Cast Off the Flesh 肉の解放

Last-modified: 2024-02-18 (日) 03:01:19

概要情報

分類派閥クエスト: バロウホルム
発生条件饗宴 クリア
Honored 栄誉 (ランク3) 以上
受注
報告
Barrowholm
バロウホルム
Scorv Egdenor
スコーヴ エグデナー
内容カテゴリ会話対象Scorv Egdenor
スコーヴ エグデナー
場所Barrowholm
バロウホルム


報酬

報酬ノーマルエリートアルティメット
34,000 EXP56,000 EXP101,000 EXP
+2000 名声 (バロウホルム)
ランダム防具(エピック)
+2000 名声 (バロウホルム)
ランダム防具(レジェンダリー)


攻略

クエスト自体は会話のみで完了。ラヴァジャーを顕現させるために3人の生贄志願者の中から1人を選ぶ。
生贄の選択を決定した時点でクエストは完了し、報酬を受け取ると同時にラヴァジャーが顕現する。
NPC状態のラヴァジャーとは会話を行う事が可能で、会話の中で挑発的な選択肢を選んでいくと戦闘になる。

誰を選んだかによって現れるラヴァジャーの種類が変わる(下表参照)が、クエストクリア後にラヴァジャーに挑戦する気がないなら誰を選んでも同じ。

出現するラヴァジャーにより使うスキルや得意属性、固有ドロップ品の性能が違うため、
挑戦するつもりならば下記表のリンク先から比較して、どのラヴァジャーを出すか決めるとよいだろう(名前部分の外部リンク先は Grim Dawn Tools)。
この選択は一度決定すると変更はできず、その難易度ではセッションを変えても同じ種類のラヴァジャーが配置され続ける(難易度ごとに変えることはできる)。

ラヴァジャーは本ゲームにおける最強クラスの敵の一人。固有ドロップアイテムのレジェンダリー版取得が目的なら難易度アルティメットで挑む事になる。

  • 以前のバージョンでは難易度エリート以上ではレジェンダリー版が、難易度ノーマルではエピック版がそれぞれ固定ドロップになっていましたが、
    v1.2 以降、難易度エリート以下ではエピック版、難易度アルティメットのみレジェンダリー版ドロップのようです。
    (実際に v1.2.0.2~v1.2.0.3 難易度エリートをLv100のキャラクターで何度かやってみましたが全てエピック版でした)

ラヴァジャーは、敗北してしまった場合は 同じセッション内/別セッション の両方で何度でも同じ相手に再度挑戦可能、
一度討伐後も、別セッションにすることで何度でも同じ相手に挑戦可能となっている。

肉の役ラヴァジャーモンスター固有品
タイヴァルド ハロウズ肉のラヴァジャー破壊者の恐視 (赤)(ヘルス上昇&生命力耐性)
オーリン エヴェリン心のラヴァジャー破壊者の恐視 (紫)(防御能力上昇&カオス耐性)
ジョーディス エヴェリン魂のラヴァジャー破壊者の恐視 (緑)(攻撃ダメージをヘルスに変換&イーサー耐性)

各ラヴァジャーは非常に高い属性耐性を持ち、素の状態では殆どのダメージが9割程度減衰されてしまうため、
討伐に挑むには多目の耐性減少デバフを用意しておく必要がある(一番低い物理耐性ですら87%,特に生命力耐性は123%以上となっている)。
また、その攻撃は通常のボスとは比較にならないほど強力で、ヘルスを一定量まで削ると更に凶悪化するため、
平均以上のディフェンスと持続的に大きくヘルスを回復する手段を備えておかないと瞬殺される事になる。

3種類は[生命力]を共通の使用属性とし、「肉のラヴァジャー」は[出血],「心のラヴァジャー」は[エレメンタル]と[毒酸],「魂のラヴァジャー」は[冷気]と[イーサー]をそれぞれ使用する。
いずれもいくつかのヘルス減少攻撃と全属性を35%下げてくる。
ver1.2.0.0からは サンダー/Sunder(破砕) と呼ばれる強力な被ダメージ上昇デバフも使用するようになった。(プレイヤーとペットの被ダメージが72%増える)

