Top > モンスター > ブラントドス


モンスター/ブラントドス

Last-modified: 2019-06-27 (木) 12:35:44
注意事項(記事編集前に必ずご一読ください)
当記事に限らず、発売前の作品に関して情報を記載する場合、
公式・書籍等で確定した情報のみを記載してください。
妄想・予想の類の記述は編集ルール違反となり、悪質な場合規制対象になります
種族
魚竜種
別名
凍魚竜(とうぎょりゅう)
英語表記
Beotodus
登場作品
MHW:I
狩猟地
渡りの凍て地

目次





生態・特徴 Edit

新大陸古龍調査団が調査を開始した「渡りの凍て地」にて確認された大型の魚竜種。
主に雪原で活動し、尖った頭部を用いて凍土の雪の中でも自由に泳ぎ回る姿が見られる。
調査団ではこのモンスターを<<凍魚竜>>の別名で呼称し、調査を行っている。
左右のヒレが翼のように発達していない、腰部付近に1対の小さなヒレを有する、
目が外部から見ると白く見えるといった特徴はジュラトドスヴォルガノスに準じている。
しかし、様々な部分で差異が見られるため、上述した両者ほどの共通点はない。
体色は炭にも似た黒色を基調としており、腹部側は黄色い体表となっている。
時折雪原で体をくねらせて体表に雪を付着させる様子がみられるが、
全身を泥でほぼ覆うジュラトドスに比べ、ブラントドスは雪を付着させても露出している箇所が多い。
背中にはサメを連想させる大きな背ビレが1枚のみ突出しており、上述した二種とはシルエットが異なる。
また、頬にあるヒレも雪中を泳ぐためか鋭い構造になっている。
顔は黒く、口内には鋭く発達した牙が存在し、ブラントドスの食性を窺わせる。
そして、本種最大の特徴となるのが「前方に刃物状に鋭く伸びた頭部」である。
この頭部で雪をかき分けながら泳ぎ、雪中を意のままに移動することを可能としている。
また、この巨大な頭部自体も攻撃手段となり、眼前に居る相手に叩き付けて攻撃することがある。
食性は肉食であり、性格も獰猛。
渡りの凍て地ではポポを雪中から急襲し、捕食する姿が見られることもある。
体が埋もれる程の深い雪にその身を沈め、身を隠しながら獲物を追い詰める狩りが特徴的で、
獲物に対して泳ぎながら接近し、脚ヒレを用いて勢いよく雪を飛ばす姿が頻繁に目撃されている。
また、特徴的な鳴き声を上げてから行うダイナミックな肉弾攻撃も脅威となる。
このように雪原の環境を活かした行動が特色であり、無策での遭遇は危険。
行動範囲が被る獣竜種のバフバロとは激しい縄張り争いを繰り広げる間柄であるが、
両者の実力は拮抗しているようで、痛み分けの結果になることが多いようだ。

概要 Edit

  • MHW:IBより新たに追加登場する大型モンスター。魚竜種に属する。
    全シリーズ初登場となる「雪の中を泳ぐ魚竜種大型モンスター」であり、別名も「凍魚竜」と判りやすい。
  • 既存の魚竜種では名前・外観などに「泥魚竜ジュラトドス」との共通点が見受けられる。
    また、巨大な1枚の背ビレを表に出しながら寒冷地を泳ぐその姿は
    両生種のザボアザギルや飛竜種のアノルパティスを彷彿とさせる。
    丸みを帯びた見た目が多い新大陸の魚竜種と比べ、シャープな形状の部位が多いのも特徴の一つ。
    とりわけ頭部は前方に向けて刃のように突き出した形状で、目立つ部位となっている。
    • ジュラトドスの泥纏い動作で雪を纏うことがあるが、ブラントドスのそれは"付着"程度に留まる。
      雪を纏う理由などは現状不明だが、体色が黒い背部を中心に雪で覆われている様子が窺える。
      雪原で目立つ体色をカモフラージュするためだろうか?
  • 雪原という環境に特化し、深い雪を活かした生態を有している。
    PVの登場ムービーでは主人公一行の周りを背ビレだけ出しながら泳ぎ回る姿が描かれており、
    その様子からして「鮫」のイメージが強く感じられる。
    • 「渡りの凍て地」はMHW:Iストーリーの進行に応じて探索可能エリアが徐々に解禁されていく。
      その中でも雪のエリア群はストーリー序盤から赴くことが可能な領域であり、
      ブラントドスはこの地で最初に遭遇するモンスターであるとのこと。

戦闘能力 Edit

  • 雪原での活動に特化した、雪中からの肉弾攻撃が大きな特色となるモンスター。
    ジュラトドスと比べ非常にアクロバティックで攻撃範囲に優れる技が多いようで、
    いかにしてブラントドスを雪中から追い出すかが狩猟に関わってくると言える。
    • 雪中から出す手段についてはクラッチクローや音爆弾の使用などが言及されている。
  • 「バララララララ……」と聞こえる鳴き声が特徴的で、雪上に半身を出しながら高らかに鳴くことがある。
    しかも魚竜種かつ音爆弾が効くくせにバインドボイスを放つ。
    バインドボイス持ちの魚竜種は本家シリーズでは初であり、ブラントドス以外では
    フロンティアに登場する特異個体ドスガレオスとガノトトス辿異種くらいである。
  • 生態には「脚ヒレで雪を飛ばす」とあり、実際に行動に付随する形で雪を辺りに撒き散らす。

武具 Edit

  • 試遊版では「EXブラン」シリーズの防具が確認されている。
    氷・龍属性への耐性が強い一方、火・雷属性へのマイナス耐性を有している。
    また、外観については公式Twitterにて披露されている。
    女性版/男性版
  • 同じく試遊版では武器も確認されており、それによると本体と同じく氷属性を帯びているようだ。

余談 Edit

  • 初めての情報公開はMHW:I正式発表時のPV第1弾。バフバロ・イヴェルカーナと同時公開となった。
    また、E3で初出展された試遊版においては、バフバロの討伐クエストに非ターゲットとして登場している。
    これはMHW試遊版にてボルボロスのクエストに姿を見せたジュラトドスの立場と類似している。
    • この経緯から、日本時間6月21日に配信が予定されている第一回ベータテストへの登場が期待視されており、
      そしてその期待通り、バフバロのクエストに登場する事が判明した。
  • 名前の由来は不明だが、フランス語で「ブラン(Blanc)」は"白"を指す言葉である。
    ブナハブラの武器の氷属性派生でも使われており、何となく思い出したハンターもいるのではないだろうか。
    また、ロシア語での「ブラン(Буран)」は"地吹雪"を意味する言葉になる。
    あと氷雪地帯に生息し「ブラン」の名前を冠するモンスターにはこいつらがいる。間違えてもブラントトスと書いて恥をかかないように。

関連項目 Edit

シリーズ/モンスターハンターワールド:アイスボーン
フィールド/渡りの凍て地