【デュアルブレイカー】

Last-modified: 2020-12-18 (金) 22:43:57

【ブーメランスキル】

【スライムブロウ】-【メタルウィング】-【パワフルスロー】-【シャインスコール】-【バーニングバード】-【デュアルカッター】-【フローズンバード】-【デュアルブレイカー】-【レボルスライサー】-【ギガスロー】

【ブーメランの極意】

スライム

【フローズンバード】-【デュアルブレイカー】

ミステリドール

【デュアルブレイカー】-【レボルスライサー】

概要

状態異常の耐性を
下げる2回連続の
ブーメラン攻撃

ブーメランスキル140ptで覚えられる特技。略称はDB(Dual Breaker)。
消費MP8、CTは初回30秒/二回目以降75秒。
対象にした敵と、その周囲の敵に通常攻撃の2.4倍(【旅芸人】は3.2倍)のダメージを2回与える。
更に【状態変化耐性低下】を付与して状態異常にかかりやすくする。
【会心の一撃】は1匹目の1撃目のみに発生し、2匹目以降は威力と命中率が減衰する。
 
言い換えると、強化されたデュアルカッターに【魔導の書】の効果が付いたもので、入れることで状態変化の付着率が飛躍的に増加する。
また、2段両方に追加効果の判定があるうえ、単発ごとの成功率も非常に高く、さらにCTもこの技により付着した状態変化耐性低下が切れる前に溜まる。
耐性が並以下の相手ならほぼ確実に成功し、入れっぱなしにすることも可能である。
多くの敵は状態変化耐性低下への耐性が低いのもポイント。
 
現在は【フォースブレイク】【プラズマブレード】など各種耐性ダウン技を入れてから強力なCT技で一気に削るという戦法が流行しているため、その成功率を支えるデュアルブレイカーは非常に重要度が高い。
その他、一部耐性持ちへ【スタン】を使う場合の安定性向上、短剣使いと組んでの【タナトスハント】【オネロスハント】の起点作りなど使い道は多い。
そのため、この技自体が【レボルスライサー】と並び、Ver.3.5現在ではブーメランスキルの、ひいてはブーメラン所持職の強力なアイデンティティのひとつになっている。
なお、【与ダメージ減少】【被ダメージ増加】といった一部の状態異常は、「それを防ぐための耐性が存在せずどんな相手にも一定確率で成功する」という仕様のためか、この特技の効果が入っていても成功率が変化しない。
そのため、この技の後に【武神の護法】【ケルベロスロンド】や前述のレボルスライサーを使っても成功率は変わらないため注意。
ただし、攻撃力ダウンの効果を併せ持つ【真・やいばくだき】に限っては与ダメージ減少の成功率も上がることが有志の検証で確認されているため、戦士とは相性がいい。*1
 
ブーメラン使い自身への恩恵として、この技自身と【デュアルカッター】は2段とも状態異常錬金が乗るという特徴があるため、武器や腕防具に【ヘナトス】【マヒ】等の錬金効果を付けて投げまくると範囲攻撃と範囲デバフを同時にばら撒くことができる。
また、弱体系の呪文や職業特技に繋ぐのも有効で、【レンジャー】【マヌーサ】【あんこくのきり】【どうぐ使い】【ラリホーマ】【ディバインスペル】【旅芸人】【ルカナン】【ゴッドジャグリング】等とコンボ可能。
一方で元来魔導の書を持つ【賢者】は、それ以外に職業固有の弱体呪文や特技を持たないので、専ら他職の支援や他の武器とのコンボを目的に使うこととなる。
【おたけび】【ボケ】【ぶきみなひかり】といった職業共通の特技にも当然有効なので、敵の無力化や呪文耐性ダウンも入れやすくなる。
 
状態異常耐性ダウンの効果時間は長いため、他の武器に持ち変えて弱体技を使うのも有効。
ブーメラン職自身が使えるものとしては、弓の【マジックアロー】【ダークネスショット】、斧の【蒼天魔斬】【鉄甲斬】、ハンマーの【ウェイトブレイク】【プレートインパクト】、短剣の【スリープダガー】【ヴァイパーファング】、扇の【花ふぶき】【百花繚乱】等とのコンボが考えられる。

Ver.3.0後期

CTが90秒から75秒へ短縮された。
なお、前期で実装された【達人のオーブ】システムがさらに拡張され、「デュアルブレイカーの極意」が追加された。

Ver.3.1後期

【スライム(仲間モンスター)】の転生7回目のスキルライン【ブーメランの極意】で覚えられる。必要スキルポイントは40。
【モンスターバトルロード】でのCTは初回0秒/二回目以降75秒。
バトルロードの他のCT付き特技と同様、開幕ぶっぱが可能である。これを起点に様々な状態異常をかけて序盤の混戦を乗り切りたい。
特にやみしばりとの相性は最高で、十数秒で敵の群れが状態異常地獄となり、そしてなぎ倒されていくため爽快。

Ver.5.0

【旅芸人】のデュアルブレイカーは他職が使用するものよりも威力が高い特別仕様となっている。
敵の守備力にもよるが【バイキルト】が掛かっていれば一発辺り1000前後になり、更に「装備時チャージ時間-20秒」のパッシブスキルを持つため、初回CTが10秒、以降55秒と非常に早いサイクルで使用できる。
 
【万魔の塔】においてはダメージ目的としてもこの特技の存在は非常に重要なため、デュアルブレイカーの極意の宝珠の価値がこのバージョンで一気に跳ね上がった。
特に、旅芸人が使用するデュアルブレイカーは素の倍率の高さから極意の宝珠との相性が極めて良い。

デュアルブレイカーの極意

Ver.3.0後期に追加。
威力を3%、最大18%上げる。確かにこの技の威力自体も高い上宝珠自体の倍率も悪くないのだが、実装当時は「技巧の方がうれしかった」と言う意見が多かったようだ。
【スライムボーグ】【スライムエンペラー】が落とし、前者は落とす確率が異様に低く雑魚なのにデイン系呪文を唱え、後者は強すぎる上にザオラルを使うのでエモノ狩りと非常に相性が悪いと入手は困難な部類に入るほどだった。
 
Ver.5.0で【おばけヒトデ・強】がドロップするため、魔界を少し深くまで潜らなければいけないものの、倒す手段だけなら楽になったともいえる。その段階まで進んでしまえばスライムコンビのどちらかからでも入手するのも困難ではないかもしれないが。



*1 攻撃力ダウンはこの技の影響を受ける。そこで攻撃力ダウンは影響するが与ダメージ減少は影響しないという個別処理を設定することが仕様上難しく、与ダメージ減少も影響される仕様になったのではないかとの説がある