Top > クエスト > 黒曜石は砕けない


クエスト/黒曜石は砕けない

Last-modified: 2018-07-24 (火) 21:35:51

MH3Gのイベントクエストの一つ。『ジョジョの奇妙な冒険』とのコラボクエスト。
MH3Gの数あるイベントクエスト中最難関の座に君臨しており、
数多くのハンターの心とプライドを砕した罪深きクエストである

 
作品クエストレベルクエスト種別目的地報酬金契約金条件配信日
MH3G港G級★8狩猟クエスト火山〈昼〉15900z1460z受注HR6~
参加HR6~
2012年8月17日
 




概要 Edit

リーゼントの若者
殺人鬼を追ってここまで来たけどよォ~
どうやら違ったみてーだからアンタらハンターに任せるよ。
うまくいけば、おれのスタンドを使えるようになるかもっスよ!
だが気をつけな。グレートですよこいつはァ…!
  • MH3Gの名物、モンスター超絶強化クエスト第3弾
    (USJで先行配信された「USJ・ガノトトス3D」を含めれば第4弾)。*1
    相手はクエスト名から連想できる通りブラキディオス
  • 強個体ではもはや当然となった体力と攻撃力の大幅増加
    さらに最大金冠確定であることがブラキディオスの動きと見事にマッチしており、
    物凄い俊敏さから一撃で剣士の最大体力を7割以上も削る攻撃を怒涛の如くぶち当ててくる。
    ましてやブラキが放つ技でトップクラスの攻撃力を誇るジャンピング土下座なぞ喰らおうものなら…(お察しください)
    しかも後述の通り動きが早い上、無理に踏み込むとあっというまにキャンプ送りにされてしまうため
    攻撃チャンスが少なく、結果捕獲する事もできないまま時間切れになりやすい。
  • その最たる原因は、他の超強化個体と違い超が3つ付くほどキレやすい事にある。
    元々ブラキディオスは比較的怒り易いモンスターであるが、
    その短気っぷりはもはやディアブロス亜種エスピナス希少種などの比では無い。
    火薬岩1つ砕いただけで逆上し、剣先がかすっただけで激怒し、
    ウロコトルから邪魔を食らっただけで殺気立ち、ハンターが蹴っただけで怒髪天、
    挙句の果てには自分でバラ撒いた粘菌の爆発に巻き込まれて逆ギレ激昂する始末。
    つまり疲労時以外は常時キレっぱなしで、平常時がほぼ存在しないのである。
    一体このブラキディオスの身に何があったというのだろうか?
    リーゼントのような形の頭殻を誰かに馬鹿にされでもしたのだろうか?
    「この頭殻がサザエさんリーゼントみてェーだとォ?」
    初めて挑戦し、攻撃を当てたハンターがポルナレフ状態になったのは言うまでもない。
    怯えた様子のハンター
    また、ブラキディオスは他のモンスターと違い、
    通常時と怒り時で完全に別物と化すのがこの原因を更に加速させている。
  • その圧倒的な強さから2chでは配信直後から3乙、時間切れの報告が相次ぎ、
    片手で行くのが有利かと思ったら圧倒的すぎる体力の前に時間切れ、
    かろうじて「竹弓」で最初の撃破報告があがるという有様だった。
    なお、ご承知の通りガンナーではブラキの攻撃を耐える事は不可能。
    爆破部分でも瀕死、どころか慣性で振られる尻尾に触れただけで5割近く削られる
    剣士装備の最高防御力であっても、1発耐えるのが精一杯(粘菌による追撃を考えれば生半可ではない)。
    最高威力を誇る爆破前の角突き刺しに至っては、最強個体の場合防御600未満では問答無用で即死である。
    故に、これ以外の強化クエスト3つの方がまだ楽に感じられるといった意見すら挙がる始末である。
    どうしてこうなった…。
  • 攻略にはブラキの攻撃を全て避ける、まさにネタ抜きでプロハン級の腕を要求される
    根性で生存率を上げるか、常時怒り状態なのを逆手にとって挑戦者を最大活用するか、
    耐えられないならいっそ開き直って火事場不屈の攻撃力に全てを賭けるか、
    すべてはあなた次第である。
  • もちろん、自分自身が慣れているかどうかもあるのだが、
    このブラキディオスに関して言えば、比較的大剣で行くと相性が良いという意見が多い。
    他武器と比べて比較的頭を攻撃しやすく、さらに金剛体高級耳栓の発動があれば
    怒り咆哮時に溜め斬り3を一発当てることができる。これも一撃重視の大剣ならではの攻撃だ。
    非怒り時に1ダメージでも与えれば(疲労時を除き)確定で怒り咆哮が来るので溜め斬りが当てやすい。
    落とし穴にはめても溜め斬りループを繰り出すことができる。
    いくら強個体であったとしても、溜め斬りループは痛い。
    採用される大剣は、水属性でスロット2の水刃剣ガノトトスや、同じくスロット2で便利なタルタロスなど。
    頭のみを狙うなら、(タルタロスと比べ僅差ではあるが)攻撃力最強のネロ=アングイッシュも候補にはなる
    (勿論この場合、弱点特効を発動させるとさらに効果が高いが、
    他に優先すべきスキルの方が多いのであまりお勧めしない)。
    その他、クリア報告が多いのは、上記の竹弓皇弓フォルニカイクサプロドであるが、
    一応全武器種でのクリアは報告されている。
    最も大事なのは、どんな困難に直面しても決して砕けることのない狩魂
    そして狩猟を成し遂げんとする黄金の精神…といったところか。

