Top > アビリティ > 【ぶんどる】


アビリティ/【ぶんどる】

Last-modified: 2018-11-13 (火) 17:59:07

特技/【ぶんどる】






全般 Edit

通常攻撃を行い、敵がひるんだ隙にアイテムを盗む。
言葉は悪いが、要は「強盗」である。
成功率は「ぬすむ」と変わらない。
当然のことながら敵を倒してしまうと盗めないので、
「盗めても盗めなくてもどっちでも構わない」という場合でないと使いにくい。
成功率の低い相手には相手を倒す事がない「ぬすむ」を連発した方がいい。

  • FFに限ったことではないのだが納得できない。なぜだ。
    死体の残るFFTなんかやってると特にそう思う。
    • 敵にトドメを刺すほどの強力な攻撃によって、アイテムが壊されてしまうからだろうか。
  • 初出のFF5のように、敵を倒しても盗める作品もある。
    盗みに成功しないとダメージを与えられない場合もあり、作品によって細かく性能が違ってくる。

どの作品でも大抵「ぬすむ」の上位版アビリティ的な扱いだが、
敵に気付かれないよう華麗にアイテムを掻っ攫う「ぬすむ」と
相手を攻撃して強引に奪い取る「ぶんどる」ではどうにも上位版という感じがしない。
↑にある通りの使いにくさに加えてむしろ技術面でレベルダウンしてるような気がするのは
自分だけだろうか?

  • 「ぬすむ」はスリ、「ぶんどる」はぶん殴ってアイテムを奪ってくのでカツアゲとか強盗とかに近そうである。
  • 下記の各作品にも書かれているが実質「たたかう」の上位互換の場合が多い。
    怯ませてるんだから「ぬすむ」より成功率が高かったり、いっそこれで倒した場合は100%盗める。
    とかでも良いんじゃないかとさえ思う。
    • 実際VIIIでは「ぬすむ」が登場せず、このアビリティを付けることで「たたかう」が「ぶんどる」に変化する。
      この場合は単純にパワーアップした気分になるはず。
    • ぶんどるを使用可能にする代償として、大抵の場合装備枠やアビリティ枠を一つ費やす事になるので
      上位互換とは言えない。

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれは 普通に攻撃されたと
思ったら いつのまにか盗まれていた」
な… 何を言っているのか わからねーと思うが 
おれも 何をされたのか わからなかった…
頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…
という感じでは。

FF4(GBA版) Edit

エッジのコマンドアビリティ。
半蔵の小手」を装備すると『ぬすむ』がこれに変わる。
待ち時間0で、アイテムを盗むのに成功したら『たたかう』で攻撃した時と同等のダメージを与えられる。


FF9同様、盗みが成功しないと攻撃しないので少し微妙な性能。

  • FF4の場合、同じ敵から何個でも盗めるので、ダメージを与えず盗む意義がとても大きく、
    そういう意味でも微妙だと言える。

バグらしきものがあり、ぶんどるが使えるようになってからモンスターに見つかると、
受けるダメージが2から252になってしまう。

  • エッジのHPにより受けるダメージが上昇するということらしくおそらく仕様である。詳しくはぬすむ参照

FF4(PSP版) Edit

アイテムを盗めなくても攻撃はするようになった。ただし、待ち時間が発生するようになった。

FF4TA Edit

エッジの新アビリティ。
ぬすむがこれに変更された。


GBA版のものとは違い、盗みの成否に関わらず物理攻撃はしてくれる。
FF4TAエッジの成長株。先述のように、FF5以降のぶんどる性能に戻っているほか、
なんと与えるダメージは月齢の影響を受けない。
このため、欲しいアイテムが無くても、満月ではぶんどるを使う方が良い。
ただしぶんどるには短いながらも待機時間があるので注意。
一方でツキノワのぬすむには待機時間が無い。
利便性から言うと、アイテムを盗みたいのならツキノワを利用した方がいい。

  • とはいえ終章で盗んだ方がいいアイテムはフェイズ系の光のカーテンくらいか。
    フェイズ系はレベルが99ありHPも高く、おまけにプロトフェイズは「回復」を使い
    「ぶんどる」のダメージを回復してくれるので、この場合は忍者二人を動員した方がいい。

FF5 Edit

シーフがジョブレベル6で覚える。物理攻撃をしながら盗む。相手を倒してもアイテムは手に入る。
また、盗賊のナイフを装備しているとランダムで発動する。


きっちり魔法剣の効果も発動するなど、実質「たたかう」の上位互換に近い。
ものまね師のコマンドには、「たたかう」の代用としてコレを付けてやるのもいいだろう。
ただし、武器に設定されている特殊効果は発動しない。

