LVT(A)(4)(ZiS-2)(CN)

Last-modified: 2021-07-23 (金) 15:58:39

中国 RankⅡ 駆逐戦車 LVT(A)(4)(ZiS-2)(CN)

概要

1.91"Night Vision"で実装された中国ツリー三番目の駆逐戦車。
アメリカのLVT(A)(1)の車体に、ソ連製の"ZiS-2 57mm対戦車砲"を載せた車輛。
見た目に反して全周砲塔ではないことに注意。

車両情報(v1.**)

必要経費

必要研究値(RP)***
車両購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)***
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング2.3 / 2.3 / 2.3
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

車両性能

項目数値
【AB/RB&SB】(初期⇒全改修完了後)
砲塔旋回速度(°/s)**.*⇒14.6 / **.*⇒8.4
俯角/仰角(°)-5/15
リロード速度(秒)
(初期⇒スキルMAX+エース化)
8.7⇒**.*
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
12 / 6 / 6
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
38 / 25 / 25
重量(t)18.3
エンジン出力(hp)***⇒437 / ***⇒250
2,400rpm
最高速度(km/h)43 / 40
実測前進~後退速度(km/h)*** ~ -*** / *** ~ -***
最大登坂能力(°)***⇒*** / ***⇒***
視界(%)166
乗員数(人)5

武装

名称搭載弾薬数
主砲57mm ZIS-2対戦車砲76
機銃7.62mm M1919A4 機関銃3000

弾薬*1

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

砲種別砲名称弾薬名称弾種弾頭重量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
主砲57mm
ZIS-2
cannon
BR-271APHEBC3.199011511095917460
BR-271KAPHE3.1990122116101796050
O-271HE3.7700666666

車両改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I履帯******
修理キット
砲塔駆動機構
弾薬開発1
IIサスペンション******
ブレーキシステム
手動消火器
火砲調整
弾薬開発2
IIIフィルター******
救急セット
昇降機構
弾薬開発3
IV変速機******
エンジン
追加装甲
砲撃支援

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前車両M8 HMC(CN)
派生車両
オリジナル車両LVT(A)(4) Zis-2
次車両SU-76M(CN)
 
 

解説

特徴

詳細はこちらLVT(A)(4) Zis-2

以下引用は、アメリカツリーのLVT(A)(4) Zis-2の特徴欄から。

 

【火力】

ZIS-30が搭載している砲と全く同じの為、心地よい発射音・優れた貫通力・高い威力は健在である。装弾数も車体が大きいためか、76発も搭載可能で、遠慮なくぶっ放せる。なお、車体後部の銃座(機銃塔?)と同軸機銃(そもそも砲塔は変えてしまった)は撤去されており、車体前部の操縦士ハッチの横に増設された。

ここだけ見れば問題は無いように見えるが、全周砲塔では無い点に注意してもらいたい。つまり、回り込まれるとデカい車体ごと動かす必要性があり、変速機などが逝かれた場合、どうしようもなくなる。また、リロードも少々遅いことにも注意してもらいたい。なお、砲塔旋回も遅めである。

 

【防御】

本家と大差はない。砲塔は前方の赤い部分が約32mm、側面と後部が25mmになっており、若干薄くなった。そんなのはどうでもよく、最大の欠点は砲塔がオープントップという点である。しかも、砲塔には搭乗員3名がぎゅうぎゅう詰めで、機銃掃射を喰らえば皆御陀仏する。【火力】で述べた通り、機銃塔が無くなってるせいで機銃の人員を回すことができず、回ってくれるのは前方機銃の人だけである。生命力を上げておくなりして、出来れば砲塔の搭乗員が死ぬ事を防ぎたい。

 

【機動性】

ほぼ本家と同じ。

 

【アメリカツリーのLVT(A)(4) Zis-2との差異】

特になし。強いて言えば乗員が人民解放軍に変わった。

 

【陸ABでの総評】

この車両がデッキを組むのは、M5A1(CN)SU-76M(CN)CCKW 353 (M45)九七式中戦車改に本車を加えた5両のうち3両となるだろう。
それらの中にある本車は、正直浮いている。
なまじ自走砲運用も中戦車運用もできてしまう一方で、高い車高、貧弱な俯角、そして戦車ほどは取れない砲塔回転角度のせいで、どちらとも操作感覚が合わないからだ。
裏を返せば、それらに慣れてしまえば独特の戦い方ができるだろう。
ABでは敵から丸見えになるので、水に浮いて裏をかく戦法は無意味。

 

【陸RBでの総評】

--加筆求む--

 

【陸SBでの総評】

--加筆求む--

 

【陸アサルトでの総評】

本車は、各国にポツポツと存在する「陸アサルト適性を持つ車両」のひとつであり、参戦は同じく適性を持つM3A3 Stuart(CN)またはM5A1(CN)との三択となるだろう。
ほどよいリロード秒数、ほどよい機動力と、なにより最初から最大145ミリ貫通の優秀な砲を持つ本車は、BR1.0からBR2.3までのウェーブ中で特に厄介な、シナイ半島に出現するValentine Mk.Iや、アルデンヌのM3 Medium Tankをナナメから貫ける。これは大きい。
大柄な車体と貧弱な俯角のため、稜線を利用した射撃は不得手なので、家などの障害物からの豚飯撃ちが中心となり、よって陣地境界線の外で遊撃戦をするよりは、狙撃地点でどっしり構えて迎撃戦をするほうに向く。

史実

--加筆求む--

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 滅茶苦茶な解説文やね。まるで話し言葉や -- 2021-07-22 (木) 21:12:36
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算