プレイヤーからの評価 Edit

  • この様な度の過ぎた調整をされた強個体はナンバリングやPシリーズでも前例がなく、
    MHFの剛種クエストを彷彿とさせる。剛種の様な強烈な追加行動や
    即死攻撃が無いだけ良心的と考えることも可能だが、此方は凄まじい威力を持つ爆破粘菌が
    縦横無尽に置かれることに加えて砕竜の隙の少なさもあり、高難易度というクエストである
    ことに変わりはないだろう。
  • 配信直後、様々な物議を醸したのは言うまでも無い。というのも、これは腕試し用ではなく
    クレイジー・Dというハンマーが生産可能になるコラボクエストであり、これを生産するには
    クリア報酬に出るイベント限定素材『不砕のダイヤ』が5個必要となる。
    • このことに関して改善の意図があるのか、
      昨今の作品のイベントクエストでは比較的易しいサブターゲットによってもイベント限定素材を得られる場合がある。
  • 悲鳴が大多数を占める中「緊張感がある方が楽しめる」との意見も少なからずあるようである。
    時が経つに連れ、この高難易度なイベントクエストに対する評価が変わりつつあった。
    MH3Gの看板モンスターである獣竜種、砕竜ブラキディオスの究極強化クエストということもあり
    「己の最後の目標に相応しい」と捉えるプレイヤーも増えてきていた。
    装備、アイテム、知識、己の腕を振り絞り、火山にて待ち受ける砕竜との死闘を繰り広げた末
    このクエストを1人で達成した時、MH3Gを「極めた」と、貴方は胸を張って言っていいだろう。
    しかし、それだけでは飽き足らない猛者達が以下のようなケースを報告した。 決して見間違いではない。裸や下位武器である。
    散々述べたように、このクエストはMH3Gどころか本家シリーズでも屈指の熾烈な難易度を持つクエストである。
    しかしながら、やり込みとしてこのような事を成し遂げた真正のド変態達人プレイヤーが実在するのである。
    その途轍もない技量に驚嘆する事もさるところながら、クリアすることがプレイヤーの実力の証左となりうる
    MH3Gやり込みの最高峰の印を確立したクエストと言えるだろう。