  • ラジャヴァーは出現位置から一定距離離れると追跡が切れるため、危なくなったら村の入り口方面へ逃げて仕切り直す事もできる。
    各種バフを得られる消耗品を同時に重ねて使うのも有効。
  • 3種の中でもっとも強力で多彩な攻撃手段を持つ「魂のラヴァジャー」は、一定時間 100% のファンブル(攻撃失敗)デバフによってこちらの攻撃が強制的に外れてしまいヘルス回復が止まるため、
    ADCtHによるヘルス回復をメインにするビルドの場合相性が非常に悪い。
    本体が全属性耐性を下げてくるうえに、不死属性である死霊型の召喚物も生命,イーサー,物理耐性を下げてくる。(これらはいわゆるBカテゴリのため全て重複する)
    被ダメージ対策としては「割合でのダメージ吸収/敵ダメージ減少デバフ を使う」、
    「自己防御能力を高めたり敵の攻撃能力を下げる」「ファンブル効果を与えるデバフを使う」などが有効なのは他の強敵と同じ。
    ほかには イーサー/生命力/冷気 の耐性上限拡張や耐性減少デバフに備えた耐性超過の確保に加えて、
    物理ダメージも強烈なため、物理耐性や装甲を大きく強化しておくと被ダメージが幾分マシになる。
    召喚物に近寄らないだけでもダメージや耐性減少が減り大分楽になる。
    • 敵の攻撃タイプ的に全体のうちで殴りによる被ダメージが大きな割合を占めるため、
      [盾ブロック率とダメージブロック量の強化] と [再ブロック可能になるまでの時間を短縮] に大きく注力したビルドでは難易度が緩和される。
      ただし、以前はガチムチにセッティングした盾持ちの ソルジャー+オースキーパー などでは、かなり余裕を持ってフェイスタンクし続けて倒す事も可能だったが、
      ver1.2.0.0からはサンダー/Sunder(破砕)の追加で難易度が上がっている。
    • 過去にはNB入りの回避率に特化したビルドも殴りによるダメージを大きく軽減できるのでかなり有効だったが、
      現在では回避率が稼ぎにくくなっている。
    • 召喚する死霊(こちらもサンダー/Sunder(破砕)を持つ)からの攻撃を無為に受けていると一気に危険になるため、
      隅の方で死霊を召喚させたり一ヶ所に誘導してまとめておいてから、遠くへ素早く移動して、追いかけてきた本体を削ることを繰り返す戦術や、
      近接型では離れた場所にいる死霊からの攻撃を受けにくい建物や木の陰に隠れて戦うなど、工夫が必要なケースが多くなっている。
    • 死霊は感知範囲が かなり広く、存続時間がかなり長いため、数カ所を転戦するようにしないと同じ場所に集まってきてしまう。
      思い切り逃げると追尾が切れてその場に留まるので、いったん遠くに引き離しておいてから、離れた場所で本体を削るのがよいのだが、
      またすぐに再召喚されるので、再召喚されるまでの間に短時間で大きく削れるだけの火力を用意しておく方がよい。
  • 近接型以外のビルドでは、離れて打ち込める 耐性減少デバフ/範囲攻撃/DoT/持続式スキル/召喚物の攻撃 などを複数当てながら逃げ回り続けると、
    時間は非常に掛かるものの、ガチンコで戦うよりも勝率が上がるケースがある。
    この際、非常時の安全装置的なダメージ吸収や回復手段、ヘルス再生強化などを積んでおくと、
    操作ミスなどで不意に殴られた時の頓死を防ぎやすくなる。
  • ver1.2.0.0から「心のラヴァジャー」には、こちらのバフ効果を無効にする召喚物(低速弾を撃ってくる紫色のトーテム)が追加され、
    本体が使うスキルへのサンダー/Sunder(破砕)の追加とあわせて、以前よりも難易度が上がっている。
    対策としては、トーテムが出る瞬間に回避(Evade)スキルやメダル増強剤のダッシュスキルを使い、
    弾を遮ることができる樹木などの障害物の陰へ素早く位置を変える立ち回りが有効。


コメント

  • 誰を生贄に捧げるかで -- 2017-11-03 (金) 18:24:30
  • タイヴァルド 肉 (Flesh),オーリン→心 (Minds)、ジョーディス→魂 (Souls) -- 2017-11-09 (木) 08:03:45
  • エリートで自キャラLV90でクエスト終了時にLV94のレジェ腕が貰えました -- 2017-11-13 (月) 21:34:25
  • v1.2版でラヴァジャー解説を編集してくれた方ありがとう。Sunderの解説へのリンクと文字の抜けだけ追加しました。 -- 2023-11-24 (金) 22:02:07
  • v1.2.0.2 で魂と心のラヴジャーやってみたけど、前よりもメチャ強くなってる感じだったので追記しておきました。 -- 2023-11-26 (日) 17:28:00
  • v1.2.0.2 でのドロップ状況と戦術を少し追記しました。 -- 2023-11-28 (火) 22:45:02
  • 死因研究所の方でコメント書いた人なんですけどSunder/破砕の要素以外にもラヴァジャーの攻撃力と耐性B下げが1.2以降で強化されてます。魂のラヴァジャーの場合、攻撃属性に出血がなくなって冷気が含まれるようになってるなど、ラヴァジャーによって扱う属性が変化してる攻撃もあるようです -- 2024-02-02 (金) 13:53:01
  • ペットビルドで心のラヴァジャー倒せた!バーボンクローン、ローカー、モグドロゲンの化身は討伐済みなので次は箱男とキャラガドラ行ってくる! -- 2024-02-18 (日) 03:01:19