[V1.1.9.1] 50%スキルクールダウン短縮 ウォーロック

Last-modified: 2021-09-12 (日) 12:46:33


概要

クラスマスタリー
Warlock
ウォーロック
Occultist オカルティスト32
Arcanist アルカニスト50

冷気ダメージを中心にしたキャスタービルド

スキルクールダウン短縮(以下CDR) を50% にできると リヴァイアサンの星座スキル 渦巻きが 2秒→1秒 リチャージとなり、
冷気のフラットダメージ部分が重ねれば重ねるほど痛くなるので、毎秒判定の持続スキルにアサインしたら、毎秒出現しちゃうんだから強いんじゃないの?
というコンセプト


【長所】
・地面がブルーフレイムで真っ青になる、広範囲にまんべんなくダメージが出せる
・CDR50%なのでスカイシャード(1.3秒 リチャージ/ 凍結 2秒)も撃ち放題、バフ剥がしが鬱陶しいアルケインヒーローズもハメ殺せる
・アクティブスキルを全部垂れ流すAHKマウス片手に脳死プレイ用に設計、鏡には頼らない
・属性のグローバル変換は皆無、変換率の厳選までしなくて良い

【短所】
・最大ヘルスが少ない
・装備や星座が揃わないとエナジー消費がきつい、エナジーポーションがぶ飲み
・アルカニストの課題として耐性減少に困るので、冷気耐性の高いファビウスにボコられていた(レディネス系のMIで高DAを確保できるまで)

構成


トグルバフとドリーグの血 ONの状態

Grimtools 最終装備
https://www.grimtools.com/calc/DV9BxglZ

属性値

体格に全振り

装備

トロザンセットを軸に、冷気ダメージが中心の構成

・セット装備やクラフト品が多いので、確実に集められる装備が多い
 (セット装備は頭部が必ずクラフトできるので、クラフト → 部位変換NPC でセットを揃えることやパラメータのリロールが確実に行える)

・排他スキル スター パクト Lv19以上(+14% or +15% スキルクールダウン短縮)を合わせて CDR50%となるので、装備合計で最低でもCDR35%(ほぼ各装備の最高値)が必要
 CDR50%でDPSが大きく伸びる理由があるので、確実に50%を狙いたい

・CDR装備の圧迫もあり、耐性減少が薄くなりがちのマスタリーなので、マスタリースキルのヴァルネラビリティが上昇させる装備も優先させたい

部位アイテム名CDRコメント
武器神話級 トロザンのスターキーパー+4% スキルクールダウン短縮トロザンセット (1/4)
Grimtools上は+3/5%となっているが、+3/5%表記のCDRだけは+4%しか出ない乱数生成の謎仕様がある
オフ ハンド神話級 イスカンドラのテキスト+19% スキルクールダウン短縮イスカンドラセットの1つ
-15% エレメンタル耐性減少のアイテムスキルが強力
+13/19%の品がある、セット装備なので素材さえあればCDRの厳選は容易
神話級 トロザンの帽子+7% スキルクールダウン短縮クラフト品
トロザンセット (2/4)
+5/7%の品がある、セット装備なので素材さえあればCDRの厳選は容易
神話級 トロザンのベストメントトロザンセット (3/4)
神話級 トロザンのマントトロザンセット (4/4)
(自由)
エンバーガード ガントレット
クラフト品、足りない耐性を確保
(自由)
グラヴァ'スルズ レギンス
MIパンツが最終候補、+3 ヴァルネラビリティ
エンドコンテンツの坩堝やSRに通ってれば、それなりの品は山ほど拾える
神話級 灰色の魔術師のフットパッドクラフト品、+2 ヴァルネラビリティ
ベルト(自由)
ストーンプレート ウェストガード
クラフト品、足りない耐性を確保
アミュレット神話級 スターフューリー エメラルド+6% スキルクールダウン短縮+4/6%の品がある、唯一、セット品やクラフト品ではないのでCDR厳選が面倒
このビルドの装備の中では、入手が最難関
4%はゴミ、5%の場合はリングやメダルでスター パクトのレベルを上げれば使える
リング1神話級 バンド オブ ザ エターナル ホーントクラフト品、-10% 冷気耐性減少
リング2(自由)CDRが50%に足りない場合、スター ファイアを採用すると +2 スター パクトでCDRが1%増える
メダル(自由)
ライロック マーク
神話級 災厄的欲望の標章
ライロック マークMI品の最終候補
シジルに生命力ダメージを追加(冷気にローカル変換されるので問題ない)しつつ、OADAを確保できる

