Top > 【てんしのローブ】


【てんしのローブ】

Last-modified: 2019-03-21 (木) 16:16:18




概要 Edit

DQ3に初登場した鎧。
天使の加護を受けたピンク色の法衣で、装備すると【ザキ系】呪文に対して耐性がつく。
しかし、【いのちのいし】とは異なり100%防ぐわけではない。
主に魔法を多用するキャラが着ることができる。
 
【セクハラ装備】【てんしのレオタード】に出番を奪われて長らく再登場しなかったが、DQ7で共演する形で復活した。

DQ3 Edit

FC版の【公式ガイドブック】には「天使の羽で織られた」、
また【ファミコン神拳 奥義大全書】には「天使の翼から抜け落ちた羽を織り込んだローブ」という記述がある。
 
守備力は35。【僧侶】【魔法使い】【賢者】が装備でき、ザキ系の命中率を1/2にする効果がある。
特に魔法使いにとっては【マイラ】【みずのはごろも】を買うまで長い間お世話になる。
【ネクロゴンドの洞窟】【バラモスの城】では【ホロゴースト】対策として有効だが、ダメージ呪文への耐性は無いので、僧侶などは【まほうのよろい】と迷うところである。
 
【エルフの隠れ里】にて3000ゴールドで買えるが、【へんげのつえ】で化ける必要がある。
ここを逃したら次は【ラダトーム】まで買えない。
この防具を買うつもりならば、変化の杖を【グリンラッド】老人に渡す前に買っておこう。
 
ザキ系呪文はどれだけ鍛えたキャラであっても効けば即座に戦闘不能になってしまう恐ろしい呪文。
それに対抗できる数少ない装備品であり、しかも序盤で売っている【みかわしのふく】とほぼ同等の価格で買えるとあって、非常にありがたい存在。
【いのちのいし】との相性も良い。
…ではあるのだが、実際のところ

  • 上の世界での購入方法・時期がわかりづらく期間も短い(【ボストロール】撃破~【ふなのりのほね】入手まで)。
    • しかも、この時期は高価な店売り武具が数多く登場し、金銭的に逼迫しやすい。更に【いのりのゆびわ】は2500Gと高価ながらエルフの村でしか買えず、どのモンスターもドロップしないので、ここで買わないと本当に限られた数になってしまうため優先度では間違いなく祈りの指輪に軍配が上がる。
  • 有効な相手がザキ系呪文使用者(下記参照)に限られるため汎用性に欠ける。上述の通り、僧侶や賢者には魔法の鎧という強力なライバルが存在する。
    • 魔法使いにとっては時期的に最強鎧だが、そもそもこの時期に魔法使いを連れているとは限らない(転職で賢者になっていることも多い)。
  • ザキ系完封というわけではなく、なんだかんだで当たるときは当たる。
    • マホカンタなら完封できるし、マホトラやマホトーンなど、何かしらの対抗手段が存在するのも向かい風。

等の理由が重なり、結果として購入を見送られるケースが多いというのが実情である。
また、公式ガイドブックや口コミ情報がなければ、上の世界で買えること自体に気づかない、あるいは効果がさっぱりわからないということも多いだろう。
 
ただし【防御攻撃】を利用するのであれば話は別。
この裏技が通用するのはHPダメージのみで確率魔法には無力なので、その弱点をカバーできるこの防具との相性は抜群。
これを購入可能になる時期と、本作でザキ系使い(ホロゴーストや【ミミック】)が登場し始める時期が重なるので、持っていればそれなりに活躍の機会はある。
また、【アレフガルド】【まおうのかげ】【バルログ】など、終盤のダンジョンのほとんどでこいつらの中の誰かしらが出現するので、完全に無駄になることはない。

リメイク版 Edit

【○○○○バーク】の第五段階で買えるようになった。
また、リメイク版では戦闘中に防具を変更できるということもあって若干活用しやすくなった。
 
ただ、防御攻撃バグが修正されてしまったため上記の戦法には使えない。
また女魔法使いにはより早期に使用可能な【マジカルスカート】という対抗馬が生まれた。
 
GBC版では【氷の洞窟】での【モンスターメダル】集めにおいて役立つ。
ここで出現する【パンドラボックス】は、基本的に【マホトーン】をかけるかいっそ逃げてしまうのが得策だが、極力時間をかけずにサクサク狩りたいモンスターメダル集めでは一番手軽な【ザラキ】対策として機能してくれる。

DQ7 Edit

11000Gというそこそこ高額な商品として復活。
【聖風の谷】などで売っている。
守備力、かっこよさ共に+55。
女性キャラの【マリベル】【アイラ】【メルビン】が装備できる。
基本的に魔道士系防具を装備できないはずのアイラが装備できることから、女性専用と思わせておいて、メルビンも装備できる。
まあ、初登場のDQ3でもお爺ちゃんが装備できるので意外ではないが。
 