  • 内部処理的に「たたかう」+「ぬすむ」だからか?
    一応盗賊の小手でも成功率が上がってるっぽいし。
  • 特殊効果が発動しないので、「ねらう」や「みねうち」を用途に応じて使い分けると良い。
    • チキンナイフのとんずら効果が発動しないので確実に通常攻撃(+盗み)ができる。
    • この性質上、「何も起きない攻撃」+「特殊な魔法攻撃」の二段構成になっている竪琴装備時の「ぶんどる」は、攻撃は必ず不発となり盗みのみが発動する。
  • 累積ABPが335と習得に時間がかかるのがネック。両手持ちや格闘みたく火力が上がるわけでもないし、レアアイテム収集ならぬすむ(累積ABP110)で事足りるので、大抵後回しにされるのが常。
    しかし下記にもある、裁きの杖(光の杖)による攻撃力増加効果で白魔、時魔をアタッカー運用出来るメリットがあるのでABPも無駄にはならない。
    • スマホ版では通常時の攻撃力が、これまでのぶんどる使用時の攻撃力と同じになり強化された。そのおかげでぶんどるを急いで覚える必要も無くなった。

ぬすむ」と違って、成否にかかわらず睡眠・混乱・操り状態を解除してしまう。
強敵を眠らせて安全に盗みたい場合などには使えない。

  • 追加効果が発動しないためでぶんどっても麻痺が発生しない。
    麻痺を利用したい場合はレモラ+ぬすむで。

「たたかう」と「ぬすむ」の2回分カウンターを受ける可能性がある。
ただし、これは盗むに成功した(=攻撃がヒットした)場合のみなので、
盗むのに失敗したり、一度成功してアイテム何も持っておらず盗めない状態の時はカウンターは受けない。


FF5では相手を倒してもアイテムは手に入るため、カウンターの凶悪なフレアーから電撃鞭を狙う際にも一度に倒してしまえば問題ない。
GBA版の封印の神殿でなら強力な武器や二刀流により十分実行可能である。


ひかりのつえさばきのつえは、「ためる」「ぶんどる」「ジャンプ」「つるぎのまい」での攻撃時に攻撃力が2倍になる性質があるが、魔力武器であり槍でもないのでためる・ジャンプ・つるぎのまいの本来のダメージ上昇効果を受けられない。
そのため元々ダメージ上昇効果を持たないぶんどるでのみ、ひかり&さばきのつえの真の力を発揮できると言える。

  • いや そのりくつはおかしい
    • まあ、待ち時間なしで確実に出せるんだし一番使い勝手がいいのは確かだろう。

FF5(iOS/Android版) Edit

スマホ版では「狙う」と同じ処理に変更されているらしく、GBA版までは発動した刀・弓・素手によるクリティカルがぶんどる時は発生しない。
以前の仕様と同じく武器の追加効果も発動しない。
ルーン系武器と種族特攻のクリティカルは発動する。


盗賊のナイフ二刀流時限定で、ぶんどる発動時もう片方の手の武器でも攻撃する仕様となり、かなり強化された。

  • 詳しく言うと、ぶんどる発動時の行動が「ぶんどる(盗賊のナイフ+もう片方の武器での攻撃)」+「もう片方の武器での攻撃」となり、攻撃回数が1回増える。

FF6 Edit

ロックゴゴ)がアクセサリ盗賊の小手を装備すると、「ぬすむ」がこのコマンドに変わる。
「たたかう」+「ぬすむ」。
たとえ武器が飛び道具でも「ぬすむ」と同じように敵に接近して攻撃する。


皆伝の証を装備すると4回連続にできる。


武器の特殊効果を無視して純粋に攻撃力だけでダメージ計算される。
すなわちヒールロッドなら攻撃力200のダメージを与えられるという訳である。
グラディウスが手に入るまではゴゴに「ぶんどる」を付けてこれを使えばかなり強力。

  • アルテマウェポンも良い。
    攻撃力+255、世界崩壊前に手に入る。
    • アルテマウェポンを他のキャラに装備させたいなら沙悟浄の槍で。
  • 装備している武器の特性がいろいろと消えてしまうが、属性と追加魔法は残る。
    ただし即死の追加効果は消える。