神話級 災厄的欲望の標章クラフト品で入手が楽
重要スキルのスター パクトヴァルネラビリティの両方が+3されるのでビルドと相性抜群
レリックエタニティクラフト品、ボーナスの+1 スター パクトがあるとなお良い


スキル&星座

構成はhttps://www.grimtools.com/calc/DV9BxglZを確認してください。

高DA・シジルのヘルス変換・CDRで回転の良くなった星座ヘルス回復スキル があり、無敵スキルはいらなそうだったのでエレオクテスの鏡を取得していない
その分、トロザンセットに必要な火力スキルに全振りした感じ

考察

・冷気スキル全般による減速、星座スキル ハイリアンの輝光の混乱、トロザンのスカイシャードトロザンセットスキルによる凍結
 クラウドコントロールに優れ、集団戦にめっぽう強い


・Grimdawnはゲームの性質上、同時入力は2つまで入力されるので、シジル オブ コンサンプションを設置するのと カース オブ フレイルティーをかけるのを同時に行うと良い
 操作のコツとして、敵のいる位置のちょい手前の地面を狙いカースとシジルを同時押しすると、範囲デバフのカースが先にかかり敵が動き出し、シジルが展開されるゾーンに走って来る
 あとはシジル・スカイシャード・チルスパを連打するのみ


・1秒 リチャージとなった 渦巻きと毎秒ダメージ判定をするカースの相性がとても良い
 CDR49.9%以下だと1.1秒以上のリチャージなので、2秒に1度しか判定をしていないと考えると、CDR50.0%を超える意味は大きい


・星座リヴァイアサン(渦巻き)を取得するルートで、さらに装備でCDR50%を狙うとなると、効果の高いダメージ減少デバフを確保するのが非常に難しかった
 ダメージ減少デバフを得るのに、アルカモス リングセット や 星座ユゴール あたりが冷気ビルドと親和性があるが、ファビウスに殺されまくって、回復星座スキル多めの今の形となった
 一応、アミュレットの増強剤に カイモンの意志を採用し、申し訳程度にダメージ減少デバフを持っている

CDR50%のスキル

スキル名リチャージ・持続時間コメント
シジル オブ コンサンプション1秒 リチャージ / 6秒 持続時間デバフ扱いではないので、フラットダメージは設置した分だけダメージが出る
スキル変化で-1秒、青色に変色している
トロザンのスカイシャード1.3秒 リチャージ厄介なヒーロー級を凍結 2秒させまくる
スキル変化で-0.4秒、砲弾が+2で5つになっているので、アサインした噂も高確率で発動する
渦巻き1秒 リチャージ / 6秒 持続時間星座スキル、カースにアサイン
こちらもデバフ扱いではないので、フラットダメージは設置した分だけダメージが出る
紆余曲折を経て、渦巻きはカースにアサインすることになりました。理由は追記の部分。
エレメンタル ストーム0.8秒 リチャージ / 5秒 持続時間星座スキル、エレメンタル耐性減少、シジルにアサイン
これはデバフ扱いなので、重ねて発動させても意味はない
4秒 持続時間 / 伝染効果あり星座スキル、冷気耐性減少、スカイシャードにアサイン
ドライアドの祝福1.4秒 リチャージ / 10秒 持続時間星座スキル、シジルのヘルス変換だけではネメシス相手には足りないので、ヘルス回復手段として採用
スカイシャードにアサインするとリチャージが合わないので、チルスパイクにアサインして連射し、リチャージごとに発動させている
ハイリアンの輝光1秒 リチャージ星座スキル、被弾時発動、トグルスキルにアサイン
混乱をばらまき集団戦で活躍する
強情な魂9秒 リチャージ / 7秒 持続時間星座スキル、被弾時発動、トグルスキルにアサイン
エタニティがあるため、ほぼ常時発動していて、DA3200↑ & 装甲2500↑を維持できる
巨人の血12.5秒 リチャージ / 10秒 持続時間星座スキル、被弾時発動、トグルスキルにアサイン
こちらもエタニティ込みで、ほぼ常時発動


