Top > 「デス・トラップ、スーサイド・ラップ」


「デス・トラップ、スーサイド・ラップ」

Last-modified: 2019-11-18 (月) 20:25:24

Togetterまとめ Edit

◆まとめ◆:#1#2#3#4#5
◆実況付◆:#1()/#2()/#3()/#4/#5(

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

キョート大使暗殺妨害作戦は失敗に終わった。ニンジャスレイヤーは姿を消し、キョート大使は暗殺され、戦争が始まった。

 

アマクダリは余勢を駆るがごとく、かねてからの懸念要素であったサークル・シマナガシの掃討に乗り出した。捕虜となったガルーダの通信によってヤンク共の居場所を特定した「12人」が1人、不死身のスターゲイザーは部隊を率いて現場に向かう。

 

一方、すんでのところでガルーダの動きに気付いたシマナガシの面々はアジトを捨て、逃走に移っていた。いつもの軽薄さに僅かなセンチが混じるフィルギア、因縁の敵手に息巻くアナイアレイター、そして負傷により戦闘不能のルイナー。かつてショーゴー・マグチと呼ばれたニンジャ・スーサイドも、行く手に待ち受ける運命を知るよしもなく、生存逃走のスタートを切る。
だが、その行く手には更なる第三、第四勢力が乱入し、事態は混迷を深めていくのだった!!

 

「さて、どこまで逃げるつもりか、小僧!」
「どこまでだって?死ぬまでだ!」


解説 Edit

「リヴィング・ウェル・イズ・ザ・ベスト・リヴェンジ」「マスター・オブ・カブキ・イントリーグ」に続く、戦争編序章エピソード。ニンジャ愚連隊シマナガシを始め、これでもかというほどネオサイタマのニンジャ勢力が登場、言及される。
アマクダリに反旗を翻した者達が挑む、壮絶なる「死の罠、決死の疾走」。彼らはサヴァイヴすることができるのか?



コメント欄な