Top > 【スライムブレス】


【スライムブレス】

Last-modified: 2019-06-02 (日) 02:19:13




概要 Edit

DQ7が初登場のモンスター。
2本の角と翼、尻尾をもつ綺麗な青色のドラゴン型スライム。
その名の通り、ブレス攻撃を得意とする。
DQ7では炎系のブレスを吐くが、コロコロコミックのDQ7の発売前情報では色のイメージからか氷系のブレスを吐くと書かれていた。
近年の作品では本当に氷系のブレスを吐くようになった。
ジョーカー1の図鑑では【ドラキー】【スライム】が結ばれて生まれたとされ、見た目もドラキーに似ているが血液は大の苦手。
ドラキーの血を引くにも拘らず、紛れもなく竜の血を引くドラゴスライムの上位種という辺り、モンスター界も奥が深い。
血が苦手だが好物は肉であるらしく、イルルカの図鑑では自分のブレスでウェルダンに焼きあげて食すとの事。 
【ドラゴスライム】の上位種にあたり、最上位種には【ドラゴメタル】がいる。

海外版表記は"Dragon slime"。ドラゴスライムはドレイクスライムというが、意味するものは同じ。

DQ7 Edit

【聖風の谷】周辺や【黒雲の迷路】に出現する。
見た目の割りにHPが高く、一度に5匹くらいで現れて【かえんの息】を連発する嫌なモンスター。
火炎系の特技に対して耐性を持ち、状態異常も効きにくいので、まわしげりやしんくうはで一掃したい。
浮遊系だが、一度にまとめて倒したい相手なのであまり意味がない特性である。
落とすアイテムは【スライムの服】
ちなみにモンスターパークに送り込んで話しかけると「ピュキー!」という独特の声を発する。

DQ10 Edit

Ver.3.2からと遅めの登場のため、こごえるふぶきとしゃくねつといった強力な特技を使う。
戦闘開始時の笑顔が素敵。
詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

【シケスビア雪原】【ミルレアンの森】に出現。過ぎ去りし時を求めた後は、出現場所が【古代図書館】へ移動する。
【つめたいいき】と連携の【ブレスブリザード】を吐いてくる。
ドロップアイテムは【まんねん雪】とレアが【こおりのけっしょう】

強ver Edit

【バンデルフォン地方・東の島】や外海に登場。【こおりのいき】を吐いてくるようになった他、ブレスブリザードのダメージが上がっている。
3DS版では最初から【ゾーン】に入っていることが多く、同じ地域に出現するモンスター連携持ちの【うずしおキング・強】共々非常に嫌な敵になっている。
2Dモードでは【覇海軍王ジャコラ】の所に行くまでの区域がコイツとうずしおキング・強と【だいおうイカ】しか出現しないという難所になっている。運が悪いとジャコラ以上に苦戦する恐れも。
とは言え、この時点では確実に全体回復手段があるはずなので、マップ上では常にHPを高く保っておき、耐性装備を整えて早目の回復を心掛けていれば【不意打ち】されない限りは何とかなるだろう。
【ネルセンの迷宮】【導師の試練】にも出現する。ステータスが上がった他、ブレスが【こごえるふぶき】に強化されている。

DQMJ Edit

スライム系のCランクとして登場。
一般配合で作ることができるが、野生としては生息していない。なまじ位階が高いせいでスライムとドラキーを配合しても作れず、これは後々の作品にまで続いた。
【みかわしアップ】の特性に加え、炎、吹雪ブレスを無効化する優秀な耐性を持つ。
所持スキルは【ドラゴンスピリッツ】

DQMJ2、DQMJ2P Edit

断崖に生息するようになり、みかわしアップの他に【ルカニブレイク】の特性も所持している。
DQMJ2Pでは【まれにまもりの霧】の特性も持っており、最強化すると【炎ブレスブレイク】の特性を得る。
相変わらず攻撃ブレスを無効化するので、断崖のボス戦の前に加入させられれば心強い。
成長が早く、配合で作ってもすぐに高いステータスになってくれる。

テリワン3D Edit

しれんの扉とさいはての扉に生息している。
また、【メタルライダー】×【くさったしたい】などの配合でも生まれる。
特性は【スモールボディ】【みかわしアップ】【パラメータブレイク】、+25で【まれにまもりの霧】、+50で【炎ブレスブレイク】
例によってブレス耐性に優れ、攻撃ブレスを多用する相手に対し強い。ただし状態異常に弱く、ステータスも今一つ。
特性をフル活用するならダウナー、最強ガルハート、最強火炎という組み合わせがお勧め。