耐性減少

種別名前カテゴリー効果
星座エレメンタル ストーム[A]32 標的のエレメンタル耐性減少を 2秒
星座[B]-23% 冷気耐性
マスタリーカース オブ フレイルティー
(ヴァルネラビリティ Lv18)
[B]-33% エレメンタル耐性
アイテム神話級 イスカンドラのテキスト[B]-15% エレメンタル耐性
アイテム神話級 バンド オブ ザ エターナル ホーント[B]-10% 冷気耐性
合計-113% 冷気耐性 / -80% 雷耐性


ビデオ

SR75-76
キャスター泣かせのファビウスや死神が出てくる回
死神1戦目は余裕がありますが、死神2戦目はヘルスポーションのCDに星座チャリオット(強情な魂)が切れるのが重なってしまって死にそうになっています。

この動画は追記の問題を知る前に撮影したもので、シジルに渦巻きをアサインし、渦巻きの発動が少なくなってしまっているバージョンのものです。



SR75-76 その2
追記の問題後の状態、カースに渦巻きをアサインし、CDR51%表示にして確実に50.0%を超えるようにしています。
(CDR50%表示だと49.5%~50.4%で、50.0%を超えてないことがあるとわかったから)
やっていることは変わりませんが、渦巻きの頻度は上がりました。


追記:CDRの画面表示について

ここ「CDR画面表示の項」については、あちらのビルドを下げる目的ではないことをご理解ください。

同じ星座スキルに着目していた結果、似た装備構成のビルドが投稿されましたが、単純に重ねて発動させてフラットダメージを多く当てるのか、プレボペットでDOTを重ねて当てるのか の明確な違いがあります。
こういうやり方もあるのかと、やっぱこの方はすげぇなぁ~と関心しております。いつもぶっ飛んだステキなビルドをありがとうございます。


ただ気になった点として、あちらのビルド例では「CDR48%で渦巻きのリチャージ表記1秒」になるよとありました。
たしかにその通りで、画面の表記はCDR48%でリチャージ1秒になります。

ドヤ顔で50%だと渦巻きの発動が普段の2倍になるぜーと投稿したくせに、
2秒に1回判定が1秒に1回判定になるその境界、47%~50%のどこにあるのかをちゃんと検証しておらず、自分でも気になって眠れなくなってしまいました。
検証できるのはCDRを51%まで上げれるこちらのビルドだと思うので、動画を撮影してきました。


検証方法と動画

渦巻きの発動をわかりやすくするために、毎秒判定のカースに渦巻きをアサインし、発動頻度を見比べます(アサインがシジルのままだと見辛いため)。
装備品でCDRを調節し、CDR47%からCDR50%まで計9回を撮影しています。

同じカカシに発動していることもあるので、発動音で判断してください。
砦の7体のカカシにカースをかけるので、ほぼリチャージごとに渦巻き(30%)が発動しますが、極まれに発動しないこともあります。


CDR47% で2回 (渦巻きの画面上のリチャージ時間 1.1秒 / 推定されるゲーム内の演算値 1.06秒)
CDR48% で2回 (渦巻きの画面上のリチャージ時間 1秒 / 推定されるゲーム内の演算値 1.04秒)
CDR49% で2回 (渦巻きの画面上のリチャージ時間 1秒 / 推定されるゲーム内の演算値 1.02秒)
CDR50% で3回 (渦巻きの画面上のリチャージ時間 1秒 / 推定されるゲーム内の演算値 1.00秒)
の計、9回の「カースをかけて渦巻き発動」を順に撮影しただけの検証動画です。

最後の3回、CDR50% で明らかに渦巻きの発動が毎秒になり、毎秒判定のスキルに見合うリチャージ時間になったことがわかると思います。

つまり、CDR49%以下は2秒に1回の判定なので、リチャージ1秒に達していません。
48%と49%の表示上のリチャージ1秒というのは、画面UI上で少数第二位以下を四捨五入しているだけで、実際のリチャージ時間には反映されていないということになります。

自分が半年前に投稿した 0.6秒 盲目的激怒でEoRビルドも0.6秒なんて妄想でしたネ orz


CDRだけでなく、グローバル変換でも見えない小数点が存在し変換漏れが起きる現象(こちらの追記3)があります。

ゲームプログラムという性質上、数値の一般的な型は、整数型(INT)か浮動小数点型(DOUBLE)の2つのどちらかで、
Grimdawnのリソースファイルを閲覧すると、どんな整数パラメーターでも30.000000のように浮動小数点型の表記ですので、ゲームに関わる全ての演算は浮動小数点型で統一されているでしょう。

