Re.2000 serie 1

Last-modified: 2019-11-07 (木) 22:41:12

イタリア RankI 戦闘機 Re.2000 serie 1 ファルコ

概要

Ver.1.77にて実装された、イタリア空ツリーのランクI戦闘機。後に実装予定のRe.2001"アリエテ"、Re.2005"サジタリオ"など高名なレッジアーネ戦闘機ツリーの先頭になるはず
高い旋回・速度性能と、このBR帯では十分な12.7mmブレダSAFAT機関銃を機首に2門搭載した優秀な戦闘機である。
--加筆求む--

機体情報(v1.89)

必要経費

必要研究値(RP)5900
機体購入費(SL)6300
乗員訓練費(SL)1800
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング2.0 / 2.0 / 2.0
RP倍率1.06
SL倍率0.4 / 0.4 / 0.4
最大修理費(SL)***⇒516 / ***⇒516 / ***⇒516

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)510⇒550 / 496⇒550
(高度5300m時)
最高高度(m)10000
旋回時間(秒)16.8⇒15.5 / 17.3⇒15.5
上昇速度(m/s)12.8⇒20.6 / 12.8⇒20.6
離陸滑走距離(m)220
最大出力(hp)801⇒982 / 792⇒880
離陸出力(hp)916⇒1097/ 907⇒995
毎秒射撃量(kg/s)0.78
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機銃12.7 mm
Breda-SAFAT
2600機首

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)費用(SL)
10m500m1000m
12.7 mm
ブレダ-SAFAT
既定T/Ball/Ball/I/AP1865
汎用AP/AP-I/IAI/API-T/I1865***
空中目標API-T/AP-I/IAI1865***
曳光弾API-T1865
ステルスAP-I/AP-I/IAI/IAI1865***

追加武装

追加武装:無し

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理******
ラジエーター
12mm弾薬ベルト
IIコンプレッサー******
機体
III主翼修理******
エンジン
新しい12mm機関銃
IVインジェクター交換******
カバー交換

カモフラージュ

クリックで表示

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

次機体Re.2000 G.A.
 
 

解説

特徴

--加筆求む--

立ち回り

ライバル機であったC.200に比べると速力、上昇力で優れているが、高速時のロール性能の悪さや過熱しやすいエンジン、火力こそ同じだが100発以上少ない装弾数など扱いづらい点も目立つ。

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
--加筆求む--

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実

1936年、イタリア空軍は近代化と戦力の増強を目指した“R計画”を発表、イタリア国内メーカーに新型戦闘機開発の協力を求めた。
R計画に応じたレッジアーネ社がロベルト・ロンギ、アントニオ・アレッシオの二人の技師を中心として開発を行い、1939年に完成した機体がRe.2000である。
イタリア戦闘機としては珍しい、ずんぐりとした紡錘形の機体はセバスキーP-35に良く似ているが、これはロンギ技師が長年アメリカで航空機設計の仕事に関わっていた事から多大な影響を受けていたとされる。
マッキC.200やフィアットG.50等がエンジンに小径のフィアットA.74を採用しているのに対し、Re.2000は大径だが出力も大きいピアッジオP.XI RC40を採用している。
これにより、飛行試験においては目下のライバルであるC.200よりも高速力を発揮し、運動性能でも上回っていたのだが、Re.2000は不採用となってしまう。
不採用の理由に付いては、Re.2000のインテグラルタンクに対し、空軍が防弾性と信頼性を不安視した事、またP.XI RC40が信頼性に欠けるエンジンであった事などが原因とされる。

イタリア空軍では不採用となったが、Re.2000の高い性能は諸外国にも広まり、ハンガリー、スウェーデン、ユーゴスラビア、スイス、フィンランド、さらにはイギリスから注文が舞い込んで来る事になった。
1940から42までに156機が製作され、ハンガリーに70機、スウェーデンに60機が輸出され、この後もさらに輸出される予定であったが、イタリアの参戦に伴いこれ以上の数が生産、輸出される事は無かった。
ハンガリーではヘーヤIIと言う名前でライセンス生産も行われ、1945年まで使用された。

当初イタリア空軍では不採用となったRe.2000だが、イタリアが第二次大戦に参戦すると、戦闘機の数を揃えたい空軍によって使用される事となり前線部隊に配備された。
また燃料タンクやハードポイントを増設し長距離行動を可能にしたGrande Autonomia型や、カタパルトから射出が可能なCatapultabile型などの派生型に改造された機体もあった。
イタリアで使用された機体は1943年の休戦までに殆どが失われ、残存はわずか2機だけであったと言う。

--加筆求む--

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

●DMM公式
Re.2000:イタリアの隼

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • スクショをとりあえず2つ撮りました0102 -- 2018-03-15 (木) 16:36:51
    • 02のほうが好きだなぁ...出来たらスピット(あとはP-38・コルセアとか)を返り討ちにするスクショだと胸熱 -- 2018-03-15 (木) 23:00:03
    • 1の後姿はトプ画の構図としてはNGじゃない?あと個人的にペラが回ってる状態の方がいいと思う -- 2018-03-15 (木) 23:30:51
    • 自分も2枚撮った。横から、斜め前から。個人的には木主の02が好き。 -- 2018-03-16 (金) 00:02:44
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White