マリベルにとってはいい鎧だが、運悪くこの頃はすでに離脱している。
アイラとメルビンも【せいれいのよろい】で事足りるので影が薄い…。
何よりDQ3と異なり誰でもマホカンタを修得可能になっている(覚えるのは【魔法戦士】【コスモファントム】+リメイク版の【勇者】なのでそこまで手軽というわけではないが)上に、同じ効果を持つ【さざなみの剣】もタダで1本入手できるため、ザキ系対策としてはそれらで充分間に合ってしまう。

DQ8 Edit

【ククール】【ゼシカ】が装備可能。
錬金でしか作れない。レシピは【みずのはごろも】+【マジカルスカート】
守備力が73と高く、DQ8は敵の即死呪文がバンバン効いてしまうので、結構重宝する。
また【金のロザリオ】【ひかりのドレス】と一緒に釜に放り込むと、
【プリンセスローブ】ができるので是非作っておこう。
 
【売値変動】システムの対象となっており、売値は5個までなら25000Gだが、
6~10個目では17500G、11個目以降は7500Gにまで値下がりしてしまう。
とは言っても原材料費が26535Gもかかるので、財テクには使えない(しかも原価的に主要な原材料も、
殆ど店で買う以外に入手法がないと来ている)。

3DS版 Edit

新たに【ゲルダ】【モリー】も装備可能になった。
 
やはり即死耐性を持つ防具として有用だが、これを材料に作るプリンセスローブが、
新たにゲルダが装備可能になった(守備力や耐性面が優秀でもある)ことに加え、
【パルミド】【闇商人の店】【クラシックブレザー】と交換するために必要となったので、
そういった意味でもこの防具を作る必要性が増えた。

DQ9 Edit

【天使】を大きなキーワードとする本作では、これまでの中堅装備扱いから一転、最強クラスの装備である【2%防具】に格上げされた。
【破壊神フォロボス】から入手可能。
また、【ケルビムのローブ】【リサイクルストーン】を錬金することでもこれに戻る。
 
守備力41と攻撃魔力と回復魔力が30上がり、
即死に25%の耐性に加え、全属性に18%の耐性が付く大幅パワーアップを遂げた。
非常に強力なのでぜひ入手したいが、落とす確率は2%とかなり低め。
地道に倒し続けるのも手だが、【スーパールーレット】に頼ってしまうのも手だ。
これと【イエローオーブ】【しんかのひせき】を錬金すると【大天使のローブ】が出来る。
売値は18000G。
 
余談だが、この系統の上半身防具を女性キャラに装備させて、
【ブルーガード】【ブラックガード】【いけない水着下】【きわどい水着下】といった
下着系下半身装備を着せるとなんだか凄い事になる。
その様は正に変化球的痴女。後ろから見るとマトモなのに…。
…その一方できわどい水着下と組み合わせた場合に炎、イオ系に対して高い耐性が得られる。
イオナズンやメラゾーマ、高位炎ブレスは大魔王が使うことも多く、実用性のあるエロコーディネートと化す。

DQ11 Edit

ローブの一種。「天使のローブ」表記。

-+1+2+3
守備力71758085
攻撃魔力28293031
回復魔力36373839
全属性ダメージ軽減18%
即死ガード50%

 
【ベロニカ】【セーニャ】【シルビア】【ロウ】が装備可能。
即死耐性が50%にアップしている。
 
過ぎ去りし時を求めた後の【神の民の里】【試練の里】にて46000Gで売られている。
これまで第一線で活躍してきた【エンペラーコート】【エンプレスローブ】と比べると、+補正値抜きで守備力と回復魔力がやや上回り、ダメージ軽減と攻撃魔力でわずかに劣る。
金策のしやすい今作といえども結構値の張る店売り限定品なので購入するかは迷うところだが、即死ガードを重視したいのであれば購入を検討してもいい。
特にこれまでセーニャに聖女装備をさせている場合は、着せ替えを諦める必要があるものの【聖女のティアラ】と組み合わせることで即死耐性100%が得られる。
またセーニャに限らずこれに【ドクロの指輪】+3を装備すると100%に上がるので、アクセサリ枠を1つ節約できる。

DQMB2 Edit

4章から登場。
上昇するステータスは、かしこさ+10 みのまもり+13 すばやさ+10。
魔法職が装備すると、ターン終了時にHPを回復する効果がある。
しかし、発動率はあまり高くはなく、ステータスも低めなので、効果に過信してはいけない。

DQSB Edit

超2弾で登場したよろいチケット。
レベルは96で、魔法使いと相性が良い。
HP:180、すばやさ:50、かしこさ:275、みのまもり:200。

ダイの大冒険(アニメ) Edit

【ベンガーナ】のデパートで【レオナ】が試着した。