武器/ジャナフ武器

Last-modified: 2022-03-27 (日) 19:12:56

蛮顎竜アンジャナフ、及びその亜種の素材を用いた武器群。

目次

概要

  • MHWorld初登場のアンジャナフの素材を使って作られた武器群。
    ヘビィボウガンを除き骨武器の系列であり、アンジャナフを狩猟し、その素材を手に入れることで派生強化が可能となる。
    一部の武器は専用の見た目を手に入れるが
    それ以外の武器は骨武器に素材を張り付けた、所謂皮ペタ武器になる。
    しかし、同じ危険度1のモンスターの中では固有グラフィックを持つ武器は比較的多い方に入る。
    • 固有デザイン、皮ペタに共通して
      アンジャナフの特徴でもある桃色の皮と黒い毛皮がよく目立つデザインとなっている。
      くわえて固有デザインの方は白や赤の玉石飾りが巻かれており、より野性的な風格の漂う仕上がりとなっている。

通常種武器

MHWorld

  • 剣士用武器に共通する性能は以下の通り。
    • 属性武器の中では攻撃力は高め
    • 非常に高い火属性を帯びる
    • 素の斬れ味は短いで、を用いても青が伸びるのみ
    • 比較的大きなマイナス会心
  • やはり低い会心率と悪い斬れ味が痛く、多くの場合他の武器に期待値は抜かれがち。
    会心率や斬れ味のケアを行っても基本的には最終候補にはならないことが多い。
  • ガンナー用武器の性能は以下の通り。
    • ライトボウガンは通常弾、散弾、火炎弾の扱いに秀でている。
      速射は通常弾(Lv1、Lv2)、散弾(Lv1)、の三種に対応。
    • ヘビィボウガンは通常弾、貫通弾、散弾、火炎弾の扱いに長けている。
      また、徹甲榴弾が単発自動装填に対応している。
    • 弓の性能はおおむね剣士用武器に準じており、高い物理攻撃力に高い属性値と低い会心率。
  • 武器は共通して、
    • 無属性武器にも迫る攻撃力
    • 火竜武器を超える属性値、装填数
    • 少しキツめのマイナス会心
    • 産廃とは行かないが劣悪な斬れ味、ブレ
    という特徴がある。
    しかし、弓に関してはブレや斬れ味と言ったなんらかの不遇要素が存在しない上に、
    マイナス会心もジャナフ武器の中では優しめの-20%なので使いやすく、是非作っておきたい一張となっている。
    • しかしどの武器も一貫して最終強化までに鋭牙を16個も消費するので完成までが恐ろしく面倒。
      こまめに落し物を拾ったりぶんどり刀の力を借りたりなどしよう。

MHW:I

  • MHW:Iではさらなる強化先が用意された。
    大方スペックは同様であるが、斬れ味は青が伸びて青80となり、
    匠Lv1から白ゲージが出現するようになった。
    匠でゲージの色が変わるようになったことで匠依存度はより高くなったといえる。
  • ボウガン2種の派生は亜種武器に一本化するため、通常種武器のままMR最終強化にはならない。

MHRise

  • MHRiseでもアンジャナフが続投したことに伴い本武器群も登場。
    MHWorldで汎用デザインだった武器は名称が変わり、
    固有デザインだった武器同様「フラムエル~」「蛮顎○フラム~」という武器銘に揃えられた。
  • 性能面では、より高い攻撃力を得た代わりに属性値が大きく下げられており、物理重視の性能になっている。
    しかしながら、斬れ味やマイナス会心が足を引っ張り、純粋な物理性能では無属性武器に劣る。
    ただアンジャナフ自体の登場ランクがかなり高くなったため、総合的な性能では相応に強力になっているものが多い。
    素の属性値は火竜武器どころか低いランクで強化が止まるアケノシルム武器にも劣る水準であるが、
    百竜強化に必ず属性強化【火】IIIが存在するため、実用的な値まで補完が可能である。
    一方で、素の状態では攻撃力強化を付与できないため、物理性能を伸ばしたい場合は強化前に付与してやる必要がある。
    • また発売時点では火竜武器の多くが最終強化1歩手前で止まっていたこともあり、
      既に最終強化可能だったジャナフ武器は多くの武器種で火属性武器のトップに立つという出世ぶりを果たしていた。
    • ver2.0で火竜武器に強化先が追加されたため1強というわけではなくなったが、
      それでも物理面で上回っていることが多く、十分差別化可能なラインに留まった。
      同様に最終強化が追加されたヤツカダキ武器も斬れ味・属性値特化の傾向が強く、
      やはり十分差別化可能というのが大勢である。

