Top > マップ > ルーク実験室 > 光の祭壇


マップ/ルーク実験室/光の祭壇

Last-modified: 2018-02-06 (火) 21:36:08

光の祭壇 Edit

光の祭壇.png
進入可能:Lv90 適正レベル:Lv90
BOSS 巨腕の王子ゴルゴタ、鉄腕の王女カルバリー
適切ch:
コンティニューコイン使用制限12枚

光の祭壇は光の気運に満ち溢れている。
ここにやってきた被造物たちは、
体の奥深くから光の祝福が芽生えるのを体験できるだろう。
数千年間集めてきた光の気運が
被造物たちの電線と配管を通って機械体の部品の隅々まで渡り、
やがて光の魂が宿る。

マップ Edit

  1. ネームドモンスター
    1. 2部屋目
    2. 3部屋目
    3. 5部屋目
  2. ボス
    1. the Lover

モンスター一覧 Edit

名前Lv種族固有ドロップ備考
1307.png忘却のアスラン110機械・人間型
1325.png憎悪のベール機械・人間型
1308.png光の偶像ホルス機械
1318.png巨腕の王子ゴルゴタ機械・人間型
1319.png鉄腕の王女カルバリー機械・人間型

ネームドモンスター Edit

2部屋目 Edit

忘却のアスラン特徴
[Cari]aslan_oblivion.pngカードthe Hierophant
HP概算一般19.01億耐久面HA
レイド50.2億無敵
属性抵抗場所固定
ダウン有効
投げ有効
ダメージ反射
無色Q反応なし
状態異常耐性有効
無効(or危険)
狂爆化有無
条件
発動スキル
  • ダンジョンアンドファイター初期から設定上でのみ言及された人物。
    使徒と魔法を憎み、倒すことを使命と考えているアラド出身の退魔師。
    プリースト教団でも特に頼りにされ芯を持った志を持っていたが、時空の亀裂から流れ込んできた黒い悪夢によって心を蝕まれてしまう。
    それからは全ての悪を封印する巨大な力を求めるようになっていった。
  • 聖眼のミカエラはアスランが闇に浸食されていることを看破したが、使徒オズマの血の呪いとは違っていたためあまり気にはかけていなかった。
    アスランは最後に「黒い死神が私を呼んでいる」という言葉を残してアラドから姿を消した。
  • その後、魔界でメイジのニウ達と長年過ごした。
    しかし、黒い死神という人物に誘われてニウ達の元を離れルークの元へ導かれ力を授けられる。
    力を授けられたが、同時にルークに洗脳されて、体も改造される。
    以降のストーリーは、エピッククエストからわかるように冒険者に倒される。
  • どうやって魔界に辿り着いたのか、という事は公式に言及されていないため経緯は不明
 

トーテム攻撃

プレイヤーが接近するとトーテムを振り下ろす。
振り下ろすとアスランの周囲に爆発が発生する。
アスランの基本攻撃。

朱雀

朱雀を召喚し、直線状に突進させる。
突進後の地面には朱雀の落とした残り火が発生し、しばらくの間残って燃え続ける。
残り火のダメージが高いため、触れないようにする。

白虎

アスランがプレイヤーを引き寄せて、その後白虎を召喚して直線状に突進させる
吸引力が異常に強いわけではないためチャネリングスキルを使用中でない限りは回避は容易

玄武

プレイヤーが現在立っている位置に亀の甲羅の形の紫色の陣を召喚する。
陣を踏んだプレイヤーは、拘束にかかりアスランがキャスティングに入る。
キャスティングが終わったら、次の連携パターンへ移行する。
狂暴化パターンへのステップになるので、できる限り踏まないようにしたい。

玄武連携パターン

アスランがキャスティングに入り、マップのランダムな位置に盾形の保護膜が生成される。
この保護膜を割るまでは、アスランは無敵状態となる、
キャスティング中に保護膜を破壊できなかった場合、狂暴化パターンの第三の青龍パターンへ移行する。
第三の青龍パターンは画面全体攻撃のため、できる限り移行させないように阻止しておきたい。