パラメーターは少数第六位まであり、UIに表示するときだけ四捨五入してプレイヤーが見やすい値にしている と考えたほうが良さそうです。

追記の追記

完全に、まとめるのがだるくなって、長文読み物です。

あちらのほうでも検証をいただき、新たな情報を出していただきました。ありがとうございます。
衝撃なのはシジルが毎秒判定じゃなかったこと(勝手にデバフと同じだと思ってた)

こちらのビルドはコンセプトが崩れてしまいますから、シジルのProcをできる限り調査します。
久しぶりに、skillsのレコードを見ます。


まず、デバフ系スキルのスクリプトファイル、スキルカテゴリーでいうと「Class,SkillBuff_Debuf」と定義されており、ゲーム内で最も多く使われているスキルカテゴリー。
これらのカテゴリーのスキルを我々は「デバフ」と呼称し、効果中は重ねてかからない仕様になっているのが特徴で、周知されていることです。

攻撃頻度みたいなパラメーター設定項目がなく、こいつらはプログラムの中にきっちり毎秒判定と書かれているようです。
ですので、リチャージを1秒にした星座スキルが、きっちり毎秒判定で発動していました。

デバフは毎秒判定、これは紛れもない事実です。


次に、テルミット マインのスクリプトファイル、スキルカテゴリーでいうと「Class,Skill_TargetedSpawnPet」と定義されており、プレボペットを召喚します。

ウィンドデビル、インクィジターシール なんかも同じカテゴリーで、出現したプレボは、プレボペット用のスキルを各自で使用します。
プレボペット用スキルはプレイヤーが使う「Class,SkillBuff_Debuf」と同じ定義をされており、デバフスキルなので重ねてかかりません。

ただし、プレボペット用のデバフスキルは、全て持続が0秒となっていたので、プレボペットがスキルレンジ内でスキル詠唱したときにしか発動していないことになります。
(デバフが消えているかどうかの判定を何フレームごとに行っているかは不明だが、持続するのは数フレームと考えるべき)
ようは、プレボペットのスキル頻度が、攻撃頻度となっています。
で、このプレボペットがどんな頻度でデバフスキルを使ってくれるのかは、ペットのAIまで調べないとわからないので諦めました。

憶測になってしまいますが、あちらの検証で発動頻度が振れていたのは、AI次第だから仕方ないんだろうな って思いました。
あと考えられるとしたら、検証用に装備を外しているので、プレボのOAも下がり、カカシにミスする可能性があるとか。


次にAOEを出すブラックウォーターカクテルとシジル オブ コンサンプション

ブラックウォーターカクテルは弾道を飛ばし着弾でAOEに化ける特殊なスキルで、スクリプトファイルが点在していましたが、
最終的にはどちらのスキルも「Skill_AttackProjectileAreaEffect」とAreaEffectに化けます。

どちらのスクリプトファイルにも、攻撃頻度みたいなパラメーター設定項目はありませんでした。


唯一違いがあったのは、各スキルのスクリプトファイルの子にあるパーティクル エフェクトの設定スクリプトのところ、

database\records\fx\skillsother\projectile_aoe\molotov1_aoe_projectile01.dbr (ブラックウォーターカクテル)

targetInterval,1200,

database\records\fx\skillclass03\sigilofdestruction_projectilefx01.dbr (シジル オブ コンサンプション)

targetInterval,1000,

ほぼ全部のスキルファイルのデフォルトが「targetInterval,1000」ですので、明らかにブラックウォーターカクテルだけ修正を食らっています。
きっと強すぎたんで、インターバルを上げられています。そんな記憶がなくもないです。あったそうな話です。

ここで気づきました。
「GDのスキルProcは、キャラモーションやエフェクトといったアニメーションに依存している」んだと。

だから、ブラックウォーターカクテルは、エフェクトの頻度を無理やり変更され、修正されているんだと。
普段からWPSのアニメーション修正をやっているのは、アニメーションにHIT判定が入れ込んであって、それがDPSに直結しているんだと。

