Ki-109

Last-modified: 2020-08-26 (水) 18:26:52

日本 RankIII 要撃機 Ki-109 / 特殊防空戦闘機 キ-109

shot 2017.09.19 00.16.07.jpg

概要

ランクⅡ*1特殊防空戦闘機。本土空襲になす術が無いわが国の窮乏と、届かぬ高射砲を飛行機で持ち上げるという強引な発想が珍兵器を産んだ。飛龍の銃座を廃し機首に75mm砲*2を搭載、一撃必殺を狙ったが、性能不足からお蔵入りとなった。しかし襲撃機に転用すれば、上陸用舟艇や貨物船、地上目標への痛打が期待できる。

機体情報(v1.**)

必要経費

必要研究値(RP)50000
機体購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)***
エキスパート化(SL)***
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング2.7/ 2.7 / 3.0
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)***⇒*** / ***⇒*** / ***⇒***

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)***⇒571 / ***⇒***
(高度6050m時)
最高高度(m)9300
旋回時間(秒)21.4⇒18.7 / ***⇒***
上昇速度(m/s)6.8⇒16.6 / ***⇒***
離陸滑走距離(m)650
最大出力(hp)1532⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)1683⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)2.17
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)1
限界速度(IAS)*** km/s
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/s, (離陸)*** km/h, (着陸)*** km/s
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所
機関砲75mm
Type88
115機首
機銃
(単装)
12.7mm
ホ104
1500尾部

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)費用(SL)
10m500m1000m
75mm
Type88
既定HEFI-T/AP-T969580
徹甲弾AP-T700
地上目標HEFI-T888
12.7mm
ホ104
既定T/AP-I/Ball/IAI/AP18175
徹甲弾AP/AP/AP/API-T50
汎用API-T/API-T/API-T/API-T/IAI

追加武装

追加武装:無し

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理1800***
ラジエーター
12mm銃座用弾薬ベルト
IIコンプレッサー2000***
機体
新しい12mm銃座用機関銃
III主翼修理2200***
エンジン
75mm弾薬ベルト
IVインジェクター交換2900***
カバー交換
新しい75mm機関砲

カモフラージュ

クリックで表示

標準
shot 2017_0.09.19 00.16.07.jpg
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前機体Ki-45 hei
次機体Ki-102 otsu
 
 

解説

特徴

搭載火器は機首に75mm砲と、防御機銃として12.7mmが後方に一丁あるのみ。そのため対地攻撃か、鈍足な重爆撃機を狙った時しか撃墜を期待できない。
一応、搭載されている75mm砲は元は高射砲なので、慣れれば2km越えの長距離狙撃も不可能ではない。陸戦では高精度の砲と、徹甲弾ながら460gという大量の炸薬のおかげで、多少狙いが甘くても貫通さえすれば必殺である*3。装填は遅いが連続射撃に起因する精度低下もないので、考え様によっては気兼ねなく発砲できるとも言える。
……ここまで読んだ限りでは「優秀な対地攻撃機ではないか」と思う方もいるだろう。しかし思い出してほしい。実際の試合で本機を見かける機会があっただろうか? ……そう、なんと本機には砲の周囲以外に一切の防御がないのである。しかもDMに不具合が発生しており、単発機並みの耐久しかない。爆撃機の図体にこれは致命的であり、地上から12.7mm車載機銃を浴びた日には、燃える、羽がもげる、パイロットが気絶するなどあらゆる災難が降りかかる。さらにツリー上は要撃機とあるが陸RBでの出撃SPは爆撃機扱いで、流星と出撃SPがダブってしまう。
実装当初こそ怖いもの見たさか本機が戦場で散見された事もあったが、現在ではほとんど姿を消してしまった。

長所
・精度が良く、大威力の75mm。
・砲身加熱がないため、すぐに修正射撃が可能。
・爆撃機にしては高い機動力。

短所
・防弾ガラスがないためヘッドオン時にパイロットがきわめて気絶しやすい。
・防弾板が75mmの下方にしかついておらず、上方から攻撃された際にまれに75mmが破損し何もできなくなる。
・元が爆撃機とはいえ、要撃機として使うには上昇力、最高速度が不足している。
・防御機銃は射撃時は上方を向いた状態から周囲を遠回りして正面を向くのでとっさの射撃ができない。(左右に射撃が可能になるまで大体2~3秒かかる、その間に防弾板はないので当然気絶する。何しに来たんだお前は

立ち回り

【アーケードバトル】
こそこそと対地攻撃するか単独飛行してる爆撃機を防護機銃の射程外から攻撃しよう。ただし、遠距離からの射撃はかなりの慣れが必要。戦闘機に補足されたらあきらめよう。

 

【リアリスティックバトル】
空RBでは、榴弾を使うことにより、貨物船や地上目標、海上目標を撃破できるので、敵機さえ邪魔しにこなければそこそこ戦うことができる。ただし防弾板も何もないので貨物船や上陸艇のラッキーパンチで撃墜されることも多々ある。

陸RBでは制空権が取れている状況以外で出すのは自殺行為に等しい。また出撃SPが爆撃機判定であるため、自衛もできる流星で十分な場合が多い。仮に、制空権が取れていたとしても地上からの攻撃で簡単に落ちるので油断はできない。
ちなみに徹甲弾の炸薬が上記の通り460gと榴弾並みであるのでトラックやオープントップ車両などの軟目標に対しては至近弾でもダメージを与えられる場合がある。

 