亜種武器

MHW:I

  • MHW:Iでは新たに登場したアンジャナフ亜種の武器が追加されており、通常種武器からの派生で入手できる。
    固有デザイン武器は3段階の強化が用意されており、
    皮ペタ武器は2段階までしか強化が用意されていないが、パーツ強化に対応している。
  • 剣士用武器に共通する性能は以下の通り。
    • 原種武器より落ちた攻撃力
    • あまり高くはない雷属性
    • 変わらず斬れ味ゲージは最終進化で青ゲージまで。白ゲージが出現。
    • プラスに転じた会心率15~20%
    一番の特徴はなまくらでマイナス会心だった原種の欠点の内、マイナス会心が突如プラス会心に転じている
    代わりに物理、属性共に攻撃力が減じ、マイナス会心率を飲み込む代わりに高い物理・属性火力を誇っていた
    原種武器とは別のモンスターの武器なのではと思うほど別物の性能に変化している。
    • 属性値の方は控えめだが、物理攻撃力は減じたといえどプラス会心率を持つ武器の中では
      最高峰なので、会心率や超会心を盛れば高い火力を出せる。
      弱点特効や超会心を備えるアンジャナフ亜種の防具EXジャナール装備とは相性が良いだろう。
    • なまくらな斬れ味は相変わらずだが、会心率がプラスな事で達人芸の恩恵に預かりやすい。
      ただ、匠で伸ばしても最高ランクの紫は出てこない。
      紫が出なければ無価値と取るか、過去作より紫と白の斬れ味の斬れ味補正の差は小さいので
      白でも充分かと思うかはそれぞれのハンター次第だ。
    ストーリー終盤からストーリークリア後に雷属性の武器がさらに増えることもあり、
    攻略用としては十二分な性能だが、最終装備の候補に上がるかはやや苦しいところ。

一覧

通常種武器
武器種生産時上位MR
大剣フラムエルヘレヴ蛮顎大剣フラムヘレヴ蛮炎大剣ロギンヘレヴ
太刀ブレイズショテルジャナフシミター蛮顎竜ノ激牙
フラムエルソブレ蛮顎太刀フラムソブレ-
片手剣ブレイズエッジ蛮顎剣フラムシーカ蛮炎剣ロギンシーカ
フラムエルシーカ-
双剣ブレイズハチェットジャナフサイクロン蛮顎竜ノ烈爪
フラムエルクルテ蛮顎双剣フラムクルテ-
ハンマーブレイズハンマージャナフストライク蛮顎竜ノ猛槌
フラムエルスフィリ蛮顎槌フラムスフィリ-
狩猟笛ブレイズホルンジャナフバローネ蛮顎竜ノ鼻唄
フラムエルコルヌ蛮顎笛フラムコルヌ-
ガンランスブレイズガンランスジャナフキャノン蛮顎竜ノ炎銃槍
フラムエルハスタ蛮顎銃槍フラムハスタ-
スラッシュアックスフラムエルシスカ蛮顎剣斧フラムシスカ蛮炎剣斧ロギンシスカ
操虫棍フラムエルカラモス蛮顎棍フラムカラモス蛮炎棍ロギンカラモス
ライトボウガンブレイズライフルジャナフバスター-
フラムエルマヌバ蛮顎弩フラムマヌバ
ヘビィボウガンブレイズアサルト蛮顎重弩フラムテルマ-
フラムエルテルマ
ブレイズボウジャナフアルカウス蛮顎竜ノ火矢
フラムエルアルクス蛮顎弓フラムアルクス-
  • ボウガン2種はMRでは亜種武器に強化されるため、通常種のMR最終強化は今のところ無い。
亜種武器
武器種名前
大剣雷顎大剣ドネルヘレヴ蛮雷大剣カーリヘレヴ
太刀モルダ=ジャナール
片手剣雷顎剣ドネルシーカ蛮雷剣カーリシーカ
双剣トルネ=ジャナール
ハンマードンナ=ジャナール
狩猟笛ホーン=ジャナール
ガンランスハルマ=ジャナール
スラッシュアックス雷顎剣斧ドネルシス蛮雷剣斧カーリシスカ
操虫棍雷顎棍ドネルカラモス蛮雷棍カーリカラモス
ライトボウガンバル=ジャナール
ヘビィボウガン雷顎重弩ドネルテルマ蛮雷重弩カーリテルマ
レラ=ジャナール

関連項目

モンスター/アンジャナフ
モンスター/アンジャナフ亜種
防具/ジャナフシリーズ