Top > 【暗黒の魔人】


【暗黒の魔人】

Last-modified: 2019-07-15 (月) 20:54:39

概要 Edit

DQ8、DQ10とジョーカーシリーズに登場するモンスター。
よく似た名前ではあるが、DQ9に登場するモンスターは【あんこくまじん】
強化ボスとして【追憶の魔人】がいる。
命を持った【暗黒魔城都市】そのもので、瓦礫を人型に結合させて主人公達に襲いかかってくる…が、上半身のみで左腕が無い。
その見た目と名前から【ようがんまじん】【ひょうがまじん】を思い浮かべた人も多いだろう。実際、あんこくまじんもこいつらの色違いだし。
DQ10の【まめちしき】によると、【暗黒神ラプソーン】の信者である住民たちの魂が都市の建物に宿って動き出したらしい。
英語版での名前はRuin。
 
長らく色違いが存在していなかったが、星のドラゴンクエストでは大地の魔人、DQ10では【暴魔アヴィーロ】、スーパーライトでは白夜の魔人、ほむらの魔人、ふぶきの魔人、いかずちの魔人、はやての魔人、宵闇の魔人という亜種が登場した。

DQ8 Edit

暗黒魔城都市から脱出する際の最後のボスとして登場。
HP3800・攻撃力513と高いスペックを誇る。
特に攻撃力は本編ボスの中では最も高く、200は下らないダメージを受ける。本編クリア前に戦う敵としては、DQ1~9までの作品で比較すると、FC版DQ3の闇ゾーマについで2位。
【????系】だが内部【種別】【物質系】
 
付け入る隙は行動パターンにある。1回行動で、行動枠も通常攻撃が5つ・ミスが1つという貧弱さである。
ミスは瓦礫を結合させている構造で時折腕が崩れてしまうためだろう。
【スクルト】を使いながら、しっかり回復させていけばまず負ける事はない。
守備力は120と低く、攻撃への耐性もほぼ無いので攻め手には困らない。
ただし、意外にも素早さはそこそこあるので【ピオリム】も使って確実に先制出来るようにはしたい。
倒しても経験値は低いが、【オリハルコン】を確実に落とすのでありがたくいただいておこう。
なお、こいつの戦闘BGMはドルマゲス第2形態・ラプソーン第1形態と同じ【ドルマゲス】である。
また、ボスでHPが高い上に攻撃がデブソーン以上にヌルく、かつ【いてつくはどう】も無いので1ターン最大ダメージへの挑戦で使われることも。

3DS版 Edit

守備力が180に増加。
また1~2回行動になり、たまに2回動いてくるので一人に攻撃が集中すると主人公やヤンガスですら撲殺される可能性が出てきた。
この攻撃力の二連撃の前ではスクルトの補正など微々たるものなので、身かわし率を高める装備で固めるなり、
大ぼうぎょを使えるキャラで前衛を固めるなりして極力ダメージそのものを受けないようにしたい。
とはいえ1人に集中する可能性は低く、相変わらず攻撃をミスするのでそこまで強くはない。
全体的に強化された後半の他のボス達に比べればずっとマシである。
【ジャハガロス】を後回しにしてなければ、ラスボス前の最後のボス戦はコイツとなる(【レッドオーガ】【ブルファング】及び、【トロルの迷宮】の奥で戦う二匹の【ボストロール】も後回し可能だが、前者の2体は【異変後】だと雑魚敵としてのエンカウントのみ可能で、後者は何れにしても雑魚敵の討伐欄にカウントされる)。

DQ10 Edit

魔法の迷宮のコインボスとして登場。移動はしないが、上半身を回転させて向きが変えられる。
高い攻撃力や広い攻撃範囲を持つほか、取り巻きとして暗黒の魔造兵を造り出す。また、もともと左手がなかったのもあってか、自身の左手(別AI)も造り出す。
詳しくはこちらを参照。