FF6ではモンスターも「ぬすむ」を使ってくるが、たまに「ぶんどる」も使ってくる。
ヴァイス等からギルを盗まれる時にたまにダメージをくらうのはこのため。


盗賊のナイフを装備するとたまに発動する。

FF7 Edit

マテリア「ぬすむ」が★2になると、「ぬすむ」のコマンドが「ぶんどる」に変化する。
尚、ぬすむは使えなくなる。


ひっさつ」「へんか」と違ってデメリットが一切ないので、「たたかう」の代わりにすることも出来る。
ティファでプレミアムハートを使う人なら覚えておいて損はない。

  • ついかぎりHPきゅうしゅうなどの支援マテリアの効果が多数乗るため「たたかう」の完全上位互換。
    れんぞくぎり入手前なら直接攻撃主体のキャラは迷わずこれを装備する。
  • リミット技の温存及び使用の回避に使う手もある(特にリミット技の性質の傾向が他とは一線を画するエアリスやヴィンセント等は重宝する)。
  • 盗むことが主目的の場合は、勢い余って倒してしまわないように工夫する必要があり効率が悪い。
    「たたかう」の上位互換ではあるが、「ぬすむ」の上位互換ではないので注意。

マスターコマンドに融合されるマテリアで利用できるアビリティの内、唯一マスターコマンドでは使うことができない。


関連項目→【ぶんどるバグ】

FF8 Edit

キャラアビリティとして登場。このアビリティを付けると「たたかう」が「ぶんどる」に変化する。
G.F.ディアボロスバハムートがAP200で修得できる。
なお同作品には「ぬすむ」のアビリティは存在しないため、敵からアイテムを盗む唯一の手段となっている。
ボス格の敵からはたまに落とすよりいいものが手に入る場合があるので、遅くても1回目のイデアと戦う前くらいには入手しておくと良い。
攻撃がヒットしなくても、アイテムを盗む効果は発揮される。
その為、スコール以外のキャラは『暗闇状態で、ダメージを与えずにアイテムだけ奪う』事も可能。
(スコールは命中率255%なので、暗闇状態でも攻撃自体は命中する)
スコールでダメージを与えず盗む場合は、吸収or無力化されるような属性を付けて斬ればいい。
(この方法はスコール以外のキャラでも可能)
なお、アイテムを盗まれた敵は原則としてアイテムを落とさない(例外有)。
盗めるアイテムと落とすアイテムが両方とも有用な場合、どちらかを諦める必要がある。

  • 最大でも4つしかないアビリティ枠を圧迫してしまうが、得られるアイテムを考えると見返りは十分にあるだろう。
    なお、バーサクやカウンターの攻撃には盗み能力が付かないらしいので注意。

武器強化等のためのアダマンタイマイ狩りの時は誤って付けないようにしよう。
やつからは落とすことでしかアダマンタインを得られないからだ。


序盤からディアボロスが習得できるが、快適プレイの出来るエンカウント半減/エンカウントなしとどちらを優先するかは少々悩みどころ。

  • ぶんどるはイデアと戦う前に覚えて置けば問題は無い。
  • カードを積極的に行う場合は、ぶんどって回収する必要があるのはアップ系アイテムぐらい
    エンカウント無しをつけてカードでアイテム集めをするか、カードを行わず戦闘で集めていくかの2択のような立ち位置。

FF9 Edit

サポートアビリティ。所要魔石力3。
ぬすむ」が成功した時にちょっとダメージを与えるだけと弱体化されてしまった。
当然ジタン専用。「シーフの帽子」「キマイラの腕輪」「サバイバルベスト」で使用・修得できる。


ダメージの値は気力によりランダムに変化する。
ダメージのムラが大きい上、多くて大体1000くらいなのでほとんど役に立たない。

  • 正確には0~(ジタンのレベル×対象のレベル÷2)の乱数ダメージなのだが、
    盗むが成功しない限りダメージも入らないので、やはり大して役に立たない。
  • ダメージが最大の場合(ジタンのレベルが99で、盗む相手もレベル99。オズマが該当する)を想定したとしても、
    最大ダメージは4900、ダメージの期待値は2450にしかならない。
    ジタンがそこまで育っていなかったり、他の敵に使う場合はもちろんここからダメージが何割も減る。
    他になかったら付けておく程度のおまけアビリティ以上の存在価値はほぼないだろう。

FF10-2 Edit

敵単体にダメージ+盗む。
当然シーフのアビリティ……と思いきや、リザルトプレート「お宝さがし」の装備特典でしか使用できない。


「戦う」とは別に「ぶんどる」コマンドが追加される。
アイテムを盗めなかったり、敵がアイテムを持っていない場合でも実行するごとにAPが溜まる。
攻撃の手を休めることなく、どのジョブでもアイテムを盗め、MP消費もなく、攻撃するだけでAPがもりもり溜まるなど一石四鳥ぐらい。
もちろん、敵を倒す前に確実にアイテムを盗みたい時にはシーフの必ずぬすむいいものぬすむも必要になる。
白魔道士黒魔道士歌姫など戦うコマンドがないジョブで通常攻撃ができるのはこれとこれ、そしてバーサク状態だけ。
非力なのでダメージは見込めないが……アクセサリの効果も乗るので即死や混乱などの追加効果の方は期待できる。