イルルカ Edit

野生では出てこないが、夢見るタマゴから生まれることもある。
【新生配合】【吹雪ブレスブレイク】【メガボディ】化で【AI1~3回行動】【ギガボディ】化で【ブレスのコツ】を習得。
スキルは変わらず「ドラゴンスピリッツ」。

DQMJ3、DQMJ3P Edit

野生では【凍骨の氷原】に出現。晴天時のポーラパーク周辺などに生息し、【こおりの息】を吐く。悪天候時は【ブリザード】に差し替えられ、出現しなくなる。
昼間は飛び回っており(ポーラパーク東口のそばに生息するものは必ず3体セットで配置されている)、夜はポーラパーク入口付近にあるアーチの上などで寝ている。
どういう訳か動物モチーフのモンスターを差し置いて捕食される役に選ばれてしまっており、ポーラパーク東口の個体は時々【せつげんりゅう】に食べられてしまうが、すぐに【エンゼルスライム】になって甦る。
プレイヤーが気付き易くする為か、「スライムブレスが群れている場所のすぐ近くに、せつげんりゅうが予めスライムブレスの群れの方を向いた状態で配置されている」という可哀想な配置になっている箇所もある(プロ版では、追加シナリオを途中まで進めて魔界のモンスターが出るようになると、この位置のせつげんりゅうのシンボルが削除される)。
更に、凍骨の氷原を初めて訪れた際に流れるムービーでも上記の配置がされている箇所の近くでせつげんりゅうに追いかけられており、噛み付かれそうになっている。
 
【ガルビルス】を倒してから巨大化した【狡猾王アーザムーク】を倒すまでの間は凍骨の氷原の天候が悪天候で固定になってしまい出現しなくなる。
 
翼が小さいためかライドタイプは陸上。
特性は、新たに【超生配合】【いきなりバイキルト】【超ギガボディ】化で【神の息吹】を習得。
スキルは【氷の息吹】になった。
プロ版における合体特技は【雷雲招来】、合体特性は【超みかわしアップ】
 
上記の兼ね合いからかエンゼルスライム系とはモーションが同じ。更に、せつげんりゅうの下位種の【ダッシュラン】に捕食される【ドラキー】系、ドラキーが食べられて変化する【ボーンバット】系ともモーションが同じ。
と言うか、「ダッシュラン系の捕食モーションにモンスターを足で押さえ付けるという仕草が含まれている都合上、ドラキーと体型の近いモンスターでないと不自然になりかねない」「食べられて他のモンスターに変化するギミックを違和感なく入れられる」といったメタ的な理由でこいつが捕食される役に選ばれたのだろう。
しかし、こいつが襲われた時のポーズはドラキーとは全く異なるものになっている(ドラキーが襲われた時のポーズはイルルカのものを少し手直ししていると思われる)。

トルネコ3 Edit

HP34、攻撃力14、防御力12、経験値35(LV1)。アイテムドロップあり。
PS2版では集団行動をとり数を頼みに襲いかかって来る。
正面に射程10マスの炎の息を吐いて10ダメージを与えて来る。
【ドラゴンの指輪】の識別に利用できる事を覚えておきたい。
【山脈の尾根】では一度に10匹くらいの群れで迫ってくることもあるが、弱い。
【異世界の迷宮】では登場が早い分だけ手強いが、得られる経験値35はかなりおいしく、ある程度慣れたプレイヤーにとっては経験値の塊という認識だ。
こいつを二発で倒せないようでは、その後の強力モンスターに対抗するのは厳しいと言えよう。
スライム系である他、【浮遊系】【炎系】でもあるので、【ウィンドスピアー】【ドラゴンキラー】(及び【アイスソード】)が有効。
 
成長タイプは【防御・早熟】で、デフォルトネームはラブレス。
異世界の迷宮においては、低層階で仲間にできる唯一の炎系なので、【地雷】対策に連れ歩くプレイヤーもいる。
ただ、待機時に仲間を焼き殺してしまう事故があり得るので、配置には気をつけたい。
同行時は【とくぎつかうな】など、こまめに作戦変更して対応したい。

スライム大作戦 Edit

キザな性格の【ブレス】として登場。