DQMJ Edit

【物質系】のSSランクとして登場。
闘技場で敵として登場する他、配合でのみ仲間にすることが出来る。以降作品でも一貫して野生では出ない。
【バベルボブル】【ゴールドマン】【うごくせきぞう】【デスピサロ】にゴールドマンという逆再生配合でも作れる。
HPと攻撃力は全モンスター中でもトップの伸びを見せるが、【こうどう おそい】の特性により必ず最後に行動する。
そのことをふまえた上で特技を覚えさせていくと良い。
成長は遅いが、【ピサロナイト】と配合すればデスピサロが作れるので辛抱強く育てていきたい。
所持スキルは【あんこく】

DQMJ2 Edit

Sランクに格下げ。
【ギガボディ】持ちの3枠モンスターになり、ラプソーンと組めなくなってしまった。
固有スキル【あんこくの魔神】も与えられたが、『あんこくの魔「神」』と漢字を間違えている。
【アトラス】共々初代に比べると攻撃力は抑えめだが、こいつは3枠なので致し方ない部分もあるだろう。
2200を越える驚異的なHPと、1250と全モンスター中トップを誇る守備力は城塞と呼ぶより他ない。
スカラを使えば【おにこんぼう】の物理攻撃ですら傷一つ付かないほどの硬さ。弱点のバギ系はスキルで補おう。
しかも【魔神攻撃】とギガボディで会心の一撃になりやすい通常攻撃で守勢からも簡単に切り返せる。
ただし前述通り素の攻撃力上限はさほど高くないので、会心にならなかった時でも大ダメージを狙えるように攻撃力を補強しておくのも手か。
「こうどう おそい」なのは相変わらずだが、どうせ元々ワーストクラスの鈍足なのでほとんど気にならず、AI2回行動の特性もあるため回復しながら攻撃しているだけで十分に強い。スキルで自動MP回復をつけてやればより強化される。
このような圧倒的な強さから、 守りを固めて会心の一撃を狙うコイツは「耐久魔神」と呼ばれ恐れられている。
対戦でコイツを相手にする場合は、会心ふうじを使って会心の一撃を封じるのが有効。
命令できない世界選手権でも猛威を奮っていたのだが、あまりのヤバさに「これはマズい」と運営から目を付けられてしまい、
2010年5月31日から1勝あたり-17点のハンデがついてしまった。つまり5勝して100点を得たとしても翌日には15点まで減ってしまうのだ。
ホーム戦勝利の賞品を得るだけならいいが、上位を狙うならこいつは選択肢から除外しなければならない。

なお配合の際はバベルボブルの代わりに【ヘルクラウド】を使えるようになったが、ヘルクラウドは希少なので使わない方がいいだろう。

DQMJ2P Edit

漢字表記の「暗黒の魔神」に。結局「神」で通すようだ。
無印で暴れまくったツケがきたのか攻撃力以外の能力が低下し、マイナス特性【自動MPダウン】が追加。
また、物質系共通の弱点としてルカニに弱くなったため、【かぶとわり】【かいしんふうじ】を同時に覚えられる【巨大モンスターつぶし】が天敵となる。当然【会心かんぜんガード】持ちにも注意。
MPダウン自体は自動MP回復でカバー可能だし、総合的に見れば十分に強力な部類ではあるのだが、オリジナル版のような輝きはなくなっている。
配合方法は前作までと変わらず。
ピサロナイトの代わりに【アクバー】との配合でデスピサロが、
【はくりゅうおう】【アトラス】【ギガントドラゴン】のいずれかで【ギガデーモン】が誕生する。
スキルは変わらず「暗黒の魔神」。

テリワン3D Edit

自動MPダウンが削除されたが、+50で【いきなり冥界の霧】を会得するようになってしまった。
耐久に重きを置くモンスターとしては致命的なため、使うならスタンバイに入れておきたいところ。
それ以外の特性は素で【くじけぬ心】、+25で【きょうせんし】
混乱に完全耐性を持つため【パニック】と併用しない限りきょうせんしはほぼ無意味だが、「くじけぬ心」は優秀。
能力値は攻撃力がやや低下したが、HPは大幅にアップし、究極化すると3264という凄まじい値に達する。
スキルは変わらず「暗黒の魔神」。途中に「自動MPダウン」が追加されてしまったが、この後に覚えるのは【てんしのきまぐれ】だけなので無理に全振りする必要はないだろう。
 
