃12.7mm
M3ブローニング
61800機首170/260

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
12.7 mm
M3 Browning
既定API-T/AP/AP/I2625191233
汎用AP-I/AP-I/
API-T/I/I
2322161033
地上目標API-T/I/AP/
AP/AP-I/AP-I
2625191233
曳光弾API-T2322161000
ステルスAP-I/I/AP-I/I2322161033
 

追加武装


名称

影響【AB/RB&SB】費用
(SL)
搭載条件
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
ターン
アラウンドタイム
(sec)
R127mm
HVAR
8-54.7/-69.8-9.8/-9.8+2.1/+2.5160FRC Mk.2-
B1000lbs
AN-M65(A1)
2-147.6/-166.3-15.9/-15.9+4.1/+4.7400FLBC Mk.1-

爆弾

名称重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最大貫通力
(mm)
装甲車両
破壊距離(m)
非装甲車両
破壊距離(m)
1000 lb AN-M65A1453.6240.411311138
 

ロケット

名称弾頭重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最高速度
(m/s)
射程
(km)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
HVAR643.4420-36
 

機体改良

解説ページを開く

Tier名称
I胴体修理
コンプレッサー交換
機体
12mm弾薬ベルト
II新しいブースター
FRC mk.2
III主翼修理
エンジン
カバー交換
新しい**mmマシンガン
IV耐Gスーツ
FLBC mk.1

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前機体F-80A-5
派生機体---
次機体F-84B

解説

特徴

--加筆求む--

立ち回り

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
他の同BRの機体と数値だけを比べると並の性能であるように思えるが、決して侮れるものではない。

まず本機は100秒間だけではあるがとても強力なWEPを使用できる。
機体選択画面でX線にして見てもらえれば分かるのだが、離陸推力(=WEP時推力)が2400kgf(RB、改修後)となっている。
これはこの次の機体であるF-86A-5の最大推力(2250kgf)を上回る大出力であり、使用中は見違えるような加速力と上昇力を得ることができる。状態によってはカタログスペックの最高速度を超える高速飛行も可能だ。
このWEPはまさに本機の切り札というべきものであり、出し惜しみしても仕方がないため積極的に使っていくことを強く推奨する。最初の離陸上昇はもちろん、格上機との1on1など、高推力が必要なときにはどんどん使っていこう。

また固定武装のM3はM2譲りの優れた弾道に加え圧倒的な連射速度をもち、1km前後の射撃でもしっかりと痛手を負わせることができる。
こちらに速度で勝る敵機に対抗する時にこれはとても有利に働いてくれる。
この2つの特徴と相手との性能差を把握できれば優位に立ち回ることは難しくない。

また、機体のG耐性は旋回性能に対して強く、本当に無茶な動きをしない限り主翼が吹き飛ぶことはない。
その他はP-80Aと変わらないので、いち早い動きを求められる回避機動などはラダーを使うと良いだろう。
制空権確保後に戦車など多数の少目標に対応できるHVARや、削りきれなかった敵基地のとどめや対艦攻撃にも使える1000lbsを搭載して軽攻撃機としての運用をするのもまた一興である。

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実

こっちが本格的量産機。12.7mm M2がM3に強化され、機首にAN/ARN-6レーダーを搭載している(黒い部分)。

Fになっているのは、アメリカ空軍が独立した際にFighter(戦闘機)の頭文字を取り、名称を統一したからである(1948年6月)。

現在、Pの名称が与えられているのは哨戒機(Patrol)である。

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)