沈黙陣

アスランの体に身に着けている数珠を持ち念じると、周りに魔法陣が展開される。
この魔法陣の上に立っていると、一定時間沈黙状態にかかり、全てのスキルが封印される。
全ての状態異常を解除する輝く世界のおもちゃや輝くレミの手を使えば解除が可能。
しかし、特殊な状態異常なため、一定時間免疫状態にしてくれる輝く世界のおもちゃの免疫持続時間中にもかかる。
かかった後に解除するしか方法がなく、アバター+アイテムによる状態異常抵抗をMAXにしても防止はできない。
発動までの動作が短いため、近接職は特に注意が必要。

魔法吸収

アスランの特に注意すべきギミック
アスランが魔法攻撃を10回以上受けた場合に発動して狂暴化ゲージが一気に増える。
「魔法吸収」というセリフとともに約2秒間無敵状態になる。
問題はその魔力吸収クールタイムが3秒だが、魔力吸収詠唱開始時からクールタイムが発生するため実際のクールタイムは1秒ほどな点。(拘束なしの場合)
ただし拘束している場合、狂暴化ゲージは増加するが無敵は発動されない。
魔法職にとっての鬼門ともいえるスキルであり、物理職がいる場合、基本的に物理職にアスランは任せた方がよい。 
レイドの第2フェイズの光ルートを物理メンバーが引き受けることが多いのも、このせいである。

闇の影

アスランが無敵状態になり、手を伸ばしながら黒い球体を召喚する。
球体はプレイヤーを追尾して、球体に当たったプレイヤーは拘束状態異常にかかる。
その後、アスランはプレーヤーの後ろにテレポートしてトーテムを振り回す。
輝く世界のおもちゃがある場合は特に脅威ではない攻撃

青龍

  • 第一形態
    魔法吸収パターンが発動する。
  • 第二形態
    アスランの周りを闇が包み込み、アスランがトーテムを床に突き刺す。
    この時、アスランに向かってプレイヤーを引き寄せる吸引効果が発生し、アスランの周囲に黒い刃が湧き出る。この刃に当たると混乱状態になる。
  • 第三形態
    アスランの体の周りが青龍がに包まれマップ1時、5時、7時、11時の方向に念障壁が生成される。
    しばらくして青龍をマップ全体に落とし、念障壁の中にいないプレイヤーは降り注ぐ青龍に当たり大ダメージを受ける。
    保護膜の中にいると、青龍から守られダメージを受けない。
    降り注ぐ数が多く、落ちる速さも非常に速いため、保護膜の中にいないとやり過ごすのは難しい。
    一つの念障壁の中に2人以上入ると念障壁が消えるので、1人につき1個の念障壁に入る必要がある。
  • 注意点
    念障壁に入ればやり過ごせるので単体では怖くない攻撃。
    しかし第二形態の混乱状態で即座に念障壁に入れずに、第三形態に移行し死亡するのが主な死亡パターン。
    輝く世界のおもちゃですぐに直すか一般ルークで死にたくない場合は勿体ないが、神のご加護でやり過ごすという手もある。

3部屋目 Edit

憎悪のベール特徴
[Cari]bale.pngカードthe Hermit
HP概算一般11.15億耐久面HA
レイド33.4億無敵
属性抵抗場所固定
ダウン有効
投げ有効
ダメージ反射
無色Q反応なし
状態異常耐性有効
無効(or危険)
狂爆化有無なし
 

テレポート

プレイヤーの後ろへワープする

ルークのバリア

憎悪のベールの周囲には、常に黒オーラが纏われている。
保護膜が存在する間、ベールは、建物属性であり、ベールに与える全てのダメージは、全部保護膜が吸収する。
バリア自体にHPが存在していて0にしてバリアを破壊するとベールに直接打撃が可能となる。
一定時間が経過すると再生成されるので、バリアが再生成される前に迅速に処理を行うことが重要である。