配合方法は今までと変わらず。
ただし、今作ではヘルクラウドが前作から引っ越しで連れて来る事が可能になっているので、
持っている人は迷わず送りつけて使ってみよう。幾らでも送りつけられるので、量産するのも容易。
配合先は変更されていて、今作ではこいつから直接デスピサロを作れなくなっている点に注意。
ギガデーモンを生み出す配合は前作と変わっていないので、
こいつと前作の組み合わせでギガデーモンを生み出せば、それがデスピサロの素材にはなる。
また、【死神きぞく】との配合で【デュラハーン】が、
【キラーマシン2】【ダーククリスタル】【メタルスコーピオン】のいずれかで【スーパーキラーマシン】が生み出せる。
 
こいつとはくりゅうおうなどで生み出したギガデーモンは【マガルギ】を生み出すのにも必要になり、
マガルギは配合チャートの終着点である【魔戦神ゼメルギアス】を生み出すのに必要になる。
Wi-Fi環境がない場合は2体必要になる。
その為、こいつも必然的にゼメルギアス完成には必要となる。
 
他国マスターが使ってくるが、原作再現なのか通常攻撃しかもっていない
まぁ中身は知っての通り魔神斬りなのだが…

イルルカ Edit

錬金鍵の報酬で貰えるようになったほか、新生配合で暴走機関を習得。
また、【新生配合】によっていきなり冥界の霧を外してしまうこともできるように。
これによって耐久戦法が出来るように…は、GPの仕様変更のおかげでなっていないのが現実だが、耐久力自体は上がっているだろう。
 
こうどうおそい、きょうせんし、魔神攻撃、いきなり冥界の霧と何を変えてもデメリット特性を受けないような組み合わせが揃っており、新生配合のバリエーションは非常に豊富。
コストの重い【回復のコツ】やいきなりリバースすら容易につけられるため、様々な戦術を取る事ができるだろう。

DQMJ3P Edit

無印では登場しなかったが今作で復活。名称も(やっと)本編準拠の「暗黒の魔人」となった。
相変わらず物質系Sランクの3枠モンスター。ライドタイプは陸上・歩行。
【ヘルクラウド】【てんのもんばん】の特殊配合で生み出せる。
また、【凍骨の氷原】【未完の神獣のほこら】のイベントでは【ダークモーモン】の台詞の中で「暗黒の魔神」と誤植されている。
イベントをクリアした後にはスカウト可能な野生の個体が出現する。
 
特性はこうどうおそいが固定、【魔神攻撃】
プラス値が25で【狂戦士】、50で【ときどき冥界の霧】、100で【暴走機関】を習得する。
メガボディで【不屈の闘志】、ギガボディ(=通常時)で【AI2回行動】、超ギガボディで【バーサー化】を習得する。
合体特技は【金剛裂壊斬】、合体特性は【超タフガイ】
所持スキルは【暗黒の魔人】

DQMB Edit

第3章から合体モンスターとして登場。原作に比べるとかなり小さい。
組み合わせは【ギガンテス】【うごくせきぞう】【ボストロール】
暗黒魔城都市の巨大なモンスター達が素材。
ステータスはHP:2700 ちから:317 かしこさ:31 みのまもり:66 すばやさ:15。
攻撃手段は「たたきつぶす」と「怪光線」。
前者は巨大な右腕を敵1体に振り下ろす2回攻撃、後者は口から放射状に灼熱のレーザーを吐き出し敵全員を攻撃。
 
HPと力はトップクラスだが、その他の能力はかなり低く、弱点は光属性、氷・風・雷属性の呪文と結構多い。
相手によっては弱点を突かれまくって瀕死になりかねない。
SPカードの【マジックバリア】【風のマント】で防御した方がいい。
ただ、どんどん新しい強力な合体モンスターが出て来てしまったため、最近はなかなか活躍出来ない。

DQM+ Edit

アフターストーリーである「ドラゴンクエストモンスターズ++」に登場。
【マルモ】が新たに引き連れていたモンスターであり、前作で入手したタマゴの「クリオ」ではない。
【テリー】はマルモが連れているこのモンスターを見て、実力の高さを感じている。