余談 Edit

  • このクエストおよびこのクエストに登場するブラキディオスのネット上での略称は
    ジョジョブラキ」「黒曜石」「黒曜ブラキ」「ブラキDIOス」等が一般的である。
    • 難易度としてのインパクトの高さからか、配信から暫くの間「黒曜石」と検索エンジンにかけると
      一番上に「黒曜石は砕けない 攻略」などと検索予測に出た時期もあった。
      それどころか「こくy」と打った時点で予測一覧、それも結構上の方に出ることすらあり
      これは「コクヨのヨコク」というフレーズで有名な大手会社「コクヨ」とどっこいどっこいのレベルであり、
      本物の黒曜石涙目な事態を引き起こしていた。
      配信から数年が経った現在では流石にそこまで極端ではないが、
      「こくよう」と打つ時点でクエスト名がそこそこ上位に上がり、
      「黒曜石」と打てばYahooではトップ、Googleでも黒曜石の次に登場するなど、
      MH4の強化クエスト群を差し置き今尚MHにおける強化クエストの代表格として世に名を轟かせていると言える。
  • 2016年現在でも黒曜石で検索すると、本クエストが関連項目筆頭にあがる。
    それほど多くのハンターの印象に残るクエストであったと言え、
    今となってなお挑戦を続け、あるいはこれに勝利するために3Gに出戻りするプレイヤーも見受けられる。
    また、ジョジョの奇妙な冒険の原作者の名前をもじって「アラキディオス(アラキ)」と呼ばれることもまれにある。
    偶にモンハン要素一切皆無の「ジョジョ」と呼ぶ人も居るが、
    「ついにジョジョ討伐したぜ!」などと掲示板等で書きこむと、「ジョジョ」ファンにとっては
    「ジョジョ」の名前を持つ主人公が巨大な武器をふるうハンターに討伐された
    ようにも思えてしまうので、少しよろしくないかもしれない。
  • 忘れられがちだが、実はブラキディオスの強化個体なら四か月前に実装されている。
    火山の岩祭り」に登場した乱入個体がそれ。
    …とはいっても、「火山の岩祭り」の調整では攻撃力は正直許容範囲というより、
    ソロでも十分誤差範囲と言った方が正しいかも知れない。
    それより前に攻撃力が鬼畜過ぎるクエストが配信されていたことも、
    この微妙な強化個体の空気化に拍車を掛けていたと言える。
  • そして、次に配信されたクエストにもブラキディオスは出現している。
    二週連続でブラキディオスが出てきたのである。
    まあ、そのブラキは攻撃力が並程度であり、クエスト補正で体力もかなり低く設定されているので、
    このクエストを経験したプレイヤーからしてみれば大したことはなかっただろう。
  • このクエストは、HR6から受注可能である。つまり、相当な腕前を持ったプロハンターなら
    G級序盤で高性能のブラキ武器の最終強化が理論上可能である
    無論、それはただの遠回りであり、他の使い勝手の良い武器で普通にHR7に上げて
    通常個体のブラキを狩った方が遥かに楽であろう。
    そもそも、このクエストが配信されたときは、真面目なプレイヤーなら既にHR解放に達しているだろう。
    とはいえ、上述したように裸やら下位武器やらでクリアしたという報告も確かに存在しており、
    完全に不可能、遠回りとは言い切れない。
    今作では、お守りテーブルバグなどの影響でセカンドキャラを作成した人もいるはず。
    そういったプレイヤーは、浪漫を求め、『遠回りこそが最短の道』だと信じて挑戦してみるのはいかがだろうか?
    • 一応、大半のブラキ武器の強化3段階目「爆砕の~」までなら、
      メラルーフェイクのぶんどりで素材を手に入れることができる
      (最終強化は部位破壊および捕獲報酬限定の剛鉄拳が必要)。
      このクエストはHR6で火山に行ける便利な採集クエストとしての側面も持つため、
      メラルーフェイクを連れて秘境探索など良いかもしれない。
      なお彼の余りある攻撃力が功を奏す数少ない点として、
      こうして採取に向かった際の港への帰還がタルG要らずで非常にお手軽という点がある。
      火山地帯のエリアに行かないといけないのが少々面倒ではあるが、
      ブラキ武器作成と炭鉱作業を一片に片付けたい場合は重宝するだろう。
    • 仮にHR6の時点でこの個体を砕くのであれば、
      使う武器はやはりタルタロスかグロンド・ギガあたりが筆頭になるだろう。
      防具に関してはヘリオスZならば匠と高級耳栓、加えて集中などまでなら余裕をもって両立可能。
      更にG級序盤から防御力600前後に到達できる優れ物であり、現実味が全くない訳でもない……かも。
  • MHXXまで登場した現在でも非常に難易度の高い部類に入るクエストではあるが、
    MH4以降のブラキと3Gのブラキとを比べると、行動は3Gの方がやや易しめである。
    具体的に言えば、大きく踏み込みながら腕を叩きつける攻撃や回り込みからの前方爆破などは、3Gの個体は使用しない。
    肉質防御も含めたタフさでいえば此方が上なのと武器やお守りの性能なども異なるので比較は難しいが、
    もし3G全盛期で当クエストのブラキを倒せなかったという人も
    今になってリベンジすれば勝てるかはさておき結構いい勝負が出来る……かもしれない。
    特にギルクエLv140の個体などは狂竜化もあってこれに全く引けを取らない強さを持つので、
    そちらを下すことが出来ていればこちらに対しても勝ちの目はあることだろう。
  • あくまでも推測だが、ジョジョのコラボクエスト第2弾としてブラキディオスが選出されたのは、
    ジョジョ第4部のラスボスにあたるキャラクターが爆弾にまつわるスタンドを所持しており、
    それに伴い、爆弾つながりでの選出となったと考えられる。
    • ただ、爆弾という特徴が共通しているだけで、このボスキャラは植物のように平穏な生活を望む
      滅多にキレない性格*2であるのに対し、
      先述のようにこのブラキディオスは超キレやすいという真反対の特徴を持つ
      (強いて言えばかなり神経質であるので、あまりにも些細な事でイラつく)。
      リーゼントみたいな頭である点、特定のきっかけで簡単にキレる点などは
      むしろクエスト依頼主でもある主人公の方とよく似ている。

