Top > モンハン用語 > 救済クエスト


モンハン用語/救済クエスト

Last-modified: 2018-12-17 (月) 06:44:29

概要 Edit

プレイヤーに対する何らかの救済措置として存在するクエストの総称。
主に、以下の2種類に大別される。

素材入手系 Edit

  • ただ、これらのクエストは、あくまで「レア素材を報酬で入手できる確率が上がっている」だけであり、
    その対価としてクエストそのものの難易度も相応に高いことが多い(例外も存在するが)。
    クリアすると「黒鎧竜の天殻」が確定報酬でもらえるものの、
    闘技場であのグラビモス亜種を2頭同時に相手にしなければならない
    双璧!黒き熱風」などはその最たる例であろう。
    多少無理をしてでも、これらのクエストに挑んで1回あたりの入手確率にすべてを賭けるのか、
    それとも普通のクエストでひたすら回数をこなして地道に入手を狙うのかは、
    自分の腕前と相談して決めよう。
  • 上記の定義に照らして考えると、MHP3の乱入クエストなども救済クエストの一種と言える
    (通常のクエストと比べてレア素材の入手確率が高めに設定されているため)。
  • MHFでは「サブの美学シリーズ」というクエスト群もあり、
    それらのクエストにはメインターゲットが存在せず、サブターゲットしかない
    が、サブターゲットの報酬で比較的レアな鉱石やモンスター素材(特に部位破壊系)が入手可能。
    その性質上、ソロでやっても時間がかからないため、人気が高い
    (ただし、大型モンスターの部位破壊等がサブターゲットの場合、
    達成せずにモンスターを討伐してしまわないよう注意が必要)。
  • また、「終わりなき襲撃」は下記の遭遇関連の救済だけでなく、
    剥ぎ取り限定かつ2%であったHC素材の一部の救済クエストとも見て取れ、
    後に、公式側で正式に「天嵐防具の救済クエスト」であることが発表された。
  • 厳密には素材ではなくアイテムの救済だが、
    MH無印~MHPまでの強敵、ドスランポス現る!は結果的には閃光玉の救済クエストといえる。
    詳しくは該当記事に任せるが、当時の様々な事情が重なった結果といえる。

条件緩和系 Edit

難易度関連
村や集会所に通常クエストが存在するにも関わらず、
類似の内容のクエストが依頼クエスト等にて追加される場合に見られる。
ホットドリンクやクーラードリンクが不用なフィールドでの戦闘だったり、
サブターゲットが達成しやすい物であったり、
上位以降でも狩猟環境が安定で一対一の狩猟に集中できたり、
集会所でしか戦えないモンスターの一部が村にも登場し、ソロ補正で狩猟できたり、
連続狩猟で一体ごとの体力が弱体化していたり、(この場合は素材面の救済も兼ねる)
プレイヤーにとって好条件となっているケースが多く、条件解放後も素材集めのためにクエストを回す事例が多い。
ただし、物によっては逆に通常より強くなっているクエストも点在するため
全ての依頼クエストが救済クエストとして位置付けられている訳では無い点には注意。
HR関連
本来ならHRを一定値まで上げなければ受注できないモンスターと、
少し早めに戦闘できるようにしたクエスト。主にイベントクエストとして配信される。
MH3Gの「星天月地」、「冥帝の光儀」及び「活火激発」、
MH4の「驚天轟地」、「よみがえる黒龍伝説」などがそれに当たる。
ものによっては通常のクエストに登場する個体と比べて遥かに強化されていることがあるので注意。
また、上位(G級)到達直後では狩猟が許可されないエリアでのクエストも、
モンスターの狩猟ではなく採取を目的(失敗前提で挑んで拾うものを拾いまくる)としたハンターからは、
昨今の風潮から救済クエストとしての側面を持っていると言えるだろう。
こちらは「非正規(裏口)就職」などと呼称されている。
そしてMHXでは、とうとう火山での採取クエスト「火山の鉄血アイテム納品!」*1がイベント配信されるまでに至った。
遭遇関連
特殊な条件を満たさなければ狩猟クエストの解放されないモンスターや、
本来なら乱入やギルドクエストでしか遭遇できないモンスターをいつでも狩猟できるようにしたクエスト。
前者はMH2やMHP2(G)のミラボレアス種やMH3Gの「進撃の巨人・訓練兵団の演習」が、
後者はイビルジョー飢餓の狩猟クエスト「凍土に満ちる狂気(MH3G)」、「総べてを屠り、喰らう者(MH4)」、
UNKNOWNの狩猟クエスト「突然の襲撃」が例として挙げられる。
また、MH4Gのセルレギオス、MHXXのバルファルクのそれぞれ上位個体など、
本来シングルモードでしか狩猟できないモンスターのPT狩猟が解禁されるパターンもある。
サイズ関連
確定で金冠サイズのモンスターと戦闘できるようにしたクエスト。
主にイベントクエストの一環として配信されるケースが多い。
大きく分けて、モンスターのサイズを異常なまでに大きくするものと、
異常なまでに小さくするものの2つのパターンがある。
前者はMH3の「世界を喰らう者」やMH3Gの「進撃の巨人・訓練兵団の休暇」、
後者はMH3やMHP3の「幻のウラガンキン」が有名どころか。
ケロロ軍曹・侵略作戦」や「メトロイド・迫りくる骸蜘蛛」のように、
最大サイズと最小サイズが同時に出現するクエストや、
マリオ・キノコ好きブラザーズ」のように、狩猟方法で最大か最小のどちらかを選択できるものもある。
サイズを大きくしたものは、攻撃範囲が広くなっているだけでなく、モンスターの強さそのものも
かなり高めに設定されていることが多いので、通常のクエストと比較してクリアすることが難しい。
一方、サイズを小さくしたものは、サイズの関係で各攻撃のリーチは通常の個体と比べると短いが、
ステータス自体は通常の個体と変わらないことが多いので、甘く見ているとこれも痛い目に遭う。
MHFではサイズの金冠を収集するメリットが皆無に等しいため、
どちらかと言えばイベントクエストでのネタに使用される(超極小のエスピナスやヴォルガノス、
エイプリルフールクエストのヒプノックキショウ種など)。

その他 Edit

  • 主にMHFに存在する救済クエストとして、HRP(など)を効果的に習得できる
    通称「たっぷりクエスト」がある。

関連項目 Edit

モンハン用語/強化クエスト
クエスト/期間限定クエスト - MHFの各種救済クエストは、一部除いてほぼ全てこのクエスト群から提供される。
クエスト/スぺリアクエスト
ゲーム用語/延命
ゲーム用語/緩和
ゲーム用語/ダウンロードコンテンツ






*1 龍歴院ポイント7000pts以上ぶんの精算アイテムを納品するクエスト。つまりこれと同じルールである。他のマップの同種クエストは、通常クエストに組み込まれているので適正ハンターランクに到達してようやく自力で受注が可能だが、これは上位到達直後から自力で挑める。