【シミュレーターバトル】
陸SBでは高い機動性、高い火力、銃座、多少の防弾性能が相まって活躍できる機会がとても多い機体。
エンジンが片方止まろうが、パイロットが一人気絶しようが、炎上しようが、大抵基地まで帰還することが出来る。しかし、憎きM2ブローニングは機体後方からコックピットまで貫通するので注意。
自慢の75mm砲は戦車の天板を抜くより、アメリカ戦車は車体中央(M4だと弾薬庫)、ソビエト戦車なら車体前方辺り(T44だと搭乗員全滅)を狙ってあげよう。M18はエンジンを狙うと船体崩壊をおこす。
最初はAPHEとHEを交互に組んだ既定弾薬ベルトだが、改修を進めるとAPHE単体の弾薬ベルトに出来る。既定ベルトは初弾にHEFI-Tが来るので、徹甲弾を使いたい場合は、この初弾をどこかに撃って捨てれば確実に撃つことが出来る。
空SBでは押し寄せる敵重爆を撃墜、とはいかない。巡航速度が遅すぎて敵を発見しても攻撃位置につけることが難しく、投弾を許したり味方が先に撃墜してしまうからだ。
しかし、本機には貴重な地上攻撃機として敵のトーチカや中戦車を撃滅するという極めて重要な任務がある。敵味方の戦闘機隊が空中占領を確保すると地上戦が始まるので、護衛戦闘機を引き連れて駆けつけよう。
40㎜以下の砲を装備する他国の地上攻撃機なら撃破に数十発を要する硬目標射撃でも、精度抜群の75㎜高射砲なら確実に一航過で仕留められる。
敵の地上攻撃機や戦闘機に襲われるとひとたまりもないので、必ず事前に安全を確認する事。

史実

1943年(昭和18年)、キ67(四式重爆「飛龍」)の大型機としての運動性のよさに注目した陸軍により防空戦闘機に改造する指示が出された。そして1944年(昭和19年)には、機首にホ501(八八式七糎半野戦高射砲がベース)を装備し、B-29の防御火器の圏外から一撃必墜を狙う機体としてさらに開発が進められた。ホ501は乗員が1発ずつ再装填して発射するもので、搭載弾数は15発だった。ちなみに発射速度は毎分約60発、一秒に一発撃てる計算である。ただし高度10000mでは酸素が薄く、75mm砲弾の装填に手間取ったとの回想がある。

本機は1944年8月に試作1号機が完成し、10月に44機の発注がなされた。試作2号機以降では、後上方および側面銃座は廃止されていた。また、試作1号機では特呂ロケットを元の爆弾倉内に装着し追尾時の補助エンジンとする実験を、試作2号機では高高度性能向上のために排気タービンの装備の試験をしたが実用化されずに終わった。

B-29迎撃に投入された機体は陸軍審査部に所属する試作機のみと考えられる。日立の技術者の協力を得て試作二号機にル三排気タービン加給機を付け、上昇限度を増強した。記録は10300mである。試作機は迎撃に3回投入された。1回目は高度1万mにて30機から40機のB-29と接敵。1000m下方の5機に対し緩降下で追い、同高度で後方から砲撃、10発ほど発射したものの有効弾を得なかった。敵機の方が速力が早いためそのまま引き離された。2回目は前方から攻撃したものの直撃を得ていない。3回目は視界不良にて砲撃したものの戦果不明であった。自機よりも優速な相手を追尾する戦闘には無理が多く、機材の側にもう少し性能があればという結論に至っている。また空中の標的に対する照準に関しても、最後まで有効な解決法を見出すことはできなかった。

ただしホ501自体の精度・直進性は良好であり、地上物への射撃では照準器の狙い通りに無修正で直撃を得ることができた。地上の目標機の日の丸を狙ってその日の丸に命中させたという回想があるほか、終戦ひと月前の艦艇に対する射撃試験では800tの船に対し4発を発射し全弾命中させている。また上陸用舟艇を一撃で粉砕する威力があった。試験担当の操縦者は「射撃時の姿勢を安定させ正確な射距離で撃てば、命中精度は充分」と判断した。

終戦まで22機が生産配備され、試作1号機および2号機が実戦テストとしてB-29の邀撃に参加したが、 機体の速度性能・照準能力の不足のため当初の目的である迎撃任務ではさしたる戦果をあげることが出来なかった。そのため、大部分が本土決戦時の敵の上陸用舟艇攻撃用に温存され、そのまま終戦を迎えた。

戦訓や条件を見るに、キ109は「制空権を確保した状態」で進出させ、対地・対艦目標に投入するのが戦果を得やすい機材であると考えられている。対空目標に投入するならば相手よりも優速、かつ無修正の直射で直撃を得られる射距離が必要だろう。ゲーム内ではめったに得られない条件であることから、活躍の機会を得るのは難しい。

参考文献:渡辺洋二『審査部戦闘隊』p259-261、p402。橋立伝蔵『日本陸軍機キ番号カタログ』巻末要目表

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 飛龍実装時に待ちに待ってたのに高BRのくせにあまりに性能が… -- 2018-03-05 (月) 01:02:24
    • こっちは旧コメント欄やで -- 2018-03-05 (月) 03:07:04
  • test -- 2019-04-22 (月) 16:34:52
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 Ver.1.71で実装された当初はランクⅢだったが、悲惨な戦績故か降格された
*2 75mm航空機関砲ホ501。陸軍の八八式七糎半野戦高射砲を改造した物。名称こそ航空「機関砲」とあるが、実態としては排莢のみ自動で装填に関しては手動なので、一般的な機関砲の定義には当てはまらない。弾倉内の砲弾は15発。
*3 ちなみに五式戦車砲の一式徹甲弾の炸薬は67.84g、榴弾で490gなのでいかに炸薬が詰まっているのかがわかる。