Top > P-51
HTML convert time to 0.028 sec.


P-51

Last-modified: 2018-05-25 (金) 16:07:26

アメリカ RankIII 戦闘機 P-51 Mustang Edit

shot 2016.10.10 14.42.38.jpg

概要 Edit

通称パノタング。機体自体はイギリスツリーの課金機体Mustang MK IAと全く同じ。
エンジンはやや馬力不足で高高度性能は低いが、翼内に搭載された20mm4門の火力は絶大で、一瞬で敵機を破壊してしまう。
それに加えて高速に飛ぶことに特化した機体設計もあり高い降下性能+高速時のある程度の操作性を有している。
ただし、イスパノ マークIIは改修するまではすぐに弾詰まりを起こすため、意識してタップ撃ちをするとよいだろう。

機体情報(v1.63) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)18000
機体購入費(SL)77000
乗員訓練費(SL)22000
エキスパート化(SL)77000
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)70
護符(GE)980

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング4.0 / 3.7 / 4.0
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)589⇒*** / 577⇒***
(高度5200m時)
最高高度(m)8839
旋回時間(秒)21.6⇒*** / 22.2⇒***
上昇速度(m/s)6.4⇒*** / 8.5⇒***
離陸滑走距離(m)491
毎秒射撃量(kg/s)5.17
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)-
限界速度(IAS)*** km/s
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/s, (着陸)*** km/s
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機関砲20mm
イスパノ マークII
4500翼内

弾薬 Edit

武装名ベルト名内訳費用(SL)
20mm
イスパノ マークII
既定HEF-I/HEF-I/P/T-
汎用HEF-I/HEF-SAPI/AP/T40
空中目標HEF-I/HEF-I/HEF-SAPI/HEF-SAPI40
地上目標AP/AP/AP/HEF-I/T40
曳光弾AP/T/HEF-I40
ステルスHEF-I/HEF-I/HEF-SAPI/AP60

追加武装 Edit

無し

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理******
ラジエーター
**mm弾薬ベルト
**mm銃座用弾薬ベルト
IIコンプレッサー******
機体
新しい**mm機関銃
新しい**mm銃座用機関銃
III主翼修理******
エンジン
**mm弾薬ベルト
爆弾懸架装置
IVインジェクター交換******
**オクタン燃料使用
カバー交換
新しい**mm機関砲
ロケット懸架装置

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前機体P-38E
オリジナル機体Mustang MK IA
次機体P-47D-25
 

解説 Edit

特徴 Edit

--加筆求む--

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
未改修であるなら迂回上昇、改修ずみであってもさらに上を取りたいなら迂回ルートを通って上昇しよう。 ABでは、戦闘機相手に本機でヘッドオンを挑むと回避行動をとられてあっさり後ろに回り込まれることがある(本機に限った話ではないが)。そのため、戦闘機を相手にする際には敵が気づいて居ないうちに20mmをたっぷり浴びせてやるとよい。
瞬間火力が本機は優秀であるため、瞬く間に敵機をスクラップにできる。 また、爆撃機相手でも本機の機関砲はは(レート等含め)非常に威力が高いため、シャワーのように弾を浴びせれば火を吹かせるなり多大な被害を与えることができる。 また、本機も言うまでもなく一撃離脱特化のため、常に高空にいることを意識し格闘戦はなるべく避けよう。
どうしても格闘戦が必要な場合は、ロール性能と低空での加速力を活かしてシザーズや縦旋回に持ち込もう。

なお、本機の空中目標ベルトはステルスなので、弾道が分からず、当てにくいときは見越し点より先に射撃し、敵を射線に被らせれば数発は当てられる。

 

【リアリスティックバトル】
要編集

 

【シミュレーターバトル】
まず、飛行場から離陸したら敵の方に向かわず反対に向かって最低でも高度3000mまで上昇する。できれば5000mまで上昇するか速度500km以上の速度で飛びながら索敵しよう。敵を見つけたら700km位で一撃離脱しよう。失敗したら追いかけずに再上昇して隙を見て再攻撃する。
格闘戦になってしまったら速度400km以上で旋回を維持しよう。殆どの敵はついてこれないはずなのでどんどん相手の速度が落ちていく。敵が複数なら味方を呼びながら逃げるべきである。味方が来て相手がバラバラになったらインメルマンターンで高度を回復しながら反転して狙えそうな敵を狙おう。
しかし、低速では機体性能を発揮できないのでこの機体が弱いと感じるかもしれない。そう感じたら自分の飛行速度を見て、旋回中も曲がりすぎてないか確認しよう。使いこなせればとても優秀な戦闘機のはずだ。

史実 Edit

P-51A.jpg

第二次世界大戦が始まった1939年から、イギリス、フランスはアメリカから兵器を購入する計画を立てていた。しかし、戦闘機ではカーチス社のP-40以外にヨーロッパの水準に達するものがなく、そのP-40もアメリカ軍向けへの生産で手一杯だった。そこで、ノースアメリカン社にP-40のライセンス生産をすることを提案をしたが、ここでノースアメリカン社は「P-40と同じアリソンエンジンでさらに高性能の機体を作れる」と回答。120日以内に試作機完成という条件の元、P-51は誕生した。操縦性や低空性能は高かったが、一段一速過給機を搭載するアリソンエンジンは高高度性能が悪く、対戦闘機戦には使われなかった。そこで、性能向上のためにまずは火力を20mm4門に強化したのがマスタングIAである。そのマスタングIA150機のうち57機をアメリカ陸軍向けに転用した物が本機である。ちなみに同じ時期にはA-36も作られている。

小ネタ Edit

--加筆求む--

 

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)