C.205N2

Last-modified: 2019-12-05 (木) 12:03:57

イタリア RankIV 戦闘機 C.205N2 Orione Edit

War Thunder Screenshot 2017.06.15 - 19.31.19.14.jpg

概要 Edit

イタリアランクIVの戦闘機。ツリー上、C.205 serie 1およびC.205 serie 3の後に配置されているため、それらを改修したものと思うかもしれないが、実際には、C.202を直接改良した物である。

機体情報(v1.93.1.37) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)70000
機体購入費(SL)230000
乗員訓練費(SL)43000
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)70
護符(GE)1400

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング5.0 / 4.7 / 4.7
RP倍率1.6
SL倍率1.2 / 4.1 / 3.7
最大修理費(SL)3500⇒4585 / 14000⇒17808 / 7400⇒9412

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)633⇒685 / 615⇒659
(高度6700m時)
最高高度(m)10360
旋回時間(秒)21.1⇒19.0 / 21.8⇒20.0
上昇速度(m/s)13.5⇒20.8 / 13.5⇒16.7
離陸滑走距離(m)250
最大出力(hp)1176⇒1438 / 1163⇒1291
離陸出力(hp)1339⇒1601 / 1326⇒1454
毎秒射撃量(kg/s)4.92
燃料量(分)min21 / 30 / 45 / 60 / max72
限界速度(IAS)845 km/s
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)550 km/h, (離陸)480 km/h,(着陸)280 km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

レーダー Edit

なし

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所購入費用(SL)
通常/ステルス
機銃12.7mm
ブレダSAFAT
2800機首**/**
機関砲20mm
MG 151
3750軸内・翼内**/**

弾薬 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
12.7mm
ブレダ-SAFAT
既定T/Ball/Ball/I/AP18176533
汎用AP/AP-I/IAI/API-T/I18176533
空中目標API-T/AP-I/IAI18176533
曳光弾API-T18176533
ステルスAP-I/AP-I/IAI/IAI18176533
 
武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
20 mm
MG151
既定IT/IT/
APHE/HEI
191713666
汎用IT/HEI/
HEI/AP-I
252416733
空中目標AP-I/HEI/HEI/
HEI/HEI/IT
252416733
徹甲弾APHE/APHE/
APHE/IT
191713666
曳光弾FI-T/FI-T/
FI-T/IT/IT
15138666
ステルスHEI/HEI/HEI/
APHE/AP-I
252416766

追加武装 Edit

追加武装:無し

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理3700***
ラジエーター
12mm弾薬ベルト
IIコンプレッサー4200***
機体
新しい12mm機関銃
III主翼修理4700***
エンジン
20mm弾薬ベルト
IVインジェクター交換6100***
カバー交換
新しい20mm機関砲

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前機体G.55 serie 1
次機体Bf 109G-14/AS
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

--加筆求む--

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
--加筆求む--

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実 Edit

C.205N「オリオーネ」(オリオンの意)は、イタリアの戦闘機である。
前身であるC.202は登場時は優れた性能を持っていたが、大戦後半になるとさすがに性能不足を感じるようになり、特に武装の貧弱さは深刻であった。
そのため、C.202を大幅に改設計し、能力向上を図ったのがこのC.205Nである。
姉妹機であるC.205V「ヴェルトロ」との最大の相違点は、1門のMG151/20 20mm機関砲を、プロペラ主軸を貫くように配置、いわゆる「モーターカノン」としたことである。
プロトタイプの最初の型であるN1は、この20mmモーターカノン1門に加え、計4門のブレダ12.7mm機銃を機首上面及び側面に備えた。また翼は新設計され、胴体後部も改設計されるなど、C.202から大幅に改設計されており、最小限の改修で済ませた「つなぎ」のヴェルトロよりも、当機の方が本来はC.205の「本命」バージョンであった。
しかし、テストの結果は決して満足のいくものではなく(特に上昇中のエンジン過熱が課題であった)、つづいて2機目のプロトタイプが試作された。
これが、当機C.205N2である。
N2は、20mmモーターカノンはそのままに、機首の12.7mm機銃を4門から2門に減らし、代わりに両翼内にMG151/20 20mm機関砲を1門ずつ装備した。
N2は1943年5月19日に初飛行したが、N1と比べてパフォーマンスの向上は見られず、すでにヴェルトロをはじめ「5」シリーズ(C.205、G.55Re.2005)の戦闘機が量産されていたこともあり、当機の改修計画はストップした。
1943年9月の停戦時には、2機のプロトタイプ機はGuidoniaに所在していたが、その後の行方は不明である。同年10月24日のウェリントンによる爆撃で破壊されたと考えられている。


参考文献:日本語版、英語版、イタリア語版各wikipedia、「わーるどわいど☆うぃんぐす」第9回「MC.200シリーズとハリケーン」(イカロス出版刊「MC☆あくしず」Vol.37に掲載)

小ネタ Edit

--加筆求む--

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)