タックル

ベールの周囲にいるプレイヤーに向かって突進する。
前進する距離が非常に長いため、ディーリングタイム時に拘束していないとベールがこのパターンで脱出する場合もある。

地面爆発

基本攻撃でベールがマーキング地点に向かって殴る。この時、マーキング地点から爆発が起こる。

触手追跡

要注意スキル
画面が暗くなり、ベールがキャスティングに突入する。
キャスティングゲージMAXになると近くプレーヤーに向けて急速に突進する。
この時、ベールがプレイヤーを捕縛し、捕縛されたプレイヤーにはテンタクルのようなモンスターがついて継続的なダメージを与える。
そして残りのプレイヤー全員の足下に触手が生成される。
この足下に生成される触手に襲撃される時にベールが最大体力の1%回復する。
捕縛時間が終わるとベールが捕縛したプレイヤーの地面にマーキングが発生してそこに触手が生成がされ、周囲のプレイヤーを攻撃する。
捕縛時間がかなり長く、体力の回復もレイド基準の場合2300万も回復するので、この攻撃を受けないようにすることが重要である。
誰かがこの攻撃を受けそうになったら、すぐに強制硬直を発生させるスキルやホールドスキルなどを使いパターンをキャンセルするとよい。

幻影の保護(暗黒爆発)

要注意スキル
最初にベールがキャスティングを行う。
この時、プレイヤーがノックバックするクイックモーションをとり、ベールの周囲には、黒いバリアが張られたキャスティングが完了すると、各プレイヤーがいた位置に即死級のダメージを与える赤の爆発が起こり 、一定時間ベールが受けるダメージが減少する。
バリアを壊すことでキャスティングを阻止することができる。
5Hit以下でバリアを一度破壊すると第二のバリアが張られて、同様に第二のバリアも5Hit以下で破壊するとベールがしばらく挫折状態になる。
5Hit以上でバリアを壊した場合も即死級のダメージの爆発が起こる。
バリアを壊すのは大して難しいパターンではないが、以下の闇の牙パターンのように複合で発生した場合、バリアを粉砕困難になり、壊せなかった場合は、しばらくのベールに与えるダメージが減少するので、注意しなければならない。

闇の牙

要注意スキル
ベールが足元を叩く。
その後、黒い牙が反時計回りに展開され、当たると刃が床から飛び出してきて大ダメージを受ける。
このパターンは、ベールに対して一定のヒット数を与えるまで終わらない
暗黒爆発ギミックと同時に発動した場合、闇の牙を止めることがかなり難しくなってしまう。

5部屋目 Edit

光の偶像ホルス特徴
[Cari]light_horus.pngカードJustice
HP概算一般16.7億耐久面HA
レイド93.3億無敵
属性抵抗場所固定
ダウン有効
投げ有効
ダメージ反射
無色Q反応なし
状態異常耐性有効
無効(or危険)
狂爆化有無
条件
発動スキル
 

私は光と闇を好む

光・闇属性攻撃を行うと上記セリフを言って、狂暴化ゲージが上昇する。
ゲージが溜まるとギミックが発動する。
このときホルスは無敵となり。
画面全体に雷攻撃が降り注ぐので、プレイヤーはホルスが張る念障壁の中に逃げ込む。
属性抵抗が高いわけではないので、火力の高いPTの場合は脅威ではないスキル。
ただし、火力があまりないPTの場合、頻繁にホルスの狂暴化してしまうので注意が必要。

