武器/ダーティリボルバー

Last-modified: 2021-04-21 (水) 13:58:38

MHP3において、フロギィやドスフロギィの素材をベースとして作成される。ボウガンではない。

概要

  • フロギィリボルバーの完成形であり、ユクモノ弓の最終形態の一つ。
    握りの部分にリボルバー拳銃のようなシリンダーが取り付けられており、
    折りたたむと弦の部分が銃把のようになり、まさに巨大なリボルバー拳銃となる。
    このシリンダーは本物の加速装置であり、発射される矢の推力を高める効果があるという。
    これこそボウガンと言うべきではなかろうか。

性能

  • この弓の最大の特徴は毒ビン睡眠ビンを強化できる弓であるということ。
    2種類のビンを強化できるのは全作品を見ても極一握りしかないので、大変貴重な一弓となっている。
    曲射が状態異常値を蓄積させやすい爆裂型であることも相まって、まさに状態異常のエキスパートと言える。
    そういうことはボウガンでやれ、などと言ってはいけないのはお約束である。
  • ここまで聞くとクセが強そうな印象があるが、無属性連射弓なのでオールマイティに戦える。
    もとが鳥竜種の素材なので生産・強化が比較的容易なことも魅力。
    弓の基本ができているならば、下位~上位中盤くらいまでの攻略で頼もしい存在となってくれるだろう。
  • 3Gにも登場。G級でグルト・ボイゾンに強化でき、シリンダーの形状が若干変わる。
    ただビン強化は毒ビンのみになってしまい、”2種類のビン強化”という特徴を失ってしまった
    (一応睡眠ビンは使用可能)。その代わりなのかスロットが3つになっている。
  • MHRiseでは久々にドスフロギィ復活とともにこの弓も三たび復活。
    毒と睡眠の2種類強化も復活して帰ってきた。
    連射弓としては、攻撃力・強化時期共にカムラノ鉄弓IIIと同等。使い勝手もほとんど変わらず、見た目で選んでもいい。
    攻撃力の低い序盤では毒によるダメージも馬鹿にならない。…のだが、今作の支給品ボックスには毒ビンではなく強撃ビンが入っている。
    多くの弓使いが喜ぶなか、フロギィリボルバー愛好家はひっそりと涙を飲んだとか。
    さらには上位ドスフロギィを狩猟した時点で、最終強化のダーティリボルバーになり打ち止めになってしまう。
    攻略用と割り切って使おう。

余談

  • リボルバーとは回転式拳銃のこと。
    非常に長い歴史を持つ銃器であり、西部劇でもおなじみの武骨な拳銃である。
    ウエスタン風のフロギィ防具に合わせたチョイスなのだろう。
  • ダーティ(dirty)とは、英語で汚れた・汚い・卑劣なといった様な意味を持つ。
    毒や睡眠の様な状態異常で攻めるこの武器にはよく似合っている名前だろう。
    • 元ネタは1971年の映画「ダーティハリー」だと思われる。
      クリント・イーストウッド扮する主人公ハリー・キャラハン刑事が
      当時世界最強の威力を誇った拳銃「S&W M29」を豪快にぶっ放し、
      威力が高すぎて逆に売れていなかったこの拳銃を一躍スターダムにのし上げた刑事アクション映画である。
      ちなみにM29に使用される.44マグナム弾は、もともと狩猟用のものである。まあ偶然だろうが・・・
  • G級武器のグルト・ボイゾンという名前は、おそらく拳銃の一種である「コルト・パイソン」のもじりと思われる。
    グレート・ポイズン(=偉大な毒)との掛け合わせといったところだろうか。
    • ドスフロギィの英語名がGreat Wroggi(グレート・フロギィ)なので、そちらを意識したのかもしれない。
  • MHP3で初登場してから長い間、2種類のビン強化を持つ弓は本武器のみであったが、
    MHW:Iでの新参弓、飛毒弓ベニアラシ毒ビン麻痺ビンの二種類を強化でき、
    マスターランクでその強さを存分に発揮できるので、
    唯一無二のビン2種強化は、後輩に譲る形となった。

関連項目

モンスター/フロギィ
モンスター/ドスフロギィ
武器/ザ・キッド - 素材元が同じで、なおかつリボルバー銃というモチーフも共通する双剣