戦うではAPは手に入らない(リュックのスペシャルドレス以外)が、
これとまきあげるの場合のみ手に入る。

FF11 Edit

2010年6月に実装されたアビリティで、シーフがレベル77で習得する。
敵からアイテムを取ることに成功すると、その敵に対してランダムに状態異常を与えるという効果を持つ。
しかし、敵の残りHPが低いほど成功率が上がるという仕様。
以前はぬすむと使用間隔が共通しているため実用性はほとんど無いが、今は共通の使用間隔が撤廃され気兼ねなく使う事が出来るようになった。
また、ジョブポイントでの強化で敵のTPを自分の物にすることが出来るようになった。(最低2%~最大40%)

  • というのもVUで修正され今では「ぬすむ」とあまり成功率は変わらない仕様となっている。

詳細はこちら→ぶんどる

FF14 Edit

新世エオルゼア(パッチ2.4)

双剣士がレベル15で習得できるアビリティ。リキャスト90秒。
このアクションを命中させてから敵を倒すとより多くのアイテムを獲得できることがある。
蛇毒効果中は追加効果が、「与ダメージの50%分のHPを吸収する。」に変化する。
これはHPをぬすむ的な意味かと思われる


紅蓮のリベレーター(パッチ4.0)

蜂毒・蛇毒が削除されたため、蛇毒の「与ダメージの50%分のHPを吸収する。」が削除。
代わりにレベル66になると命中時「忍気」が30上昇する特性が追加される。
これによりスキルの口寄せの術・大蝦蟇、六道輪廻、天地人に必要な忍気をためやすくなる。

光の4戦士 Edit

盗賊のレベル4のアビリティ。敵一体から確実にアイテムを奪う。ダメージは与えない。
デフォルトの対象は前列。消費APは4。


この「必ず盗む」だが、判定としてはどうなんだろう。
確率が低いものから盗み判定をするらしいが、多数ある場合は通常の判定をして、
最後のテーブルまで盗めなかったら、最後のが入手できるということでいいのだろうか。

FFL Edit

シーフがレベル17で修得する。
効果は当然いつもの攻撃と同時にアイテムを盗むというもの。

チョコボレーシング Edit

ゴブリンのアビリティ。使用可になるにはそれなりに早い。
他プレイヤーの持っている魔石を1つ盗む。ただし自身が所有している魔石数3以上にはならない。
別に攻撃はしないが、強奪のイメージが強いためか「ぬすむ」ではないのだろう。
盗まれると思うと魔石アップが使いづらく、リフレク保持したくてもしにくい。
プレイヤーが魔石を持っていない場合は、ランダムで1つ手に入る。

  • 順位が上位のキャラほど、盗まれる優先順位が高い。

画面内にシーフが現れても取られる前に使えば、奪われるのは阻止することが出来る。
(持っていない扱いになる)なので、対人戦では微妙。
一応魔石の促成を邪魔する効果はあるので、対魔石アップ用として機能しなくもないが、
それならバリアを使った方がいい。

  • 一位で独走する相手や、相手が一人しかいないモードでは、集中的にバリアや魔石アップなどの厄介な相手を食えるのが面白い。
    バリア側でプレイするとうざったいことこの上ない。
    • 奪われるのが完全に阻止出来る以上、魔石アップを食えるとは言い難いな。
      バリア側なら守りに回らず魔石攻防で攻めに回れば、むしろ有利。
    • ぶんどるのチャージスピードもバリア・魔石アップより遅いので、やはり効率面で分が悪いか。
      バリアもちの相手が魔石を所持していれば、ほぼぶんどる自体の効果がのぞめないのも問題。

バリアで防ぐ事が出来る。
上記のように「取られる前に使う」戦法をしてもバリアは消えるので注意

  • バリアで無効化された場合には、ぶんどり側には何も魔石は入らない。
    GPでは互いに迷惑を掛け合うことになるケースもある。

ぶんどるのアビリティが使用される前から魔石を全く所持していない場合には、仮に他に誰も走っていないとしても、ぶんどるの対象にはならない。
(当然バリアも影響されない。ぶんどるを行った方にはランダムで1つ魔石が入る)


総じて、嫌がらせにはなるがそれによって自分が有利になることは少ない。