なので、肝心のシジル オブ コンサンプションのProcが何秒かなんて、スクリプトファイルのどこにも明記がありませんでした。

きっちり毎秒コントロールされてるのはデバフスキルのみで、残りの全てのスキルはスキルアニメーションがProcで、
デバフでない毎秒に見えていたスキルは、それに近しくなるようアニメーションが作られているだけです。


このままでは気持ち悪いままなので…

シジル オブ コンサンプションのパーティクルエフェクトのアニメーションと、設定されたエフェクトのインターバル(targetInterval,1000)が、実際のゲームで何秒のProcになっているのか
星座スキルのリチャージを 0.3秒~1.0秒の間だったらCDRで調整できるので、星座スキルを使って測ってやろうということにしました。

検証過程は飛ばしますが、結果は、
シジル発動後、5回のエフェクト判定があるうち、
0.975秒(CDR35% / 1.5秒 x 0.65)のエレメンタルストームは平均2~3回星座スキル発動で、0.96秒(CDR36% / 1.5秒 x 0.64)のエレメンタルストームは平均4~5回星座スキル発動したため、
0.96秒~0.975秒の間に、シジル オブ コンサンプションの実際のProcがあるようです。


少なくとも、渦巻きのリチャージを0.96秒に到達できれば、シジルから渦巻きを高頻度で発動させる当初のコンセプトが本当の意味で完成します。

リチャージ2秒のスキルを0.96秒にするには、CDR52%です。
現在CDR51%ですから、アミュレットを6%から7%の別のものにすれば、トロザンセットのまま無理やり到達できそうと考えました。


しかし、その先に壁がありました…

試しに、倉庫にあったCDR7%表記のルーンバインダーズ ジェムを取り出し、CDR52%の渦巻きを見てやるぜー と息巻いたのですが、
6%表記の神話級 スターフューリー エメラルドから、7%表記のルーンバインダーズ ジェムにアイテムを変更しても、CDRは51%表記のままです。

CDRの画面表示の罠がここにもありました。装備品個々にも小数点が存在したのです。
7%と表記されたトロザンの帽子も、19%と表記されたイスカンドラのテキストも、四捨五入されてそうなっているだけで、実際の数値ではないのです。

たまたま、総合値で50.0%を超えて、先の検証は上手く行っていましたが、
「小数点込みの乱数が存在し、四捨五入表記でそれがわからない」となると、さらなるアイテム厳選をしても、全てが最高値の整数CDRになるとは思えず、
トロザン フルセットを使ったまま真のCDR52.0%を達成を目指すのは、先に素材が枯渇しそうだし、強力なスキル変化装備を外すのもなんか違うし、現実的ではないです。

セットを崩すと火力が激減してしまうので、このビルドはおとなしくカースから毎秒渦巻きが妥当な選択となりました。


一応、武器を 修飾子マギ付きのバゴールコア(CDR8%表記) に持ち替えると、CDRの総合値は55%表記になり、
0.9秒表記の渦巻きなら、シジル オブ コンサンプションの毎エフェクトごとに発動したため、シジルのProcが1秒より短い説は合っていました。

CDR55%表記までは確認していますので、"CDR51%がCDRの上限だから、52%表記に上がらなかった" ってことでもないので、アイテム側にも小数点があるという説も濃厚です。


最後に武器のトロザンのスターキーパー(CDR4%表記)の話をすると、

アイテムの乱数は中央値から±20%ぐらいの生成(正確な数字はわからん±20%~±25%の間なのは確か)と決まっているので
全て4%に見えますが、CDR3.8%~CDR4.2% ぐらいまで存在しているということになります。