ダウンブロー

打撃攻撃を放つ基本スキル。

突進

一直線に突進し串刺し攻撃を行う

テレポート

一定のヒット数以上蓄積すると、最も遠くにいるパーティーメンバーにテレポートしてダウンブローパターンを詠唱する

封印攻撃

所定の位置にワープし槍を刺す。この時、槍の攻撃を受けたPTメンバーは、結晶に閉じ込められ、何もすることができない。
継続的にダメージを受けるので、閉じ込められていないメンバーが結晶を攻撃して壊す必要がある。

ライトニングムーン

特定位置で槍を打ち下ろしてエレメンタルレインに似た電気障壁を生成する。
しかし、エレメンタルレインよりも発生速度がはるかに遅いため回避は容易。

風車

特定位置で槍を振り回しながらPTメンバーを自分の方向に吸い込み、最後には前方一直線に雷を落とす。

光の盾

狂暴化スキル
3段階に分かれているスキル。
  1. 自分を中心に周囲にあるパーティーメンバーをダメージと一緒に遠く押し出さ出す。
  2. 自分を中心に巨大なシールドを展開し、シールド外に雷が落ちて雷が落ちた位置に電磁場が生成される。
    電磁場を踏むと、バウンドして高い持続ダメージを受けることになる。
    シールドの中にいれば無害で、なおかつシールド範囲が非常に広いため回避は容易。
  3. 最後に最も遠いPTメンバーにテレポートして槍で刺して刺さったキャラクターに封印攻撃パターンを詠唱する

BOSS Edit

巨腕の王子ゴルゴタ特徴
[Cari]golgotha.pngカードthe Lover
HP概算一般18.86億耐久面HA
レイド無敵
属性抵抗場所固定
ダウン有効
投げ有効
ダメージ反射
無色Q反応なし
状態異常耐性有効
無効(or危険)
狂爆化有無
条件
発動スキル
 
鉄腕の王女カルバリー特徴
[Cari]calvary.pngカードthe Lover
HP概算一般21.93億耐久面HA
レイド無敵
属性抵抗場所固定
ダウン有効
投げ有効
ダメージ反射
無色Q反応なし
状態異常耐性有効
無効(or危険)
狂爆化有無
条件
発動スキル
 

テレポート(ワンツーパンチ)

カルバリーがプレイヤーの背後にテレポートして、連続パンチを仕掛けてくる。
パンチの準備動作が長い。
回避する時はX軸範囲に広いため、Y軸に回避すること。

大地強撃

ゴルゴダが地面を強打した後、カルバリーも地面も強打する。
衝撃波はジャンプで回避する。
ダメージはメルタドロッグの即死級ほどではない

突進

カルバリーが力を溜めてガントレットに集めてX軸に一直線に突進する。
詠唱モーションが長くプレイヤーの視野内で感知できれば当たることはないが、視野外だった場合、高速で突進してくるので、ひき逃げされる可能性が多い。

粉砕

カルバリーの必殺技
当たると即死級であるが、予備動作が長く、範囲も狭いため、避けるのは容易。
近接職は密接状態にならないように常に注意しておく

闇の沼

ゴルゴダの技
周辺のプレイヤーを引き寄せたのち、即死級のダメージを与える。
吸引力が凄まじいため回避重視で。

正拳突き

ゴルゴダ・カルバリーが正拳突きをする。衝撃波含めて即死級である。
衝撃波の攻撃範囲がとても広い。

保護膜

注意スキル
ゴルゴダとカルバリが重なった状態で拘束を続けた場合発動される。
持続時間は長くはないが発動されると厄介なため、拘束職はまとめて拘束は原則しないようにする。

激怒

ゴルゴタ・カルバリーが一定量のダメージを受けると、怒りをあらわにしてバフを詠唱する。
詠唱終了後、攻撃・移動速度が大幅に増加する。
発動時、周囲にいるとノックバックが発生するので注意。

ヘル&ヘブン

狂暴化パターン
両サイドにテレポートし、ラッシュを浴びせる。

マップオブジェクト Edit

名前固有ドロップ備考
[添付]

コメント欄(Wikiの編集の苦手な方はここに情報を) Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White