原作との関連性 Edit

  • クエスト名「黒曜石は砕けない」は、『ジョジョの奇妙な冒険』第4部のサブタイトルである
    「ダイヤモンドは砕けない」のパロディである。
  • 第4部の主人公「東方仗助」は基本的に温厚だが、髪型を貶されると
    自分が何をしてるのか分からなくなる位プッツンしてしまう人物であり、
    このクエストに登場するブラキディオスの異常なまでの怒りやすさはそれを反映したものと考えられる。
    また、頭殻の形状がどこかリーゼントっぽいのも抜擢された理由かもしれない
    (実際、ブラキディオスを50頭狩猟すると“リーゼント”という称号が貰える)。
    仗助自身はこのブラキディオスと違い、髪形を貶されない限り怒りやすさは並程度であるが。
    • なお、このクエストの依頼人は、髪形がリーゼントとされていることや、
      語尾を伸ばす特徴的な喋り方、「グレート」という口癖等から、東方仗助本人とみてまず間違いない。
  • また、第4部のラスボスである「吉良吉影」のスタンド「キラークイーン」の能力は
    爆発させる方法こそ差異があるものの、爆発を操る能力であるという点はブラキディオスと共通している。
    • 依頼文にある「殺人鬼」とはまさにこの吉良吉影のこと。
      爆発を操るスタンドの能力で死体を完全に消滅させる手口で、発覚しない猟奇殺人を重ねてきた。
      第4部を全く知らない人は「いくらなんでも人間とブラキディオスを間違えるか?」と思うかも知れないが、
      原作では吉良は途中で全くの別人と外見を入れ替えて行方をくらましており
      追っている仗助達は吉良の外見上の手がかりを失っている。
      そんな折に爆発を操って戦う者の存在を聞きつければ、もしやと思うのも致し方ないだろう。

関連項目 Edit

モンスター/ブラキディオス
クエスト/週刊少年ジャンプシリーズ
クエスト/電撃・ランディープ - 異常強化クエスト、栄えある第一弾。
クエスト/JUMP・獄界の門番 - 味をしめた超絶鬼畜クエスト第二弾。
クエスト/USJ・ガノトトス3D - 強化クエストの第四弾(ただし、本クエストより前に先行配信された)。
武器/クレイジー・D - このクエストをクリアすることで作成できるハンマー。
クエスト/ハンティングに行こう! - 『ジョジョの奇妙な冒険』とのコラボクエスト第1弾
モンハン用語/強化クエスト






*1 ケロロ軍曹・侵略作戦ではガノトトス亜種が強化を施されているが、必ずしも倒す必要がないことからここではノーカウントとする。
*2 ただし、殺害した女性の手首を持ち歩き、愛でるという異常性癖を持っている