Top > 「トビゲリ・ヴァーサス・アムニジア」


「トビゲリ・ヴァーサス・アムニジア」

Last-modified: 2018-07-10 (火) 15:58:45

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆:#1#2#3#4#5#6#7
◆実況付◆:#1()/#2()/#3( )/#4()/#5()/#6()/#7

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

ドラゴン・ニンジャクランの末裔にして最後の生き残りであるドラゴン・ユカノ
ザイバツ本拠地・キョート城に幽閉された彼女は、外のニンジャスレイヤー達と密かに連絡を取り、キョート城を、しいてはザイバツを倒す為の算段を進める。
しかしロードの右腕、パラゴンは不可解な話を度々彼女に持ちかける。

 

「我らが結社の理念を語ろう。きたるべき理想世界を。
さすれば、貴女は進んで我がロードへの助力を申し出るはずだ。
力を失った哀れな神話級ニンジャよ」

 

パラゴンの口にする秘密に、強い戸惑いを感じるユカノ。
しかし、自分が何者であろうがやる事は決まっている。今はドラゴン・ユカノとして仲間と協力し、ザイバツを倒す。

 

今はただそれだけだ。決意を固めつつも安らぎフートンで身を休める彼女はしかし、不思議な夢を見る。
夢の中の懐かしきドラゴンドージョーに現れた謎のニンジャ――アラクニッドは、彼女にザイバツの謎の断片を語るのだが……。

 

ロードの恐るべきキョジツテンカンホー・ジツとは一体?そしてユカノをさらった理由である「儀式」とは?
龍の娘は記憶を、そして運命を蹴破れるのか?重点ワード満載のエピソード、刮目せよ!


解説 Edit

「飛び蹴りvsアムニジア。タイトルコールと同時にヘッズの間にTRS(トビゲリ・リアリティショック)を発症させた狂的タイトルとは裏腹に、シリアス&真相解明重点のエピソードとなっている。
長きに渡る第2部もいよいよ最終局面。タイトルの意味が理解出来た時、あなたは驚愕の真実と、一人の女性による存在を賭けた戦いを目撃する事になる。

 

物理書籍版では「キョート殺伐都市#6:マグロ・アンド・ドラゴン」に収録。
各セクション毎に副題が付けられ、「オペレイション・レスキュー」と並び、「レイジ・アゲンスト・トーフ」以来の「最終章以外で副題が付いている話」となった。



コメント欄な