アイテム厳選していると良く目にする、toolsなら3~5%表記なのに、実際には4%固定のヘルムやアミュレットも同じでしょう。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • とっても綺麗で見た目最高! -- 2021-07-27 (火) 09:29:14
    • 青いシジルが綺麗ですねぇ! -- 2021-07-28 (水) 14:11:12
      • ↑↑&↑ お褒めいただき。ありがとうございます。 -- 2021-08-02 (月) 20:32:03
  • マスタリースキルのproc表がすごい欲しくなる情報ありがとう...! -- 2021-07-30 (金) 20:34:18
    • 正確な数字を知りたくなりますねぇ。計測した個人のCDR装備によって小数点以下の秒数で振れが起きるので、私が記載した0.96秒というのも目安ぐらいに捉えておいてください。 -- 2021-08-02 (月) 20:32:16
  • フォーラムのここでラヴェナスアース0.8秒BWC1.2秒グラスピングヴァインズ0.5秒という話があってスレ立てた人は「REの間隔は0.8秒より微妙に短い気がする」と言ってるのでこれも設定値とのずれなのかもしれませんね -- 2021-07-30 (金) 22:00:05
    • 情報ありがとうございます。同じ悩みを抱えてた人がフォーラムにもいて、謎に少し安心しましたw -- 2021-08-02 (月) 20:32:30
    • CDR48%ぐらいの酸ビルドなら0.8ProcのREから亀裂とかヤバそう。問題はCDR付きの酸用防具が少ないことだけど。 -- 2021-08-11 (水) 00:44:21
  • いやもう…すごいや。検証ありがとうございます。そしてお疲れ様です。好奇心か執念か、ここまで突き詰めてプレイされるとZも満足でしょう。(逆にキレるかも) -- 2021-08-03 (火) 00:17:11
  • 素晴らしい内容、感服しました。こちらのビルドを参考にさせていただいた結果、トロザンドルイドでSR85に行けました(Tools動画)。これからも素敵な投稿期待しております。 -- 2021-08-08 (日) 04:14:15
    • 私もウォーロックで真似てみましたが、星座とエタニティのシナジーが強さと安定感を生んでいるのだと感じました。キャスターなのに安定感が良く、CDRが50%に届かなくても十分に強いのでSR75周回が余裕になりました。ありがとうございます。 -- 2021-08-31 (火) 12:23:22
  • 素晴らしい考察ありがとうございます。個人的にに気になって、属性変換率でもいくつか検証してみたんですが、ピッタリ100%変換できるように装備を組んでからダメージ内訳を見てみると、元の属性ダメージが少し残るケースがありました。つまりCDRに限らず(少なくとも返還率も)パーセンタイルのプロパティ全てに小数点以下の見えない数値があるという事です… -- 2021-08-08 (日) 12:44:53
  • いや検証すごいです。自分もexcelやらで色々ゲームで検証したりしますが、レベルの違う熱意を感じます。grim down面白いですね、今後も是非。。 -- 2021-08-09 (月) 21:24:18
  • トロザンのスターキーパーのCDRが「全て4%に見えますが、CDR3.8%~CDR4.2% ぐらいまで存在している」件について、個人的な関心があったので少し調べてきました。レベル1のブレイド バリアはCD36秒なので、上振れ無しのCDR4%なら計算値34.56秒からの第二位四捨五入で34.6秒表記になり、ごくわずかに上振れしたCDR4.03%の時点で計算値34.5492秒からの34.5秒表記となるはずです。これを(スターキーパーを含む)片手武器3種21本とアミュレット5種26個で確認したところ、全て34.6秒表記となり、34.5秒表記になるものは一つもありせんでした。このことから、表記上CDR4%でブレの生じない装備は本当に値にブレがないか、あっても0.03%以内のほぼ無視できる量かのどちらかではないかと思われます。お耳汚し失礼しました。 -- 2021-08-10 (火) 17:28:37
    • 追記しますと、下振れだけする可能性も完全に否定はできないかと思いレベル6ブレイド バリア(CD24秒、CDR4%なら表示値23秒、CDR3.95%なら表示値23.1秒)に同じ装備を使って確認しましたがやはり全てが表示値23秒で、CDRにブレはないかごくわずかかのどちらかという結論になりました。 -- 2021-08-10 (火) 17:48:19
    • 学術研究みたいで面白いね。どんどん判明していく。CDR狂徒恐るべし -- 2021-08-11 (水) 00:56:53
  • 星座スキルはリチャージ1.5秒とか3秒とかだとクールダウン短縮33%でそれぞれ1秒、2秒になるので悪い事に使えないか考えてるところなので参考にさせてもらいまっす -- 2021-09-02 (木) 09:16:28
  • 何でここまで敵が鈍くなるんだと不思議でしたが、凍結を抜きにしても速度低下デバフの噛み合いが絶妙です。渦巻き(移動速度低下 カテC)、カース(移動速度低下 カテB)、フローズンコア(総合速度低下 カテC)、とデバフのカテCが2回かかって効果が大きいように思えます。生存に悩む他のキャスタービルドは速度低下の種類に着眼すれば同じように楽になりそうです -- 2021-09-12 (日) 12:46:33
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White